Powered By 画RSS


小紅「姉様がぶってっていうからぶってみた」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:13:29.05 ID:qP1g+0vS0
※R-18描写あり

キャラ崩壊あり。
紅緒の泣かせたいから書く。


2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:14:37.57 ID:qP1g+0vS0
紅緒「な、何するの小紅」

小紅「何って、ぶったんじゃないですか。姉様の要望通り」

紅緒「どうして……?」

小紅「だから姉様の言うとおりにしてるんじゃないですか」パァン

紅緒「痛っ!?」

小紅「分からないんですか? じゃあ姉様の部屋でゆっくり話しましょう」

紅緒「うう……」

真白「小紅……? どうしちゃったんですか……?」

小紅「何でもないから。白夜と一緒に先に学校行ってて」ニコッ

真白「わっ分かりました……白夜、行きますよ」

白夜「あ、ああ……」





3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:15:08.83 ID:qP1g+0vS0
紅緒の部屋

紅緒「小紅……何でこんなことするの……」

小紅「何でって……姉様が言ったんじゃないですか」パシン

紅緒「またっ……どうしてっ」

小紅「でも好きなんですよね? こうされるのが」

紅緒「そんなこと……ないっ」

小紅「嘘ですよね。いいですよ、確認しますから」パン

紅緒(あっ。押し倒されてっ……力強っ……)

小紅「ほら、こんなに濡れてる。やっぱり嬉しいんじゃないですか」

紅緒「だ、だめ……」

小紅「ダメじゃないですよね? こんなに濡れてるんだから」



4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:15:39.54 ID:qP1g+0vS0
小紅「ふふっ、姉様可愛い」クチュ

紅緒「んっ……あっ」

小紅「二本も入っちゃった」

紅緒「やだっ……あんっ」

小紅「感じちゃってるんですか。本当に姉様って変態ですよね」

紅緒「あんっ……いやっ」

小紅「もうイっちゃってください」

紅緒「あっ、んあっ……イっちゃああつひああんっ!」



5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:16:42.88 ID:qP1g+0vS0
紅緒「あっ……イっちゃった……」

小紅「どうしたんですか? 姉様?」

紅緒「うう……、もうやめて……」

小紅「何言ってるんですか? 姉様は喜んでるじゃないですか」

紅緒「やだぁ……」

小紅「いつもの姉様みたいに素直じゃないですね
……。じゃあ素直になるようにしてあげますよ」


6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:17:52.04 ID:qP1g+0vS0

小紅「これ何か分かりますか?」

紅緒「……それ……もしかして」

小紅「バイブです。姉様の机の引き出しに入ってた」

紅緒「何で……」

小紅「姉様のことなら何でも知ってますから。あ、安心してください。真白たちはもちろん知りませんから」

小紅「じゃ、挿れていきますね」

紅緒「いやっ……うううううううう」



7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:20:15.85 ID:qP1g+0vS0
紅緒「!? ああああああああああんんんんっ、んっくううう」

小紅「すぐ入っちゃうなんて本当に変態ですね」

紅緒「んん! やだっやめてええええええ」

小紅「そんなこと言ったって喜んでるじゃないですか」

紅緒「イクっ! イっちゃう! ああああああああああああああ」

小紅「ホント姉様かわいい」


8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:20:47.79 ID:qP1g+0vS0
小紅「妹に責められてイクなんて……本当にへんたいですね」

紅緒「はあ……はあ、はあ……」

小紅「私も気持ちよくなりたいです……」ヌギヌギ

紅緒「ふぇ……え……?」

小紅「貝合わせですよ。もちろん知ってますよね、変態なんですから」

紅緒「ふ……うん……」

小紅「じゃあ動きますよ」


9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:22:11.08 ID:qP1g+0vS0
紅緒「ふああ……あっあっんっ」

小紅「あっ……んっ……あっ」

紅緒「小紅ぃっ! あんっあっ小紅っ小紅!」

小紅「姉様っ姉様っ! んっ」

紅緒「あっ小紅ぃ! 好きぃ!」

小紅「姉様ぁ! 私も好きです! 姉様ぁ」

紅緒「こ、小紅ぃ! ひああああああああああ」


10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:23:07.40 ID:qP1g+0vS0

紅緒「はあ……はあ……」

小紅「……ふっひぐっ……、ふぇぇ」

紅緒「ど、どうしたの小紅!?」

小紅「姉様……ごめんなさい……」

紅緒「小紅!?」

小紅「こんなことして……姉様が喜ぶはずがないのにっ」

紅緒「小紅……」



11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:23:51.76 ID:qP1g+0vS0
小紅「ごめんなさい……本当にごめんなさい……」

紅緒「……いいのよ、小紅。好きって言ってもらえて、それだけで嬉しかったわ」

小紅「ね、姉様……。ごめんなさい」

紅緒「ふふっ。私は小紅の姉なんだから。どんな小紅でも受け入れるわよ」

小紅「姉様ぁ、大好きです」

紅緒「私もよ。小紅」


12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:25:03.10 ID:qP1g+0vS0

紅緒「っていう薄い本を書きたいんだけど」

撫子「もしもし警察ですか。変態がいるんですが」


おわり




13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:26:49.14 ID:Sf8GNeino
うん、オチは読めてた。乙


14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:38:05.90 ID:dodGLhYJo
うぉぉ
よかった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396163608/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ