Powered By 画RSS


【咲-Saki-】洋榎「似たもの同士」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:06:35.37 ID:3yEwm1U6o
洋榎xセーラ
微妙な大阪弁です


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:07:06.68 ID:3yEwm1U6o
―通学路―

セーラ「くそっ、何やねんあいつら……」

セーラ「クソックソックソッ……」

「おう、なんやめっちゃ荒れとるみたいやな?」




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:07:51.76 ID:3yEwm1U6o
セーラ「……あ゛? なんや洋榎か」

洋榎「『あ゛?』ってなんや『あ゛?』って。せっかく関西ナンバーワン天才高校生雀士洋榎ちゃんが会いに来たっちゅうに」

セーラ「ほざけアホ」

洋榎「まぁまぁ、おねーさんが聞いたるで」

セーラ「何でお前に話さなあかんねん」

洋榎「えー? ええやん、べつに」

セーラ「……そんじゃ」

テクテク

洋榎「……」テクテク

セーラ「なに着いて来とんねん」

洋榎「……いや、話すから場所変えるのかと思って」

セーラ「はぁ……分かった、分かりました。言います――」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:08:31.46 ID:3yEwm1U6o
――――
――

セーラ「竜華、怜、遊びに行こうや」

怜「ええな~、セーラは」

竜華「うちらはセーラと違って忙しいんや。勉強せなあかん」

セーラ「は? 推薦は?」

怜「ウチがもらえんくてな。話し合ったんよ」

竜華「まだ学校までは決めてないけど、一応勉強しとこう思って」

セーラ「……そか」

竜華「なんや、セーラも付き合ってくれんのか」

セーラ「……おう」

セーラ「って、言いたいのはやまやまやけどな、オレ今日は勉強道具持っとらんねん」

怜「しゃーないな~。ウチは竜華と見るから貸したるわ」

セーラ「いや、今日は止めとくわ」

竜華「べつに遠慮はいらんよ?」

セーラ「……気分やないねん。じゃーな!」

ガラガラ、バタン!

――
――――


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:09:34.13 ID:3yEwm1U6o
セーラ「――てな事があったんや」

洋榎「あー、ドンマイ?(あかん、結構ガチのヤツやった)」

セーラ「ひどいと思わん? ガキの頃からずっと3人一緒やったのに、あいつらだけで決めおってからに」

洋榎「まー、あいつらデキてるからな。しゃあないんちゃうか?」

セーラ「は?」

洋榎「いやだから男と女――いや女と女の関係やろ?」

セーラ「そりゃないやろー。確かによくベタベタしとるし膝枕なんかしとるけど、昔からやしそれに……女同士やで?」ハハハ

洋榎「いや、女同士でもあそこまでベタベタせんやろ、普通」

セーラ「いや、そうゆう意味やなくて」

洋榎「それこそ今更な話やろ。同性婚は合法やで?」

セーラ「せやけどなぁ……」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:10:22.37 ID:3yEwm1U6o
洋榎「それとも認めたくない理由でもあるんか?」

セーラ「……なんでやろ?」

洋榎「はぁ(マジなんか”フリ”なんか……)」

セーラ「?」

洋榎「いや、なんでも?」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:11:11.38 ID:3yEwm1U6o
セーラ「ずっとオレと竜華で引っ張ってきたのに、薄情だと思わん? 高校受験だって麻雀の練習だって……」ブツブツ

洋榎(また始まった)

セーラ「そりゃーオレの膝枕は竜華より固いかもしれんけどさ、いっつもベタベタベタベタ。ずっと親友や言うたのに、ふたりだけでいっつもいっつも……」

セーラ「オレの気ぃなんて気にせんと……ヒック、手ぇ繋いだり抱き合ったり……ヒック」

洋榎(あ、これあかんな)

セーラ「~~っ」ポロポロ

洋榎「あーはいはい、つらかったなー、頑張ったなー」ポフポフ


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:12:07.77 ID:3yEwm1U6o


洋榎「……」

セーラ「最悪や。なんでこんな……」

洋榎「……で、どっちが好きなん?」キラン

セーラ「やっぱサイアクやー!」

洋榎「ええやん。胸貸してやったお礼やと思て」

セーラ「しゃーないなー……」

洋榎「……」ゴクリ

セーラ「……」

洋榎「……」

セーラ「……どっちやろ?」

洋榎「」コケ


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:12:38.42 ID:3yEwm1U6o
セーラ「あかん、分からん。オレはどっちや……」

洋榎「アホかい!」

セーラ「な、なんやこれ。自覚した瞬間フラレてて、なのにどっちが好きかも分からん。それどころかホントかも分からん」

セーラ「それなのにオレ、ふたりにアタって……サイアクや……」

洋榎「まぁそんな気にせんでええやん? うちも人に当たることくらいあるで? 恭子もよく漫イジってるし」

セーラ「モヤモヤする、キモチワルイ……こんなん最悪や……っ」

洋榎「どんだけ純情やねん……」

セーラ「ぐ……」

洋榎「まぁ、ひとつ大人になったっちゅうことやな」

セーラ「……こんなんが大人でたまるか」

洋榎「アホ、やっと高校入学や」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:13:11.91 ID:3yEwm1U6o


洋榎「なぁ……東京行かん?」

セーラ「……東京」

洋榎「おう、なんやかんや言うても、関東の方が数段上やしな。レベルも、機会も」

セーラ「……せやな。オレ、東京からひとつも推薦貰っとらんもん」

洋榎「そんなんうちもや!」

セーラ「それ、アカンやろ」

洋榎「せやから一緒に殴り込める仲間を見つけに来た」

セーラ「仲間……他は?」

洋榎「おらん」

セーラ「……」

洋榎「いわゆる相棒やな!」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:14:17.38 ID:3yEwm1U6o
セーラ「……得意教科は」

洋榎「体育」

セーラ「試験科目でや!」

洋榎「現文です」

セーラ「同じや。他には」

洋榎「ない」

セーラ「頭痛うなってきたわ……」

洋榎「ちなみに現文も平均位な」

セーラ「オレは上の下や」

洋榎「あ?何水増ししとんねん」

セーラ「しとらんわ! ついでに他も平均ぐらいや!」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:15:06.52 ID:3yEwm1U6o
洋榎「なんやうちら、似たもの同士やな」

セーラ「なに? キモチワルイ。つーか俺の方が上やろ。なに50:50にしようとしとんねん」

洋榎「ええねん、何も言わんで…」

セーラ「……」

洋榎「……」

セーラ「そぉい!」

洋榎「イタッ」

セーラ「意味分からんわ! 何『いいこと言った』みたいな間作っとんねん!」

洋榎「ええやろ? 相棒」

セーラ「おんぶに抱っこの分際で」

洋榎「さっき相談のってやったやろ」

セーラ「……さぁ帰ろ」

洋榎「ちょ、ちょ待てよ!」

セーラ「ツッコまんで」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:15:35.44 ID:3yEwm1U6o


テクテクテク

洋榎「うちな、うちのこと好きやねん」

セーラ「ひくわー……」

洋榎「……」

セーラ「……」

洋榎「……」

セーラ「……ハァ!?///」

洋榎「……」

セーラ「オレは自分が嫌いや」ボソ

洋榎「うちは自分が好きや」ニッ


かん


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:19:42.11 ID:3yEwm1U6o
ありがとうございました
関西弁は「自分」が一人称なのか二人称なのか分かりづらいです


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:33:03.94 ID:7hadXw/C0


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398863195/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ