Powered By 画RSS


男の娘「僕が魔法少女!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 21:33:10.79 ID:7XbSix7t0
マッチョA「うむ。頼むマッチョ」

男の娘「ななな、なんで?!」

マッチョB「いま、この葛飾区を中心にダークマッチョが暗躍しているのだ」

男の娘「ダークマッチョ?」

マッチョC「ああ。そいつは全世界のマッチョの筋肉を衰えさせようとしているんだ」

男の娘「どうしてそんなことを?」

マッチョD「恐らく、自分だけがマッチョでありたいと思っているのだろう」

男の娘「はあ……」

マッチョE「全世界マッチョ危うし!」

マッチョF「マッチョが絶滅してしまうのだ!だから、君に魔法少女になってダークマッチョを倒して欲しい」

男の娘「でも、僕、男ですけど?」

マッチョG~Z「それがいいんだろ!?」

男の娘「ひっ!」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 21:37:59.34 ID:7XbSix7t0
マッチョA「頼むよ」

男の娘「で、でも……」

マッチョB「このステッキを持って『マッチョの肉棒カッチカチ!』って唱えればおk」

男の娘「なんでそんな呪文なんですか!!!」

マッチョC「あ?マッチョの肉棒は固いんだぜ?触る?」

男の娘「触りません!!」

マッチョD「とにかく、はいこれ」

男の娘「だ、だから、魔法少女になんて―――」

パァァァ!!

男の娘「ええええええ!!?!服が勝手に!?」

マッチョE「似合うよー」

男の娘「似合うって!?これただの水着姿じゃないですかぁ!!!!」

マッチョF「男の娘+スクール水着+猫耳。マッチョ的にもオールオッケー」

男の娘「あぅぅ……」

マッチョG~Z「これは萌える!!」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 21:44:01.29 ID:7XbSix7t0
男の娘「狙いすぎです」

マッチョA「そうかな?メイド服とかよりは全然いいでしょ」

男の娘「えええ??」

マッチョB「じゃあ、早速マッチョの平和を待ってももらいましょう」

マッチョC「そうだな。そのためにまずは腕立て腹筋背筋1000回100セットマッチョね!」

マッチョD~Z「異議なし!!!」

男の娘「死にますよ!!!」

マッチョA「マッチョになりたくないの?」

男の娘「なりません!!!」

マッチョB「まあいいや、ほらダークマッチョの刺客が現れたぞ」

触手マッチョ「にゅるにゅる~」

男の娘「ひいい!!気持ち悪い!!!なんか海パンから触手みたいなのがはてるぅぅ!!!」

マッチョC「さあ、魔法少女男の娘の初陣だ!!盛大にいくぜ!!」

マッチョA~Z「ほーら、おちんちん祭り~!!わっしょいわっしょい!!」

男の娘「やめてください!!」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 21:49:25.88 ID:7XbSix7t0
触手マッチョ「むむ?!貴様は何者!?」

男の娘「ぼ、ぼくは……」

マッチョA「正義の魔法少女」

男の娘「せ、正義の魔法少女!!」

マッチョB「マッチョの愛と勇気を魂に宿らせ」

男の娘「マッチョの愛と勇気を魂に宿らせ!!」

マッチョC「悪しき心を砕き、マッチョを助ける」

男の娘「悪しき心を砕き、マッチョを助ける!!」

マッチョD「おちんちんペロペロ」

男の娘「おちんちんペロペロ!!!」

マッチョ「魔法少女、男の娘」

男の娘「魔法少女、男の娘!!」

触手マッチョ「なるほど。だから股間がかわいくぷっくりしてるわけか。面白いにゅる~」

男の娘「はずかしいぃ……」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 21:53:03.69 ID:7XbSix7t0
触手マッチョ「いくにゅるよ~?」

シュルルルル!!!

バシッ!!

男の娘「しまった!!手足が!?」

触手マッチョ「ふふふふ。ここもナデナデしてあげるマッチョ」

ナデナデ

男の娘「あぁん!!や、まえて……さわらないでぇ……ぁ……♪」

マッチョA「卑劣な!!!」

マッチョB「おちんちんをナデナデするとは卑劣な!!!」

マッチョC「ゆるせん!!!」

マッチョD「かかれー!!!!!!」

マッチョE~Z「うわぁぁぁぁぁ!!!!!!」

触手マッチョ「なにぃ!?」

ボカボカ!!


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 21:57:25.57 ID:7XbSix7t0
マッチョA「むねん……」

マッチョB「くそぉ……」

マッチョC「強すぎる……」

触手マッチョ「はははは!!我が触手は108まであるのだ。そう簡単にやられはしないにゅる」

男の娘「マッチョさんたちが……」

触手マッチョ「では、男の娘よ、楽しもうかな?」

ナデナデ

男の娘「ぁ……く……やめ、て……あん!」

触手マッチョ「ふふふ、本当は気持ちいいんだろ?もうこんなにパンパンだにゅるよ?」

男の娘「や、だぁ……いわないでぇ……ちがうのぉ……」

触手マッチョ「ぐふふふふ」

ナデナデ……

男の娘「あぁ……やめて!!もう……そ、れい、じょう……・は……はぁ……ん!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:02:13.07 ID:7XbSix7t0
触手マッチョ「ぐへへへへ。ここ水抜き穴っていって穴が開いてるのしってたにゅる?」

にゅるにゅる

男の娘「や、やだ!!中に!!?だめぇ!!!」

触手マッチョ「おー!可愛いのがあるにゅるねぇ」

男の娘「あぐぅ!あぁん!!!か、からみついて……ひゃん!!」

シコシコ

触手マッチョ「気持ちよくしてあげるにゅるよ」

男の娘「はぁ……はぁ……やめて……もう……あぅ!!」

シコシコ

触手マッチョ「ぐへへへ、気持ちいいにゅる?もう先走り汁もいっぱいにゅるね」

マッチョA「マジで?」

マッチョB「どれどれ?うわーえろー!!」

マッチョC「写メとってマチョッタ―で更新だな」

マッチョD「おいおい!!それ捕まるって!!」

男の娘「あぅぅ……だめぇ……みないでぇ……!」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:07:10.93 ID:7XbSix7t0
シコシコ

触手マッチョ「あへへへへ」

男の娘「あ……♪あ……♪」

触手マッチョ「段々、気持ちよくなってきたにゅるね?」」

男の娘「あ……♪いく♪いくぅ……あ……あ……♪」

触手マッチョ「ぐへへへ」

ピタ……

男の娘「え……?」

触手マッチョ「ぐへへへ。さあ、いかしてほしくばお願いしろにゅる」

男の娘「そ、そんなぁ」

マッチョD「か、かわいそう!!」

マッチョI「なんて鬼畜やろうだ!!!」

マッチョL「こんなに赤くはれ上がってるのに……!!お前には血も涙もないマッチョか!!!」

触手マッチョ「ぐへへへ。なんとでも言え!!」

男の娘「――――して……ください……最後まで……いかしてください!!もう切ないのやなのぉ!!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:11:36.18 ID:7XbSix7t0
触手マッチョ「ぐへへへ。よく言えましたね。じゃあ、ご褒美だ!!」

シコシコシコ!!!

男の娘「おぉぉおおおおおお!!!!!????はげしぃぃぃいいいい?!!!!」

触手マッチョ「ぐへへへ」

男の娘「あひぃいぃいいいい!!!!!おほおおおぉぉぉおお!?!?」

シコシコシコ!!!

男の娘「いぐぅ!!いぐよぉおお!!!!おぉぉおおおおお!!!!!!」

マッチョN「かわいい……」

マッチョS「ぺろぺろ」

マッチョQ「はぁ……はぁ……」

触手マッチョ「いけ!いってしまえ!!!」

男の娘「あうぅぅうううう!!!!!いぐぅぅぅう!!!!」

ドビュルル!!!

マッチョT「飛び出た精子はお口でキャッチだぁぁ!!!!」

マッチョA~Z「ぬおおおおおおお!!!!!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:16:03.25 ID:7XbSix7t0
マッチョA「でも、水着の中で出てしまったマッチョ」

マッチョB「悲観するな!!脱がせばいいだけ」

マッチョC「いっとく?」

マッチョD「愚問だな!!」

マッチョE~Z「ぬがせー!!!」

男の娘「いやぁぁぁぁ!!!!!」


マッチョA「じゅるるるるる……うは!!股間についた白いやつうめー!!」

マッチョB「はやくかわれよぉ!!」

マッチョZ「残しといてよ!!」

男の娘「ひ、ひどい……脱がされた……僕の水着も辱められてるし……ぐすん」

触手マッチョ「く、くそ!!まさかここまでの魔法少女だったとは……!!」

触手マッチョ「ぐぁぁぁぁ!!!ダークマッチョさまぁぁぁ!!!」

ドカーン!!!

男の娘「あ、死んだ」

マッチョY「よし。次行くぞ」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:20:16.39 ID:7XbSix7t0
マッチョA「さてと……むむむ!?」

男の娘「もう家に帰りたい」

マッチョB「懸垂でもするのかい?」

マッチョC「それとも倒立腕立て?」

マッチョK「おい!あれを見ろ!!」

男の娘「え?」


ホモマッチョ「ぐへへへへ!!!」

パンパン

イケメン「あぐぅ……!!やめろぉ!!」

ホモマッチョ「いくぞぉ……中でだしてやるぅぅ!!!」

ドクンドクン

イケメン「が!!は!!!」

ガク……ドピュ……

マッチョM「あれはマッチョ四天王の一人、ホモマッチョ!?」

男の娘「うぇぇ……」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:25:51.77 ID:7XbSix7t0
ホモ「なんだ?お前は?」

男の娘「ぼ、ぼくは……!!」

マッチョA「聖なるアナルから生まれた」

男の娘「せ、聖なるアナルから生まれた!!」

マッチョB「優しき陰茎を持つ者」

男の娘「優しき陰茎を持つ者!!」

マッチョC「邪悪なるマッチョを駆逐する」

男の娘「邪悪なるマッチョを駆逐する!!!」

マッチョD「アナルズコズコしてぇ」

男の娘「アナルズコズコしてぇ!!」

マッチョE「魔法少女、男の娘」

男の娘「魔法少女、男の娘!!」

ホモ「ほお、良いケツしてそうだな。おら、こいよ!お望み通り、アナルを開発してやる」

男の娘「お、お手柔らかに……」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:30:05.61 ID:7XbSix7t0
男の娘「ファイヤーボール!!」

ボボボボボ!!!

ホモ「うひょー!!きもちいいわぁ!!」

パンパン

マッチョA「くぅぅぅ!!なんて締まりのいいアナルなんだぁぁ!!」

パンパン

男の娘「サンダーカッター!!」

ビリビリ

マッチョB「ここもこんなに固くして、今、慰めてあげるマッチョ」

ホモ「おおおおお!!!!やめてぇええ!!」

男の娘「アイスビーム!!」

カチーン

ホモ「いく!!いくぅぅぅ!!!!」

マッチョU「うむ!いいぞ!!そのままいってしまえ!!!」

ホモ「おほぉぉおおおおお!!!!!だめぇぇぇ!!!!!!!」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:35:20.37 ID:7XbSix7t0
ホモ「お……流石にA~Zの相手は……無茶だった……」

ガクッ

ドカーン!!!!!

男の娘「ふぅ……」

マッチョA~Z「ふぅ……」

男の娘「なんとか四天王の一角を倒しましたね」

マッチョF「でも油断は禁物だマッチョ」

マッチョL「ああ、四天王を倒してしまった以上、他の四天王が攻めてくる可能性もある」

マッチョG「むしろ責めてくるだろう」

男の娘「これから戦いが激しくなるってことですね」

マッチョJ「ああ、そういうことだ」

男の娘「気をつけないと―――」

「―――気をつける必要はないぜ。どうせお前らはここで死ぬんだからなぁ」

男の娘「え?」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:40:09.93 ID:7XbSix7t0
マッチョA~Z「先手必勝!!!」

「ぐわ!!」

ドカーン!!!

男の娘「これであと二人……」

マッチョS「これまでの二人は前座でしかない」

マッチョP「ああ、これからはもっときつい戦いになるだろう」

男の娘「それは……どうしてですか?」

マッチョH「奴がいるんだ……」

SMマッチョ「それは俺のことか?」

男の娘「なななな!?ムチとろうそくをもったマッチョが三角木馬にまたがってる!?!」

マッチョB「ついに現れたな。SMマッチョ……!!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:42:18.18 ID:CfYmeeQS0
展開早いなあwww


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:42:50.85 ID:l7i8EBqli
サクサク進んでいくwww


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:47:07.90 ID:7XbSix7t0
SM「はぁはぁ……さあ、俺を攻撃してみろ」

男の娘「よ、よし!!」

男の娘「うあわぁぁぁぁ!!!!」

マッチョD「ダメマッチョ!!!!」

マッチョR「あぁぁ!!!」

バシッ!!

SM「うんうん!!もっともっと!!ほら、このムチで叩きなさい」

男の娘「は、はい!!えい!えい!!」

バシン!!バシン!!!

SM「いいわぁ!!!いいわぁ!!!!もっと!!!もっと!!!」

男の娘「これでもか!!!これでもか!!!!」

バシン!!バシン!!

マッチョO「これは不味い……」

マッチョV「ああ、奴はその名の通り、傷つけば傷つくほど力を増していくんだぁ……」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:51:17.76 ID:7XbSix7t0
SM「さあ、次はその足で私を踏みつけるのよ!!」

男の娘「わ、わかりました!!えい!!」

グゥゥゥ……!!

SM「お……♪もっと、もっとつよく!!」

男の娘「んん~!!」

ぐりぐり

SM「んー!!合格ぅぅぅ!!!!」

男の娘「はぁ……はぁ……あ、ありがとうございます!!」

SM「じゃあ、次は私の番ね……」

男の娘「え?」

SM「さああ、三角木馬にのりなさい!!!!」

男の娘「ええええ!?!」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 22:58:11.35 ID:7XbSix7t0
男の娘「あぅぅぅ……やめてくだ―――」

バシン!!

男の娘「あう!!!いたい!!!」

SM「俺を苦しめた報いだぁぁ!!!」

バシン!!バシン!!!

男の娘「あう!!!はう!!!ごめんなさい!ごめんなさい!!!ゆるしてください!!!」

SM「泣いても許すわけないだろ!!この!!この!!!」

バシン!!バシン!!!

男の娘「いたい!!いたいよぉ!!!」

SM「……ふふ。ほら、これはどうだ?」

とろぉ……

男の娘「ひ!!やめ―――あづいぃぃぃぃ!!!!あづいぃぃぃ!!!!」

SM「あーっはっはっは!!たかがロウでなにを大げさな!!」

男の娘「ぅうぅう……もう……やめてぇ……」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:03:35.27 ID:7XbSix7t0
SM「さてと……つぎはこれだ♪」

男の娘「な、なにそれ……!?」

SM「電マもしらないのかよ……これをケツの穴に入れると気持ちいいんだぜ?」

男の娘「そ、そんなの……はいるわけ……!!」

SM「魔法少女に不可能はないんだよ!!」

男の娘「マッチョさん!!たすけて!!!マッチョさん!!!!!」

SM「無駄だ、奴らにお前の声は聞こえていない」

男の娘「!?」

マッチョA~Z「……(シコシコシコ」

SM「ケツを向けろぉ!!!」

男の娘「やだぁ!!やだよぉ!!!!うえぇぇん!!」

SM「泣いてもやめない!それが俺の正義だ!!」

男の娘「やめて!!はいらないから!!そんなのはいらな―――」

メリメリメリ……!!

男の娘「ぎぃ……!!!」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:10:03.40 ID:7XbSix7t0
SM「ほら、入ったじゃないか」

男の娘「お……お……」

SM「さてと……スイッチをいれるか?」

男の娘「あ……だ、め……うご……かしちゃ……」

SM「ひひひひ!!!!その表情いいねえ!!!スイッチオン!!!」

ブブブブブブブブ!!!!!!

男の娘「ひゃがぁぁああああああああああああ!!!!!おじり!!!!おじりがぁぁぁあ!!!!!!」

SM「ひゃーっはっはっはっは!!!!すごいねええ!!!!」

男の娘「ぎゃぁぁあああああ!!!!!!どめでぇぇぇ!!!!おがじぐなるぅぅう!!!!おじり、おばがになっぢゃうぅぅぅ!!!!」

SM「あーっはっはっは!!!!!」

男の娘「おぉぉぉぉおぉおおおお!!?!?!?」

ドピュ!!!

SM「あらあら?気持ちよくてだしたのか?じゃあ、もっと振動を強めてやろうか」

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!!!

男の娘「びぇりゃぁぁあああああああああ!!!!!!!!!!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:14:52.98 ID:7XbSix7t0
SM「はははは!!!!何回、出すんだ!?」

男の娘「ひぎぃぃいいいいい!!!!だめぇえええ!!!!もういぎだぐ―――おぉぉおおおおお!?!!?!」

ドピュ

SM「まだいくのか。ったく、だらしないねえ」

男の娘「ほぉおおおおぉおおおおぉおぉぉぉ♪」

SM「む?ダメだ。これじゃあお仕置きにならないな。感じ始めてやがる。スイッチを切るか」

ブゥゥゥ……

男の娘「が……はぁ……はぁ……」

SM「さぁて、苦しかったんだろ?抜いてやるよ」

男の娘「あ……!?だめ!!!ぬかないで!!!」

SM「どうして?」

ググ……

男の娘「い、いま、抜いたら……でちゃう……」

SM「はぁ?なにが?」

男の娘「あ、あ、あ……だめ!!!だめぇ!!!」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:20:37.27 ID:7XbSix7t0
SM「おらぁぁ!!!!」

ズボッ!

男の娘「あいぃぃぃいぃぃいいいぃぃいぃぃぃぃ!!?!?!??!?!?」

ブッリ!!ブチュチュチュゥゥ!!!!!ブリ!!ブボッ!!

男の娘「あ……ぅ……ひっ……」

SM「これまた顔に似合わず大量でくっさいウンチだしたな。やっぱり中身は男なんだな。ひゃーっはっはっは」

男の娘「ひゃ……ぃ……ぉ……」

SM「さてと、次は尿道を犯そうかぁ?」

男の娘「……」

SM「ひひひひ!!!可愛いペニスをいじめてやるよ!!」

男の娘「……」

SM「ん?気絶してんのか?まあいい、入れるか」

ズッ……

男の娘「―――いだぃぃぃいいいいいいいいいいい!?!!??」

SM「起きた起きた♪」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:24:50.63 ID:7XbSix7t0
SM「カテーテルが気持ちいいだろ?お?」

男の娘「ひゃ……あ……」

SM「ふふふ、さてションベンを……なに?!」

ニュルン

マッチョA「尿道からこんにちは。私がマッチョです」

男の娘「ぎゃぁぁああああああああああ!!!!!!!!!」

SM「しまった!!!そういうことか!!!」

マッチョA「油断したな。俺はずっと男の娘の尿道からチャンスを窺ってたのさ!!」

SM「ぐぅぅぅ!!!!」

マッチョA[サヨナラだ!!!!」

ドゴォ!!!

SM「ぐぁぁああああああ!!!」

ドガーン!!!

マッチョA「残るはあと一人か」

男の娘「……あ……い、や……」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:26:53.07 ID:CfYmeeQS0
なん…だと…?


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:28:26.04 ID:JHbasAyY0
どういうあれだよ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:31:39.62 ID:7XbSix7t0
マッチョU「泣くなよ。魔法少女だろ?しっかりしろ!!!」

マッチョα「酷い!!!なんでそんなのことがいえるの!!!」

マッチョβ「俺が慰めてあげる。ほらこの二の腕で涙をおふき」

男の娘「……」

マッチョW「放心しとるな」

マッチョX「おーい、最後の四天王も倒してきたぜ」

マッチョD「流石だなマッチョX」

マッチョX「まあな」

マッチョA「よし、あとはダークマッチョだけか」

マッチョD「ふふふふふふふ!!!!」

マッチョL「どうした


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:40:41.89 ID:7XbSix7t0
マッチョD「お前ら、とうとうここまで来たな!!!!」

マッチョA「何!?」

マッチョB「ま、まさか!?」

マッチョD「ダークマッチョ……Dマッチョ……マッチョD……そう、俺の正体はダークマッチョなのさぁ!!!」

マッチョF「なんだってー!!?!」

Dマッチョ「四天王を辛くも倒し、ここまで来たのはお前らが初めてだ」

マッチョA「くそぉ!!まさか身内にダークマッチョがいるなんて!!」

Dマッチョ「魔法少女男の娘も放心状態。あれでは使い物にならんだろ!!」

マッチョA「く、くそ!!」

Dマッチョ「さあ!!貴様たちさえマッチョでなくなれば。もうマッチョはこの世に私だけだ!!消えてもらうぞ!!マッチョ軍団!!」

マッチョA「みんな!!俺は男の娘を連れて逃げる!!時間をかせいでくれ!!」

マッチョB「ああ。時間を稼ぐのはいいが―――」

マッチョA「え?」

マッチョB~Z「別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」

マッチョA「……ええ!こてんぱんにやっちゃって!!」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:45:38.90 ID:7XbSix7t0
マッチョC「そうか。ならばこころ置きなくやれる」

Dマッチョ「……」

マッチョイリア「きぃぃぃぃ!!!!馬鹿にして!!!Dマッチョ!!!そんな奴、殺しちゃいなさい!!!」

Dマッチョ「オォォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!」

マッチョA「逃げるぞ!!男の娘!!!」

男の娘「あ……」

マッチョB「ご覧の通り、貴様が挑むのは無限の筋肉。マッチョの極地!恐れずしてかかってこい!!」

Dマッチョ「こざかしいぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!」

マッチョS「さらばだ……男の娘……」

男の娘「―――あ」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:50:56.16 ID:7XbSix7t0
アインツベマッチョの森 小屋

マッチョA「はぁ……はぁ……」

男の娘「ど、どうするの?あんな奴に勝てる方法なんて……」

マッチョB「一つだけ、ある」

男の娘「え?」

マッチョY「ああ、男の娘。魔法少女には一度限りの必殺技があるんだ」

男の娘「そ、それは?」

マッチョS「エクスカリバー(約束された包茎の陰茎)だ」

男の娘「それなら、奴を……?」

マッチョA~Z「……(こくり」

男の娘「なら、その技を教えて!!」

マッチョA「君ならそういうと思った。ではベッドに行こうか」

男の娘「う、うん……」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 23:56:31.75 ID:7XbSix7t0
マッチョA「はぁ!!はぁ!!!!」

パンパン

男の娘「あぁ!!ん…!!!はぁん!!!」

マッチョA「はぁ……はぁ……!!!」

パンパン

男の娘「いく!!いくよぉお!!!」

マッチョA「くぅぅぅ!!!!!」

どくん!ドクン……!!

男の娘「はぁ……これで……エクスカリバー(約束された包茎の竿)がぁ……?」

マッチョA「では、いまから伝授する。まずは気合いを溜めます」

マッチョB「次に気合いをステッキに込めます」

マッチョC「ステッキを振ります。出ます」

男の娘「わかったよ。やってみる!!」

―――おぉぉぉぉおおおおおおお!!!!

男の娘「―――きた!」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:03:53.58 ID:2MnDHPqq0
(BGM エミヤ Fate/stay nightサントラ参照)

男の娘「……」

Dマッチョ「ふふふふ。追い詰めたぞ」

男の娘「それはどっちかな?」

Dマッチョ「なんだと?」

男の娘「僕にはみんなの想いが―――ある!!」

Dマッチョ「なに?!」

男の娘「はぁぁぁぁ……」

ゴォォォォ……

D「ぬう!!やらせるか!!!」

マッチョA「はぁぁ!!!ガンド!!!ガンド!!!!」

パッキュン!!

D「なに!?」

マッチョA「―――Schuss schiest Beschuss Erschliesung!」

D「っく!!!」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:08:47.19 ID:2MnDHPqq0
ドゴーン!!!

遠坂マッチョ「やった……?!」

D「―――邪魔だぁぁぁ!!!!」

バキ!!!

遠坂マッチョ「きゃぁぁああああ!!!!」

D「やるなぁ……俺を一撃で63回も殺すとは。だが、俺の命は108まであるんだ。残念だったな」

遠坂マッチョ「ふ……でも、アンタの負けは確定ね」

イリアマッチョ「何を負け惜しみ!?マッチョのくせに見苦しいわ!!」

遠坂マッチョ「あれを見ても、それを言える?」

D「ん!?」

男の娘「はぁぁぁぁぁ!!!!!」

D「まずい!!!あれは!!!!」

男の娘「―――消えろ!!!!エクス――――」

D「ぬえええええええええいいいいいいい!!!!!!」

男の娘「―――カリバァァァァァァ!!!!!!」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:15:10.01 ID:2MnDHPqq0
プスプス……

D「……ふ……たった一振りで我を2004563回も殺すとは……な……」

男の娘「はぁ……はぁ……」

D「……最後に、一つだけ伝えないと」

男の娘「……ああ、どんな?」

D「男の娘―――貴方を、愛している」

スゥゥゥゥ……

男の娘「……俺もだ」

マッチョA「終わったな」

男の娘「ああ」

マッチョA「大丈夫か?お前にとっては辛い結果になってしまったが」

男の娘「大丈夫さ……。俺もアイツも……また、めぐり会える」

マッチョA~Z「そうか」

男の娘「―――空はどこまでも青い。どこまでも続いている。だから、アイツの世界にも行けるはずだ。必ず……」


HAPPY END


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:17:42.55 ID:2MnDHPqq0
また教科書に載るレベルのSSだな
>>俺乙
超乙
また書いてくれ


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:19:15.13 ID:sveCVEDj0
もう眠いのはよく判ったw


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:21:43.14 ID:CgnWEHV80
どんだけ眠いんだwww


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:23:32.49 ID:iaAOqDe9i
すげーよかったよ、超乙


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:33:47.45 ID:WlFFi6PhQ
ワロタ



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 00:37:57.00 ID:vIXRQbnR0
>>1
最後男の娘の口調がwww





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ