Powered By 画RSS


杏子「安価でさやかを元に戻すぜ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:16:38.10 ID:z90r8gw/0
杏子「・・・・・・こいつのソウルジェムを取り戻す方法は?」

QB「ないね。僕の知る限りでは」

杏子「『知る限りでは』・・・・・・?」

QB「魔法少女は条理を覆す存在だ。キミたちがどれほどの不条理を成し遂げたとしても
驚くには値しないよ」

杏子「・・・・・・出来るんだな?」

QB「前例はないね。助言のしようがない」

杏子「誰が。てめえの手助けなんかいるもんか・・・・・・」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:18:11.13 ID:z90r8gw/0
まどか「・・・・・・」

杏子『こんなときに、暢気に学校なんて行っている場合かよ」

まどか「!?」

杏子「ちょいと、面貸しな」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:21:46.67 ID:z90r8gw/0
まどか「あの、話って・・・・・・」

杏子「美樹さやか、助けたいと思わない?]

まどか「!?助けられるの?!」

杏子「わかんねーよ。でもさ、あたしは助けられないって解かるまで諦めたくねーんだ。
馬鹿かって思われるかもしれないけどね」

杏子「あいつは魔女になっちまったけど、友達の声を聞けば人間だった頃の記憶が蘇るかもしれない。
・・・・・・それが出来るとすれば多分、あんただ」

まどか「!!」

杏子「どうだ、乗ってくれるか?」

まどか「・・・・・・」

まどかはどうする? >>8


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:22:58.25 ID:X7a6/eoi0
上条を拉致る


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:23:20.33 ID:XtWOIgUs0
殺す


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:33:51.98 ID:z90r8gw/0
まどか「無理だよそんなの(笑)」

杏子「おい・・・・・・あんた・・・・・・」

まどか「杏子ちゃんは知らないと思うけどね、魔女っていうのはもうどうしようもないんだよ?
それに、どうせ助けたってさやかちゃんは何度でも魔女になるよ。だって馬鹿だもん(笑)」

杏子「・・・・・・てめぇ」

まどか「それじゃぁ、わたし学校行かないと。皆勤賞、逃したくないから」

杏子「おいっ!」ガシッ

まどか「・・・・・・何、話してよ・・・・・・殺しちゃうよ、貴方のこと?」

杏子「てめぇそれ・・・・・・!」

まどか「ほむらちゃんから護身用に貰っておいたんだ。まさか、本当に役に立つなんてね」

まどか「ばいばい杏子ちゃ」ゴッ


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:34:51.68 ID:z90r8gw/0
まどか「へっ・・・・・・――?」ボコッ

まどか「い、いたっ、いだいっ!!」ボコボコボコボコボコボコボコ

杏子「最後に愛と勇気が勝つストーリーそういう夢見て、あたしも魔法少女になったってこと、さやかは思い出させてくれたんだ」

まどか「やっ、やべでっ!」ボコボコボコボコボコボコボコ

杏子「あたしはさやかを助けたい・・・・・・そしてそれが出来るとしたら多分、あんただ」

杏子「どうだ、乗ってくれるか?」

まどか「(こ、この人正気じゃない!!目がおかしいよ!!)」

杏子マウントを取られながら殴られ続けるまどか。どうする? >>16


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:35:28.21 ID:uYenb8lM0
うんまい棒を投げる


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:40:18.63 ID:z90r8gw/0
まどか「(そうだ、ポケットに入った粉々のうんまい棒で目晦ましを!)」ガシッ

まどか「あ・・・・・・」

杏子「食べ物を粗末にするんじゃなねぇ」

まどか「べびっ!?」ゴッ

杏子「食べ物を粗末にするんじゃねえ食べ物を粗末にすんじゃねえ食べ物を粗末にするんじゃねえ」

まどか「ごぼっ、ごべっ、ばっ!!」ゴッゴッゴッゴッゴッ

杏子「さやかは食べ物を粗末にしたけど悪い奴じゃない。あんたもあいつを助けたいだろ?協力してくれるよな?」

殴られすぎて意識が朦朧としてきたまどか。どうする?もしくはフリーイベント >>21


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:40:59.32 ID:Q5BVqet5O
全力で協力


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:45:28.74 ID:z90r8gw/0
まどか「だっ、だづげだいでぅ!!!!!」

杏子「・・・・・・たくっ、調子狂うなぁ」スッ

杏子「佐倉杏子だ」

杏子「食うかい?」

まどか「は、ひは・・・・・・ほ・・・・・・」ズキズキ

杏子「食えよ。英気を養っとけって」

まどか「へ・・・・・・いやっ、はとではべるよ・・・・・・」ズキズキ

杏子「食えよ」

まどか「あっ、へっほ」

唇と口の中が散々切れて、顎も動かしくないまどか。うんまい棒をどうする?>>27


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:45:58.02 ID:uoOZOaJrP
杏子にぶつける


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:47:45.74 ID:z90r8gw/0
杏子「食い物を粗末にするなって言ったよな、なぁ!?」

まどか「・・・・・・・・」ボカボカボカボカ

杏子「・・・・・・たく、調子狂うなぁ、もう」

杏子「食うかい?」

杏子にマウントを取られ、剥き出しのうんまい棒を近付けられたまどか。どうする?>>30


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:48:06.75 ID:yQ5Yi6wS0
>>27
死んだな・・・


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:51:05.07 ID:z90r8gw/0
杏子「おら、食うかい?」ズイッ

まどか「」

杏子「食うかいって言ってんだろ?」ズイッ

まどか「」

杏子「食うかい食うかい食うかい?」ズイッズッボキッ

杏子「あーあ、折れちまった・・・・・・勿体ねぇなぁ。ちゃんと食えよな」

まどか「」

杏子「しゃぁねぇ。それじゃぁさやかの結界の中に行くぞ。よいしょっと」

まどか「」ドサッ


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:55:37.36 ID:z90r8gw/0
杏子「来るぞ、覚悟は良いな?」

まどか「」

オクタヴィア「ヴォオオオオオオオオオオ!!」

杏子「怯むな、呼び続けろ!!」

まどか「」

杏子「へっ・・・・・・・いつぞやのお返しかい・・・・・・?そういやあたしら、最初は殺し合う仲だったっけねぇ
・・・・・・怒ってるんだろ?何もかも許せないんだろ?解かるよ、好きなだけ付き合ってやるからさ。それで気が済んだら、
目覚ましなよ・・・・・!」

まどか「」

オクタヴィア「ヴォオオオオオオオオオオオオオオ!!」

まどか「」ガシッ

杏子「――さやかぁ!!」

杏子「あんた、信じてるって言ったじゃないか!!その力で、人を幸せに出来るって!!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:57:21.30 ID:z90r8gw/0
杏子「・・・・・・頼むよ神様・・・・・・こんな人生だったんだ・・・・・・」

杏子「一度くらい・・・・・・幸せな夢見させてよ・・・・・・!」


ほむら「ああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:02:42.83 ID:z90r8gw/0
「・・・・・・んっ、んん・・・・・・」

杏子「よぉ・・・・・・起きたかい?」

「・・・・・・此処は・・・・・・?」

杏子「地獄さ」

「・・・・・・ははっ。あんたも一緒に落ちちゃったって訳?」

杏子「まっ。そんなところだ」

「・・・・・・嘘ばっかり」

「地獄だったら、こんなに綺麗な街の景色が見れるわけないでしょ?」

杏子「けっ。ばれたか」

「あんたに騙されるあたしじゃないの。・・・・・・それより、此処からの景色は、本当に綺麗・・・・・・」

「・・・・・・綺麗だって、思えるんだね、あたし・・・・・・」

杏子「・・・・・・お帰り、さやか」

さやか「・・・・・・ただいま、杏子」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:06:14.36 ID:z90r8gw/0
さやか「あんたが、あたしを助けてくれたの?」

杏子「けっ。知るかよ、いつの間にかあんたがあたしのベッドで寝ていただけさ」

さやか「・・・・・・ありがと」

杏子「だーから!あたしは別に何もしてねーっての!」

さやか「あははっ!ありがとありがと!」

杏子「ちっ。うっせーよ!ばーか」

さやか「・・・・・・ありがと、杏子」

杏子「・・・・・・」

杏子「・・・・・・んなことより、ほれ、食うかい?腹、減ってねーか?」

さやか「あ・・・・・・うん、いただきます」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:08:37.41 ID:RqdxaGgP0
どうしてこうなった


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:10:27.21 ID:kKJtgk5d0
わけがわからないよ


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:11:43.30 ID:z90r8gw/0
仁美「――さやかさん!?」

さやか「よっす、仁美。久しぶりだね!」

仁美「さやかさん・・・・・・戻っていらしたのですね・・・・・・」

さやか「あははっ!ごめんごめん!ちょっとさ、野暮用があってさ!とりあえず、ただいま」

仁美「もうっ!心配しましたのよ?」

さやか「うん?心配してくれたのぉ?・・・・・・寂しい思いさせてごめんよ、仁美・・・・・・」

仁美「そ、そんな愛人のような囁き、破廉恥ですわっ///」

さやか「いや、すぐにそんな具体的に形容出来るあんたの方がスケベだから・・・・・・」

仁美「ひ、酷いですわ!」

さやか「それよりも、あたしの本妻はまだかな~」

仁美「・・・・・・あの、さやかさん」

さやか「ん?なぁにー?」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:19:32.33 ID:z90r8gw/0
仁美「わたくし、さやかさんが失踪している間に、上条君に告白致しましたの・・・・・・」

さやか「え?へぇ~・・・・・・で、どうだった?」

仁美「・・・・・・見事にふられてしまいました」

さやか「――え?恭介が仁美を!?マジで、なんでさ!!」

仁美「今は、バイオリンにしか集中出来ないと言われ、あっさり・・・・・・」

さやか「なんですとぉ!!バイオリンが恋人って、あいつ翼君より難病じゃん!勿体ないなぁ、仁美みたいな良い子を・・・・・・
うぅむ許せん、仕方ない、このさやかさんがあいつに物申してやるか!」

仁美「そ、そんな!良いですわ、さやかさん!・・・・・・それよりも、頼みたいことがあるのですが」

さやか「頼みたいこと?じゃんじゃん言い給え~その分体で払ってもらうからさぁ~・・・・・・!」

仁美「なっ!体でなんて破廉恥ですわ///親友であるはずのさやかさんにわたくしを純潔の花弁を一枚一枚弄ばれるだなんて
わたくし!わたくし!!!」

さやか「・・・・・・おーい・・・・・・戻ってこーい・・・・・・」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:24:49.90 ID:z90r8gw/0
仁美「・・・・・・結局、まどかさんはいらっしゃいませんでしたね」

さやか「そうだね・・・・・・昨日も無断欠席したらしいし、心配だなぁ」

仁美「ふふっ。わたくしは、さやかさんみたいにひょっこりといきなり登校してくるのではないかと、
希望を抱かずにはいられませんけど」

さやか「あはは・・・・・・だと良いけどねぇ・・・・・・」

恭介「さやか、ちょっと良いかな」

さやか「ん?おぉ、恭介じゃん、久しぶり」

仁美「・・・・・・」

さやか「あっ・・・・・・・あたしも、あんたとちょっと話がしたいかな」

恭介「僕もだよ。・・・・・・屋上にでも、行こうか」

さやか「ちょっとごめんね、仁美」

仁美「いえ・・・・・・では、わたくしは図書室にでも行きますわ」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:25:27.64 ID:z90r8gw/0
仁美「ごゆっくりしてきてくださいまし」

恭介「ごめんね志筑さん、さやかを借りるよ」

さやか「あたしは物かよー」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:30:02.91 ID:z90r8gw/0
さやか「足、大分良くなったんだね」

恭介「それでも、まだ過激な運動は出来ないよ」

さやか「ふぅん・・・・・・」

恭介「・・・・・・」


さやか「あたしから先ず良いかな?」

恭介「いや、僕から言わせてくれ」キッ

さやか「・・・・・・何よ、怖い顔して」

恭介「・・・・・・今まで、何処に行ってたんだよ」

さやか「何処って・・・・・・色々、かな」

恭介「色々って?」

さやか「色々だよ。ていうか、恭介には別に関係ないよね?あたしが何しようとさ、恭介には――」

恭介「関係ないわけないだろ!!」

さやか「・・・・・・!」ビクッ

恭介「・・・・・・関係ないわけ、ないよ」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:38:43.23 ID:z90r8gw/0
恭介「みんな、心配していた。君の御両親は勿論、僕の両親、クラスメイトや早乙女先生、他のクラスの連中。
君に縁のある人たちは皆、君のことを心配していた・・・・・・」

恭介「斯く言う僕もだ」

恭介「だから、僕には君の過程を暴く権利がある。異論は認めない」

さやか「し、心配掛けたのは悪かった思っているけどさ・・・・・・でも、それは横暴だよ」

恭介「横暴だって・・・・・・?」

さやか「恭介だってあたしに不義理を働いたでしょ?」

恭介「僕が君に?いつだよ?」

さやか「退院したこと、教えてくれなかった」

恭介「・・・・・・それは、あのときは忙しかったから、それで・・・・・・」

さやか「それでも、一言在っても良かったと思うけど?電話とか、メールとかあるんだし」

恭介「僕が電子機器の類はあまり得意じゃないって知ってるだろう?」

さやか「なら、電話してくれれば良かったじゃん。あーあ、あのときは心底さやかちゃん寂しかったなー」

恭介「・・・・・・ごめん」

さやか「許す!」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:45:09.71 ID:z90r8gw/0
さやか「あたしは寛大だからそんな恭介を許してあげよー。感謝したまへー」

恭介「ありがとう・・・・・――って、いや、そうじゃなくてさ、さやか!話をすり替えないでくれ!
僕は真剣なんだ、真剣に君に訊ねているんだよ!この数日間、君は一体、何処で何をしていたんだ!!」

さやか「だから色々だって言ってるでしょ!本当に色々なところに行って、もう、大変だったんだからね!」

恭介「色々って何処だよ!!」

さやか「だから色々だってば!!」

恭介「――街で、君を見たという証言が流れた・・・・・・!!」

さやか「――えっ」

恭介「・・・・・・心当たりがあるんだね?」

さやか「え――えっと、そのぉ・・・・・・」

恭介「・・・・・・噂は本当だったのかい?」

さやか「う、噂って・・・・・・?」

恭介「路地裏に入って行く君の姿を見たって・・・・・・そこからどんどんと脚色された噂が流れた・・・・・・
君が、その、援助交際をしているとか、そういうのが・・・・・・」

さやか「援助交際って――はぁ?なんであたしがそんなことしないといけないのよ!」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 18:51:20.78 ID:z90r8gw/0
恭介「・・・・・・してないの?」

さやか「だからなんでしなきゃいけないのよ!別に金に困ってないし、やることたくさんだし!
そんなことしている暇とかないから!!」

恭介「え、じゃぁ、路地裏に入って行くっていうのは?あれはどうしてだい!?君はそれで図星を突かれたような顔をしたじゃないか!」

さやか「そ、それは確かに本当だけど・・・・・・えっと、何て言えば良いのかな――人知れず闇に紛れて悪を討ち、見滝原の平和を護る正義のヒーローやってました・・・・・・
っていうのは、駄目?」

恭介「こっちはふざけてるんじゃないんだよ!!もう、君のことをどれだけ心配したと思っているんだ!!」

さやか「だっ、だよねーあはは・・・・・・」

恭介「・・・・・・さやか、どうしても、話せないのかい?」

さやか「・・・・・・うん。ちょっとね、難しいことだからさ」

恭介「・・・・・・そうか」シュン

さやか「んな顔するなって!大丈夫よ、さやかちゃんはまだ純潔ですからねー」

恭介「べ、別に僕はそういうことを言っているんじゃなくて!!」

さやか「はいはい。それじゃぁむっつり恭介、次はあたしの番だからね?」

恭介「僕はむっつりじゃない!!」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:02:47.25 ID:z90r8gw/0
恭介「・・・・・・確かに志筑さんは美人で、清楚で上品で、魅力的な人だけど・・・・・・
正直、僕には恐れおおいよ。彼女には、彼女に相応しい人が他に居るさ」

さやか「なーんて言っていると、十年後二十年後に後悔するよ?そうやって若い内に好機を逃して
それを悔いているおっさんなんて山ほどいるんだからね?あまりにも無くて泣いている人たちだっているんだよ?
その点あんたは恵まれているってのに、どうしてかねえ?さやかあさんは心配だよ、あんたの未来が」

恭介「なんだよ、さやかあさんって」

さやか「こほんっ。とにかく、もっとよく考えてさ。バイオリンだって、独りで弾くよりも誰かの前で弾いた方が良いでしょ?
音楽家気取るならさ、ずっと聞き続けてくれる誰かとか、そういうのも大切にしないといけないとあたしは思うけどねー」

恭介「・・・・・・それは、さやかがやってくれるんじゃないかな?」

さやか「え、あたし?」

恭介「・・・・・・今までずっと、僕の演奏を聴いてきてくれたのは君だ。最初のお客さんは君だった・・・・・・これからもずっと、
そうでいてくれはしないのかな?」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:03:55.67 ID:z90r8gw/0
さやか「・・・・・・えっと、それって・・・・・・」

恭介「・・・・・・僕に志筑さんは似合わないよ。僕みたいな軟弱な人間には、君のような人こそ相応しいと思うんだ。
どんな逆境でも覆してくれる・・・・・・僕に女神が居たとしたら、それはきっと、君だったんじゃないかな、さやか」

さやか「あ・・・・・・えっと・・・・・・」

恭介「・・・・・・さやか、どうかこれからも、僕の傍に居てくれないかな?そして僕の演奏で、君が微笑み続けてくれるのであれば、
それは奇跡や魔法よりも尊いものになるだろうから・・・・・・」

恭介「僕と・・・・・・恋人になってくれないかい、さやか?」

さやか「・・・・・・あ・・・・・・」

恭介「・・・・・・返事はいつでも良いよ。でも出来れば、コンクールまでには貰いたいかな。
とっておきの席を、君に用意するから・・・・・・」

さやか「・・・・・・」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:10:14.62 ID:z90r8gw/0
仁美「今日は楽しかったですわ。とてもリラックスできました、お付き合い頂き、誠にありがとうございました」

仁美「それから杏子さん、これからは何卒よろしくお願いします」

杏子「おう。またな、仁美」

さやか「ばいばい、仁美・・・・・・」

仁美「それではまた明日、さやかさん」

さやか「うん・・・・・・」

杏子「・・・・・・どうしたんだよ、らしくねーじゃん」

さやか「え?あ、いや、ちょっとね・・・・・・」

杏子「今日、遊んでるっつーのにしょっちゅう憂鬱な顔になっていたな。一体どうしたんだ?」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:11:37.78 ID:z90r8gw/0
さやか「ちょっと・・・・・・」

杏子「ちょっとじゃわかんねーよ。・・・・・・まっ、言いたくねーならしゃぁねえか。そんじゃな、また誘ってくれよ」

さやか「――待って!」

杏子「おぅ?」

さやか「やっぱり・・・・・・話、聞いてくれないかな?」

杏子「・・・・・・うっし。解かった」

さやか「・・・・・・ありがとう、杏子」

杏子「気にすんなよ。友達だろ?」

さやか「・・・・・・ありがとう、杏子」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:14:45.23 ID:z90r8gw/0
杏子「・・・・・・へぇ、そうか。坊やにねぇ」

さやか「うん・・・・・・」

杏子「良かったじゃねーか。念願叶ったんだ、もっと喜べよ」

さやか「うん・・・・・・喜びたいんだけど、でも・・・・・・」

杏子「でも、なんだよ?あんたの願い、叶ったんだろ?愛と勇気が勝ったんじゃねーか。
だったら素直に喜べば良いんだよ、しゃらくせえこと考えてんじゃねーよ」

さやか「解かってるよ、でも・・・・・・」

杏子「・・・・・・でも・・・・・・なんだよ・・・・・・」

さやか「・・・・・・」

さやか「・・・・・・全然、嬉しくないんだ・・・・・・」

杏子「・・・・・・!」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:19:04.93 ID:z90r8gw/0
さやか「恭介のこと、好きだったはずなのに・・・・・・こんな体で、それを隠しているけれども、好きだって言われて、
嬉しいはずなのに・・・・・・これが喜ぶべきだって解かっているのに・・・・・・なんでだろう・・・・・・まるでさ、他人事
みたいなんだよね・・・・・・なんだろうな、美樹さやかは上条恭介が好きだから、彼に好きだと言われれば彼女は自然欣喜雀躍とする。
それが決定しているのだ、って条理を突き付けられているのは確かにあたしの体なのに、もっと奥の、心・・・・・・かな。それは、
すかして興ざめしているんだよね・・・・・・なんなんだろう、これ・・・・・・そういえばさ」

さやか「まどか・・・・・・どうしちゃったのかな」

杏子「・・・・・・」

1.絶望して魔女になった
2.魔女のお前が殺した
3.ほむらと一緒にいるんじゃないか?

>>82


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:20:21.22 ID:uoOZOaJrP
2


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:20:27.31 ID:LuvylP/+0
2


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:27:35.28 ID:z90r8gw/0
杏子「さぁな。あたしが知るわけないだろ。あたしとあいつは、何の交流もないんだから」

さやか「そうだよね・・・・・・まどか、大丈夫かなぁ・・・・・・元気かなぁ・・・・・・お腹空かせてないかなぁ・・・・・・」

杏子「何処かで元気にやってるだろう・・・・・・人間、独りでも案外生きられるもんだぜ?これ、実体験な?」

さやか「あんたは大丈夫だったかもしれないけど・・・・・・まどかはあんたよりもずっと繊細だし、人間なのよ・・・・・・」

さやか「あの子は、わたしが護ってあげなくちゃ――」

杏子「――」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:32:03.28 ID:z90r8gw/0
さやか「ん・・・・・んん・・・・・・」

杏子「よぉ、起きたか?」

さやか「・・・・・・此処は?」

杏子「ホテルだよ」

さやか「え・・・・・・あれ、あたしさっきまで・・・・・・」

杏子「いきなり寝ちまいやがって・・・・・・たくっ、此処まで運んでくるの大変だったんだからな」

さやか「あはは・・・・・・ごめんごめん」

杏子「それよりも、早く帰れよ。学校、遅れるぜ?」

さやか「・・・・・・うん、ありがとう」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:37:45.16 ID:z90r8gw/0
さやか「おっす仁美!」

仁美「おはようございます、さやかさん」

さやか「それじゃぁ、行こうか!」

仁美「・・・・・・え?」

さやか「え、あ、いや、違うよね、まどか待たないと、うん」

仁美「・・・・・・?」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:37:58.91 ID:z90r8gw/0
さやか「結局、今日も無断欠席かぁ」

仁美「まどかさん・・・・・・一体・・・・・・」

上条「おはよう、さやか、志筑さん」

さやか「おはよう、恭介」

仁美「お、おはようございます、上条君」

中沢「おっす上条!」

上条「おはよう、中沢」

仁美「・・・・・・」

さやか「・・・・・・」

仁美「・・・・・・やっぱりわたくし、まだ、上条君のこと諦めきれませんわ」

さやか「・・・・・・そっか」

仁美「・・・・・・今日の放課後、もう一度告白します――」

さやか「・・・・・・そっか」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:44:34.56 ID:z90r8gw/0
仁美「・・・・・・上条君、さやかさんに告白なさったのですね」

さやか「え・・・・・・恭介から、聞いたの?」

仁美「えぇ。ですから、わたくしとは交際出来ないと」

さやか「・・・・・・ごめん」

仁美「・・・・・・謝られる方が、惨めですわ」

さやか「ごめん・・・・・・」

仁美「ですからっ!」

仁美「わたくしも申し訳ないという気持ちがあるのなら・・・・・・早く答えを出してください!!
さやかさんが上条君に想いを伝えてくれのが、わたくしに対する唯一の救いなのですから!
あなたが上条君からの告白を了承為さるのであればわたくしはそれを祝福します。辞謝されるのであれば
それを歓待します!どちらの結果も、わたくしにとっては喜びなのですから、どうか遠慮など為さらないで下さい!
それこそ、最も卑しいことですわ・・・・・・!」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:44:54.40 ID:z90r8gw/0
さやか「・・・・・・ごめ――ありがとう、仁美・・・・・・」

さやか「・・・・・・あたし、恭介の告白、受けようと思う」

仁美「・・・・・・そうですか。それを聞いて、とても安心しています」

仁美「それではごきげんよう」ダッ

さやか「あ・・・・・・」

さやか「・・・・・・・」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:50:22.55 ID:z90r8gw/0
恭介「やぁ、よく来てくれたね。昨日の返事を、聞かせてもらえるのかな?」

さやか「うん・・・・・・」

恭介「入って。お茶とお菓子を用意するから」

さやか「あ、ありがとう」

さやか「・・・・・・」

恭介「懐かしいよね。初めてコンクールで入賞したときの写真・・・・・・君はこんなに小さな時から、
僕の傍で僕を支えてくれていたんだよね」

さやか「うん・・・・・・」

恭介「それじゃぁ、くつろいでいて」

さやか「あ、うん・・・・・・」

さやか「・・・・・・」

さやか「・・・・・・これ、アルバム・・・・・・」

さやか「・・・・・・」

さやか「・・・・・・うっ!!」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:55:39.59 ID:z90r8gw/0
杏子「ん?早かったじゃねーか」

さやか「・・・・・・杏子」

杏子「どうだったよ?上手くやったのか?」

さやか「・・・・・・」

杏子「おい?」

さやか「・・・・・・――うっ!おえええっ!!」ビチャビチャッ

杏子「おい!?さやか、どうした!?」

さやか「・・・・・・解からない・・・・・・でも、気持ち悪い・・・・・・ぐるぐるする・・・・・・体がと心が・・・・・・
すれ違って・・・・・・そうだ・・・・・まどか・・・・・・まどかは何処・・・・・・まどか、まどか、まどかあ!!」

1.絶望して魔女になった
2.魔女のお前が殺した
3.ほむらと一緒にいるんじゃないか?
>>100


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 19:56:28.69 ID:yQ5Yi6wS0
2


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:00:43.26 ID:z90r8gw/0
杏子「まどかなんていない!!」

さやか「そうだまどかなんていない!!」

杏子「お前が好きなのは上条恭介だ!!」

さやか「あたしが好きなのは上条恭介だ!!」

杏子「お前は誰だ!!」

さやか「美樹さやか、私は美樹さやか、わたしは美樹さやか、あたしは美樹さやか、美樹さやか、美樹さやか」

さやか「そうだ!!!あたしは美樹さやか、上条恭介が好きだ!!!!」

杏子「そうだ――」

さやか「ああああああああああああああああああああああああ!!!」

杏子「え・・・・・・?」

さやか「違う違う違う違う違う違う違うあああああああああああああああ!!」

さやか「私は美樹さやか上条恭介が好き私は美樹さやか杏子の友達私は美樹さやかまどかよりも
恭介が大事好きだよ恭介大好きだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

ああああああああああああああああああまどかああああああああああああああああああああああああああああああああ
マドカマドカまどかまどかまどかああああああああああああああああまどかああああああああまどかあああまどかああああ
まどかあああああああああああああああまどああああああああああああああああああああああああああああああああああ

杏子「・・・・・・」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:09:19.49 ID:z90r8gw/0
「――んん・・・・・・うぅ・・・・・・」

杏子「よぉ・・・・・・お目覚めかい・・・・・・?」

「――その声は――佐倉杏子!?」

杏子「あぁ・・・・・・」

「――此処は何処!?まどかは、まどかは何処なの!?」

杏子「さぁな・・・・・・それより、もうすぐワルプルギスの夜だぜ・・・・・・頑張ろうな」

「――まどかは?」

杏子「さあな、しらねえって」

「――まどかは・・・・・死んだの・・・・・・?」

杏子「しらねえって言っているだろ!!」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:10:01.91 ID:z90r8gw/0
杏子「そんなことよりさぁ・・・・・・今からワルプルギスの夜が来るんだよなぁ・・・・・・精神統一しておけよ?」

「――まどかが居ないのなら、この世界に価値はないわ」

杏子「おい?」

「――さようなら、佐倉杏子」

杏子「待てよ――ほむらぁ!!」

杏子「・・・・・・どうなってんだよ・・・・・・おい・・・・・・」

杏子「消えちまいやがった・・・・・・!」

杏子「・・・・・・」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:11:09.94 ID:z90r8gw/0
1.死ぬ
2.死ぬ
3.死ぬ
4.死ぬ
5.死ぬ
6.死ぬ
7.死ぬ
8.死ぬ
9.死ぬ
10.死ぬ

>>115


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:11:41.75 ID:YxhcBuf+0
11生きる


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:12:05.24 ID:Q5BVqet5O
11 死ぬ


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:12:12.49 ID:oXLpyPLY0
11 核爆発


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:14:23.91 ID:z90r8gw/0
杏子「さやかぁ・・・・・・お前と過ごした時間は、辛いこともあったけど、楽しいこともあったよ・・・・・・」

杏子「そっちに行ったらさ・・・・・・また、一緒に遊んでくれよな・・・・・・」

杏子「もぅ・・・・・・ひとりぼっちは、寂しいんだ・・・・・・」

杏子「一緒に居てくれよ・・・・・・さやかぁ・・・・・・」


終わり


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:14:45.66 ID:z90r8gw/0
どうしてこうなった


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:14:49.25 ID:YxhcBuf+0
乙乙乙


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:15:18.54 ID:uoOZOaJrP
安価とはなんだったのか


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:15:25.24 ID:Q5BVqet5O
安価の必要性があんまり無かった件


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:16:42.09 ID:UQitDCwx0
お前らの最初の安価が悪い


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:17:44.41 ID:4DELtW/j0
たぶん大筋は書き貯めてあって、間を安価で進めようとしたんだろう
しかし安価を捌くことができなかったわけだな


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:19:42.84 ID:z90r8gw/0
いや、書き溜めとかはしていない
最初は普通の安価スレで進めようと思った
そしたら初っ端から殺すって出たのと
ふと頭の中でさよならを教えてのOPが反芻されてさ
昂奮した結果がこれだ
安価を中途で挟めなかったのはすまないと思っている
でもあの流れは一応あれで正解


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:26:05.51 ID:uStOAH4A0
杏子「安価で友達を救うっと・・・」ッターン


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:26:44.60 ID:bUrlBDAA0
さてもう一週やろうぜ


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:37:01.20 ID:uStOAH4A0
杏子「・・・・・・こいつのソウルジェムを取り戻す方法は?」

QB「ないね。僕の知る限りでは」

杏子「『知る限りでは』・・・・・・?」

QB「魔法少女は条理を覆す存在だ。キミたちがどれほどの不条理を成し遂げたとしても
驚くには値しないよ」

杏子「・・・・・・出来るんだな?」

QB「前例はないね。助言のしようがない」

杏子「誰が。てめえの手助けなんかいるもんか・・・・・・」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:40:50.43 ID:uStOAH4A0
杏子「『vipのみなさん助けてください友達を助けたいんです』っと」ッターン」

   『安価だな』『安価マダー?』『安価出せ』

杏子「『>>140をやってみます』」


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:43:29.19 ID:KHDo/G7k0
青くなくしてみる


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:44:03.57 ID:YxhcBuf+0
ぎゅっと抱きしめる


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:45:17.90 ID:5/fu60lc0
AVに出演して元に戻すための金を稼ぐ


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:52:19.07 ID:uStOAH4A0
杏子「助けるのにはお金いるもんなー
    AVって自分で作ればいいのか?
    それなら共演者が必要だな・・・   
   『共演者を決めます>>150』っと・・・」


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:53:55.63 ID:uoOZOaJrP
QB


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:54:12.31 ID:KHDo/G7k0
さやさや


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:54:14.56 ID:z90r8gw/0
称賛


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:00:36.68 ID:CTTEwIEw0
ショウさんか


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:06:18.89 ID:uStOAH4A0
ホストのやつか

杏子「ショウさんね
    女優がもう一人欲しいな
    『女の子もう一人決めてください>>165』」


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:08:30.41 ID:rDO++zFa0
杏子ちゃん


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:08:34.96 ID:YxhcBuf+0
マミさん


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:08:37.96 ID:KHDo/G7k0
さやかちゃん(死体)


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:12:38.39 ID:LuvylP/+0
中学生の死姦AVとか危険すぎる


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:18:19.63 ID:uStOAH4A0
杏子「さやかー 一緒にAVでてくれよー」

さやか「」

杏子「よろしくな!」

さやか「」

杏子「さやかの許可は取れた
    あとは何決めればいいんだ?
    『あと何を決めればいいんですか?』っと」ッターン


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:19:59.75 ID:6JUlubBO0
AVのシナリオ


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:25:12.19 ID:uStOAH4A0
杏子「シナリオも安価で決めちゃうか
    『シナリオ安価>>180->>185』っと
    ところでアタシは監督でいいんだよな?」


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:25:49.92 ID:YxhcBuf+0
あんこちゃんがおいしそうにご飯を食べる


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:26:03.09 ID:KHDo/G7k0
死体にインタビュー


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:26:12.15 ID:z90r8gw/0
発情する


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:26:27.50 ID:uoOZOaJrP
けど我慢する


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:26:49.12 ID:jrKW2tYTO
貝合わせ


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:26:52.08 ID:LuvylP/+0
そしてさやかへビデオメールを作る


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:27:14.88 ID:LuvylP/+0
ビデオレターだった・・・


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:31:39.19 ID:uStOAH4A0
あんこちゃんがご飯を食べながら死体にインタビューして発情するけど我慢して貝合わせをするビデオレター
でおk?

杏子「これって男優いらないよな・・・
    とりあえず撮影の準備するか」
    
ショウ「」


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:41:49.53 ID:uStOAH4A0
杏子「さやかさん、あなた死にましたけど今どんな気持ち?」モグモグ

さやか「」

杏子「食うかい?」モグモグ

さやか「」

杏子(死んでるさやかもかわいい・・・)ハァハァ

さやか「」

杏子(チクショウ・・・我慢・・・)


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:49:29.71 ID:uStOAH4A0
杏子「やっぱり我慢できねえ!さやか!」バッ

さやか「」

杏子「さやか!さやかぁ!あん!あん!」

さやか「」

杏子「あんあん!」アァッ!


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:54:12.03 ID:uStOAH4A0
杏子「ふぅ このビデオさやかにやるよ」

さやか「」

杏子「今日は楽しかったな!」

さやか「」

end


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:54:57.70 ID:YxhcBuf+0
乙乙乙


200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:56:35.37 ID:uoOZOaJrP
乙ー

よし次だ


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:58:35.75 ID:uStOAH4A0
最後投げやりになってすまんな・・・


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:04:47.58 ID:LuvylP/+0
杏子「今度こそさやかを救う!」

杏子「あたし一人じゃ不安だな・・・ガラじゃあないが、ここは誰かに協力を頼もう」

杏子「>>205にするか」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:05:10.48 ID:oXLpyPLY0
ラーメン大食い大会に参加


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:08:34.29 ID:LuvylP/+0
杏子「うーん、誰にしようか・・・って、ん?いい匂い・・・ラーメン屋か」

<<ラーメン大食い大会エントリー受付中!>>

杏子「ラーメン大食い大会だと!?」ジュルリ

杏子「いやいや、あたしはさやかを・・・」

杏子「・・・」グゥ~

杏子「・・・ここで出なきゃ女が廃るぜ!」

杏子「おっちゃん!エントリーするぜ!」

店主「アイヨ!」

杏子「なんか賞品はあんのか?」

店主「>>210ダヨ」


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:10:59.13 ID:YxhcBuf+0
ストラディバリウス


209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:11:46.27 ID:CyirqJYXP
現金5千円


210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:11:48.54 ID:bUrlBDAA0
暁美ほむら


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:16:53.06 ID:LuvylP/+0
店主「暁美ほむらダヨ」

杏子「はぁ!?どういうことだオイ!」

ほむら「そのままの意味よ。賞品は私」

杏子「一体どうして・・・」

ほむら「お金が無いのにラーメンを食べてしまって・・・」

杏子「逃げればいいだろそんなの」

ほむら「ダメよ、犯罪になるじゃない」

杏子(銃火器盗んでるやつが何を・・・)

杏子(でもこれはチャンスだな・・・ここでコイツを手に入れれば、さやかを助けるのに力になるはず!)

――

店主「ソレデハ大会ヲ始メルヨー」

店主「エントリーナンバー1番・佐倉杏子!」

店主「エントリーナンバー2番・>>213!」

店主「エントリーナンバー3番・>>214!」

店主「エントリーナンバー4番・>>215!」


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:18:00.50 ID:oXLpyPLY0
ゲーチス


214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:18:11.57 ID:YxhcBuf+0
巴マミ


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:18:15.87 ID:rDO++zFa0
中沢


219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:22:34.19 ID:LuvylP/+0
店主「エントリーナンバー2番・ゲーチス!」

ゲーチス「ククク、暁美ほむらを手に入れれば伝説のポケモンを容易く手に入れられる!」

杏子(誰だこのオッサン)

店主「エントリーナンバー3番・巴マミ!」

杏子「なんだと!?」

マミ「あら、貴女もでるのね。負けないわよ」

杏子「てめえ、くたばったんじゃなかったのかよ!?」

マミ「ラーメン大食い大会とあらば、地獄の底からでも這い上がってくるわ」

店主「エントリーナンバー4番・中沢!」

中沢「どっちでもいいんじゃないかと思います」

杏子(コイツは敵じゃないな・・・)

店主「ソシテ、今回大食イニ挑戦シテモラウ料理ハコレダー!」

杏子「こ、これは・・・!」

マミ「>>222!」


220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:23:27.99 ID:YxhcBuf+0
ほむらーめん


221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:24:03.32 ID:YxhcBuf+0
ほむほむががんばって作った特製ほむらーめん


222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:24:06.08 ID:oXLpyPLY0
激辛ニンニクラーメン


227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:26:32.32 ID:LuvylP/+0
マミ「激辛ニンニクラーメン!」

杏子「くそっ、なんだよコレ!湯気が目に染みてきやがる!」

店主「シカモタダノラーメンジャナイヨ。ナントコノ中ニハ、>>230モ入ッテルヨ」


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:27:35.13 ID:YxhcBuf+0
ほむほむの愛情


229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:27:35.83 ID:rDO++zFa0
謎の白い液体


230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:27:41.56 ID:oXLpyPLY0
食べるラー油3倍


234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:33:36.31 ID:LuvylP/+0
マミ「食べるラー油3倍ですって!?」

杏子(普通だ・・・)

店主「覚悟ハイイカ?ソレジャ、大食イ開始ネ!」

ほむら「ちなみに解説・実況は私が仕切るわ」

店員「へいお待ち!」ドン!

杏子「来たか・・・とりあえず、食べるしかねーな!」ズルズルズルズル


ズルズルズルズル・・・


杏子「くぅっ、辛ぇ・・・だがやっと一杯食い終わった!」

杏子「他のヤツは・・・?」チラッ

杏子「!?」

ほむら「あーっと、>>236選手!既に>>240杯を食べ終わっているーっ!!」


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:34:28.91 ID:bUrlBDAA0
マミ


240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:35:38.89 ID:S3S5mmRO0
753


242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:36:25.03 ID:bUrlBDAA0
化け物wwwww


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:39:11.62 ID:LuvylP/+0
ほむら「あーっと、マミ選手!既に753杯を食べ終わっているーっ!!」

杏子「ブーッ!」

杏子「てめえそれでも人間か!?」

マミ「いいえ、ジロリアンよ・・・貴女もね」

杏子「ちげーよ!?」

ほむら「杏子選手、ラーメンを噴出してしまったので罰ゲームです!」

杏子「なんだと!?聞いてねえぞ!」

ほむら「罰ゲームの内容は・・・>>248!」


246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:40:45.43 ID:KHDo/G7k0
アンアンされる


248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:41:00.65 ID:CTTEwIEw0
脱ぐ


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:45:33.56 ID:LuvylP/+0
ほむら「服を脱いでいただきます!」

杏子「なんだ、それだけか・・・じゃあこのパーカーを」

ほむら「待ちなさい」

杏子「ん?」

ほむら「誰が一枚だけなんて言ったかしら?」

杏子「えっ」

ほむら「全部脱ぎなさい」

杏子「ふざけるなあああああ!!!」


255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:46:02.92 ID:LuvylP/+0
ほむら「これは命令よ、早く脱ぎなさい。もちろん下着もよ」

杏子「やってられるか!あたしは抜けるぞ!じゃあな!」ダッ

ガシッ

杏子「くそ、誰だ!?」

マミ「ギルティー」

杏子「は?」

ほむら「ギルティー」ゲーチス「ギルティー」
中沢「ギルティー」店主「ギルティー」
店員「ギルティー」観客「ギルティー」

杏子「うわああああああああああああ!?」


257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:48:11.31 ID:LuvylP/+0
―次の日

杏子「ラーメンうんめええええ!!」ガツガツガツガツ

マミ「ふふ、佐倉さんも仲間にはいってくれて嬉しいわ」

ほむら「ところで、何かすることがあったんじゃないの?」

杏子「さやかの事か?・・・そんなことよりラーメンだ!!」

end


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:49:31.14 ID:YxhcBuf+0
乙乙乙


259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:50:15.25 ID:xHHcpwbz0
面白かった乙


260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:50:36.06 ID:rDO++zFa0

収集つく気配がないな


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:51:36.60 ID:LuvylP/+0
さあ次誰か頼んだ


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:59:03.51 ID:rDO++zFa0
杏子「さやかが魔女化したから知恵袋に聞いてみるか」

杏子「友達の魔法少女が魔女になってしまいました。元に戻す方法を教えてくださいっと。」

ベストアンサー:>>268


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:59:52.71 ID:lU4qTO+z0
タイムふろしき


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:59:55.05 ID:bUrlBDAA0
まどかが契約する


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:03:46.78 ID:rDO++zFa0
ベストアンサー『まどかが契約する』

杏子「ありがとうございました。早速頼んでみます。」 カタカタ

杏子「ん?別の回答が来てる。」

homuhomu「まどかの居場所のソースはありますか?」

杏子「ありますよ。ちょっと待ってくださいね。」カタカタ

杏子「どなたかまどかの居場所について知りませんか?」

homuhomu「今から探すんですか!?」

まどかの居場所:>>275


274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:04:52.63 ID:YxhcBuf+0
まどホーム


275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:04:54.14 ID:uStOAH4A0
俺の隣で寝てる


276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:09:38.54 ID:rDO++zFa0
杏子「>>275の隣で寝てるのか。早速行くぞ」

―>>275ホーム―

まどか「あぁ…。いい……気持ちイイ!」

>>275「オラオラ、もっと声をあげろ!」 パンパン

杏子「うーす。」

まどか「杏子ちゃん!」

>>275「え?誰君?」

杏子「ちょっとQBと契約してくれ。」

まどか「いいよ。」

契約内容:>>278


277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:10:34.55 ID:YxhcBuf+0
>>275のお嫁さんになりたい


278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:10:57.29 ID:YxhcBuf+0
kskst


279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:11:05.33 ID:uStOAH4A0
>>275と結婚


284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:17:08.09 ID:rDO++zFa0
まどか「私>>275と結婚したいの!」

杏子「いや、普通に婚姻届出せよ。」

まどか「私まだ中学生なんだよ!?結婚できるわけないよ!日本の法律はおかしいよ!」

杏子「えー。2年待てば済む話じゃ…。」

まどか「私は待てないの。」

>>275「まどか…そこまで俺のことを…。」

QB「まどか、君ほどの魔法少女なら日本の法律を書き換えることくらい簡単なことだよ。」

まどか「本当に?それじゃあ私、>>275と結婚する!」

QB「わかった。それじゃあ契約成立だね。」

こうして、ここに新しい夫婦が誕生した。

杏子「まどかの契約が完了したし、さやかが戻っているはずだ。」

オクタヴィア「」

杏子「戻ってねえ…。」


290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:20:03.88 ID:rDO++zFa0
杏子「やっぱり知恵遅れ袋なんかに相談したのが間違いだった。」

杏子「まどかの契約でダメならどうすればいいんだ。今度はグーグル先生に聞いてみるか。」

      _______                     __
    // ̄~`i ゝ                    `l |
    / /        ,______   ,_____    ________  | |  ____ TM
   | |     ___ // ̄ヽヽ // ̄ヽヽ (( ̄))   | | // ̄_>>
   \ヽ、   |l | |    | | | |    | |  ``( (.  .| | | | ~~
      `、二===-'  ` ===' '  ` ===' '  // ̄ヽヽ |__ゝ ヽ二=''
                         ヽヽ___//   日本
  _____ _____  ______  _______
  |  ウェブ  | | イメージ | | グループ | | ディレクトリ |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ._________________
      |さやかを元に戻す方法          │・検索オプション
      └────────────────┘・表示設定
         | Google検索 | I'm Feeling Lucky |  ・言語ツール
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ○ウェブ全体から検索 ◎日本語のページを検索

検索結果:>>293


291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:20:58.06 ID:NmhUmJsq0
まず服を脱ぎます


292:東真一郎 ◆ELTiIq166E :2011/08/03(水) 23:21:13.97 ID:KhVrzZuwP
仁美と結婚する


293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:21:38.63 ID:bNcXQ6QG0
マミと濃厚なレズセックスをする


296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:25:59.22 ID:rDO++zFa0
杏子「マミと…ええー!!ちょっと待てよ、私初めてなのに。」

マミ「あら、佐倉さん?こんなところで何してるの?」

杏子「うわ、タイミングを見計らったかのように来たよ…。」

杏子「あ、あのさあ…マミ……。」

マミ「何?」

杏子「私と濃厚なレズセックスして…くれないかな…?」

マミ「え///急にそんなこと言われても…。私たち女の子同士だし…。」

杏子(まずい。このままだと拒否られそうだ。何とかして説得しないと。)

説得内容:>>300


297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:26:34.36 ID:YxhcBuf+0
さやかを助けるためなんだ


298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:26:58.53 ID:LuvylP/+0
あたしにはマミが必要なんだ


299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:26:59.93 ID:pczFeEXt0
流行のダイエットなんだよ


300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:27:04.24 ID:bUrlBDAA0
あたしの人生挙げるから


303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:30:13.76 ID:rDO++zFa0
杏子「あたしの人生挙げるから」

マミ「そ、そこまで言うなら…///さ、佐倉さんだったらいいよ…。」

杏子「本当か!?」

マミ「え、ええ。」

杏子「濃厚なレズセックスってまずは何をすればいいんだろう?教えてくれ>>305」


304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:31:16.86 ID:CyirqJYXP
フレンチキス


305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:31:27.84 ID:OEu0XvyW0
あっちむいてほい


308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:36:41.83 ID:rDO++zFa0
杏子「よし、まずはあっちむいてほいからだ。」

マミ「あっちむいてほい?」 そわそわ

杏子「濃厚なレズセックスの前にはこれが必要らしい。」

マミ「よくわからないけど、まあいいわ。」

杏子 マミ「じゃーんけーん、ポン!」

杏子:チョキ
マミ:パー

杏子「あっちむいてホイ!」←

マミ「ホイ!」←

マミ「いきなり負けたわ…。」

杏子「へへ…負けたからにはHな罰ゲームを受けてもらうぜ。」

罰ゲーム内容:>>310


309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:38:10.01 ID:0em1Yijr0
首チョンパ


310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:38:12.44 ID:bUrlBDAA0
ソウルジェムを呑む


312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:45:45.56 ID:rDO++zFa0
杏子「マミ、ちょっとソウルジェムを貸してくれ。」

マミ「いいけど…壊さないでね?」

杏子「いただきまーす。」ゴクリ

マミ「佐倉さん!あなた何を!」

杏子「へへ、魔法少女はソウルジェムから一定距離離れることは出来ないんだよな?」

マミ「そ、そうよ。そんなことしたら体を動かすことが出来なくなるもの。」

杏子「だから、マミはこれから一緒あたしの傍から離れなれない。マミのソウルジェムを飲み込んだあたしの傍を///」

マミ「佐倉さん///」

杏子「これからずっと一緒だからな///」

マミ「ええ///」

杏子(何か忘れているような気がするけど別にいいか。)

マミEND


313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:46:12.48 ID:YxhcBuf+0
乙乙乙


314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:48:09.80 ID:uoOZOaJrP


さやか・・・


316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:01:49.88 ID:jkC+yB2Q0
オクタヴィア「人間が全く来なくて暇だから安価でなんかする」

>>320


318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:03:45.96 ID:HfRkrJ4k0
上条に真相を明かしに行けばいいよ


319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:04:15.30 ID:ZKY1bpX40
恭介を逆レイプ


320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:04:17.09 ID:cCIRMfCl0
まどかに奇襲をかけて吸収する


323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:09:15.49 ID:jkC+yB2Q0
まどか「>>275くぅーん」イチャイチャ

>>275「まどかぁー」ニャンニャン

オクタヴィア「チッ、カップルか・・・無性にイライラするな」

オクタヴィア「よし・・・」

まどか「いいよぉ、そこもっと突いてぇ・・・・・・って、ここどこ!?」

オクタヴィア「結界に引きずり込んでくれたわ」

まどか「いやあああああ魔女おおおおお!?」

オクタヴィア「てめえのピンク髪イラつくんだよ!オラァ!」

>>275「まどかが食われたあああああああ!!!!!」

オクタヴィア「うっせ」ザシュッ

>>275「ぐはあああああ死んだああああ!」

オクタヴィア「次は>>325しよう」


324:東真一郎 ◆ELTiIq166E :2011/08/04(木) 00:12:21.29 ID:aVMaZ95MP
タツヤに奇襲をかけて吸収する


325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:15:24.87 ID:efelMKxl0
普通に学校に行く


328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:21:43.68 ID:uoykKc4QP
―見滝原中教室

オクタヴィア「結界ごと学校に来てみた」

オクタヴィア「記憶がおぼろげだけど、昔ここに通っていたような気がするなあ」

ほむら「この気配・・・魔女!?」

オクタヴィア「魔法少女がいるのか・・・めんどくさいな」

ほむら「・・・でも今はそれどころじゃないわ!まどかを探さなくちゃ!」タタタッ

オクタヴィア「あらら、逃げちゃった」

オクタヴィア「よーし、ここの人間全員餌にしちゃうぞーっと」

>>330「待った!!」


330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:22:34.35 ID:cCIRMfCl0
上條


332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:27:11.89 ID:jkC+yB2Q0
上條「頼む、ここにいる人たちは見逃してくれ!僕はどうなってもいいから!!」

オクタヴィア「ほう・・・?なんで?」

上條「さやかの戻ってくる場所を守らなきゃいけないんだ!」

オクタヴィア(やだ、カッコいい・・・///濡れちゃう///)

オクタヴィア「いいよ」

上條「ありがとう!」

オクタヴィア「お前の身柄は貰っていくぞ」

―結界内

オクタヴィア「アンタはもうアタシの奴隷よ」

上條「くっ・・・」

オクタヴィア「じゃあまずは・・・>>335をしてもらおうかな///」


333:東真一郎 ◆ELTiIq166E :2011/08/04(木) 00:27:59.04 ID:aVMaZ95MP
恋人として付き合い


334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:28:09.69 ID:VqJ2GtMz0
バイオリンで演奏


335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:28:12.14 ID:AdF57mGdP
バイオリン演奏


336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:39:05.91 ID:jkC+yB2Q0
オクタヴィア「バイオリンを演奏してもらおう」

上條「・・・わかりました」

♪~

オクタヴィア(いい曲・・・)

オクタヴィア(何故かこの男が弾いてると思うと心が安らぐ)

オクタヴィア(なんだかまるで、ずっと昔から知っていたような・・・?)

オクタヴィア「恭介・・・」ボソッ

上條「え?」


337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:41:03.76 ID:jkC+yB2Q0
オクタヴィア「・・・あれ、あたし今なんて?」

上條「もしかして・・・さやか、君なのかい?」

オクタヴィア「さや、か・・・?なん、だっけ、それ・・・・・・あれ、頭が痛・・・」ズキズキ

上條「やっぱり・・・暁美さんから、君が別のモノに変わってしまったと聞いたんだ」

オクタヴィア「アケミ・・・?アケミ、ホムラ・・・?」

上條「半信半疑だったけど、この状況になってやっと信じられるよ」

上條「さやか!戻ってきてくれ!僕のそばには、君がいないとダメなんだ!」

オクタヴィア「ア、ア・・・」

上條「君のためだけに、僕にバイオリンを弾かせてくれえええ!!!」

オクタヴィア「アァァアアアアア・・・・・・グアアアアア」パリーン

上條「さやかあああああ!!!」

さやか「恭介ぇええええええ!!」



こうして、さやかちゃんは愛の力で人間に戻ることができました!
めでたしめでたし


338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:41:32.10 ID:VqJ2GtMz0
乙乙乙

乙乙乙


339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:42:45.14 ID:c/81oG8u0
可愛かったから良しb

乙です


340:東真一郎 ◆ELTiIq166E :2011/08/04(木) 00:44:31.82 ID:aVMaZ95MP
やっとスレタイの目的が達成されたか
乙!


341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:44:46.35 ID:cCIRMfCl0
まどかさんさやかちゃんの一部になったのか……


342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:57:16.03 ID:VqJ2GtMz0
奇跡も魔法もあるんだな


343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:00:08.65 ID:xEkiDvBi0
これはいいend


344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:02:54.14 ID:n5PDlJ+QO
あんこちゃん仕事してねえ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ