Powered By 画RSS


杏子「上条恭介を魅了してさやかの出方をみる」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 12:49:37.74 ID:oVEXhP690
杏子「協力しやがれ」

ほむら「・・・・・・」

杏子「おい!」

ほむら「・・・・・・ごめんなさい、何せ今までにない突飛なものだから・・・・・・理解するのに数分を要したわ」

ほむら「でも・・・・・・どうしてその考えに至ったのか理由を教えて?」

杏子「あいつは自分が石ころになっちまったと思ってやがる・・・・・・だから、今一歩踏み込めねぇ、それにライバル様は人間だ・・・・・・正直勝ち目はねぇ」

杏子「だが」

杏子「魔法少女のあたしがそのライバルまで躍進したとしたら・・・・・・状況は変わる。もしかしたらそれによって、あいつの自暴自棄もどうにかできるかもしれねぇって寸法さ」

ほむら「一理あるわね・・・・・・」

杏子「だろう?」

ほむら「でも、どうして私に?」

杏子「だが色恋沙汰にはてんで縁のないあたしだ。だからてめーの協力を仰いだってわけさ」

ほむら「私だって、恋愛事に関しては素人よ・・・・・・でも、そうね、意見の交換相手くらいになれるかもしれないわ――」

「話は聞かせてもらったよ!!」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 12:53:57.17 ID:oVEXhP690
ほむら「!?貴方は」

杏子「てめーは!?」

ほむら「まどか!!」
杏子「ちんちくりん!!」

まどか「うえっ!?酷いよぉ!わたし確かにちんちくりんだけど・・・・・・でもぉ、でもぉ!」グスグス

ほむら「まどか!・・・・・・佐倉杏子。まどかを虐めるような輩はこの私が絶対に許さない!!」

杏子「い、今のは済まなかったよ。でも、あたしこいつの名前知らないからさぁ。えっと、まどかって言うのか。
よろしくな、佐倉杏子だ」

まどか「・・・・・・わたし、鹿目まどか!まどかって呼んで、杏子ちゃん!」

杏子「・・・・・・たくっ、調子狂うなぁ・・・・・・食うかい?」

まどか「うん、ありがとう!」

ほむら「良い話じゃない!!!!!!!」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:00:36.89 ID:oVEXhP690
杏子「それでなんだ、あんたも協力してくれるのか?」

まどか「うん!恋愛の悩みは任せて!中学生の十八番なんだから!」

ほむら「まぁ、恋愛なんて微塵も経験したことのない私や貴方よりは適任でしょうね」

まどか「それに・・・・・・わたしだって、さやかちゃんの為に何かしてあげたいの。どんなに罵られたって、さやかちゃんはわたしの
大切な友達だから・・・・・・こんな形でしか、出来ないけど」

杏子「いや・・・・・・充分さ。あんたがそう思って、そしてあたしに協力してくれる、それがあんたのやるべきことなんだ。もっと胸を張っても良いんだぜ?」

まどか「・・・・・・うん、ありがとう杏子ちゃん」

ほむら「それじゃぁ早速だけれど私の家で作戦会議を始めましょうか」

杏子「おう!」
まどか「うん!」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:13:50.94 ID:oVEXhP690
まどか「先ずは上条君の属性を調べないとね」

杏子「属性・・・・・・?」

ほむら「五大元素のことよ」

杏子「なん・・・・・・だと・・・・・・!?」

まどか「違うよぉ!」

ほむら「ごめんなさい」

杏子「よくあるこったぁ気にすんな」

まどか「あのね、属性っていうのはね、ええと、その人が何が好きかとか、そういうのだよ!メガネ属性とか
短髪属性とか貧乳属性とか!そういうのを巷では属性っていうの!」

杏子「つまりは趣味嗜好ってことか。ややこしい言い回しをするもんだな」

ほむら「それで、どうやって上条恭介の趣味嗜好を調べるの?本人に問い詰めれば良いのかしら?」

杏子「でもそれだと適当なこと言われる可能性もあるんじゃねーか?」

ほむら「それもそうね・・・・・・」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:14:07.42 ID:oVEXhP690
まどか「ちっちっち! ・・・・・・実はね、男の子の嗜好を暴く方法はとっても簡単なんだよ?

杏子「どういうことだ、おい?」

まどか「・・・・・・ただ、これにはちょっと危険が伴うんだけどね――」

ほむら「聞かせてほしいわ、まどか」

まどか「ほむら・・・・・・ちゃん?」

ほむら「私が、その役目を引き受けるから」

杏子「なん・・・・・・だと・・・・・・?」

ほむら「私には建設的な意見の提出は出来ない・・・・・・それでも、貴方、何よりさやかの役に立ちたいのよ」

ほむら「――聞かせて頂戴。どんなに危険が伴うミッションだとしても、必ず遂行してみせるわ」

まどか「・・・・・・解かったよ。わたし、ほむらちゃんのこと、信じているから!」

杏子「あたしもだ・・・・・・あんたに相談して、良かった。あんたなら出来るって信じてるぜ?」

ほむら「・・・・・・ありがとう、二人とも」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:21:46.86 ID:oVEXhP690
ほむら「盗ってきたわ・・・・・・」

まどか「お帰りー」

杏子「さてと、それじゃぁ早速調査始めるとするか」

まどか「うん!・・・・・・ってほむらちゃん?ほむらちゃんもこっちに来て一緒にやろうよ!」

ほむら「い、いえ・・・・・・私は・・・・・・」

杏子「んだよ、エロ本なんかにびびってんのか?乙女かよ」

ほむら「乙女よ!・・・・・・貴方達は、よく平気でいられるものね」

杏子「まぁなー」
まどか「女の子のたしなみだよ?」

ほむら「・・・・・・はぁ。ごめんなさい。少し疲れたから、先に寝かせてもらうわ」

杏子「おう、おやすみ」

まどか「ご苦労様、ほむらちゃん!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:25:17.16 ID:oVEXhP690
ほむら「・・・・・・」

ほむら「・・・・・・どうして、あんな夢を・・・・・・」

ほむら「・・・・・・パンツがぐしょぐしょだわ・・・・・・」


ほむら「・・・・・・二人とも、徹夜だったのね」

ほむら「・・・・・・ご苦労様、ゆっくり眠りなさい」

ほむら「・・・・・・一緒に、美樹さやかを救いましょうね」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:28:13.41 ID:oVEXhP690
まどか「・・・・・・ほむらちゃん」

ほむら「おはよう。どうしたの、まどか?」

まどか「あ、あのね、替えの着替えを貸してくれたら、それはとっても嬉しいなって」

ほむら「あぁ。そうね、気が回らなかったわ、はい。下着も、私ので良いかしら?」

まどか「う、うん!ありがとう!!」

ほむら「・・・・・・?」


まどか「うぅ・・・・・・どうしよう・・・・・・人の家でオナニーしちゃったよぉ・・・・・・」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:34:00.47 ID:oVEXhP690
まどか(ほむらちゃん、気付いてないよね?)

ほむら「それで、成果はどうなの?」

杏子「おう!一応三つまで搾れたぜ!」

ほむら「三つ?」

杏子「清楚属性妹属性」

ほむら「妹・・・・・・」

杏子「あとバイオリン」

ほむら「バイオリン!?」

杏子「雑誌の使い古し具合から順列としてはバイオリン>妹>清楚って感じかな」

ほむら「そ、それは情報誌ではなくて・・・・・・?」

杏子「あたしも最初はそう思ったんだがまどかがな・・・・・・」

まどか「うん・・・・・・間違いないよ。上条君は、バイオリンで抜けるっ・・・・・・!」

ほむら「なん・・・・・・だと・・・・・・!?」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:39:54.56 ID:oVEXhP690
ほむら「それじゃぁ・・・・・・私は、何の為に・・・・・・!」

まどか「ううん、絶望するのはまだ早いよ」

杏子「そうだぜ!幸運なことにそれらは拮抗してやがるんだ。入念にそれで攻めてやれば、あの坊やを落とせるかもしれない。
へへっ。それが知恵と女が勝つゲームってもんだろ!」

ほむら「杏子・・・・・・一番大変なのは貴方なのに・・・・・・!」

まどか「それでも、杏子ちゃんはやってくれるって。
さやかちゃんを救うためならって・・・・・・ほむらちゃん、わたしたちのすべきこと、ほむらちゃんなら解かるよね?」

ほむら「まどか・・・・・・」

杏子「――よしっ!そんじゃ先ずは妹から攻めてこうぜ!立派な妹になってやんよ!!」

ほむら「・・・・・・えぇっ!信じているわ、杏子!!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:43:13.90 ID:oVEXhP690
杏子「目標を発見。介入行動に入る」
ほむら「こちらも目標を発見したわ」
まどか「よし、それじゃぁ杏子ちゃん、ファイアー!!」


上条「・・・・・・!」

仁美「・・・・・・!」


さやか「・・・・・・」


杏子「お兄ちゃーん!」

さやか「!?」

杏子「お兄ちゃーん!!」トウッ

上条「え?」ドン

上条「ぐふっ!?」

仁美「上条君!?」

杏子「やっと会えたね、お兄ちゃん!!杏子、ずっとお兄ちゃんに会いたかったの!!」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:49:29.78 ID:oVEXhP690
さやか「ちょっ、えっ」

上条「お兄ちゃんって、君は一体!?僕に妹なんて居ないよ!」

仁美「あ、あ、あの上条君はまだ病み上がりですから無理をされては――」プスッ

仁美「」ドサッ

恭介「し、志筑さん!?」

まどか「ほむらちゃん、ナイス射撃!!」

ほむら「安心しなさい・・・・・・麻酔銃よ・・・・・・」

ほむら『・・・・・・杏子。これで邪魔者はいなくなったわ・・・・・・存分に真価を発揮しなさい!!』

杏子『おう!!やるぜ、あたしはやる!!さやかの為に、やってやるぜ!!』

杏子「ねぇ、お兄ちゃん。杏子のこと覚えてる?」

上条「だからっ、僕は君を知らないって!!」

杏子「・・・・・・やっぱり、覚えてないのね・・・・・・でも、杏子は知ってるよ?あなたがわたしのお兄ちゃんだってことを!!
ずっと写真でしか知らなかったお兄ちゃん・・・・・会いたかった、その手で抱き締めてもらいたかった・・・・・・今ようやく、その願いが叶うんだ!!」

恭介「き・・・・・・君は・・・・・・?」

杏子「・・・・・・ねぇ、お兄ちゃん。抱きしめて?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:51:50.03 ID:wgAFcIfk0
どこのエロゲだwww


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 13:54:48.20 ID:oVEXhP690
恭介「・・・・・・!」

まどか「・・・・・・よしっ。ぐらついた!!」

ほむら「でも血縁関係の設定は要るのかしら・・・・・・?無い方が色々と捗るのような気がするのだけど」

まどか「駄目だなぁほむらちゃんは。血の繋がっているからこそ燃え上がるんじゃない!」

ほむら「・・・・・・貴方の言っていること、時々よく解からない・・・・・・」

まどか「ほむらちゃんにも解かるときが来るよ――さて、さやかちゃんも動き出しそうだね――ほむらちゃん!
杏子ちゃんに撤退命令を!!」

ほむら「・・・・・・了解」

ほむら『杏子、退きなさい』

杏子『オーケー』

杏子「ごめんなさい、杏子もう行かないと」

恭介「えっ?ちょっ!」

杏子「またね、お兄ちゃん!」

恭介「えっ、君!」

恭介「・・・・・・なんだったんだ・・・・・・一体・・・・・・」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:05:42.45 ID:oVEXhP690
杏子「はぁ・・・・・・なんかどっと吐き気がしてきた」

まどか「ご苦労様、初めてにしてはよく出来てたね!杏子ちゃん、そっちの才能あるよ!」

ほむら「一体どっちのなの・・・・・・?」

まどか「間違いなく上条君は今頃杏子ちゃんに思いを馳せているね!さてと、悠長にしている暇はないよ!
それじゃぁ第二フェイズの準備をしないと!」

杏子「おうっ!さやかを救うためだ、あたしはなんだってやってやるさ!」

まどか「その意気だよ、杏子ちゃん!」

ピンポーン

ほむら「・・・・・・誰か来たわね」

ほむら「・・・・・・!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:06:04.20 ID:oVEXhP690
ほむら『美樹さやかよ!!二人とも、何処かに隠れて!』

杏子「さやかだと!?」

まどか「わたしたちが協力しているの見られたのかな・・・・・・まずいよ、これが作戦だってことがばれたら、きっと全部が台無しだよ!!」

杏子「ちっ・・・・・・どうすれば・・・・・・!」

ほむら『此処は私に任せて・・・・・・』

杏子『ほむら・・・・・・』

ほむら『次は、私が頑張る番よ・・・・・・』

杏子『・・・・・・!任せたぜ、ほむら』

ほむら『えぇ・・・・・・任されたわ』

杏子「おい、隠れるぞ!」

まどか「・・・・・・ほむらちゃんが、やってくれるんだね・・・・・・」

杏子「あぁ・・・・・・あたしらは、あいつのことを信じようぜ?」

まどか「うん!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:09:54.68 ID:oVEXhP690
ほむら「いらっしゃい・・・・・・」

さやか「・・・・・・そう。やっぱり此処、あんたんちだったのね」

ほむら「・・・・・・何の用かしら?」

さやか「あんたこそ・・・・・・どういうつもりよ」

ほむら「何のこと・・・・・・?」

さやか「惚けんじゃないわよ!!」

さやか「さぁ、杏子はどこ!?あんたたちが一緒に居るの見たんだから!まどかもよね、あんたたち、何を企んでるのよ!!」

ほむら「何の話かさっぱりだわ・・・・・・」

さやか「・・・・・・あくまで白を切るのね・・・・・・良いわ、上がらせてもらうわよ。言い逃れが出来なくしてやる!」

ほむら「えぇ、どうぞ上がって、美樹さやか」

さやか「ふん・・・・・・!」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:11:21.83 ID:oVEXhP690
ほむら「コーヒーで良いかしら・・・・・・?」

さやか「いらないわよ、そんなの。あいつら暴いたらすぐ帰るから」

ほむら「そう・・・・・・残念ね」

さやか「・・・・・・心にも無いことを」

ほむら「いいえ、本心よ」

さやか「どうだか・・・・・・!」

ほむら「・・・・・・」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:14:45.83 ID:oVEXhP690
さやか「いない・・・・・・そんな、確かにこのアパートに入ったのに・・・・・・・!」

ほむら「見間違えたのよ・・・・・・第一、どうして私と佐倉杏子と鹿目まどかが協力しているだなんて
妄想を・・・・・・」

さやか「う、五月蝿い!何処だ、何処に隠したんだよ!!あいつ、恭介にどういうつもりなんだよ!!妹とか、馬鹿じゃないのか!?」

ほむら「話が見えないわ」

さやか「白々しい・・・・・・!相変わらず、お前の言葉は空っぽなんだよ・・・・・・くそっ、絶対見つけ出してやる!」

ほむら「一体何があったのか教えてくれないかしら?」

さやか「・・・・・・」

ほむら「・・・・・・」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:18:39.08 ID:oVEXhP690
さやか「くそっ・・・・・・」

ほむら「コーヒー、用意したわよ」

さやか「要らないって言ってるでしょ!!良いわ・・・・・・今日は帰る・・・・・・だけど、絶対にあんたたちの陰謀、暴いてやるんだから」

ほむら「訳が解からないわ・・・・・・」

さやか「ちっ・・・・・・」

ほむら「・・・・・・」

杏子「帰ったのか?」

ほむら「えぇ」

まどか「ふぅ。さやかちゃんが上を見なくて良かった」

杏子「まぁ、まさかあんなところに居るとは思わないよな」

まどか「うぅ・・・・・・でも、ずっと握ってたから手が痛いよぉ・・・・・・」

ほむら「ご苦労様。コーヒーは飲む?」

ま・杏「「コーヒー牛乳!!」」

ほむら「はいはい」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:21:40.77 ID:oVEXhP690
上条「一体なんだったんだろう彼女は・・・・・・」

上条「・・・・・・僕に妹・・・・・・それも、あんなに可愛い妹が居たなんて・・・・・・」

上条「杏子・・・・・・か」

上条「・・・・・・今度会ったら、もう少し詳しく聞かせてもらおうっと」

上条「・・・・・・」

上条「・・・・・・正直、小学五年生ぐらいからそんな気がしていたんだよね」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:29:01.05 ID:oVEXhP690
上条「ん・・・・・・朝か」

上条「・・・・・・杏子と丘の上でピクニックをする夢・・・・・・」

上条「・・・・・・どうして、あんな夢を・・・・・・」

上条「・・・・・・ん?心なしか胸と太ももに重みがある・・・・・・それに、僕のではない穏やかな寝息が――」

杏子「すー・・・すー・・・」

上条「」

上条「へぁっ!?」

上条「なっ、えっ、どっ、えっ!?」

上条「どどどどどうして杏子が僕の布団でぇ!??????」

杏子「んっ・・・・・・」

杏子「あっ・・・・・・お兄ちゃんおはよう・・・・・・♪」ニコッ


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:39:00.12 ID:oVEXhP690
恭介「お、おはよう――ってそうじゃなくてさぁ!!」バサッ

杏子「んっ・・・・・・寒いよぉ・・・・・・」

恭介「あぁごめん!!」バサッ

杏子「えへへ~あったかぁい・・・・・・ありがとう、お兄ちゃん」

恭介「へっ、へへっ」

恭介「じゃなくてだね!」

杏子「ふえ?」

恭介「うっ・・・・・・!」

杏子「どうしたの、お兄ちゃん?」

恭介「ど、どうしたのって、君こそ、どうして此処にいるのさ!なんで居るの、どうして!?」

杏子「えへへ~。杏子ね、お兄ちゃんと一緒の布団で寝るのが夢だったの!」

恭介「そうじゃなくてさぁ!」

杏子「お兄ちゃんは・・・・・・嫌だった?杏子と一緒に寝るの、嫌?」

恭介「いっ・・・・・・嫌じゃないけども」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:39:18.73 ID:oVEXhP690
杏子「良かった!」

恭介「うっ・・・・・・だけど、僕が君と兄妹である確証もないわけだし、君は誰かと僕を勘違いしているんじゃないのかい?」

杏子「ううん・・・・・・違うよ?お兄ちゃんはね、確かに杏子のお兄ちゃんなの!間違えてなんかいない・・・・・・だって大好きなお兄ちゃんだもん!」

恭介(なんかそんなような気がしてきた・・・・・・そうだ、さやかとそれからもう一人、髪の赤い女の子が記憶の中に・・・・・・それは杏子で、そして僕の妹――)パリーンッ

恭介「え?」

さやか「くらぁっ!あんた、いい加減にしなさいよ!!」

杏子「きゃっ!」

さやか「きゃっじゃないでしょう!あんた、そういうキャラじゃないじゃない!!」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:39:31.36 ID:oVEXhP690
杏子「ごめんなさい、お兄ちゃん!今日はもう帰らないと!また会おうね!」

さやか「ちょっと杏子!あんた待ちなさいよ!!」

恭介「さやか・・・・・・」

さやか「あっ、きょっ、恭介・・・・・・」

恭介「久しぶり、だね」

さやか「あっ、えっ、あっ」

さやか「!」ダッ

恭介「あっ・・・・・・」

恭介「・・・・・・二人とも、行ってしまった・・・・・・」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 14:47:09.38 ID:oVEXhP690
さやか「畜生!あいつ何処に行きやがった!!いきなり消えやがって畜生!どういうつもりか吐かせてやる!!」


杏子「助かったぜ・・・・・・野郎、体は馬鹿みてーに丈夫なんだよなぁ・・・・・・」

ほむら「私にはこんなことくらいしか出来ないから・・・・・・それよりも、お疲れ様」

まどか「さやかちゃんの乱入は大きい成果だよ!それに、杏子ちゃんの存在をさやかちゃんが把握していることを上条君が知ったのもね!
仁美ちゃんには悪いけど、もう上条君の中で仁美ちゃんは村人Fだね!」

ほむら「やっぱりまどかのことちょっと意味が解からない」

杏子「なんか、久しぶりに活き活きしたあいつを見たような気がしたぜ・・・・・・へへっ。
あたしらのしていること、無駄じゃないんだよな・・・・・・」

ほむら「無駄になんかさせないわ・・・・・・絶対に。なんとしてでもね」

まどか「うん!わたしたちが、さやかちゃんを助けるんだもん!一緒に頑張ろうね、杏子ちゃん」

杏子「・・・・・・へへっ。おう!」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:06:26.10 ID:oVEXhP690
仁美「――さやかさん」

さやか「やぁ・・・・・・久しぶり、仁美」

仁美「お久しぶりですわ・・・・・・今まで、一体どちらにいらしたんですの?」

さやか「ははっ。ちょっとね・・・・・・」

まどか「おっはよー!」

仁美「まどかさん」

さやか「まどか・・・・・・」

まどか「さやかちゃん!もう、ずっと心配してたんだからね!」

さやか「まどか・・・・・・」

まどか「でも良かった、またこうしてさやかちゃんと一緒に学校行けるんだね、ウェヒヒ。嬉しいよ!ねっ、仁美ちゃん!」

仁美「えぇ・・・・・・そのとおりですわね」

さやか「・・・・・・」

さやか「・・・・・・まどか、学校に着いたら、ちょっと話があるんだけど」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:18:08.74 ID:oVEXhP690
まどか「話って何かな?」

さやか「・・・・・・しらばっくれるんじゃないわよ」

まどか「え、一体何?」

さやか「腹いせのつもり?あのとき、辛く当たったこと、根に持ってんの?だからあんなことしてるわけ!?」

まどか「な、なんのこと、さやかちゃん?」

さやか「しらばっくれるんじゃないわよ!!」

まどか「ひっ!」

さやか「知ってるんだから!あんたが杏子や転校生と何かしているの!何よ、ねぇ何、あたしに何したいわけ!?
なんなのよ一体!何よ妹って!馬鹿じゃないの!!」

まどか「な、何言っているのか全然解からないよ、さやかちゃん・・・・・・こ、怖いよぉ・・・・・・」

さやか「・・・・・・あんた、本当に何も知らないの?」

まどか「し、知らないよぉ・・・・・・杏子って誰なの?ほむらちゃんが何?全然わかんないよぉ・・・・・・!」

まどか「さやかちゃんが戻ってきてくれて、わたし嬉しいのに・・・・・・どうしてさやかちゃん怒ってるのか解かんないよぉ・・・・・・!」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:19:21.45 ID:E/9QKej90
まどかが役者になっとる……!


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:21:41.18 ID:oVEXhP690
さやか「え・・・・・・ごめん・・・・・・」

まどか「・・・・・・ううん。わたしの方こそ、いきなり泣き出してごめんね。さやかちゃんの方が、わたしなんかよりずっと辛い立場なのに・・・・・・
わたし、弱くてごめんね・・・・・・」

さやか「――そんなこと!!」

まどか「わたし、QBと契約して、さやかちゃんを元通りにすることが出来るんだ・・・・・・ねぇ、さやかちゃん、元に戻りたいよね――」

さやか「あんたが!!――あんたが、こんな体になることなんてないのよ!あんたまで、こんな思いすることないから・・・・・・馬鹿なこと言うんじゃないわよ」

まどか「でも、さやかちゃんは元に戻りたいよね――」

さやか「別にもう・・・・・・良いから。こんな石ころのあたしでも、そう思ってくれる人が居るってだけで・・・・・・あたしこそ、あのときごめん・・・・・・
あんたに辛く当たって、本当にごめん!」

まどか「さやかちゃんはいしころじゃないよ!わたしの大切な親友だもん!!それに、わたしこそあの時――」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:22:02.08 ID:oVEXhP690
まどか「・・・・・・ウェヒヒ」

さやか「・・・・・・あははっ」

まどか「それじゃぁ・・・・・・」

さやか「うん・・・・・・」

ま・さ「「仲直り!!」」


ほ・杏「「良い話じゃない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:27:25.08 ID:oVEXhP690
仁美「お二人とも、なんだか表情が柔和になりましたね」

まどか「そうかな~ウェヒヒwww」

さやか「まぁ、愛は深まったかなぁ」

仁美「まぁっ!お二人とも、まさか神聖な学び舎・・・・・・いけませんことよー!!」

まどか「あっ仁美ちゃん!」

さやか「あははっ」

まどか「もぅ、笑い事じゃないよぉ」

さやか「ごめんごめん。ただ、なんか、変わらないなぁこういうのって思ってさ」

さやか「悩んでいた時が馬鹿みたい」

まどか「さやかちゃん・・・・・・」

恭介「・・・・・・さやか、ちょっと良いかな?」

さやか「あっ・・・・・・恭介・・・・・・」

さやか「・・・・・・うん、それじゃぁ、屋上にでもいこっか」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:32:30.73 ID:oVEXhP690
さやか「朝のこと・・・・・・だよね。ごめん、ガラス代は弁償するから・・・・・・」

恭介「弁償とかは、別に良いよ・・・・・それより、聞かせてもらいたいんだ・・・・・・あの、杏子ってこの子と」

恭介「君の知り合いなんだろう・・・・・・?いや、もしかしたら僕も知っているかもしれない――何せ、彼女は僕の妹だから――」

さやか「いや、無いから」

恭介「――解からないよ。なんだか、僕と君と彼女の三人で幼い頃遊んだ記憶が――」

さやか「いや、あたし無いから」

恭介「――でもね、彼女は僕の妹だって――」

さやか「だから無いから!!恭介騙されているだけだから!!」

恭介「――彼女に会わせてほしい」

さやか「嫌です」

恭介「どうしても?」

さやか「はい」

恭介「・・・・・・」

さやか「・・・・・・」

杏子「おにいちゃああああああああああああああああああああああああああん!!!」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:33:16.54 ID:2zEM5C9N0
最後吹いたwwwwwwwww


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:33:45.54 ID:E/9QKej90
駄目だこのシスコンなんとかしないと


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:43:02.48 ID:oVEXhP690
恭介「杏子!!」

さやか「あんた!!何処から湧いて出てきた!?」

杏子「お兄ちゃんに会いたくて杏子此処まで来たの!!」

恭介「そうか・・・・・・ありがとう、杏子・・・・・・」

さやか「恭介!目覚ましなよ!!そいつはあんたの妹なんかじゃないんだから!!」

杏子「あなたは昔お兄ちゃんと結婚するってあたしとお兄ちゃんを取り合って過ごした幼馴染のさやかちゃん!
貴方にお兄ちゃんは渡さないんだからね!」

さやか「はぁ!?何勝手に脳内設定垂れ流してんのよ!!つうかその口調止めなさいよ!!気持ち悪いのよ!」

杏子「ひどーい!杏子傷付いちゃう!」

さやか「止めろっつってんだろうが!」

杏子「もうさやかちゃんなんて知らない!お兄ちゃん、あっちで杏子とお話しよう?ねぇ、杏子お兄ちゃんと
結婚したらりんごのお家に住みたいの、買って?」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:44:23.27 ID:Y/hHNY2J0
りんごのお家www


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:55:08.16 ID:oVEXhP690
恭介「け、結婚って・・・・・・ぼ、僕達は兄妹だろう、そんなのは駄目だよ杏子・・・・・・」

さやか「兄妹じゃなかったらするのかよ――第一、そいつはねぇ!!」

杏子「いしころでも、妹だとしても、あたしはお兄ちゃんのことが大好きだよ?」

さやか「――!」

杏子「ねぇ、お兄ちゃん・・・・・・もしも杏子が実はこのいしころだとしたら――お兄ちゃんは、杏子のこと嫌いになる?」

恭介「・・・・・・綺麗だ」

さやか「え・・・・・・」」

恭介「これが杏子・・・・・・すごく、綺麗だよ」

恭介「いとおしいほどに・・・・・・」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:56:35.32 ID:oVEXhP690
杏子「そう。ありがとう、お兄ちゃん。信じてたよ」ニヤッ

さやか「ちょっ・・・・・・まっ、待ってよ!」

杏子「どうしたの、さやかちゃん?お兄ちゃんはもう杏子の物なんだからね?さやかちゃんは
ハンカチでも噛んでれば良いよ」

さやか「待ってよ!あんた、本当に恭介のこと好きな訳!?あんたが・・・・・・恭介を・・・・・・」

杏子「うん・・・・・・それで、相思相愛なんだからね?ね、お兄ちゃん・・・・・・」

恭介「あぁ・・・・・・そうだね、杏子。僕も君が好きだ。妹とか、君の姿とかそういうのはもうどうでも良い・・・・・・」

さやか「そんなっ・・・・・・!」

杏子「それじゃぁ、いこっかお兄ちゃん。あたし鯛焼きの形をした餡子で一杯のプールに入りたい!」

上条「うん、それは楽しみだね・・・・・・」

さやか「――」

さやか「・・・・・・」

さやか「・・・・・・いしころだとしても・・・・・・いしころだとしても――いしころだとしても!!」

さやか「あたしだって、恭介のこと好きなんだから!!!!!!!!!!!!!!」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:01:14.85 ID:oVEXhP690
まどか「ふぅ。ありがとう杏子ちゃん。杏子ちゃんの幻術が無かったら、きっとぼろが出てたね」

杏子「たくっ。これはあんまり使いたくねーってのにお前は・・・・・・」

まどか「ウェヒヒ!だってさやかちゃんと仲直りしたかったんだもん!」

杏子「調子狂うなぁ、もう・・・・・・」

まどか「ウェヒヒ!さてと、ほむらちゃん?良い加減泣きやんだらどうなの?」

ほむら「だって!!!!!!!!!!!!!だって!!!!!!!!!!!!!!」

杏子「落ち着けよ、ほむら」

ほむら「だって良い話なのよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

杏子「こいつは・・・・・・」

まどか「まぁ、確かに良かったね。杏子ちゃん、これで満足?」

杏子「おう。後は、ワルプルギスの夜をなんとかしないとな。しっかりしろよ、ほむら」

ほむら「当たり前よ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!絶対に今度こそは倒してみせるんだから!!!!!!!!!」

「話は聞かせてもらったよ!」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:08:26.10 ID:oVEXhP690
ほむら「誰よ!!!!!!!!!!!!!!!!!」

杏子「お前は・・・・・・!?」

まどか「あ・・・・・・」

さやか「あんたら・・・・・・やっぱりグルだったんじゃない」

まどか「さやかちゃん・・・・・・」

杏子「ちっ。ばれちまったか」

ほむら「美樹さやか!!!!!!!!!!!!!!!!!1」

さやか「ちょっ、転校生なんか五月蝿い・・・・・・」

ほむら「よく頑張ったわね!!!!!!!!!!!!あんたは強いわ!!!!!!!!!!」

さやか「いや、だから五月蝿いって・・・・・・」

まどか「ウェヒヒ・・・・・・怒ってる?」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:08:54.04 ID:oVEXhP690
さやか「当たり前でしょ」

まどか「・・・・・・ごめんね。でも、皆さやかちゃんのこと助けたくて――」

杏子「いや、こいつらは悪くないんだ・・・・・・元はと言えばあたしがだな――」

ほむら「ごめんなさい」

さやか「あぁそういやそれも在ったわ・・・・・・人が傷心しているときに目の前でふざけたことしてくれて、手練手管で欺いてくれて
あんたたち本当によくもまぁ・・・・・・でもね、そんなことどうでも良いのよ――」

さやか「――なんであたしに声掛けなかったのよ!!」

ほ・ま・杏「「「え・・・・・・?」」」

さやか「あたしだって戦うよ、みんなと!だって魔法少女なんだからさ!!」

さやか「なんかとんでもないことが起きようとしているんでしょ!?だったらあたしにも声掛けなさいよね!!」

さやか「友達じゃない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:14:12.00 ID:oVEXhP690
ほむら「・・・・・・貴方は、上条恭介の傍に居るべきよ。やっと思いを伝えて、その思いを
受け容れてもらったのだから・・・・・・奴は、わたしと杏子で狩るわ」

杏子「安心しな、てめーらには指一本触れさせたりしねーからよ」

まどか「いざとなったらわたしがいるから!」

さやか「あんたたちじゃ心もとないし、そのいざに来られたら困るのよ・・・・・・」

さやか「それに」

さやか「この街の平和はあたしが護るって、マミさんの墓前に誓ったんだ・・・・・・だから、あたしにも戦わせなさいよね!」

ほむら「美樹さやかぁ!」

杏子「さやかぁ!」

まどか「さやかあちゃんっ!」

さやか「ちょっと、あんたら!もう、離しなさいよ、この馬鹿!」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:28:37.13 ID:oVEXhP690
~そんなこんなでワルプルギス破壊~

さやか「いやぁ、一時はどうなることかと思ったわ」

杏子「なっ!でも、まさかあんなことが起きるだなんて夢にも思わなかったぜ・・・・・・」

ほむら「えぇ・・・・・・一時は諦め掛けたわ・・・・・・でも、あの一撃が全てを変えた・・・・・・」

ほむら「あれは・・・・・・一体・・・・・・」

まどか「凄い音だったもんね!避難所まで聞こえてたよ!」

杏子「落雷・・・・・・にしちゃぁ眩しすぎたな。あの輝きは・・・・・・」

さやか「・・・・・・ティロ・フィナーレ」

ほむら「・・・・・・そう。あれに似ていたわね」

まどか「マミさん・・・・・・」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:28:49.15 ID:oVEXhP690
杏子「けっ・・・・・・あいつ、随分と粋なことしてくれるじゃねーかよ」

ほむら「・・・・・・ありがとう」

まどか「・・・・・・うん、ありがとう・・・・・・」

さやか「ありがとう・・・・・・」

杏子「サンキュー・・・・・・」

ほ・ま・さ・杏「「「「ありがとう、巴マミ(さん)・・・・・・」」」」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:37:11.36 ID:oVEXhP690
杏子「そういやさ」

さやか「どうしたの?」

杏子「なんであの方便で上条の野郎がどうにでもなると思ったんだ?」

さやか「え?あれはあんたの幻術じゃないの?」

杏子「いや、許可なく幻術はあたしはしないよ、つうか出来ない。
そんで、行動は全部まどかの組み立てた脚本ありきだったんだ。
それでどうしてあのいしころ云々があいつに通用したのかってちょっと気になって」

まどか「あっ、それ?」

ほむら「気になるわね。奇妙な感性は芸術家に付き物だけど、どうしてまどかがそれを看破したのか」

さやか「おいお前、表出ろよ」

杏子「で、どうしてだ?」

まどか「え、わかんないの?」

杏子「うん」

まどか「え、なんで?」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:41:45.60 ID:oVEXhP690
杏子「わかねーもんはわからねえよ」

まどか「え~」

杏子「え~じゃなくてさ」

まどか「じゃぁ問題です。上条君が一番使い古していたオナペットはなんでしたでしょうか?」

杏子「バイオリン・・・・・・でも、それだけか?もっと何かあったんじゃ」

まどか「いや、それだけだよ?」

杏子「え?」

まどか「それだけだよ。バイオリンが大丈夫ならいしころも宝石も大丈夫なんじゃないかって、それだけ」

杏子「・・・・・・」

杏子「えー・・・・・・」

終わり


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:43:04.23 ID:oVEXhP690
暑い
マミさんは天国からのティロ・フィナーレ
最後にさやかが魔女化してワルプルと心中してほむらが杏子とまどかに送られながら
過去に行くという流れにしようと思ったが愛着が湧いてこんなことになった
暑い


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:44:37.23 ID:LtBNcGmU0
乙フィナーレ


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:47:53.31 ID:2zEM5C9N0

誰か最後の説明頼む


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:52:22.11 ID:oVEXhP690
上条が無生物で抜いたから
じゃぁこいつ無生物ならなんでも良いんじゃねとまどかは思い込んだ
というだけ
実際さやかが成功した理由はもうちょっとロマンティティック
つうか暑い!!!!!!!!!!!!!!なんなのよ!!!!!!!!!!!!!!!


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 16:55:10.32 ID:8YOe0F6SO
乙!
おもしろかった


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:08:34.08 ID:hth+ZJ+O0
乙!!!!!!!!!!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ