Powered By 画RSS


男「寝て、覚める」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:24:46 ID:8oA2vO1U
ただの夢日記です


2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:25:21 ID:8oA2vO1U

母「……。」スッ

母はカレーを差し出した。

目の前には、髪の毛やらホコリやらがをどっさり乗ったカレー。

それをスプーンですくい、そして口の中に入れた。

俺は何も疑問を感じない、

ほこりまみれのカレーをひたすら口に入れた。




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:26:08 ID:8oA2vO1U
父「ハァハァハァハァハァ」パンパンパンパン

妹「……」ヌチャッ ヌチャッ

男「……」

妹と父が性交している。それをじっと見つめていた。

パンパンパンパンパンパンパン


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:26:48 ID:8oA2vO1U
委員長「……」

怯えた目で俺を見る。助けを求めているのがわかった。

男「……」

俺は無言だった。そして、何も考えていなかった。

そして、

ズブッ

包丁で刺した

委員長「」ゴポッ

血を吐く。

ズブッ ズブッ ズブッ

男「……。」

血濡れの包丁を見つめる

もう一度刺した。


5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:28:14 ID:8oA2vO1U
母「――?」

母はハンマーを指差す

男「」コクリ

俺はうなずく

母が無表情でハンマーを振り上げてくる

母「……!!」ブンッ

ゴッ

視界が揺れる。血が床に飛び散る。


母「――?」

母はスパナを指差す

男「」コクリ

母「――」

母が無表情でスパナを振り上げる

………
……


6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:28:47 ID:8oA2vO1U
父「……。」妹「……。」兄「……。」

電車に乗っている。

男「」

俺は駅のホームにいる。

電車の扉が閉まる。電車はそのまま出発し、やがて見えなくなった。

しばらく、電車の去ったほうを見ていた。


駅のホームに目をやる。線路に雑草が生えているだけ。

誰もいない、閑かなホーム。

男「……。」

そこに一人きり。ずっと一人きり。

床にポタポタと雫が落ちたので、それで自分が泣いていることに気づいた。


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:29:35 ID:8oA2vO1U
屋上だ。

誰かが屋上の端に立っている。

先生「……。」

あいつが無表情で俺を見る。

男「――!」

急いで駆け寄る。

先生「」フラッ

あいつが倒れこむ。その手をつかんで引き寄せる。助かったようだ。

そのまま先生の手を取って階段を降りようとする。

そこで、そのまま足を踏み外して


8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:30:36 ID:8oA2vO1U
俺は下から見上げていた

俺は囲まれていた。その全員が俺のことを見下ろしていた。

その一人一人の顔を確認する。

父「……」

父が見下ろしていた。仕方ないと諦めた。

兄「……」

兄が見下ろしていた。無視した。

母「……」

母が見下ろしていた。屈辱だった。

妹「……」

妹が見下ろしていた。胸が張り裂けた。


9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:31:10 ID:8oA2vO1U
先生「――」

あいつが親しげに何かを話してくる。笑顔だった。

男「~~!」

悔しくて仕方がなかった。

男「――――!」

言葉にならない何かをあいつに言った。

先生「――」ニコニコ

俺はあいつの笑顔を延々と見続けた。


10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:32:21 ID:8oA2vO1U
教室。昼休み。

他の人はわいわいと遊んだり話したり、とにかく楽しそうだった。

誰も俺を見ていない。

男「……。」

目の前には、黄色のような緑のような、そんなもやもやした何かが浮いていた。

それを手で圧縮する。力をこめてどんどん圧縮する。

必死に圧縮しているんだけど、誰も俺を見ない。

圧縮して、圧縮して、されに圧縮して手のひらに収まるサイズになったとき。

ドカーン!

急にそれが爆発して、周りを弾け飛ばした。

周りには血みどろのクラスメイト。みんな死んだがそれでも、俺を見ていなかった。


11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:33:19 ID:8oA2vO1U

兄「――!」ニコニコ

兄と握手する。

兄「――!」ニコニコ

兄と抱き合う。

兄「――!」ニコニコ

兄を脱がせる。

兄「――!」ニコニコ

再び抱き合う

妹「……。」

兄が妹にすり替わっていた

俺はぎょっとして妹をつきとばした。


12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:33:56 ID:8oA2vO1U
夜の道路。周りは真っ暗だ。薄汚れたコンクリートの上に、仰向けで寝そべる。

男「~~。」ガタガタ

とにかく寒かった。

顔を横に向けて遠くを見ると、街灯に照らされた場所があるのを見つけた。

そこはなんとなく暖かそうだ。

しかし、動けない。

床から冷たい温度が伝わる。

寒い。寒い。寒い。

寒いのに、動けなかった。


13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:36:21 ID:8oA2vO1U
――今日も目覚めが最悪だった。

でも、それはそれとして身支度を整え学校に行ったのだった。


14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:49:10 ID:8oA2vO1U
おしまい。オチなんてない


15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 00:53:27 ID:HPh6aUGI
おつ


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1397316286/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ