Powered By 画RSS


あおい「これがベイス☆ボールか…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:16:20.50 ID:H3S4wZ/00
あおい「よろしくお願いします…」
尾花「てな訳で、みんなよろしく頼む。
   あくまで、選 手 として支えてやってくれよ」
村田「ウース」

7月末日―。ボク、早川あおいは横浜ベイスターズへのトレード移籍が決定した。
ちなみに横浜の方が出したのは金銭。サブローさんのときと少し似てるなあ。
まあ最近ロッテでのボクは客寄せパンダにすらなれなくなってきたし、成績もダメダメだったから、
放出されたのも仕方ないと思ってる。でも、折角小波君や矢部君と同じリーグに入れたんだし、
新たな新天地で、気を引き締めて頑張っていかなくちゃね。




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:18:01.52 ID:H3S4wZ/00
尾花「早川君」

あおい「は、はい」

尾花「改めて、我がベイスターズへようこそ。期待しているよ。」

あおい「あ、はい、頑張ります!」

尾花「まあ君も知ってると思うが、うちは毎年最下位のお荷物球団…
   去年日本一を経験した君からすれば、ちょっと雰囲気が異様に感じるかも知れない」

あおい「…」

尾花「まあでも、君が入ったことでチームの雰囲気が変わることを期待している。
   うちのチームに強者の野球ってのを雰囲気で伝えてやってくれないか」

あおい「…はい」




日本一か…ボクは全然貢献出来てない。自分が一番分かってるさ。
CSだって日本シリーズだって、リリーフで頑張ったのは内くんや伊藤さん、薮田さん達。
ボクが出ても、ピンチを作るだけ。日シリなんか全試合合わせて1イニングも投げてないのに。
果たして、ボクなんかが伝えられるのか?強者の野球を…。


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:19:06.62 ID:H3S4wZ/00
尾花「あ、あと起用法に関してだけど」

あおい「は、はい」



起用法かぁ…クローザーは山口くんで間に合ってるはずだから無いとして…
セットアッパーかな?さすがにそんな訳ないか…どうせワンポイントかもしくは敗戦処理…



尾花「先発で使っていこうと思っている」

あおい「え?」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:19:52.66 ID:H3S4wZ/00
先発?無理無理無理。
プロに入ってからは勿論経験無いし、高校時代も公式戦の先発はほとんど小波君だったし…。
そもそも、私に100球を投げられるスタミナなんて無いから!



あおい「冗談…ですよね」

尾花「いや、本気だよ。ただ、スタミナの面は心配しなくても大丈夫。」

あおい「はぁ」

尾花「とりあえず5回を目処に投げてもらえれば良い。バテたら3回でも交代してあげるから。」

あおい「でも、それって先発の役割全然果たしていないんじゃ…」

尾花「いいんだよ。継投で何とかかわしていくから。うちはまともな先発がほんといないから、君が投げてくれるだけで
   助かるよ」

あおい「そうですか…あ、あと一つ聞きたいんですが…」

尾花「ん?」

あおい「やっぱりボクを獲得した目的って…集客力…です…よね」

尾花「まあ、それも否定したら嘘になるが、それよりもさっきいったチームの雰囲気を良くすることが大事だね。」

あおい(雰囲気かー…)


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:21:08.10 ID:H3S4wZ/00
8月×日、横浜‐巨人。
実況「さあ、今日の横浜スタジアムですが、何と何と満員の大観衆。
   それもそのはず、今日は早川あおいの公式戦初先発が予想された日なのです。」


「おおおおお生あおいちゃんだあああ」「先発頑張ってー」「千葉から応援に来たぞー」「まーた石川スタメンかよ」




うわあ、凄いな。ルーキー時代を思い出す。あの頃はこれよりもうちょっと凄かったけど。
って、当時の事思い出してたら緊張してきたあああ やばいよおおおおおお




実況「さあ、球審橘高の右腕が上がりましたプレイボール!あおい投手振りかぶって足を上げます、
   おおカメラのフラッシュがたくさんたかれています、記念すべき第1球を、投げました、ああっと坂本これを打ち上げた、
   内野フライかショートほぼ定位置、石川両手を上げて掴んでワンアウト。」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:22:46.74 ID:H3S4wZ/00
あおい(ふぅ、とりあえず落ち着けるかな…)

続く打者も打ち取り、三者凡退でこのイニングを抑えた。
ひとつストライクをとる度に沸くもの凄いお客さんの歓声が、ボクに新人の頃を思い出させる。
あの頃は今と比べられないほど緊張したけど、不思議と抑えられてたなぁ…



ウグイス「9番、ピッチャー、あおい」ワアアアアア

実況「さあ3回裏球場が沸きます。バッターボックスに早川あおいが入りました。
   勿論これが公式戦初打席。さあしかし無死一塁のためここはバントです」

あおい「ひいっ!」
実況「ああーっと(笑)腰が完全に逃げながらのバントですが、偶然いい所に転がりました。送りバント成功です。

「あおいちゃーん、ナイスバントだったぞー!」「あおいちゃんのバント無駄にすんじゃねーぞ!」

下園「あおいちゃん凄い人気だな 俺達1,2番が凡退したらちょっとやばいぞ」

石川「頼みます、先輩で決めてください 四球で逃げるの勘弁してください」

※あおいの年齢は下園、石川の間


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:24:05.61 ID:H3S4wZ/00
実況「打ったああ右中間破りました長打コース、二塁ランナー細山田3塁を既に蹴って今悠々ホームイン!
   1番下園のタイムリーツーベースで横浜まず1点先制!あおい投手への援護点!」


「下園よくやったあああ」「打てるじゃねーかオイ!」




さらに横浜は4回に3点を追加し、4-0とリードを広げた横浜。
そして迎えた5回の表、ここを抑えれば勝利投手の権利を得る、大事なイニング。
実況「さあ簡単にツーアウトをとったあおい投手ですが、8番亀井にショートへの内野安打、代打古城にセンター前に運ばれ一、二塁のピンチ。
 ここでバッターはトップに戻って、得点圏では怖い坂本を迎えます」

細山田(とりあえず低めのシンカー、ボール球で…)
あおい(うん)

実況「あおい投手セットから第1球、投げました、打った、レフトへいった!大きい!スレッジもう見送っています入ったホームラン!
   坂本に一発が飛び出し3ランホームランで4-3 1点差!変化球がすっぽ抜けたでしょうか高めの球、坂本これを逃しませんでした!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:25:35.09 ID:H3S4wZ/00
キャッチャーの細山田くんがタイムを掛け、内野陣が集まる。

細山田「駄目ですよ、あの大事な場面であの失投は!」

あおい「ごめんごめん今のはまずかったね」

渡辺「まあ、これでランナーなくなったんだからさ」

石川「そうすよ、あと一人抑えれば(勝ちの)権利得るじゃないですか」

村田「お前、あの内野安打はアウトに出来たはずだが。全力プレーを心がけているか?」

石川「してますよ~じゃかったらエラーになるはずですしw」

渡辺「おいお前それはおかしいだろ」

村田「まず先輩に対する口の利き方を考えろ」

石川「すいません…」

あおい(…なんか、凄いな)


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:27:46.33 ID:H3S4wZ/00
あとアウト一つでボクは勝利投手の権利を得る。ベンチは勿論動かない。

細山田「じゃ、とにかく低めにお願いします!」

あおい「…うん、分かった」


実況「横浜バッテリー、2番藤村に対し外の変化球で空振りを誘いますが、なかなか釣られてくれませんねぇ」
解説「ちょっとあおい君もバテてきてますかねぇ球のキレが無くなってますから」


実況「藤村粘ります、あおい投手第11球目を、投げました、あーっと高め大きく外れてボール!フォアボール!
   あおい投手勝利投手の権利を得るまであとアウト一つですが、巨人打線も食らいつきます」

ハァ、さすがにもうキツいかな…苦しい。細山田くんがしきりにベンチの様子を伺っているけど、監督は、立ち上がる気配すらないみたい。
バテたら5回未満でも替えてくれるとは言ったけど…次の打順はボクからだし、何より初勝利が
かかってるから替えられないんだろうな…ボクの初勝利は、やっぱチームのムードに影響するんだろうなぁ…
けど、先発の役目として5回は何としても投げ切らなくちゃ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:30:14.24 ID:H3S4wZ/00
実況「次の打者は、今の巨人打線で最も怖い3番、長野。さあ横浜バッテリーどういった攻めを見せるのか、あおい投手セットから第1球
投げました、打った!痛烈!センター…正面、当たりが良過ぎました。スリーアウトチェンジ。あおい投手苦しみながら何とか勝利の権利を
手にしました。」


はあ、もうくたくた。ベンチに戻ると、温かい拍手と眩しいほどのカメラのフラッシュが迎えてくれた。
誰もが、ボクがこの回でもうお役ご免だということを分かっているんだね。
監督も笑顔で迎えてくれた。そのまま、ボクの打順で代打を告げにいった。


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:32:05.60 ID:H3S4wZ/00
アナ「放送席放送席ー今日のヒーローは…」
  「サヨナラヒットを打ったスレッジ選手でーす!」


試合には勝った。けど、ボクに勝ちはつかなかった。
8回に江尻さんが打たれ、同点に追いつかれた時点でボクの勝ちは消えた。
でも、5回3失点はQSも満たしてない。こんなのでリリーフのことをとやかく言える訳ないよ。
はぁ、これで良いんだろうか。監督からは上出来だって褒められたけど…


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:33:45.69 ID:H3S4wZ/00
試合後―

江尻「お疲れ」

あおい「あっ、お疲れ様です!」

江尻「ごめんね…勝ち、消しちゃって」

あおい「いや、全然気にしてないですから!チームが勝てばいいんですよ!」

江尻「そっかーそう言ってくれると助かるよ お互い次の登板も頑張ろう」

あおい「はい!」


江尻さんの気持ちもすっごく分かる。ボクもずっと中継ぎやってたし。
それに、江尻さんをはじめ、今年の横浜の中継ぎ陣は登板多くて本当大変そうだなぁ…
これで新加入のボクが先発で早々KOされて尻拭いとかなんてあったら、
本当申し訳ないよ…やっぱり監督は5回目安とか言ってたけど、先発を任された
以上完投を目指さなくちゃいけないよね。


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:35:44.90 ID:H3S4wZ/00
初先発から中6日の、横浜‐中日。
実況「さあ今日は早川あおい投手の先発が予想されます。横浜スタジアムには、あおい投手を一目見ようと前回に引き続き
   多くの観衆が詰めかけています。
   前日前々日と中日に連敗を重ねた横浜ベイスターズ。何としても3タテを阻止すべくあおい投手がマウンドに向かいます!」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:36:45.77 ID:H3S4wZ/00
~試合前~

細山田「完投…ですか」

あおい「そうだよ、文句ある?」

細山田「ありますよ。」

あおい「えー、何で!?」

細山田「前回登板した試合、50球あたりからバテ始めたじゃないですか。
    90球完投でかなりの省エネと言われるんですよ。」

あおい「大丈夫だよ。無駄球無くせばイケるって!それに今日は貧打の中日だよ?」

細山田「早川さん、あなたの役目はイニングを食うことじゃないんです。」

あおい「ぐ…」

細山田「後半はリリーフに任せて、最初から飛ばしていきますから。」

あおい「…分かったよ」

細山田「ただ…無駄球を無くすのはアリですね。」

あおい「ほんと!?」

細山田「はい。でなきゃ5回持つか分かりませんし」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:38:56.21 ID:H3S4wZ/00
実況「5回の表を終えまして1-0で横浜がリード、あおい投手の好投が続いています。
   この回の横浜の攻撃はピッチャーのあおいからでしたが勿論打席に立たせました。
   あおい投手、このまま続投です。」


細山田「5回を終えて42球…超省エネですよ早川さん!」

あおい「ふん!私にかかればこんなものなんだから!」

細山田「じゃあ、この調子でいきましょう!ペース落とさないでくださいよ!」

あおい「分かってる!」

細山田(怒ってるのか?)



実況「さあ試合は8回表、依然1-0横浜1点のリード。ここで落合監督動きます8番、小田のところで代打小池、
さあここまで素晴らしい投球を見せています横浜先発のあおい、2ストライク追い込んでからの第3球、投げた、
打ったー三遊間ー!ショート石川あーっと捕れなーい!ノーアウトでランナー出塁!記録は…内野安打ですか!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:41:39.56 ID:H3S4wZ/00
「石川テメェ!いまの捕れたろ!」「まーたあおいちゃんに迷惑かけやがった」
石川くん、意外とヤジ多いんだ…。

石川「すいません…」

あおい「今の内野安打じゃん、悪くないよ!」

村田「いや、悪い。全力でプレーしていない。」

石川(そういう村田さんだってさっきの内野ゴロで全力疾走しなかったくせに)

コーチ「早川君、スタミナ大丈夫?」

あおい「はい、まだまだいけます!」

コーチ「なら良かった。でも次ランナー出したら、江尻に交代だから。」

あおい「…はい。」

細山田「恐らく次代打井端さんで送ってくるでしょうから、ここはバントさせてあげましょう。」

コーチ「頼んだよ」

渡辺「石川、1歩目な」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:43:16.78 ID:H3S4wZ/00
江尻さんはここのところずっと投げてる…なんとか休ませてあげたい…
でもクローザーの山口くんはこのカードまだ投げてないから、この回何とか乗り切って、
ボクが直接山口くんにバトンをわたさなきゃ


実況「井端きっちりと犠打を決めこれで一死二塁中日同点のチャンス。バッター初回にヒットを打っている荒木を迎えます」

細山田(やばい、もう球のキレが…)

実況「あーっとボールですストレートのフォアボール。あおい投手、投球内容がこれまでとは別人の様に変わっています悪くなっています。
あー吉田コーチこの回2回目のマウンドへ向かいます。尾花監督もピッチャーの交代を告げました。江尻でしょうか」




その後、横浜は逆転負けを喫した。


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:44:53.58 ID:H3S4wZ/00
試合後―。



江尻「ほんとに申し訳ない」

あおい「いやいや、大丈夫ですよ、むしろボクが途中で降板したからいけないんです…」

江尻「無理しなくていいよあおいちゃん。マウンド上で打たれた僕が100%悪いんだから」

あおい「そんな事無いです、ボクが悪いんです…」

今日も江尻さんは謝りに来た。本当に申し訳無さそうだった。
けどむしろ、こっちのほうが謝ってた気がする。。
オールスターに選出されたくらい、今シーズンの江尻のさん働きはデータで見ても相当なもの。
江尻さん以外の投手だって頑張ってるし、少し打たれたくらいで、皆の評価がそう変わることは無いのに。
皆を休ませてあげたい―そう決意して登板したのに、逆にプレッシャーのかかる場面で任せてしまった。
やっぱり、女じゃスタミナ不足なのかな…


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:46:57.43 ID:H3S4wZ/00
実況「さあ今日は神宮球場でのヤクルト‐横浜。首位独走のヤクルトに対し最下位横浜は現在泥沼の9連敗。
   横浜は連敗を止めるべく、先発3試合目のあおい投手を送ります」

あおい「さすがに10連敗は厳しすぎるよ。自分が連敗を止めなきゃ…」


だが、そうは上手くいかなかった。

実況「上手く打ちましたー宮本今日2本目のタイムリー、これで5-1ヤクルト4点リード。あー尾花監督ベンチから出てきました
ピッチャー交代です。あおい投手今日は打ち込まれてしまいました。4回途中5失点でマウンドを降ります」



首位相手だからか、研究され尽くしたのか、先発の疲れがきてるのか。結果を出せない自分がイヤになった。
また後ろの皆に迷惑をかけた。自己嫌悪が止まらないよ。


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:48:58.10 ID:H3S4wZ/00
あおい「すいません、ボク…やっぱり先発無理です」

尾花「そんな、1試合打たれたくらいで困るよ」

あおい「いや、でも、やっぱりその、何というか…ボク、女だから、スタミナ、無くて…
   だから、その、適性じゃないと思うし…」

尾花「いいんだよ別に、3,4回抑えてくれれば…」

あおい「いや、それだと、後ろに迷惑…かかるから…無理です…無理なんです…ボクじゃ…ウッ」

尾花「…分かったよ。とりあえず明日ファームに落とすから、
   10日間でリリーフとして調整しておいてくれ」

あおい「はい…すいません」





ファームでの最初の5日間は、完全休養を指示された。
その際、関東遠征に来ていた小波君と矢部君から食事に誘われた。


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:50:37.24 ID:H3S4wZ/00
共に高校時代を過ごしたボクたち。小波君は広島で、今年はクローザーを任されてるみたい。、
矢部君は最初は日本ハムだったけど、、2年前ボクと同じようにトレードで、小波君のいる広島に移籍。
最近レギュラーに定着したとか調子乗ってるけど、今シーズンの規定打席到達は絶望的みたいね…


矢部「いやぁ~3人で食事だなんて久しぶりでやんすねぇ~」

小波「そうか?春も一緒に食べたじゃん」

矢部「最後が春じゃないでやんすか!だから久しぶりでやんす!」

小波「いや、俺のなかでは久しぶりの定義は1年以上なんだよ」

矢部「それはおかしいでやんす!1か月ぶりのブログの更新は久しぶりでやんす!だから…」

あおい「うるさい!下らないことでいちいち熱くならないの!」

矢部「ヒエーッ、この恐怖、久しぶりって感じがしないでやんす…」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:52:42.95 ID:H3S4wZ/00
相変わらず二人は変わってないな。けど、野球選手って面から見るとこの2人は凄く変わった。
小波君は広島の若きリリーフエースに成長してるし、矢部くんも何だかんだ言ってレギュラーに定着
したんだもん。入団時は、実力はともかく騒がれたのはボクだけだった。小波君は下位指名だったし、
矢部君に至っては何故入団できたのかと、逆に騒がれたくらいだった。でも今は…


小波「あ、そういえば、あおいちゃん、この前の初先発、テレビで見たよ」

あおい「えっ」

矢部「あっ、オイラも見たでやんす~」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:54:53.88 ID:H3S4wZ/00
小波「いやぁ、それにしても、まさかあおいちゃんが先発だなんて」

矢部「びっくりしたでやんす!あそこの監督もやる時はやるでやんすねぇ」

あおい「…」

小波「高校の最後の夏も確か先発あったよね、球八戦だっけ」

矢部「オイラ、覚えてるでやんす!8回80球くらいのペースで投げて、
   最後はお情けで手塚にマウンドを譲ってたんでやんす!」

(違う…お情けじゃない…あの時だって80球でもうバテバテだった…
監督がそれに気づいて替えてくれただけであって…)

矢部「やっぱりあおいちゃんは凄いでやんす!オイラ達の憧れでやんす!」

あおい「違うよ…」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:57:24.56 ID:H3S4wZ/00
小波「ど、どうしたのあおいちゃん、」

あおい「…」

矢部「気に障るようなこと言ったなら謝るでやんす、この通りでやんす…」

あおい「いいの、ただ…」

小波「…」

あおい「ボクはもう選手として駄目かも知れない。」

あおい「チームから期待されている、ファンも優しいし試合も見に来てくれる…
    けど、ボクが投げるとチームに迷惑かけちゃうんだよ…
    チームメイトは優しいんだけど…
    駄目だよね、チームを変えるよう期待されている選手がこんな意気消沈しちゃ」


矢部「暗黒に染まり過ぎでやんす」

小波「気負い過ぎだよ。」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:58:48.61 ID:H3S4wZ/00
矢部「あのチームをあおいちゃんなんかが一人で責任背負える訳無いでやんす。
   絶対押しつぶれるでやんす。」

あおい「…それどういうこと?」

小波「背負わせるんだよ、他の選手達に。」

矢部「そうでやんす!あのチームは誰も責任を背負う気が無いでやんす!
   あおいちゃんがほかの選手たちに背負わせるんでやんす!」

あおい「え、でもそれじゃあ悪いよ…」

小波「俺や矢部君が背負わせたら悪いだろうね。いや、むしろ背負ってくれないと思う。」

矢部「けど、あおいちゃんだったら大丈夫でやんす!」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:00:27.74 ID:H3S4wZ/00
小波「そうそう!あおいちゃんは球界全体から愛されてるんだから、ワガママ言っても大丈夫。
   いや、むしろワガママを言ってもらいたいから横浜が獲得したんじゃないの?」

矢部「そうでやんす!あそこのサードとかショートとかを叱る権利をあおいちゃんは持っているでやんす!」

小波「矢部君、その、発言はちょっと…でも、チームのムードを変えるには、やっぱり行動が必要なんじゃないかな。
   恋々高校の時みたく、さ」

矢部「あおいちゃんは球界の天使だから何言っても大丈夫でやんす!山本浩二2世こと矢部明雄が保障するでやんす!」

あおい「…うざっ」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:02:06.49 ID:H3S4wZ/00
小波君、矢部君と別れ、彼らが話してくれたことについて考えてみた。
思えば、高校時代は、キャプテンの小波君が責任を背負ってくれた。
ロッテ時代は、雅さんや薮田さんがいつもボクを庇ってくれた。
周りにはいつも支える人がいてくれた。
ただ、弱小球団の横浜に来てからは、そういう人がいないと思い込んで、
ボクが背負っていこうとしたけど、ダメだった。
背負える器では無いといったら、それまでかも知れない。
でも、だからといって見て見ぬフリでいいのかな?
ボクだから出来る、ボクにしか出来ない行動を移すのが、横浜ベイスターズの
一員としての役目であり、それが勝利に繋がるのだったら…


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:03:44.39 ID:H3S4wZ/00
翌日、湘南

田中「ふう、我ながら良く頑張った」
阿斗里「おーい飯でも食いにいこうぜ」

あおい「ちょっと、君たち!」

田中、阿斗里「あ、あおいさん!」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:05:23.71 ID:H3S4wZ/00
阿斗里「あおいさん、休養終わるの明日じゃありませんでした?」

あおい「そうだよ。来ちゃ悪い?」

田中「構いませんけど…僕達に何か用ですか?」

あおい「フフン、君たち、まさかもう練習終わらせるつもりじゃないよね?」

阿斗里「何言ってるんですかあおいさん、もう練習終わったじゃないですかw」

あおい「バカ!まだ分からないの?ボクと一緒に練習するの!」

田中「マジっすか(汗)」

あおい「そもそも、君たち将来横浜の投手陣を背負って立つって自覚あるの?」


田中、阿斗里「は、まぁ…」

あおい「あーもう、そんなんだから駄目なの!ほら、こっち来て!
    あ、眞下くん!あなたも来るの!逃げるなぁー!」


田中「なんか、急な出来事だったけど…」
阿斗里「…まっ、あおいさんに着いてってみようぜ、エース候補として」
田中「ああ、あおいさんに言われたら、なんかやる気でちゃうからな」
祥万「おい、俺も行くぞ!」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:07:58.36 ID:H3S4wZ/00
それから数日後―。

実況「さあ連敗を3でストップさせたいベイスターズですがこの日も苦しい状況。
   4-6の2点ビハインドの場面。3番手の真田が満塁のピンチを作りました。」

ウグイス「ピッチャー真田に代わりまして、あおい」ドワアアアアアァ

「あおいちゃん来たああああ」「おかえりー待ってたよー」「真田の防御率なんか気にするなー」


実況「ご聞きくださいこの大歓声!今日1軍に登録されたばかりの早川あおい投手がさっそく登板です!
   しかも今日はリリーフでの登板です!ロッテ時代のあの幻惑の投球術を見せてくれるのか!?」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:09:51.77 ID:H3S4wZ/00
石川「あおいさんお帰りなさいっす」

あおい「ちょっと石川くん!5回の守備見たけど何なのあれ!」

石川「えっ」

あおい「あんなのプロの守備じゃないよ!毎日練習してる?」

村田「全くこれだから石川は」

あおい「村田さんもです!チャンスで簡単に三振しちゃ駄目ですよ!
    4番でキャプテンの自覚持っていただきたいです!」

村田「グサッ」

渡辺(なんか今日のあおいちゃん怖え~)

あおい「とにかく、このピンチ絶対に抑えますから!打球が来たら死んでもアウトにしてください!」

全員「オ、オウ!」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:11:40.02 ID:H3S4wZ/00
実況「さあー阪神一死満塁追加点のチャンスで今日当たっている1番マートンを迎えます」

細山田(低め、低めですよ)
あおい(うん)

実況「第1球、投げました、うーまく打った低めの球、投手の足元抜け打球はセンター前へ抜け…ない!」




実況「ショート石川捕っているそのままセカンドへグラブトス、セカンド渡辺一塁へ送ってアーウトダブルプレー!
   これはショート石川ナイスプレーあおい投手を救いました!」


「石川テメエやれば出来るじゃねーか!」「次打ったらさっきの守備帳消ししてやるぞー」
石川「へっ、本気出せば俺だってあのくらい」

あおい「石川くん、助かったよ!」

石川「あっ、はは、あれくらい余裕っす!」

あおい「慢心しちゃ駄目だからね!次打たなかったら帳消しにならないから!」

石川「マジっすかあ~w」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:14:08.24 ID:H3S4wZ/00
直後の攻撃、7回裏

実況「さあ横浜、同点、逆転の最大のチャンス、ヒットの藤田と石川を置きバッターは4番、男村田。」

あおい「村田さーん、分かってますよねー!!!」

吉村「あおいちゃんも頑張ってるなぁ(ヒンヤリ」

のり「村田ぁ、あおいちゃん怒ってるでー!!!」

稲田、下園ら「さあさあ打っていこうよ!」



実況「2ストライクから粘ります村田。さあピッチャー西村、セットから第7球を投げました、打ったあああレフトへこれは文k(プツン




江尻「さて、あおいちゃんのために頑張らなくちゃな」

山口「そうですね」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:16:36.67 ID:H3S4wZ/00
試合後―

アナ「放送席放送席今日は投打のヒーロー…」
  「早川あおい選手と村田修一選手でーす」

アナ「まずはあおい投手、移籍後、初勝利。どんな気分ですか」

あおい「自分の勝ち星なんかどうでもいいです。
    今日はチーム一丸となって戦えました!」

アナ「満塁のピンチで迎えたあの場面、苦しい状況だったと思うんですが」

あおい「細山田くんとバックを信じて投げました。苦しくはなかったです。」

アナ「ショートの石川選手が良いプレーを見せましたね」

あおい「はい!あれは助かりました!けど普段はポカが多いのでしっかりして欲しいです!」

アナ「直後の攻撃で村田選手の逆転ホームラン、どうでしたか?」

あおい「さすが4番でキャプテン、と思いました!けど今日は村田さんや石川くんだけでなく、
    江尻さんや山口くん、選手全員とファンで掴み取った勝利です!」

アナ「ありがとうございました。では村田選手…」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:23:01.38 ID:H3S4wZ/00
村田さんや、石川くんもまだまだ責任を背負う意識が少ない。
高崎くんも、まだエースと呼ぶには物足りない。
追いつかれない程度の反撃、まさにベイス☆ボール。
けどそれでも、そんな優しいファンとチームメイトのいる暗黒横浜をボクは
強くしていきたいと思います、応援よろしくお願いします!

2012年度横浜ベイスターズプレーングマネージャー  早川 あおい




HARA「やっと女性銀行員か、待ってたよ(ニッコリ」


終わり


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:26:32.30 ID:GX9OEAxs0
終わりか



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:26:59.63 ID:1jQALbEn0
やっぱ野球絡むと面白いや



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:28:51.12 ID:cI4QK8Ax0
唐突な終わりだったが乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「パワプロ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ