Powered By 画RSS


まどか「マミさん…入れていい…?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 17:57:47.15 ID:qilaI5lOO
まどか「よいしょ」モタモタ

さやか「まどか~、何をモタモタしてんのさ」

さやか「殆どあたし一人でやっちゃってるんだけど~」

まどか「ご、ごめんね…ちゃんとやるから」モタモタ

さやか「……」

まどか「こっちを…」モタモタ

さやか「えーい!もうさやかちゃんに任せなさい!」タタッ

まどか「あっ、走ったら危ないよさやかちゃん!」

さやか「うわ!!」ズルッガン!




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:05:40.98 ID:qilaI5lOO
さやか「いてて…」

まどか「大丈夫?(パンツ見えてる…)」

ムクッムクッ

まどか「わわっ!//」

さやか「受け身とらなかったら危なかったよ
床、スッゴイピカピカだね。仕事は遅いけど内容は素晴らしいな」

まどか「ありがとう」アセアセ

さやか「…なんで前屈みになってるの?まどか」

まどか「なんでもないよ!!!」

さやか「お、おう………」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:10:51.45 ID:qilaI5lOO
さやか「でもさ~、一つの所を徹底的にやるよりは
広く浅くでいいよ」

まどか「うん」

さやか「早く帰りたいじゃん」

まどか「…ごめん」シュン

さやか「怒ってないよ…?ささっと終わらせよう」

まどか「うん」

さやか「さやか行っきまーす!」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:14:40.78 ID:qilaI5lOO
まどか「うんしょ」フキフキ

さやか「ヒャッハーッ!」

さやか「汚い所は清掃だ~」

まどか(収まってきた…よしっ)

まどか「ペースを上げるよ!さやかちゃん」

さやか「やる気だね!まどか」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:19:41.06 ID:qilaI5lOO
さやか「おっつ~、道具片付けて帰ろ」

まどか「時間掛かっちゃってごめんね?さやかちゃん」

さやか「んん~?反省してるのかな~」ダキッ

まどか「さやかちゃん!!」ドキン

さやか「赤くなっちゃって…このこの~」

まどか(背中に感触が///)

まどか「さ、さやかちゃん駄目!離れてよ!」ムクッ

さやか「まどかはかわいいな~も~」ギュッ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:25:39.93 ID:qilaI5lOO
まどか「駄目なのっ!!」

さやか「ど、どうしたのまどか…」

まどか「離れて!!!」

さやか「ご、ごめん…そんなに嫌だった?」パッ

まどか「嫌じゃないけど、あんまり抱きついたりしないで欲しいの…」

さやか「わかったよ…ごめんね」シュン

まどか(さやかちゃんに抱きつかれただけなのに
すごいドキドキしてる)ムクン

まどか「わっ///」

さやか「どうしたの!いきなり座ったりして…?」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:33:02.90 ID:qilaI5lOO
チクタク…チクタク

さやか「ねぇ?いつまで座ってんの」

さやか「帰ろうよまどか」

まどか「もう少し待って!(なんで収まらないの)」

さやか(怒らたくないしな~どうやって立たせますか…)

まどか(小さくなってよ…)

さやか(ピラメキーノ!)

さやか「まどか!ずっと座ってると言うならこうだぁ!」

スカートの中を覗ける位置にヘッドスライディング!

まどか「さやかちゃん!?」

さやか「………」ジッ

さやか「どういう事だ、おい……なんか膨らんでるんだけど…」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:38:17.34 ID:qilaI5lOO
まどか「見ちゃ駄目!!!」バッ

さやか「ま、まどか?」

まどか「何でもないから!」

さやか「いや…しかし…」

まどか「見間違い!何でもないからっ!」

さやか「でも…」

まどか「さやかちゃん!しつこいよ!」

さやか「だ、だって…」

さやか「パンツから少しハミ出てたんだもん…その……」

まどか「うぅ///」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:44:05.79 ID:qilaI5lOO
さやか「………」

まどか「……」

さやか「それって…」

まどか「…」

さやか「所謂、あの、えっと…tnk…だよね?」

まどか「………」

さやか「あはははは、そんな訳ないっか!
それじゃあ、まどかが男って事になっちゃうもんね」

まどか「///」コクリ

さやか「」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 18:54:16.32 ID:qilaI5lOO
さやか「なして!?」

まどか「……言わなきゃ駄目?」

さやか「駄目って事はないけど…」

まどか「知りたい…よね?」

さやか「うん…」

さやか「魔法…が関係してたりするの…かな?」

まどか「…そうだよ」

さやか(ですよね~)


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:01:24.15 ID:qilaI5lOO
回想

まどか「なんだろ…最近マミさんの事を見てるとムズムズする」

まどか「身体火照ってくるのし…押し倒したくなる」

まどか「うぅ…」クチュクチュ

QB「それは性欲だねっ、まどか」

まどか「キュゥべえ!?勝手に入ってこないでよ」クル

QB「隠さなくてもいいじゃないか」

まどか「そんな訳ないでしょ!!///」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:06:34.84 ID:qilaI5lOO
QB「まあいいや。まどか、その違和感を解消したくはないかい?」

まどか「向こうに行っててよ…」

QB「イライラしないかい?」

まどか「うっ」

QB「自慰行為をしても解消しないだろ?寧ろ高まってこないかい?」

まどか「…」

QB「僕の話を聞いてみないかい?」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:11:38.31 ID:qilaI5lOO
さやか「っでなんでtnkなの!?」

まどか「だだってキュゥべえが…」

「それをマミの、今君の弄ってた所に入れれば解消するよ」

さやか「信じちゃったの!?」

まどか「だ、だって!毎日なんか変な感じで…嫌だったんだもん」

まどか「こんなに変な物だとは思わなかったの…」

さやか(あんの淫乱生物め!!)


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:16:22.98 ID:qilaI5lOO
さやか「あんた…これからどうするのさ?」

まどか「どうするって…マミさんに訳を話して…」

さやか「悪いことは言わないから、止めときなって…」

さやか「まどかはさっ…」

まどか「な、何?さやかちゃん」

さやか「つまり、マミさんとヤりたい訳なんだよね…」

まどか「…何を?」

さやか「あんたねぇ…」

まどか「ハッキリ言って…」ジッ


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:21:32.75 ID:qilaI5lOO
さやか「性交渉したいって事だろ!///」

まどか「ち、違うよ!///」

さやか「違わないって!」

まどか「………」

さやか「まどか…あんたって子は」

さやか「ホント、どうすんのさ…」

まどか「う…うぅ」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:29:27.50 ID:qilaI5lOO
まどか「どうしよう…」

さやか「……」

まどか「さやかちゃん、わたし、どうしたらいいかな…」

さやか「どうするも何も」

さやか「……」

さやか「いつまで起ててんの…それ」

まどか「ち、違うの!勝手になっちゃうんだもん」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:33:44.53 ID:qilaI5lOO
さやか「興奮してるとなるんだよね…それ?」

まどか「そ、そうなの…?」

さやか「まさか…あんた」

まどか「?…なんで距離を取るの、さやかちゃん」ズイッ

さやか「!」

まどか「ま、待ってよ!一人にしちゃヤダよ」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:38:50.43 ID:qilaI5lOO
さやか「なんで押し倒してんのさ!?」

まどか「ごめん、躓いちゃって…」

さやか「わかった…わかったから退いてくれる」

まどか「…一人で帰らないでよ」グスッ

さやか「帰らないから…(まどかが怖い…どうなってんの)」

まどか「………」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:42:10.65 ID:qilaI5lOO
さやか「…まどか?」

まどか(なんで!?)ムクムク

さやか「退いてって!」

さやか(なんて力なの…とてもあのまどかとは思えない)

さやか「な、なぁまどか…」

まどか「さやかちゃん、ちょっとだけ待って…」ジッ

さやか「!?」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:46:47.97 ID:qilaI5lOO
まどか「なんかね?こうしてると、気分がいいの」

さやか「…」

まどか「…なんでだろ」

さやか「ちょっと!あたしでなんてってなんて考えてないでしょうね!!?」

まどか「ウェヒヒヒ、どうしたの?」

さやか「ちょっ離せって!!」ゾクリ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 19:54:40.85 ID:qilaI5lOO
まどか「…何もしないよ。ただ、こうしてると気持ちいいの」

さやか「まどか!!怒るよ!?」

まどか「あ、暴れないでよ…。もうちょっとだけ」

さやか「離せって言ってんでしょ!!!」

まどか「あぅ」パッ

さやか「はぁ、はぁ。やめてよね…」スク


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:00:05.81 ID:qilaI5lOO
さやか「あたし帰るから!」

まどか「え!?そんな、待って!わたしまだ準備して…」

さやか「…」タタタッ

まどか「ま、待ってよ!さやかちゃん」

ズルリ
まどか「痛っ!」

まどか「行っちゃったよ…」

まどか「…一人にしないでよ」ポロポロ


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:09:31.29 ID:qilaI5lOO
まどか「ひっく、ひっく」トボトボ

マミ「珍しいのね、鹿目さん一人なんて」

まどか「マミさん…」

マミ「あら、泣いてるの?美樹さんとケンカでもしちゃったのかな」

まどか「うぅ」グスン

マミ「よしよし」ナデナデ


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:15:30.95 ID:qilaI5lOO
マミ「お姉さんが仲直り、手伝ってあげようかな」

まどか「マミさん」

マミ「うふふ。時間があるなら、私の家でお菓子でも食べながらどうかな?」

まどか「でも…」

マミ「言いにくいならいいわよ?ただ、鹿目さんとお喋りしたいわ、私」ニコリ

マミ「嫌かな…?」

まどか「……」

まどか(やっぱりマミさんと居ると、変…)ムクッ


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:23:17.27 ID:qilaI5lOO
まどか「!!」バッ

マミ(?今、スカートがひとりでに動いた様な)

マミ(…気のせいよね)

まどか「あの、でもわたし…///」

マミ「あら、頼りなかったかな?私じゃ」

まどか「ち、違います!!そんな事ないです!(モヤモヤするよ)」

マミ「深入りされるのは嫌だよね」

マミ「…なら、紅茶一杯だけでも飲んでかない?」

まどか「でも…」

マミ「飲んでくれるだけでいいわ。少しは落ち着くわよ?」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:29:47.34 ID:qilaI5lOO
マミっ家

マミ「ちょっと待っててね」

まどか「マミさん、すいません…」

マミ「うふふ。私が来て欲しかったんだから気にしないの」スタスタ

まどか(前まではこんなにドキドキしなかったのに
落ち着かないよ~)ソワソワ

まどか「…」キョロキョロ

まどか「あのベッドでマミさんは寝てるんだよね…」ムックン


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:35:48.19 ID:qilaI5lOO
まどか「いい匂いがする~」フカフカ

マミ「鹿目さんごめんなさい、茶葉を切らして…」

マミ「あら?もしかして眠かったの…」

まどか「え!あの…」ドキン

マミ「疲れてるんなら少しだけ眠る?起こしてあげるから」ニコッ

まどか「………少しだけいい?マミさん」

マミ「ええ」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:41:10.59 ID:qilaI5lOO
マミ「うふふ」ナデナデ

まどか(すごい!何がどうすごいのかわかんないけど)///

マミ「そうそう、鹿目さん」

まどか「…はい?」

マミ「紅茶の茶葉を切らしてたみたいなのよ。ごめんなさいね」

まどか「ううん」フルフル

マミ「今から買いに行って来るから、寝ながら待っててもらっていい?」

まどか「わたしは…はい」

マミ「ありがとう、ドジな先輩で恥ずかしいわ」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:46:24.83 ID:qilaI5lOO
マミ「じゃ、待っててね」

まどか「い、いってらっしゃい」

マミ「………うん」

マミ「いってきます」ニコニコ

ガチャ、バタン、ガチャリ



……

………

まどか(なんだろ…布団に入ったら眠くなったのに)

まどか「マミさんの部屋にわたし一人…」

まどか「眠くない…」ドキドキ


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 20:57:41.74 ID:qilaI5lOO
ガサゴソ、ガサゴソ

まどか「お菓子のレシピ?オリジナルもあるんだ。すごいな~」

まどか「これは何だろ?写真だ…」

まどか「これはマミさんかな…ちっちゃくてかわいい~」

まどか「こんなふうに笑うんだ…マミさん」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:01:57.72 ID:qilaI5lOO
まどか「これは香水かな?お洒落だな~マミさん」

まどか「あれ?使ってないのかな…封がしたまんまだ」

まどか「………」

まどか「いけない事だよね…こんなの」

その時、あるものがまどかの視界に



まどか「………タンス」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:05:04.77 ID:qilaI5lOO
まどか「駄目だよ///」

まどか「こんな事したら怒られちゃうよ」

まどか(なんで!?見たくて見たくてしょうがない…)

まどか「わわわ///」ムクムク


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:12:04.62 ID:qilaI5lOO
ゴソゴソ
まどか「これ下着だよ…」

まどか「うわ~///」

まどか「おかしいな…、わたしも同じ様なの持ってるのに」ドキドキ

まどか「…大胆///」

まどか「え!?こんなの穿いたりするの!!」

まどか「何カップあるんだろ?わっ、ぶかぶかだ…」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:17:02.38 ID:qilaI5lOO
ムクリ!
まどか「うぅ」

まどか(て、手が勝手に…駄目!駄目だよ!)

おもむろにマミの下着を手に取るまどか!!

まどか「あぅ…」



まどか「………」スリスリ

まどか(変だよ!こんなの…)

まどか「………」

まどか「…す、すごく…いい…///」ハァハァ


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:21:37.96 ID:qilaI5lOO
まどか「は、はぁ…はぁ…」スリスリ

まどか「変になっちゃうよ」

まどか「んっ」

まどか「……ブラもいいかな」スッ

まどか「んんっ…」

まどか「マミさん、マミさん…」

ガチャリ…
鍵を開ける音!

まどか「!!!!?」ビクッ


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:28:13.04 ID:qilaI5lOO
まどか「」サッ

パンツを隠すならパンツの中!

ガチャ、バタン
マミ「た、ただいま~」

マミ「ごめんね。お店が少し混んでてね」

マミ「お詫びにケーキを買ってきたから許して」

まどか「お、お帰りなさい…」アセアセ

マミ「あら、目が覚めちゃったのかな?」

マミ「……」キョロキョロ

マミ「まぁ…こんなに散らかしてたかしら」

まどか「………」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:35:02.89 ID:qilaI5lOO
マミ「んん~?」ニコッ

まどか「ご、ごめんなさい…」

マミ「うふふ。女の子の一人暮らしは興味があった?」

まどか「…すいません」シュン

マミ「あら、怒ってなんかないわよ」クスッ

マミ「で~も、散らかしたまんまはよくないわね」

マミ「私が紅茶を淹れてくる間に、元にもどしてみようか?」

まどか「う、うん…」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:41:11.88 ID:qilaI5lOO
テキパキ、テキパキ
まどか(どうしよう…マミさんのパンツ)

まどか(このまま戻したら駄目、だよね…)チラッ

マミ「♪」

まどか(謝る?でも…)

マミ「下着」

まどか「ふぇ!?」ビクッ

マミ「周りにバラしちゃ嫌よ?秘密にしててね鹿目さん」

まどか「…うん」

マミ「アルバムは順番通りにお願いね」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:48:05.96 ID:qilaI5lOO
マミ「ふふふ。鹿目さん、お疲れ様」

まどか「マミさん、これでいいかな…?」

マミ「ええ」ニコッ

マミ「はい、どうぞ」

コトッ
まどか「いい匂~い」クンクン

マミ「私のお勧めなの。ケーキも召し上がれ」

まどか「わ~い!いただきま~す」モグモグ

まどか「紅茶もおいしい~」ズズッ

マミ「うふふふ。この香りは落ち着くでしょう」クンクン

マミ「………?」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:51:24.16 ID:qilaI5lOO
まどか「♪」パクパク

マミ(何かしら、この臭い…)

マミ(紅茶の香りとは違うわ)クン

まどか「…どうかしたんですか?」

マミ「ううん。気にしないで…」

まどか「?」ズズッ


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 21:57:09.44 ID:qilaI5lOO
マミ(もしかして…)

マミ「鹿目さん」

まどか「はい、なんですか?」

マミ「もしかしたら香水、開けちゃった…?」

まどか「?…開けてないですけど」

マミ「そう?じゃあ何かしら…」

まどか「どうしたのマミさん?」

マミ「え!…その、何か臭わない?鹿目さん」

マミ「紅茶の香に混ざって変な臭いがするのよ…」

まどか「……」モグモグ

ゴックン……


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:03:25.53 ID:qilaI5lOO
まどかはマミに見えないように軽く自分のパンツに触れてみた!

まどか(湿ってる…)

まどか「………」

マミ「何かしら…いったい」

まどか(身体が軽い…)

マミ「換気した方がいいかな…鹿目さん、窓を開けましょうか?」

まどか「………」ドクン、ドクン

マミ「………鹿目さん?」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:10:38.15 ID:qilaI5lOO
まどか(どうしようどうしようどうしようどうしよう)

マミ「虫かな…」スクッ

まどか(こっち来ちゃ駄目!!)

マミ「鹿目さん、ちょっといいかしら」

マミ「その辺りに何かいたりしない?」

まどか「いない!いないよマミさん!!」アタフタ

マミ「!?そ、そう…」

マミ(急にどうしたのかしら…)


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:16:19.81 ID:qilaI5lOO
まどか(帰ろう!!)

マミ「鹿目さ」

まどか「ご、ごちそうさまでした!」スクッ

まどか「そろそろお暇しなきゃ!!」

マミ「え!?いいのよ?ゆっくりしていって」

マミ「ケーキだってまだ…」

まどか「いえ!パパやママが心配するといけませんから!」
マミ「…ごめんなさい。そういえば帰宅途中だったわね…」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:22:21.26 ID:qilaI5lOO
就寝前
まどっ家

まどか「このパンツどうしよう」

まどか「持って帰って来ちゃったよ~」

紫に輝くパンツを握りしめながらまどかは途方に暮れていた。

マミっ家

マミ「あら?あの下着がない…いつもここにしまってたのに」

マミ「鹿目さんがしまう場所を間違えちゃったのかな」クスッ

お気に入りの下着を探すマミ。


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:31:26.81 ID:qilaI5lOO
まどか「明日、こっそり返せばいいよね」

まどか「マミさん。ごめんなさい」

まどか「」クンクン

まどか「すーすー」ギュー



マミ「ない…おかしいわね」

マミ「思い当たる節………」

マミ「鹿目さん…?」

マミ「まさかね…。…やんわりと聞いてみるか…」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:35:58.54 ID:qilaI5lOO
さやか「まどか!昨日はごめんね」

まどか「さやかちゃん」

さやか「あたしも気が動転してて…」

まどか「いいよいいよ!」

さやか「まどかが悩んでたのにホントごめん!!」

まどか「その気持ちだけで嬉しいよ、さやかちゃん」

さやか「これ」スッ

QB「離せー離せしてくれよさやか」バタバタ

さやか「昨日捕まえておいたの」ニヤッ


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:40:09.93 ID:qilaI5lOO
まどか「キュゥべえは…」

さやか「まぁ、そうだけどさ。何かの役に立つかもしれないよ」

QB「僕は何も悪くないのに!!」

さやか「行こ行こ」ズルズル

まどか「うん」



ほむら「美樹さやか、怖ろしい人ね」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:43:47.06 ID:qilaI5lOO
マミ「あら、仲直りできたの?二人とも」

さやか「はよっスマミさん!」

まどか「…おはよう…ございます」ビクビク

マミ「おはよう」

マミ「いったいどちらが発端だったのかしら」ニコリ

ヒソヒソ
さやか「全部話したの?」
まどか「ううん…」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:51:24.14 ID:qilaI5lOO
さやか「もう解決でしから!」

まどか「うんうん」

マミ「そっか。ならいいわね」ニコッ

マミ(…少しだけ)

マミ「紫…」ボソリ

さやか「紫?」

まどか「え!?」ビクリ

マミ(鹿目さん…)

マミ「…」ジッ

まどか「ななな何…マミさん?」キョロキョロ

さやか「???」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 22:58:17.48 ID:qilaI5lOO
マミ「鹿目さん、今日も家に来ない?」

まどか「!」

さやか「いいな、あたしもいい?」

まどか「えっ…」

さやか「?」

マミ「美樹さんごめんね。鹿目さんとだけがいいのよ、今日は」

マミ「今度ご馳走するから。またじゃダメかな?」

さやか「!了解っス。…あたしはアップルパイが好きなんですよ~」チラッ

マミ「はいはい。期待してなさい」

さやか「ひゃっほ~」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:03:44.79 ID:qilaI5lOO
昼休み

マミ「あら、暁美さんじゃないの」

ほむら「一緒にいいかしら?」

マミ「私と?ええ、構わないけど…」

ほむら「人通りが少ない所を知ってるわ」スタスタ

マミ「重要な話しかしら?」

ほむら「………」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:09:25.04 ID:qilaI5lOO
ほむら「鹿目まどかは魔法少女なってしまっている」

マミ「…え?そんなハズは…」

ほむら「知らなかったの?」

マミ「それは本当なの?」

ほむら「………」

ほむら「あなたがなる様に言ったのではないでしょうね?」

マミ「…いろいろ助言はしたわ。でも、決めるのは鹿目さん」

マミ「それ以上の事はしないわ」

ほむら「でしょうね…」

ほむら「…ならば鹿目まどか本人の意志」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:12:43.06 ID:qilaI5lOO
マミ「暁美さんは鹿目さんがなぜなったかは知らないみたいね」

ほむら「ええ」グー

ほむら「何を望んだのかもわからないわ」

マミ「……食べる」スッ

ほむら「…ええ」

モグモグ、ムシャムシャ

マミ「…デザートもあるけど」スッ

ほむら「いただくわ」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:17:40.01 ID:qilaI5lOO
マミ「今日、私から鹿目さんに聞いてみるわ」

ほむら「」モグモグ

マミ「どんな覚悟で願ったのか…」

ほむら「…これは?」

マミ「え?」

ほむら「何というお菓子かしら?」

マミ「ああ、それはマミトーネよ」

ほむら「マミトーネ?聞いた事ないわ」

マミ「ふふふ」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:21:48.65 ID:qilaI5lOO
マミっ家

マミ「昨日と同じのでいい?」

まどか「…はい」

しきりに自分の鞄を気にしている

まどか(洗ったから大丈夫だよね…)ソワソワ

まどか「………」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:26:14.63 ID:qilaI5lOO
マミ「はい」
コトッ

まどか「あ、ありがとうございます…」

マミ「鹿目さん…」

まどか「は、はい!!」

マミ「………」

マミ「ふふふ」クスリ

マミ「そんなに驚かないでよ」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:30:44.10 ID:qilaI5lOO
まどか「すいません…」

マミ「下着」

まどか「!」ビクッ

マミ「紫色の下着」

まどか「!!」ビクビク

マミ「もぉ~」クスクス

マミ「鹿目さんは嘘が苦手みたいね」

マミ「大丈夫。怒ってないよ」ニコリ

まどか「…知ってたの?マミさん」

マミ「うふふ。今朝ね」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:39:02.05 ID:qilaI5lOO
まどか「マミさん、ごめんなさい」スッ

マミ「あら、洗濯してくれたの?
普通に返しくれても良かったのに」

まどか「そ、そんな訳にはいきませんよ!!」

マミ「?ありがとう」

マミ「そんなに珍しかったかしら?
少し大胆だったかな」

まどか(理由…理由……)

まどか「ごめんなさい。その、可愛いなって…」ソワソワ

マミ「…今度一緒に探す?鹿目さんに似合うやつ」

まどか「わたしに?」

マミ「そうよ。鹿目さんにこれは合わないわ
もっといいのがあると思うわ」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:46:29.60 ID:qilaI5lOO
まどか「そうかな?」

マミ「ええ」ニコッ

マミ「ま、それは今度美樹さんも誘った時に話しましょうか」

まどか「うん!」

まどか(ってわたし駄目だよ!かわいいのとか穿いても…)

まどか「……」

マミ「昨日のケーキ食べる?一人ではちょっとね」ニコッ

まどか「いただきます…」

マミ「気にしちゃダメよ。返してくたんだから問題なし」ナデナデ

まどか「///」ムクッ

マミ「待っててね」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:52:43.50 ID:qilaI5lOO
マミ「………」

まどか「おいしい~」モグモグ

まどか「マミさん、このお菓子はなんなの?」

マミ「トモエリーズって言うのよ」

まどか「あっ!ノートに書いてあったやつだ!」

マミ「あら、あれも読んじゃたの?もう、鹿目さんは…」

まどか「えへへ」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/05(金) 23:58:22.69 ID:qilaI5lOO
マミ「夕食前に食べさせ過ぎちゃったね…」

まどか「だって美味しいんだもん」

マミ「うふふふ」

まどか「パパの料理も美味しいから大丈夫だよ」

マミ「………」

マミ「少し経ったらでいいんだけど
鹿目さんに聞きたい事があるのだけど…」

マミ「時間は大丈夫かしら…?」

まどか「まだ、大丈夫ですよ…?」チラッ

マミ「そう」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:04:45.78 ID:6yQnhxcqO
マミ「紅茶のおかわりは?」

まどか「お願いしま~す」

マミ「…はい」

まどか「ありがとうマミさん」

マミ「………」ズズッ

マミ「真面目な話しになるわね…」

まどか「…真面目な話し?」

マミ「ええ。無理強いはしないけど…」

マミ「できるだけ答えて欲しいの」

まどか「…うん」

マミ「…なぜ、…鹿目さんは魔法少女になったの?」

まどか「!」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:12:47.64 ID:6yQnhxcqO
まどか「あ、あの…知ってたんですか?」

マミ「今日ね…」

マミ「鹿目さん達に魔法少女の事を教えたのは私だから
できる事なら知っておきたいの…」

マミ「非難はしないつもりよ」

まどか「あの…わたし…(言えないよ)」

マミ「言いたくない?」

まどか「…うん」

マミ「なら、それは自分の為?それとも他人の為?
鹿目さんがどう思っているかで構わないから」


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:20:11.55 ID:6yQnhxcqO
まどか「…自分の為です」

マミ「そう…。うん、自分の為の方がいいわ」

まどか「……」

マミ「…鹿目さん、これだけは言っておくわ」

マミ「魔法少女になってくれてありがとう…。
鹿目さんが仲間なんて心強いわ」ニコリ

まどか「マミさん。…わたしなんかじゃ、足手まといに…」

マミ「最初はね。でも、やっていくうちに自信がついて来るから大丈夫よ」

マミ「鹿目さんには素質があるのだから」


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:26:19.25 ID:6yQnhxcqO
マミ「…抱きしていいかな?」

まどか「!?あの…」

マミ「ごめんね、嫌だったらいいの。
うふふ、嬉しくてね…」

まどか「…マミさん」

まどか「うん」コク

マミ「ありがとう…鹿目さん」ギュー

まどか「マミさん」ギュー

まどか(!マミさんの感触が…)ムクリ

マミ(?膝に何か当たってる)


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:32:32.54 ID:6yQnhxcqO
まどか「マミさ~ん」ギュッ

マミ「………」

マミ「か、鹿目さん…ポケットに何か入ってない?」

マミ「さっきから何か当たってるみたいなの…」

まどか「ポケット?ハンカチしか入ってないよ」

マミ「そう?」

まどか「…マミさん、わたしも抱きしめていい?」

マミ「もちろん。さぁ」ニコリ

まどか「わ~い」ダキッ

マミ「??!」


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:37:38.00 ID:6yQnhxcqO
マミ「ちょ、ちょっといいかな…?」

まどか「どうしたの?マミさん」

マミ(何もないわよね…)キョロキョロ

マミ(お菓子のかけらかしら…)

マミ「鹿目さん、立ってもらっていい?」

まどか「?いいですよ」スクッ

スカートが一部盛り上がっていた

マミ「………」

マミ「え?」

マミ「………え?」

まどか「?」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:42:46.40 ID:6yQnhxcqO
マミ「か、かか鹿目さん…?」

まどか「どうしたんですかぁ?」

マミ「そ、それは何なのかな……?」

まどか「それ?」

視線を下に

まどか「あっ!!」

座って誤魔化すが後のお祭り

まどか「ち、違うの!///
何でもないんです!!」

マミ(………)

まどか「忘れて!忘れてください!!」


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:47:17.05 ID:6yQnhxcqO
マミ「…もう一度立ってくれない?」

まどか(小さくなってよ!)

マミ「お願い鹿目さん…」

まどか「ヤダヤダ!」フルフル

マミ「鹿目さんは女の子よね?鹿目まどかでいいのよね?」アセアセ

まどか「……」コクッ

マミ(制服だって女子のだし…見間違い?
いや、でも…)


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:54:31.39 ID:6yQnhxcqO
マミ「ねぇ…?」

まどか「ヤダッ!!!」グスッ

まどか(こんなの違う!全然違う!!)

まどか(解消なんて。………馬鹿)

マミ「………」

マミ(見間違いでなく。その上で可能性があるとすれば…)

マミ(冷静になって、そもそも何を願えばあれが付くのよ)

マミ(…まずはハッキリさせないと)

マミ「鹿目さん、少し我慢してね…」

シュルシュル
まどか「え!?え!!」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:55:46.80 ID:ZE1M+BAjP
リボンきたー


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 00:59:54.74 ID:6yQnhxcqO
リスペクト イズ ほむら

まどか「あぅ///」

マミ「信じられない…」

まどか「見ちゃヤダ…」グスッ

マミ「鹿目さん、あなたはいったい何を願ったの?」

マミ「流石に、聞かないわけにはいかない…」

まどか「ヤダ…ヤダ…」

マミ「約束するわ。怒らないから、理由を教えて…」

マミ「鹿目さん…」


176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:04:42.29 ID:6yQnhxcqO
まどか「………」

マミ「ねぇ」

まどか「」ポロポロ

マミ「………」

マミ「これは、魔法の力よね?鹿目さん」

マミ「答えなくてもいいわ、他にないものね…」

マミ「…鹿目さんは男の子になりたかったの?」

まどか「…違い…ます」

マミ「……」


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:10:58.73 ID:6yQnhxcqO
マミ(他の理由がわからない…)

マミ「男の子になりたいって願ったっていいのよ」

マミ「それはそれで立派な理想なのだから…
隠さなくてもいい…」

まどか「違うの…そうじゃないの…」

マミ「………」

マミ「…美樹さんには?」ジッ

まどか「さやかちゃんには…その」アタフタ

マミ「…美樹さんには話しているのね」

まどか「!!違うよ!さやかちゃんも知らないよ!」


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:18:27.37 ID:6yQnhxcqO
マミ「つまり、私には言えない事?」

まどか「はぅ」

マミ(対象が私って事?でも、自分の為と言っていたわ
あれは嘘ではないハズ…)

マミ(私には言えなくて、tnkが必要で、鹿目さんのしたいこと…)

マミ(取ってしまった下着…興味があるって違う意味だったりして…)

マミ「………」

マミ(まままままさかね///ないない!ないわよ!!)


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:23:21.93 ID:6yQnhxcqO
マミ「か、かか鹿目さん」

まどか「…はい」グスッ

マミ「下着はどうして洗濯したの?」

マミ「もしかして…」

マミ「…その、ほら。オ……自慰?///」

まどか「!?違います!!!」ドキン

マミ「………」


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:29:45.91 ID:6yQnhxcqO
シュルシュル
まどか「解けた…」

マミ「鹿目さんは…その…」

マミ「私をどうしたいの…?」

まどか「えっ///あの…」

マミ「察しがついてしまったのよ…」

マミ「この際、言ってしまわない…?」

まどか「でも…///」

マミ「はい。と言えるかわからないけど…」

マミ「鹿目さんが隠し続けるなら、私、誤解してしまうと思う」


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:37:13.65 ID:6yQnhxcqO
まどか「言ったらマミさん、わたしの事嫌いになっちゃうよ…」

マミ「このままなら、同じになるかもしれない」

マミ「誓うわ。鹿目さんの事、嫌いにならないから」

マミ「言って…」

まどか「だけどぉ…」

マミ「………」ジッ

まどか「あぅ」グスン

まどか「………」

まどか「…わたし…マミさんと」

マミ「わ、私と?」

まどか「………///」
マミ「そういう事か…」

マミ「…全部言わなくてもいいわ。わかったから」


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:45:34.19 ID:6yQnhxcqO
まどか「わかってます…駄目だって事ぐらい」

まどか「わたし馬鹿だもん…なんでこん事お願いしちゃったの…」

まどか「うぅ…ぅ」ポロポロ

マミ「………」

マミ(馬鹿過ぎる。私なんかを求めて…
答えられないわよ…)

マミ「鹿目さんは戦う使命を受け入れてしまった…」

マミ「どんな願い事でも、あなたは戦わなければいけない
いいわね?」

まどか「…うん。わかってるよマミさん」

マミ「もちろん、私に付いてきもらうわ」

マミ「願い事については時間を頂戴…」

まどか「マミさん!?」

マミ「期待しないで…」


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:50:27.04 ID:6yQnhxcqO
パトロール

ほむら「ご苦労な事ね、毎日毎日」

マミ「暁美さん…」

ほむら「鹿目まどかの件について聞きたいわ」

マミ「…自分の為みたいね。何かまでは…」

ほむら「深刻な事?見た感じは」

マミ「どうかな…」

ほむら「……これ」スッ

マミ「あら、クッキー?」

ほむら「…借りは作りたくないから」

マミ「うふふ。いただくわ」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 01:56:15.12 ID:6yQnhxcqO
マミ「もし、願い事もなしに魔法少女になったら
暁美さんはどう思う?」モグモグ

ほむら「?」

マミ「もしも…」

ほむら「…途中で放棄するわ。こんな事、見返りがなければやっていられない」

ほむら(私には叶えたい目的があるからなったの。
それがないなんて…)

マミ「そっか…」

マミ「…砂糖を入れ過ぎね。しつこい味になってるわね」ニコッ

ほむら「…善処するわ」ファサッ


210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:05:39.22 ID:6yQnhxcqO
就寝

可哀想な鹿目さん、私なんかに…

終わりが見えない戦いに彼女も巻き込んでしまった
鹿目さんもこんなのを望んでなんかいなかったハズ…
私も…

でも、彼女の願いは彼女自身が望んだ事
私が…叶えられる

どうせ、この先に幸せなんて来るとは思えない…
なら、私を慕ってくれるあの子に…
仲間に…

マミ「期待してるのかな…」


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:12:18.27 ID:6yQnhxcqO
マミ「鹿目さん…おはよう」

さやか「マミさん、はよっス」

まどか「…おはよう…ございます」

さやか「マミさんマミさん。アップルパイの方は」チラッ

マミ「美樹さん、今日もなのよ。明日、必ず…」

さやか「あたしはいいですよ~。大事な話しを茶化しちゃ駄目ですから」

さやか「…大事な事なんでしょ?」

マミ「ええ。明日は期待しててね」

さやか「了解!」

マミ「鹿目さん、必ず一人で来てね…」

まどか「マミさん?」

マミ「後でね…」ニコリ


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:17:59.37 ID:6yQnhxcqO
昼休み

ほむら「…」スッ

マミ「改良したの?」

ほむら「食べてみればわかるわ」

マミ「…うん」モグモグ

マミ「とても美味しいわ」

ほむら「…砂糖の量を少し変えただけよ
そこまで変わらないハズだけど?」

マミ「…そうなの?」

マミ「なら、昨日の評価がおかしかったのかも…」

ほむら「いえ、あなたに言われた通りにやったら
美味しくはなったわ…」

マミ「…そう」


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:22:48.57 ID:6yQnhxcqO
ほむら「落ち着かない様子ね」

マミ「…私のも食べる」スッ

ほむら「ええ、いただくわ」

マミ「ふふ、美味しい?」

ほむら「砂糖が少な過ぎるわ…味が薄い」

マミ「………」

ほむら「?」


221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:31:04.37 ID:6yQnhxcqO
ほむら「動揺しているの…?」

マミ「どうかしら」

ほむら「あなたなら問題ないでしょう」

ほむら「いつも自信に溢れている巴マミには」

マミ「初めての事だからね。自信はないわ…」

ほむら「…力強いものだったわ?あなたの近くにいるのは
過小しない事ね」ファサッ

マミ「?励ましても何もないからね…」


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:36:31.37 ID:6yQnhxcqO
マミっ家

マミ「いらっしゃい。用意してあるわ」

まどか「あの…ダメですよね?わたし、それでもいいですから…」

マミ「まずは一杯」ニコッ

まどか「はい…」

ゴクゴク


マミ「…私は構わない」

まどか「……?マミさん」

マミ「でも、こういう事はあまり好きになれない…
一回、…そう、この一回だけで我慢して」

まどか「…こんなお願い、いいの…?」


227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:41:31.01 ID:6yQnhxcqO
まどか「いいの!?ねぇ、マミさん!?」

マミ「…」コクッ

まどか「…無理してるの?」

マミ「違うわ。鹿目さんの気持ちに答えたいの」

マミ「これは私が望むからするの…」

マミ「鹿目さん…いい?///」

まどか「…う、うん///」

ゴクゴク、コトッ。


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:47:26.10 ID:6yQnhxcqO
マミ「制服はここに置いておくから」

まどか「は、恥ずかしいよマミさん///」

マミ「着たままなんてダメでしょ?」

マミ「…本当に体の一部なのね…//」

まどか「うん…」

マミ(基本は…一応)

マミ「あんまり、遅くなると不味いわね…」スルスル

まどか「…わ~///」ムッキン

マミ「///」フイッ


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:53:12.17 ID:6yQnhxcqO
まどか「マミさん、綺麗…」

マミ「…ありがとう鹿目さん」

マミ「鹿目さんもかわいいわ…」

まどか「マ、マミさん…わたし、自分から言ったけどね」

まどか「あんまり、良くわからないの…実は」

マミ「大丈夫…何も難しい事はないはずたから…(のはず…)」ナデナデ

まどか「あ、あの///マミさん…」

マミ「ん?」

まどか「…こ、こここに入れていいの?///」


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 02:58:42.22 ID:6yQnhxcqO
マミ「あ、焦らないで//」

まどか「…ごめんなさい」

マミ「その前にやる事があるから…」

マミ「ちょ、ちょっと待ってて///」

マミ(恥ずかしくない…)

マミ「あっ…んん゛っ…」クチュクチュ

まどか「マミさん!?」

マミ「こ、こうやってね?あ、あの…し、しないと///」

まどかはマミから視線が離せない

マミ「んんっ…んっ…」ハァハァ


241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:03:03.58 ID:6yQnhxcqO
マミ「あっ…あん…」

まどか「マ、マミさん…キスしていい?」

返事を待つ必要はない

まどか「んん」チュ

マミ「んっ」レロ

まどか「!?(舌が…)」

マミ「んん…んぁ」

まどか「んん!///」


246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:09:51.14 ID:6yQnhxcqO
まどか「っは…」ハァハァ

まどか「す、すごい…///」

マミ「も、もういいのかな……」ハァハァ

ネチョ

マミ「はぁ、鹿目さん…」

まどか「待って、心臓が…」ドキドキドキ

マミ「ダメよ…さぁ」ハァハァ

マミは優しくまどかを秘部へ導く

マミ「私は…もう、覚悟…できてるよ//」

まどか「…うん//」

まどか「マミさん…入れていい?」

マミ「うふふ…さぁ」ニコッ


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:15:57.11 ID:6yQnhxcqO
マミ「んあ!!イタッ…」

まどか「や、やめた方がいい!?」

マミ「声は気にしないで…んぐっ」ポロポロ

まどか「痛そうだよ…」

マミ「いいの…鹿目さん…」

マミ「自分本位になりなさい…今はそうして…」

まどか「……」

マミ「んんっ!!あっ、うぅっ!!」

まどか「マミさん…マミさん!」

マミ「ふ…ふふ、痛っ!!あ゛っ!!!」


255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:22:24.27 ID:6yQnhxcqO
まどか「マミさん、すごい気持ちいい…」

マミ「イタッ!、痛いよ……んんっ!」

まどか「はぁ、はぁマミ…さん…」

まどか「…ごめんね、わたし、馬鹿で」グスッ

まどか「んっ、ん…あぁ…ふぁ」

マミ「あん…ん゛ん…んぁ」

マミ「……まどか…」ニコッ


262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:28:38.99 ID:6yQnhxcqO
まどか「んっ…あはっ」

ドビュッシー

マミ「ふぁ…はぁ」

マミ「んん…ああ、そっか…」ハァ、ハァ

マミ「この臭いだったの…」

まどか「マミさん…マミさん」グスッ

マミ「鹿目さんは…いい子ね」

マミ「ちゃんと外にしてくれたんだね…」

まどか「…マミさん」

マミ「お疲れ様…」ナデナデ


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:32:25.38 ID:6yQnhxcqO
まどか「マミさん…」

マミ「約束でしょ?これでお終いよ…」

まどか「うん…」

マミ「…お願い、叶ったかな?」

まどか「ごめんね、マミさん…」

マミ「あら、頑張ったんだから、ありがとうって言ってほしかったわ」

まどか「うん…」

マミ「明日は美樹さんと遊びに来てね」

まどか「………」


276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:37:07.14 ID:6yQnhxcqO
まどか「ねぇ…?」

マミ「まぁ、そうね…」

マミ「初めてだったけど、悪い事ではないかもね…」

マミ「でもね?私達はまだ子供」

マミ「わきまえなきゃダメ…」

まどか「うん…わかってるよマミさん」

マミ「鹿目さんが相手でよかった…」


281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:45:18.41 ID:6yQnhxcqO
マミ「図々しく思うかもしれないけど…」

マミ「鹿目さん、願いが叶ったんだから、私の事、手伝ってね?」

まどか「…わたし、お願いが叶わなくても、マミさんと一緒にいたいって思ってたよ?」

まどか「馬鹿なお願いだったけど…私、もう戦えるから!」

まどか「マミさん、もっと一緒に居ていいよね!」

マミ「鹿目さん…」

マミ「…やめてほしいわ」

マミ「せっかくリードしてたんだから…」

マミ「最後まで、カッコつけさせてよ…」ポロポロ


285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:51:57.17 ID:6yQnhxcqO
マミ「一緒?」

まどか「うん!」

まどか「わたし、こっちの方がお願いだっのかも」

まどか「マミさんの近く居られる事!」

まどか「えへへ。二つもお願い、叶っちゃった」

マミ「鹿目さん…」

マミ「私、あなたに会えて良かった…」

マミ「ありがとう」

マミ「…ダメな所も多いけど…これから、よろしくね」ギュッ

マミ「鹿目さん…」

まどか「はい!」


292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 03:59:09.58 ID:6yQnhxcqO
マミ「はい」

ほむら「…」モグモグ

ほむら「くっ…流石に美味しいわ」

マミ「うふふ」

ほむら「ならば、私のも賞味していただくわ」

マミ「…」モグモグ

マミ「固い…また、砂糖が…」

ほむら「むむっ」

マミ「…慣れない内はそんな感じよ」

マミ「うふふ。仲間がいるっていいわね」

ほむら「馴れ合いつもりはないのだけれど」

マミ「私はあるわ」ニコッ


295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 04:03:04.53 ID:6yQnhxcqO
まどか「さやかちゃん!次はわたしがリーダーだよ!」

さやか「まどかが?」

仁美「あら、珍しいですわね」

まどか「わたしにまかせてよ!」ドヤッ

さやか「いや、あんまり動かれると…。ビジュアル的に…」


296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 04:08:02.88 ID:6yQnhxcqO
マミっ家

まどか「マミさ~ん」

マミ「我慢しなさい…」

さやか「我慢?」

マミ「こっちの話よ…」

さやか「マミさん…ぶっちゃけた話し、まどかと…」

マミ「美樹さん、余計な事は…」

まどか「えへへ。してないよ~///」

さやか「マジですか!?」


298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 04:15:06.76 ID:6yQnhxcqO
マミ「美樹さん、遠慮して帰っちゃたじゃない…」

まどか「…ごめんなさい」

マミ「約束は約束。それは忘れないで…?」

まどか「うん」

マミ「ま、キスぐらいならいいよ」

まどか「ん?!」

マミ「ふふ」チュ

見えない未来に現在の幸福を…


ほむら「私は繰り返す!でも、この世界も悪くない…」

チーン!

ほむら「出来たわ。アケミートパイがッ!」

完了。


304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 04:19:14.09 ID:6yQnhxcqO
お終いですよ。
長々と付き合ってもらってありがとうございます!
僕にはこれ以上無理みたい
脱字等々も多いや…

正直tnkいらなかったね!
暇つぶし程度に楽しんでもらえたら嬉しいです。

オヤスミ~


305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 04:19:19.12 ID:rJG0Kyy+P
乙!
以外にも綺麗な終わり方でびっくりしたw


309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 04:22:33.70 ID:ZE1M+BAjP
乙! ジワジワニヤニヤさせてもらった!


311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 04:23:06.23 ID:OjKn0fDT0
マミさんがまどか相手にリードし続ける作品は貴重だな
なにはともあれお疲れ様!


316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 05:06:18.74 ID:o+MaKOLd0
マミさんって…天使だったんだな…


317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 05:39:54.94 ID:YH3eDjP2O






このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ