Powered By 画RSS


イエロー「どうしたらレッドさんは好意に気づいてくれるんだろう…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 22:17:58.42 ID:2h/iqzbr0
ブルー「う~ん、あいつは天然な上に鈍感バトル馬鹿だからね」

ブルー「色仕掛けなんかどうかしら」

イエロー「いいい色仕掛け!!?」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 22:22:01.32 ID:2h/iqzbr0
イエロー「そ、そんなのボクなんかには無理ですよ!」

イエロー「ブルーさんみたいにスタイルよくないし胸もないし…」

ブルー「でも、そういうのが好みの人だっているのよ?」

イエロー「!?」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 22:26:44.10 ID:2h/iqzbr0
イエロー「そうなんですか!?」

ブルー「ええ。(レッドがどうかは知らないけど)」

イエロー「ででででも、ボクにはそんなこと…」///

ブルー「まあイエローにはハードルが高いわね…」

ブルー「じゃあこういうのはどう?」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 22:31:56.87 ID:2h/iqzbr0
イエロー「えぇっ!?そんなのボクには無理ですよ!」

ブルー「あら?レッドがほかの女に盗られてもいいの?」

ブルー「なんなら私がもらっちゃおうかしら?」

イエロー「そ、それはダメです!!」

ブルー「でしょ?だからやりましょう♪」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 22:40:46.64 ID:2h/iqzbr0
イエロー「わかりました!やってみます!」

イエロー「でもどうすれば…」

ブルー「なーに、私に掛かれば簡単よ!私を誰だと思ってるの!?」

イエロー「確かに…。多くの男をだましてきた魔性の女ですもんね!」

ブルー「それ褒めてるの…?まぁいいわ。とりあえずこれから特訓よ!」

イエロー「はい!」

数日後…

イエロー「ホントに大丈夫なんですかね…」

ブルー「大丈夫、大丈夫、成功するって」

イエロー「ホントかなぁ…」

ブルー「今更ゴチャゴチャ言っても仕方ないわ!さっさと行ってきなさい!」

イエロー「わかりました…行ってきます!!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 22:45:40.08 ID:2h/iqzbr0
イエロー「こんばんわー」

レッド「はいはーい、ってイエローじゃん。どうしたんだ?」

イエロー「き、今日はちょっとレッドさんに用事があって来たんです。お邪魔してもいいですか?」

レッド「おお、どうぞどうぞ。」

イエロー「お邪魔しまーす」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 22:52:01.87 ID:2h/iqzbr0
ブルー「よしよし、今のところ順調ね」

グリーン「おい」

ブルー「ん、なによ」

グリーン「なんでオレがこんな覗きに付き合わねばならんのだ」

ブルー「いいじゃない、あんたイエローの師匠でしょ?弟子が心配じゃないの?」

グリーン「いや、ちょっと教えただけでオレは師匠ではないぞ」

ブルー「もう、ゴチャゴチャ言わないの!」あんたは私と一緒に見る!」

グリーン(うるさい女だ…)


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 23:01:06.19 ID:2h/iqzbr0
イエロー(ここがレッドさんの家かぁ…)ドキドキ

レッド「で、用事ってなに?」

イエロー「あ、えと、その、ですね…」モジモジ

レッド「?」

イエロー「そ、それよりもお腹空きません?」

レッド「ん?あぁ確かにもう20時だしな」

イエロー「なんならボクが作りますよ!」

レッド「え、ホントに?」

イエロー「はい!今日は特別ですからね!」

レッド「?」

イエロー「じゃあちょっと台所使ってもいいですか?」

レッド「うん、いいよ。ありがとうイエロー」

イエロー「いえいえ、お構いなく!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 23:10:07.17 ID:2h/iqzbr0
ブルー「作戦その1…」
~レッドにご飯を作ってあげる~

グリーン「ブルーにしては普通だな。」

ブルー「まあ小手調べよ。それに意外と真剣だしね」

グリーン「そうなのか」

ブルー「大体の男は料理ができる女が好きだからね。これで評価アップよ!」

グリーン「オレは料理できない女の方が好きだがな」ボソッ

ブルー「え、今なんて?」

グリーン「い、いや、なんでもないぞ!うん。」

ブルー「ふぅ~ん・・・まぁ聞こえてたけど」

グリーン「じゃあ聞き返すなよっ!?」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 23:16:14.52 ID:2h/iqzbr0
イエロー「できました~」コトッ

レッド「おぉ!うまそうだな。いただきまーす」

イエロー ドキドキ

レッド「ん!?こ、これは…」

レッド「美味しい!」

イエロー「ホントですか!?」

レッド「うん!イエローって料理できたんだな!すっごく美味しいよ!」

イエロー「よかったぁ、作ったかいがありました」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 23:25:23.60 ID:2h/iqzbr0
グリーン「ほぉ…イエローもなかなかやるな」

ブルー「まあ特訓したからね」

ブルー「でも…本番はこれからよ!」

グリーン「どういうことだ?」

ブルー「まぁ見てなさいって。今よイエロー!」



レッド「ふぅ、ごちそう様。美味しかったよ、イエロー」

イエロー「ありがとうございます。あ、お茶いります?」

レッド「あ、うん、わるいな」

イエロー(あぁ~どうしよう…緊張するよぉ~)
    (でも、やるしかない!ごめんなさい、レッドさん!)

イエロー「はい、お茶がはいr…ってああっ!!!」ズルッ

ばしゃーん!!


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 23:32:42.68 ID:2h/iqzbr0
グリーン「これは…」

ブルー「作戦その2…」
~ぬれぬれフキフキ作戦!~

レッド「おい、大丈夫かイエロー!」

イエロー「あ、はい、ちょっと濡れましたけど大丈夫です」

レッド「ちょっとどころじゃないぞ!今タオル持ってきてやるから!」

イエロー「あ…すいません…」ドキドキ



グリーン「どういうことだ?」

ブルー「何が?」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 23:41:24.52 ID:2h/iqzbr0
グリーン「オレはてっきりレッドにお茶をぶちまけてイエローが拭いてやるってことだと思ったが」

ブルー「フフフ…甘い、甘いわよグリーン!そんなんだからいつまで経っても彼女が出来ないのよ!」

グリーン「ほ、ほっといてくれ!」

ブルー「要するに、触るんじゃなくて触らせるのよ!」

ブルー「男に女のカラダを触らせてレッドにイエローも女だってことを知らしめるのよ!」

グリーン「なるほど…意外と考えてるんだな」

ブルー「まあね~ヤマブキシティのキャバ嬢に教えてもらったからね~」

グリーン「」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/06(土) 23:59:42.14 ID:2h/iqzbr0
レッド「びしょびしょだなぁ」フキフキ

イエロー「す、すみません…」ドキドキ

レッド「もう、ドジっ娘だなぁ」

レッド「風呂沸かしてあるから入ってこいよ」

イエロー「…あ、あの、レッドさん…」ドキドキ

レッド「ん、どうした?」

イエロー「もうちょっとここらへん、拭いてくれませんか…?」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 00:04:38.41 ID:+holqX7X0
レッド「ん?いいぞ、どこら辺?」グイッ

イエロー「あ、あの、えっと、その…」

レッド「?」ニッコリ

イエロー「や、やっぱりボクお風呂入ってきますね!」ダッ

レッド「お、おぅ。」

レッド「どうしたんだ?イエローの奴…なんか様子が変だな…」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 00:12:44.70 ID:+holqX7X0
カコーン

イエロー「ふぅ…ドキドキしたぁ~」///

イエロー(ブルーさんの作戦通りにやってるけど、うまくいってるのかなぁ…)
    (さっきなんかレッドさん全然動揺とかしてなかったし…)
    (やっぱりボクって魅力ないのかなぁ…女として見てないのかなぁ…)

イエロー「はぁ…」

レッド「おう、上がったか。」

イエロー「あ、はい、どうもすみませんでした」

レッド「さっきから謝ってばっかりだぞ、お前」

イエロー「あ、すみません…」

レッド「…」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 00:17:54.11 ID:+holqX7X0
レッド「なぁ、イエロー」

イエロー「あ、はい!」

レッド「なんか隠し事してるだろ」

イエロー「えっ」ドキッ

レッド「なんか今日は調子がおかしいぞ」

イエロー「そそそそんなことないですよ!」

レッド「うそ」

イエロー「うっ…」

レッド「俺に言えないことなのか?」

イエロー「…」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 00:31:27.13 ID:+holqX7X0
イエロー「レッドさんは…」

レッド「ん?」

イエロー「レッドさんは胸が大きい人の方が好きですか?」

レッド「え゛」

イエロー「レッドさんはブルーさんみたいなきれいな人の方が好きですか!?」

レッド「いや…ちょ…」

イエロー「ボクみたいな魅力のない女は嫌いですか!?」

レッド「…」

イエロー「ボクみたいな…」

レッド「ちょ、ちょっと落ち着けイエロー!」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 00:43:10.15 ID:+holqX7X0
レッド「どうしたんだよ急に!」

イエロー「急にじゃないですよ!わからないんですか!」

レッド「な、なにが」

イエロー「ボクはあなたのことが好きなんですよ!!!」

レッド「!!!」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 00:50:06.04 ID:+holqX7X0
イエロー「あっ…」

レッド「…」

イエロー「あ、あのですね…その…」///

レッド「あっはっはっはっは!!!!」

イエロー「!?」

レッド「なーんだ、そんなことか」

イエロー「そ、そんなことって…」

レッド「いや、ごめんごめん。だって、そんなん俺もイエローのことが好きだもん」

イエロー「えっ!?」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 01:01:23.24 ID:+holqX7X0
レッド「イエローはさ、トキワを大事にして、ポケモンを大事にして」

レッド「四天王の時やナナシマの時もものすごく頑張ってくれた」

レッド「みんなが傷つかないように必死で…そしてみんなを癒してくれた」

レッド「やさしすぎるんだよな。でも、オレはそんなイエローが大好きだよ」
   「馬鹿だな、イエローの魅力なんていっぱい知ってるよ」
   「そして女としても見てる。」
   「だからさ、イエロー…」

イエロー「…はい。」

レッド「これから、一緒に暮らさないか?」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 01:13:00.44 ID:+holqX7X0
イエロー「えっ…」

レッド「今回のは冗談じゃない、本気だ」
   「どうだ?」

イエロー「……はい。よ゛ろじくお願い゛じまず!!」グスッ

レッド「あはは…泣くなよ」

イエロー「だって…」グス

レッド「ま、いっか。」



ブルー「…行きましょっか。」

グリーン「そうだな。邪魔者だしな。」

ブルー「作戦通りにはいかなかったけど、結果オーライね」

ブルー(いずれは、私も…)


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 01:13:26.14 ID:+holqX7X0
グリーン「おい、どうした?」

ブルー「ううん、なんでもない。行きましょ!」

グリーン「それで、ほかにはどんな作戦があったんだ?」

ブルー「ん?ほかにはツンデレ作戦とか練乳作戦とか」

グリーン「・・・」

グリーン「やらなくてよかったな、イエロー・・・」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 01:22:27.57 ID:+holqX7X0
レッド「それでさ」

イエロー「はい?」

レッド「結局用事ってこのことだったの?」

イエロー「あーっ!!!忘れてました!!!」

レッド「び、びっくりしたあ、で何?」ドキドキ

イエロー「はいっレッドさん!!!」

レッド「ん、これは…?」

イエロー「誕生日、おめでとうございます!!!」

レッド「え?誕生日は明日だけど…」

イエロー「えええぇえぇぇぇぇーーー!!??そうなんですかー!?」
    「うぅ…またドジしちゃった…」

レッド「ハハハ…。でもうれしいよ。ありがとう、イエロー」ギュッ

イエロー「!はい、こちらこそ!」ニコッ


おしまい


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 01:24:17.87 ID:XzNLAxLVO
>>108
乙!
久々にイエローを思い出したよ。ありがとう。





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ポケモン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ