Powered By 画RSS


マミ「寂しい・・・もういっそ、知らないオジサンでも・・・」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:10:38.02 ID:d2lOl8KJO
さやか「でさー恭介が言うんだよ。『バッハの笑い方・・・バッハッハwwwww』ってwww」

まどか「う、うーん。ちょっと寒すぎない?」

さやか「いや今思うとそうなんだけどさ、そん時はアタシもうツボに入って入って・・・って、あれ? マミさん?」

まどか「え? あ、ホントだ」

マミ「・・・」

まどか「隣の男の人、誰だろ・・・お父さんかな」

さやか「そ、それにしてはちょっとベッタリし過ぎてないか?」

まどか「うーん、言われてみると・・・」

さやか「よしっ、ちょっと追いかけてみようぜ!」

まどか「えっ!?」




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:18:01.64 ID:d2lOl8KJO
まどか「や、やめようよ・・・趣味悪いよ」

さやか「ちょとだけ! どこ行くか確認するだけだから!」

まどか「え~」

さやか「まどかだって気になるだろ?」

まどか「う、うんまぁ・・・」

さやか「よし、そうと決まればレッツゴー!」

まどか「あ、待ってよ、さやかちゃーん!」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:22:11.21 ID:d2lOl8KJO
オジサン「いやぁ~嬉しいよ~。マミちゃんみたいな可愛い娘が声かけてきてくれるなんて! オジサンもまだまだ捨てたもんじゃないなぁ~・・・なんて」

マミ「・・・」

オジサン「胸大きいね~。何歳? 高校生?」

マミ「中学生です・・・」

オジサン「おっほwwwいいねいいねwwwww」



まどか「もう帰ろうよさやかちゃん・・・町並みがなんだか怪しくなってきたよ・・・」

さやか「確かに・・・なんだここ? マミさん、こんなところで一体・・・」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:27:17.43 ID:d2lOl8KJO
男1「ねぇ~君たち~」

まどか「ひゃいっ!?」

さやか「っ!?」

男2「『ひゃいっ』だって。可愛い~」

さやか「な、なんだよ・・・おまえら」

男3「なんだよって、君たちこそこんな所で何してんの~?」

男1「ねぇ~ひまなら俺達とどっか遊びに行かない?」 ダキッ

まどか「きゃっ・・・い、いえあの・・・わたし・・・っ」

さやか「急いでるんで失礼します! 行こう、まどかっ!」 ガシッ

まどか「あ、うん!」 タタタタタッ・・・


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:29:44.63 ID:d2lOl8KJO
まどか「ああ~ビックリしたぁ・・・」

さやか「ホンッと! なんだよココ・・・なんか、危なくないか?」

まどか「あ、あれ? マミさんは・・・」

さやか「えと・・・いたっ! あそこだ! だいぶ遠くに行っちゃった。行こ、まどか!」

まどか「あ、待ってよ~」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:34:04.35 ID:d2lOl8KJO
さやか「ん? なんか建物に入って行ったぞ?」

まどか「ハァ・・・ハァ・・・さやかちゃ・・・ハァ・・・ちょっと待って・・・ハァ・・・ハァ・・・」

さやか「おいおいまどか、早く!」

まどか「ハァ・・・ハァ・・・今行く」


~建物の前~

さやか「こ、ここって・・・」

まどか「やけに派手な建物だねぇ・・・『ロイヤルカーニバル』? なにここ?」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:38:33.06 ID:d2lOl8KJO
さやか「・・・マミさん」

まどか「どうしたのさやかちゃん?」

さやか「いや、だってまどか・・・ここ・・・」

まどか「なんだろ、遊園地かな? ね、さやかちゃん。ちょっと入ってみよっか?」

さやか「うぇ!? い、いやいやいやいや」

まどか「うっわぁー、近くで見るとすごいオシャレだね、さやかちゃん!」

さやか(か、可愛い・・・) キューン

さやか「ねぇ、まどか・・・」

まどか「ん?」


さやか「やっぱり、ちょっと中まで追いかけてみようか?」

まどか「うんっ」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:42:49.57 ID:d2lOl8KJO
まどか「なんだろここ・・・やけに暗いね・・・」 ギュッ

さやか「大丈夫、怖いところじゃないから」

まどか「さやかちゃんは何回か来たことあるんだ」

さやか「い、いや・・・そーゆー訳じゃないけど」

まどか「マミさん達どこ行ったのかな」

さやか「このパネルの部屋のどっかだと思うよ」

まどか「へぇー色んな部屋があるんだ!」

さやか「多分・・・ここだ! ここ行って見よう」

まどか「うんっ!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:49:07.42 ID:d2lOl8KJO
マミ「ふぅ・・・じゃあ先に私からシャワーを・・・んぐっ!」 ドサッ

オジサン「シャワーなんて後でいいよぉ~ふがふが・・・んん~JCのおっぱいの臭い・・・ほむほむ」

マミ「・・・」

マミ(汗くさい・・・私、なにやってんだろ・・・)

オジサン「へ~乳首も綺麗なんだね~」

マミ(こんな脂ぎったオジサンとホテルなんて・・・)

オジサン「どう? 気持ちいい? あっ、もう濡れてきてるねぇ~」

マミ(同年代の娘たちは・・・部活やって、勉強して・・・充実した学生生活を送ってるのに・・・)

オジサン「ハァ・・・ハァ・・・じ、じゃあ入れるよ? マミちゃん」



マミ「・・・ティロフィナーレ」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 10:54:48.25 ID:d2lOl8KJO
~その頃、同年代の娘たち~

まどか「うわ~すごい! 広いね、さやかちゃん!」

さやか「う、うん・・・そうね」

まどか「? どうしたの、さやかちゃん?」

さやか「い、いやぁ!? 別にっ・・・なんでもなくて!」

まどか「ふぅん? あ、でもここ、マミさん達いないみたいだよ?」

さやか「そ、そうだな! 部屋間違えちゃったかな~アッハッハー」

まどか「それにしてもなんだろココ・・・遊園地じゃあないみたい。ホテル?」

さやか「え!? い、いやぁ・・・違うんじゃない・・・かな」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:00:36.54 ID:d2lOl8KJO
杏子「ふぅん・・・あれがこの町の魔法少女かぁ・・・」

Qベー「ねぇ、杏子。本当にマミとコトを構える気かい?」

杏子「だって、知らないオジサンにも股開くようなビッチだよ? 楽勝っしょ!」

Qベー「だからってレズとは限らないんだよ? それにこの町にはもうひとり、魔法少女がいるんだ」

杏子「ふぅん。何者なの、そいつ?」

Qベー「わからない。彼女は飛びっきりのイレギュラーなんだ」

杏子「? まぁ、いいや。その方が楽しみがいがあるしね~」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:04:29.95 ID:d2lOl8KJO
マミ「ううっ・・・あぅぅっ!」 ガクガクガク

オジサン「あれ~? マミちゃん、またティロフィナーレ? まだ入って1時間も経ってないけど、今夜何回目?」

マミ「ハァ・・・ハァ・・・回目・・・」

オジサン「んん~?」

マミ「十回目・・・」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:09:49.66 ID:d2lOl8KJO
まどか「見て見てさやかちゃんっ! これ面白ーい!」 ヴィィィィィィ

さやか「そ、そんなに面白いそれ?」

まどか「クネクネするやつまあるよ! ホント、なんなんだろうねココ?」 ヴィィィィィィ

さやか(エロい! なんだか凄くエロいよまどかっ)


さやか「そ、そんなまどかには・・・」

まどか「?」

さやか「こうだっ!」 ヴィィィィィィィィン

まどか「っ!? きゃはははは! さ、さやかちゃ・・・っ、や、やめ・・・っ」

さやか「ほれほれほれぇ!」 ヴィィィィィィィィン

まどか「きゃははははっっ!!」



ほむら「・・・」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:16:44.67 ID:d2lOl8KJO
ほむら(先回りして部屋に入ったのまではよかったけど・・・)

ほむら(たんすに隠れたのは失敗だったわ。熱い・・・)

ほむら(美紀さやか・・・彼女が、私のまどかの膜を破るようなことがあれば、その時は・・・)



まどか「きゃははははっっ、さやかちゃん・・・も、もうだめ・・・っ」

さやか「まだまだぁ! 全身を隈なく攻めちゃうぞぉ!」 ススススス・・・

まどか「きゃははっ・・・あっ」 ビクッ

さやか「!」

さやか(な、なに今の反応・・・も、もう一度・・・) ススススス・・・

まどか「ああ・・・っ! さ、さやかちゃ・・・っ」

さやか「っ!?」

さやか(エロっ!!)


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:23:27.18 ID:d2lOl8KJO
杏子「うわっ、エロっ!! あの金髪ドリル、あんなことまでしちゃうんだ!」

Qベー「いつまで望遠鏡で観察してるつもりだい?」

杏子「アンタは黙ってなさいよ。今いいところなんだから!」

Qベー「・・・」

杏子「へぇ~、それを口にくわえて・・・」

杏子「ええっ!? そこまでする、普通!?」

杏子「歯を・・・へぇ。そんな使い方が」

Qベー「ねぇ杏子・・・」

杏子「なぁ!? そんなとこまで舐めんのぉ!?」

Qベー「ねぇ、僕にも見せてくれよ」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:24:48.91 ID:HXsLeOS50
インキュベーター何しようとしてんだwwww


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:28:56.25 ID:d2lOl8KJO
まどか「ハァ・・・ハァ・・・さ、さやかちゃん・・・なんだか、変な気持ちになってきたよ・・・」

さやか「そ、そう? あはははは・・・」 ヴィィィィィィン


さやか(こ、これは・・・っ)

まどか「あ・・・っ、さやか・・・ちゃん」

さやか(か、感じてるんだよな?)

まどか「あっ! さやかちゃんっ! ち、ちょっとタイム!」

さやか「ん? ど、どうした?」

まどか「あの・・・その」

さやか「?」 ヴィィィィィィン

まどか「お、おしっこ・・・」

さやか「っ!」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:33:37.96 ID:d2lOl8KJO
さやか「ダメ、もうちょっと我慢して!」 ヴィィィィィン

まどか「え、え~?」

さやか「お願いっ! お願いしますっ!」 ヴィィィィィン

まどか「で、でもぉ・・・あっ!」 ビクンッ

まどか「も、もう漏れちゃうよ・・・」

さやか「ここでしていいからっ!!」

まどか「なぁ・・・っ!?」

さやか「お願いしますっ!!」

まどか「そ、そんな・・・変だよ、おかしいよ」

さやか「このとおりっ!」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:36:11.31 ID:d2lOl8KJO
ほむら「!」

ほむら(ま、まどかのおしっこ!?)

ほむら(今回ばかりはGJよ・・・美紀さやか)

ほむら(まどかのおしっこまどかのおしっこまどかのおしっこ・・・) モンモン

ほむら(熱い・・・) モンモンモンモン


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:41:19.27 ID:d2lOl8KJO
まどか「じゃあ・・・するよ? ほ、ホントにいいの?」

さやか「大丈夫、バッチリ! この桶で受け止めて見せるからっ!」

まどか「もう一回確認するけど・・・ホントにここ、トイレないんだよね?」

さやか「うん、ないよ! 隣町まで歩かないと・・・そんなに我慢できないでしょ!?」

まどか「そ、そうだけど・・・」

さやか「じゃあ、はい! ほら! どうぞっ!」

まどか「う、うん・・・じゃあ・・・」 ヌギヌギ


さやか・ほむら((おっほぉぉぉぉぉぉぉっ!!))


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:45:40.56 ID:d2lOl8KJO
さやか(ツ、ツルマンだ・・・っ)

ほむら(ツ、ツルマンね・・・)

さやか(ツルマンだっ!)

ほむら(ツルマンよっ!)

さやか(ツルマン! ツルマン万歳!)

ほむら(バンザーイ! バンザーイ!)

さやか(ワッショイ!ワッショイ!)

ほむら(ワッショッショイ!!)


まどか「ふぅ・・・終わったよーさやかちゃん」 ブルッ

さやか・ほむら『なんですとっ!?』


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:52:13.46 ID:d2lOl8KJO
オジサン「ハァ・・・ハァ・・・うっ、んぁっっ!!」 ショババババ

マミ「ああっ・・・ん」

オジサン「ふふ・・・ハァ・・・ハァ・・・マミちゃんのムチムチの太ももに、オジサンのをいっぱい塗り付けてあげるよ」 ヌトヌト

マミ「ハァ・・・ハァ・・・」

オジサン「乳首にもつけてあげよう」 ヌトヌト ペチャペチャ

マミ「あ・・・っ」 ビクッ

オジサン「まだ感じるの? マミちゃんは絶倫だなぁ~」

マミ「・・・」


~展望台~

Qベー「次は僕の番だよっ!」 バタバタ

杏子「はぁ!? まだ三分も経ってねーだろ!」 バタバタ

杏子「あっ、とか言ってる間に終わっちまったじゃねーか!!」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 11:56:08.29 ID:d2lOl8KJO
まどか「え!? い、今・・・さやかちゃん以外に声、聞こえなかった・・・?」

さやか「た、確かに・・・」


ほむら(まずいわね・・・)

ほむら(ついつい熱くなって、隠れているのも忘れて大声で叫んでしまったわ)


ほむら(いったん落ち着かないとね・・・) ファッサッ

ゴンッ

ほむら「イテッ!」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 12:02:48.11 ID:d2lOl8KJO
まどか「!」

さやか「!」

まどか(し、しまった!)

さやか「い、今・・・タンスから、ゴンって・・・」

まどか「な、なんか怖いよ、さやかちゃん・・・っ!」

さやか「ひ、ひひひょっとして・・・幽霊?」

まどか「ええっ!?」

さやか「いや・・・こういうホテルとかってよく出るって聞くし・・・」

まどか「そ、そんな・・・っ」

さやか「待てよ・・・そういうホテルには、絵の裏とかにお札が貼ってあるはず・・・ちょっと見てみよう」

まどか「ええっ!? やめようよさやかちゃん・・・怖いよ・・・っ」

さやか「よ、よ~し・・・」 ソォー

まどか「さやかちゃん・・・」 ドキドキ

さやか「い、行くぞぉ・・・えいっっ!!」 バッ!


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 12:07:31.83 ID:d2lOl8KJO
ピラッ

ヒラヒラ

まどか・さやか『!』

まどか「な、なななにその紙・・・?」

さやか「みみみ、見てみよう・・・」

ピラッ


『お札が貼ってあると思った? そんなのないよ~』



まどか「・・・ぷっはあああああ~!! よかったぁ・・・」

さやか「マジで貼ってあるかと思った!! 焦ったぁ~」

まどか「でも、貼ってなくてよかったね!」

さやか「まったくだよ! あ、あははは」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 12:15:29.10 ID:d2lOl8KJO
まどか「ね、もうココ出ようよ! 私、眠くなってきちゃった・・・」

さやか「え? ここで寝たらいいじゃん。ベッドもあるし・・・」

まどか「い、い、か、らっ!!」 グイッ

さやか「お、おい、ちょっと・・・まどか!?」


ほむら(な、なんだか知らないけど・・・助かった?)



~『ロイヤルカーニバル』フロント~

さやか「はぁ・・・はぁ・・・どうしたんだよまどか、急に。幽霊もいないってわかったんだし、もうちょっとゆっくりしてっても・・・」

まどか「本気で言ってるの、さやかちゃん!? お札が貼ってないからって、幽霊がいないってことにはならないんだよ!? タンスの音はなんだと思ってるの!?」

さやか「あ・・・」 サーッ


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 12:19:41.01 ID:d2lOl8KJO
こうしてあの日、私とさやかちゃんは、恐怖の館から命からがら逃げたした。

マミさんのことが少し気になったが、次の日も元気に学校に来ていたので大丈夫だろう。


あの日のことは、二人だけの秘密になっている。
もちろんマミさんにも・・・


そしてあの日以来、あのマッサージ機を気に入ってしまい、夜になると隠れて使っているのは、私だけの秘密だ。


<マミ「寂しい・・・もういっそ、知らないオジサンでも・・・」> 【完】


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 12:20:44.82 ID:7bgmOTIY0


マミさんの濡れ場もっとほしかった


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 12:48:43.61 ID:HRqOnInk0


あれ僕らのビッチ天使マミさんは?


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 12:59:43.59 ID:IyFT7xl/0






このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ