Powered By 画RSS


和「う、おなかが…苦しい」

1 : ◆9NgV143E7U 2014/04/03(木) 22:25:59.28 ID:50Upvx6SO
咲「ど、どうしたの?和ちゃん!?」

和「ちょっと、ここ最近おなかが張ってしまって…」

咲「え…」

和「大丈夫です、心配しないでください」



咲「ま、まさか…」

咲「誰の子なの?父親は!?」ユサユサ

和「…」メソラシ




4 : ◆9NgV143E7U 2014/04/03(木) 22:33:06.33 ID:50Upvx6SO
和「か、彼氏のに決まってるじゃないですかッ!

私、彼以外となんてシテない…


って何言わせるんですか!?

私に彼氏なんてSOA!

お通じですよ、お通じ!」

咲「和ちゃん、ノリツッコミうまくなったねー」

和「もう!」

咲「でも和ちゃんなら彼氏いてもおかしくないけど…

和ちゃんが、その…大きいほうをするってのが有り得ないよ」


5 : ◆9NgV143E7U 2014/04/03(木) 22:40:32.08 ID:50Upvx6SO
和「咲さん、私を何だと思ってるんですか?

私だって

排便もすれば!

ムダ毛処理もする!

女子高生ですよ!!」



通行人「ぎょっ!?」

通行人2「あんなかわいい子が?」

高山「は?」

ザワザワ

咲「和ちゃん…往来で大きな声は…ちょっと…

やめよ…ね?」


8 : ◆9NgV143E7U 2014/04/03(木) 22:54:15.45 ID:50Upvx6SO
和「なに言ってるんですか。

みんな綺麗な幻想持ちすぎですよ。

少しくらい汚いところがあるのが人間でしょう!」

咲「ど、どうしたの、和ちゃん?

(お通じなくてイライラしてるのかなぁ…)」


和「だいたい、私の設定(S)おかしいですよ(O)ありえません(A)

何ですか、私のオカルト否定って!

この世界でオカルト否定って浮きまくりじゃないですか!

だからデジタル(笑)なんて言われるんですよ!!」

咲(便秘って苦しいからなー、アイデンティティも揺らぐんだろうなー)


11 : ◆9NgV143E7U 2014/04/03(木) 23:07:30.18 ID:50Upvx6SO
和「憧だってオーソドックスな打ち方なのに、相手に合わせたプレーをして大健闘したのに…」

咲「それは、ほら、阿知賀編は少年ガンガンだから、勢いやわかりやすい駆け引きが必要だったんだよ…」

和「それで私は対戦相手からも空気読めない扱いですか…

憧も可哀相ですよね…

『和だったらこれ計算してわかるのかな?』なんて台詞言わされて…

どうせ私には計算する機会すら与えられず、地味に高速ツモですよ…アハ…アハハハハ…」

咲「和ちゃん?しっかりして、のどかちゃーん!」


14 : ◆9NgV143E7U 2014/04/03(木) 23:19:29.31 ID:50Upvx6SO
和「それに…」

咲「まだあるの!?」

和「私が巷で何て呼ばれてるか知ってますか?」

咲「え?インターミドルチャンピオン?」

和「ふふ、咲さんは優しいですね」

咲「?」

和「淫乱レズピンク…聞いたことあるでしょう?

私が、咲さんにあんなことやこんなことする話がまことしやかに通っているんです」

咲「あ…」

和「安心して下さい。

私は咲さんのこと、大事な友達だと思っていますが、エッチなことしたいとか、オカズにしたりはしてませんから…」

咲「う、うん」


17 : ◆9NgV143E7U 2014/04/03(木) 23:33:22.46 ID:50Upvx6SO
和「陰毛ピンクならまだ自然ですかねぇ…」トオイメ

咲「んん?自然かなぁ!?それって自然なのかなー!?」

和「安心して下さい。下着は付けてます。

穿いてないようにみえるのは、読者の心が濁っているからです」
>>1の心も含む

和「ちゃんと男の人を悩殺できる下着を付けてますよー」

咲(和ちゃん、便とストレスだけでなくて、性欲もたまってるのかな…)


18 : ◆9NgV143E7U 2014/04/03(木) 23:58:50.25 ID:50Upvx6SO
和「それもこれも『男より麻雀』とか『そういえばiPS細胞で同性でも…』とかあるからいけないんですよ!

咲さんだって、エッチなことに興味があったり、オナニーくらいするでしょう?」

咲「や、やめようよ、そんな話」

和「私だってそうですよ。年頃なんですし異性に興味だってあります!」

咲「そ、そう…ちなみに和ちゃんの理想の男の人って?

(よかった、普通の話にもっていけそう)」


22 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 20:59:44.86 ID:JHr7NCaSO
和「理想は小泉ジュンイチローですかね」

咲「仮にも元総理だよ!?いくらなんでも理想高すぎない!?」

和「恋人になれたらライジングサンとか教えてもらいたいですね」

咲「恋人になってすることがそれなの!?」


23 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 21:07:50.30 ID:JHr7NCaSO
咲「でも、あの世界こそオカルトだと思うけど…」

和「ノンノン、あれはどちらかというとイカサマの部類ですよ」

咲「イカサマならいいの!?

まぁ、『見事な大明カンだった、感動した!』はローマ法王より私に言って欲しいなー、って思ったりするけど…


和「ラッツィンガーさんのこと、ディスってんじやねーですよ!」

咲「ごめんなさいー!?」


24 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 21:16:47.74 ID:JHr7NCaSO
咲「と、とにかく和ちゃん…『設定』とか私達が言っちゃマズイよ。

原作あってこその私達だよ、ね?」

和「何言ってるんですか。SS位は羽目を外しましょうよ」

咲「ssとか言っちゃうのもマズイよ!」

和「ちょっと他の方の汚い部分も見てみましょう」

咲「え?」



衣「さきー、ノノカー!」


25 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 21:31:54.62 ID:JHr7NCaSO
咲「あ…衣ちゃ…じゃなくて衣さん」

衣「いいよ、いいよ、衣ちゃんでも!」

咲「えっ?」

衣「何か、大人ぶるのも疲れてしまってな…」

和「衣さんも『無垢な幼女が頑張って大人ぶる』みたいな設定から抜け出したいんですね」

衣「たまにはな…

衣もこの外見を活かして子供料金で通ったりしているからな、小さいのも悪いことばかりではない」

咲「汚いっていうかセコい!?」


26 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 21:42:43.74 ID:JHr7NCaSO
咲「衣ちゃんはお金持ちなんじゃないの?」

衣「咲…財産をもっていることと、金銭感覚がルーズなのは同じではないぞ。

それに親戚とはいえ、厄介になっている身だからな」

咲「ご、ごめんなさい」

衣「気にすることではないよ。よく言われる…

ただ、まぁ…この外見だとやっぱり殿方にウケはよくないなぁ」


27 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 21:52:12.21 ID:JHr7NCaSO
和「あ、衣さんも異性に興味あるんですね」

衣「衣だって高2だぞ。

今までみたいに引きこもってるわけではないし…

そーいうのに憧れたりはする」

和「でも衣さんなら、男の人にも人気あるのでは?

女の私からみても可愛いと思いますし…」

衣「愛でられる分にはな。

でも子供っぽ過ぎて欲情出来ないのかな?恋愛には至らない」


30 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 22:01:50.01 ID:JHr7NCaSO
咲「よ、欲情って…」

衣「そういう感情も、人間には必要だと思うぞ。

父君の遺してくれた本にいろいろ書いてあった」

咲「深いなぁ」

衣「まぁ、でも…時々ナンパされたりする」

咲「ええっ!?」

和「それってロリコ 咲「和ちゃん、それは衣ちゃんに失礼だよ」

衣「いや、衣のことを同年代と間違えた小学生男子だ」


35 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 22:45:45.95 ID:JHr7NCaSO
咲「それは…なんというか…珍しい体験だね」

衣「既に何回かある…」

咲「…」

衣「でもお姉さんぶれるから、悪くないぞ。

胸がチラッとなっただけなのに真っ赤になってくれるしな!」エヘン

咲「衣ちゃんが悪い子になっちゃったよー

ハギヨシさん、ハギヨシさーん!なんとかしてー!」

衣「ハギヨシは、上田市(長野県)で行われるイベントに真田信之役で出てるからいないぞ」


36 :1 2014/04/04(金) 22:49:28.70 ID:JHr7NCaSO
無双4やったら真田信之使いやすかったので


37 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 22:55:54.65 ID:JHr7NCaSO
衣「それに小学生なら衣好みの殿方に育成できるかもな!」

和「ほう、逆光源氏ですか」

咲「も、もしかして…」


38 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 23:09:02.44 ID:JHr7NCaSO
小学生男子「なあ君、向こうで一緒に遊ばないか?」

衣「ん…衣のことか?」

小学生男子「俺達麻雀やってたんだけど、一人メンツが抜けちゃってさ…

君みたいな可愛い子と一緒だとうれしいな!」

衣「ふーん(さては衣を同い年だと思ってるな)

いいよ、相手をしてあげる(若輩者め…)」


小学生「うわぁ、君すごく強いなぁ!こんなに可愛くて強いなんて凄いよ!

よ、よかったらまた一緒に遊ぼう」

衣「ふふふ…だったら衣に相応しい殿方になってもらおうかな…」

小学生男子「え…」



小学生男子「衣さま、できました」

衣「なかなかやるではないか、ご褒美をやろう。
こっちへおいで…」

小学生男子「あ…」


39 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 23:16:39.14 ID:JHr7NCaSO
咲「……なんてことに」カタカタ

衣「咲の想像も大概だな…」




和「と、まぁこんなふうに衣さんにも、人間の欲望が備わってる可能性があるわけです」


40 : ◆9NgV143E7U 2014/04/04(金) 23:25:48.64 ID:JHr7NCaSO
衣「では衣はこれで失礼する」バイバーイ

咲 和「ありがとうございました」サヨナラ-



咲「衣ちゃんにあんな面があったなんて…」

和「あのくらいの欲望はだれだってありますよ。

衣さんは県大会の後、同年代の友達が増えて、気持ちが充実してるんです。

私達の年なら、異性や性的なことに興味がわくのは、むしろ健全でしょう?

この場合、さっきの咲さんの想像のほうが危ないですよ」

咲「うぅ…」


41 : ◆9NgV143E7U 2014/04/05(土) 00:46:35.73 ID:RjUqlbiSO
和「けど、それも含めての欲望ですよ。

はっちゃけていきましょう」

咲「何か変なことになってきたなぁ」



照「そんなことない!」

咲「お姉ちゃん!?」

照「原村さんの言うとおりだよ」

和「どうしたんですか?咲さんのお姉さん」


42 : ◆9NgV143E7U 2014/04/05(土) 00:59:52.18 ID:RjUqlbiSO
照「私もずっと言いたいことがあったよー

もう妹に冷たい態度とか無関心な姉は嫌だよ!

咲と仲良くしたい!」

咲「お姉ちゃーん」ホロリ

照「そもそも私ときたら、原作で一番喋ってるの、白水さんの能力解説してるときじゃない?

対局中も心の声なかったし…」

和「心の声があったのは、菫さんのクセのところですよね」

照「準決勝の対局も『咲、見ててね。お姉ちゃん頑張っちゃうよ!』とか『私はお姉ちゃんだから!』みたいな感じでキメたかったよ」


43 : ◆9NgV143E7U 2014/04/05(土) 01:10:51.36 ID:RjUqlbiSO
咲「お姉ちゃん、私嬉しいよぅ」

和「でも咲さんも会場行こうとしませんでしたよね」

咲「うっ」

和「というか私達、姉や先輩が出る試合なのに普通に寝過ごしましたしね…」

照「えー」

咲「ごめん

ま、まぁ、私達姉妹のことは原作に任せるとして…

お姉ちゃんも彼氏ほしいと思ったことある?」

照「そりゃあ、あるよ。私だって女子高生だしね。」


47 : ◆9NgV143E7U 2014/04/05(土) 21:47:09.25 ID:RjUqlbiSO
和「お菓子ばっかり食べてるイメージですけど?」

照「ふふん、そこがポイントなの。

お菓子食べてるふわふわした女の子、とか

お菓子で釣ればデートに誘えるんじゃない?って男の子に思わせる作戦」

咲「あざとい!?聞きたくなかったよ、お姉ちゃんのそんなところ」

照「ごめんね。私、チャンピオンとして雑誌で取り上げられて、敷居が高いと思われちゃってるから…」

和「もしかして雑誌で白糸台の制服を、すごく可愛く着こなしてポーズを決めてるのも…」


48 : ◆9NgV143E7U 2014/04/05(土) 21:54:57.58 ID:RjUqlbiSO
照「アピール…かな?

見栄えのする笑顔をするのに苦労した」

咲「お姉ちゃんの記事が載ってる雑誌を、喜んで集めてるお父さんが知ったら泣くよー」

照「内緒にしといてね」

咲「もー」

和「どうせならパティシエの人を恋人にしたらどうですか?」

照「うん、それいいね!」

咲「まぁお姉ちゃんが幸せなら、それでいいよ」

照「ふふ、ありがと。

じゃあまたねー」


49 : ◆9NgV143E7U 2014/04/05(土) 22:05:31.17 ID:RjUqlbiSO
和「ふー、いろいろと黒い部分を吐き出せて、すっきりしました」

咲「女の子としては隠しておきたいところだよ」

和「でも、女の子だってトイレにも行きますし、異性に良く見られたい、モテたいと思うものでしょう?」

咲「それは、そうだけど…」

和「私はむしろ咲さんと、こういうあけっぴろげなお話を出来るくらい親密になれて嬉しいですよ」


50 : ◆9NgV143E7U 2014/04/05(土) 22:13:15.59 ID:RjUqlbiSO
咲「和ちゃん…」

和「今度は皆で集まってワイワイやりましょう、盛り上がりますよ、きっと。」

咲「うーん、いかにも女子会って感じだね…

それはそれで楽しいかも…」



和「あ…」

咲「どうしたの?」

和「話してスッキリしたら、お通じも来たようです。

こっちのほうもスッキリさせて来ますね!」

咲「最後くらいきれいに終わろうよ!」

カン


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/06(日) 00:00:24.47 ID:cNjYAoRB0

楽しかったよ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396531558/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ