Powered By 画RSS


モバP「日常生活」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:46:11.29 ID:fU6Kp5p1o

まゆ「ねえ、Pさん。まゆだけのPさぁん」チョコ

P「……やめろ」

まゆ「今日はとっても良い物があるんですよ?」

P「言うな、言わないでくれ……!」

まゆ「だからまゆと、今日はずっと、ずぅーっと――」ニコ

P「いやだ、来るな、あ、あああああ――」







P「……あれ、美味しい」モグ

まゆ「だから言ったじゃないですかぁ。このピーマンおいしいんです」

P「いやマジで普通ピーマンは不味いんだって。まゆの腕がいいんだな」

まゆ「うふふ……ありがとうございます。でも、このピーマンがあってことなんですよぉ」







3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:48:03.88 ID:fU6Kp5p1o


 ・ ・ ・

P「ふぅ、食べた食べた」グデー

まゆ「だらしないですよぉ、Pさん」カチャカチャ

P「嫌いかー?」

まゆ「好きですよぉ」シャー

P「なら寝転がらせてくれー」

まゆ「だーめ。もし寝ちゃったらまゆ、一人ぼっちになっちゃいます」

P「それもそうか……じゃあ後にするか」

まゆ「そうしてください、うふふっ♪」

P「ちなみに後どれくらいで終わるんだ?」

まゆ「はい、終わりました」キュ

P「早いな」

まゆ「二人きりですから」




4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:49:47.46 ID:fU6Kp5p1o


P「佐久間」

まゆ「はぁい」

P「まゆ」

まゆ「はぁい」

P「ままゆ」

まゆ「はい、まゆです」

P「さっちゃん」

まゆ「ちょっと違います」

P「クマー」

まゆ「結構違いますよぉ」

P「まゆり」

まゆ「それならまゆしぃの方がいいと思います」

P「じゃあまゆだな」

まゆ「はぁい♪」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:50:17.29 ID:fU6Kp5p1o


P「まゆ、運命ってなんだ?」

まゆ「まゆとPさんのを繋ぐ糸です」

P「でも糸って切れるよな」

まゆ「この糸は絶対に切れませんよぉ」

P「いや、絶対とは言い切れないぞ」

まゆ「どうしてですか?」

P「いや、糸って燃えるし」

まゆ「でもこの糸は切れないんです」

P「万が一切れたら?」

まゆ「じゃあその時は一緒に燃えましょうか」ニコ

P「……消火器は用意しておこう」

まゆ「新品でお願いしますぅ」




6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:51:07.84 ID:fU6Kp5p1o


まゆ「ねえ、Pさん」

P「なんだー?」

まゆ「Pさんはまゆと出会えてよかったですか?」

P「勿論だ」

まゆ「そうですかぁ、うふふ」

P「こんなに良い子を他に知らない。人当たりもいいし、器用で熱心で何より――」

まゆ「何より?」

P「膝枕が気持ちいい」グデー

まゆ「……うふ♪」ナデナデ



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:51:56.36 ID:fU6Kp5p1o


まゆ「まゆの全部をPさんにあげるっていったら、どうしますかぁ?」

P「そうだな……全部売る」ポツリ

まゆ「え?」ビク

P「俺がまゆの体を持ってても意味ないし、心も必要ない」

まゆ「……」

P「だからまゆに売る」

まゆ「ふぇ?」

P「全部まゆに売る。それで代金は……わかるか?」

まゆ「……うふふ、わかりますよぉ」ギュ

P「そういうことだな」




8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:52:56.17 ID:fU6Kp5p1o


P「そろそろ夜も遅くなってきたな……まゆ、風呂入るか?」

まゆ「そうですねぇ、頂きます」スク

P「りょーかい。着替えはいつもの所な」

まゆ「……」ピタッ

P「どうした?」

まゆ「立たないんですか?」

P「立たないよ」

まゆ「行きたくないんですか?」

P「行きたいよ」

まゆ「うふふ♪」




9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:54:06.96 ID:fU6Kp5p1o


P「風呂あがりの姿はまた違うもんだなあ、やっぱり」

まゆ「あ、ごめんなさい、髪が全部乾かなくて」

P「いつも綺麗にしてるからなー。そういう所、珍しくて面白いぞ」

まゆ「まゆはPさんに可愛いって言ってもらえるほうが好きですよぉ」

P「面白い」

まゆ「可愛い」

P「面白い」

まゆ「可愛い」

P「俺は?」

まゆ「可愛い」

P「……まゆは可愛い」

まゆ「Pさんもカッコイイですよぉ」クス




10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:54:32.70 ID:fU6Kp5p1o


 ・ ・ ・

P「うーん……」ウツラウツラ

まゆ「Pさん?」

P「あー、いや、すまん。風呂入るとどうも眠くなってな……」

まゆ「今日もたくさんお仕事しましたから、疲れてるんですよ」

P「年かね」

まゆ「年じゃないです。みんな眠くなりますから」

P「そうか……すまん、もう寝ていいか?」

まゆ「はい、いいですよぉ」スク

P「歯磨きをしよう」

まゆ「はぁい」




11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:55:23.21 ID:fU6Kp5p1o



まゆ「……起きてますか?」ボソ

P「ああ、起きてる」

まゆ「うふふ、寝れないんですか?」

P「みたいだな」

まゆ「まゆも同じです」

P「俺に合わせて悪いな」

まゆ「いえ、この時間がすごく幸せで寝れないんです」

P「珍しいな、そんな風に思ってるなんて」

まゆ「そうですかぁ? まゆ、いつもどきどきしてます」

P「今もか?」

まゆ「はい。願っていた事が叶って、目の前にPさんが居て、同じ世界に居て……手を伸ばせば、すぐPさんに触れられる」ギュ




12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:56:16.38 ID:fU6Kp5p1o


まゆ「だから、まゆは怖いんです。手に入った宝物が転げ落ちるんじゃないかって」

まゆ「あの頃からずっと。ずっと……Pさんと離れるのが怖いんです」

P「……大丈夫」サスサス

まゆ「Pさん、まゆのPさん。ありがとうございます、まゆを選んでくれて、ありがとうございます」

P「……礼を言うなら、昔のまゆにも言わないとな」

まゆ「昔のまゆ、ですか?」

P「ああ、最初に出会った時のまゆ。一年後のまゆ、二年後のまゆ。今のまゆよりも以前のまゆ、全員に礼を言わないと。みんなの気持ちが続かなければ、今のまゆはないんだから」

まゆ「……うふふ、まゆがいっぱいPさんの事、思ってるんでした」

P「だろ? だから次のまゆも幸せになれるようにって、俺の事をずっと……ふわぁ」

まゆ「もう……最後まで、ちゃんと言って下さいよぉ」

P「悪い、眠くなってきたわ……おやすみ、また明日な」スゥ

まゆ「Pさんったら……うふふ、おやすみなさい」ニコ


 ギュ





13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/30(水) 22:56:54.28 ID:fU6Kp5p1o
あったかもしれない未来。おわり。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398865465/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ