Powered By 画RSS


トウコ「私が貧乳なのはどう考えてもお前らが悪い!」

1 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:14:22.67 ID:GE1BUa3q0
メイ「せ、先輩どうしちゃったんですか?」

トウコ「うるさい!」ドンッ

メイ「ひっ」

トウコ「私よりも年下のクセにこんなけしからんおっぱいなんかしちゃって!!」もみもみ

メイ「あ!あぁ…先輩…やめて…」

トウコ「感じちゃってるの!?このメス豚、いやメス牛めっ!このこの!」もみもみ

メイ「ん…ああ……っ!」

ベル「やめたげてよお!」ドン!

トウコ「ぐほっ」




2 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:15:43.92 ID:GE1BUa3q0
※キャラ崩壊注意、ちょいエロもあり?


3 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:16:51.92 ID:GE1BUa3q0
メイ「ベ、ベルさん!」

ベル「トウコ!いくらトウコが貧乳だからってメイちゃんをいじめちゃダメだよお!」

トウコ「貧乳言うなあ!」

ベル「ふええ…ゴメン」

フウロ「あら、トウコちゃんにメイちゃんじゃない」

メイ「あ、フウロさん」

トウコ「出たな!オッパイおばけ!!」

メイ「お、オッパイおばけ…」


4 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:18:16.09 ID:GE1BUa3q0
フウロ「ちょっと、いきなりどうしたの?トウコちゃん」

ベル「それが…かくかくしかじか」

ベル「…なんです」

フウロ「そうだったの…」

フウロ「トウコちゃん、あなたはまだ成長期でしょう?自分の貧乳だと卑下するのは早すぎるわ!」たゆん

トウコ「デカいムネをたゆんたゆんさせながら言うんじゃない!!!」


5 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:19:25.24 ID:GE1BUa3q0
トウコ「どいつこいつもデカいムネをしやがって!アンタらムネばっかりに栄養が行きすぎなのよ!!!」ギャース ブンブン

メイ「あ、あぶな」

ベル「トウコ落ち着いて!」

カミツレ「その通りよ!トウコちゃん!」

トウコ「カミツレさん!」

カミツレ「人はムネの大きさで決まらないわ。だのに、貧乳を蔑むのは巨乳の傲慢さの表れよ!」

メイ「(誰もそんなこと言ってないんですけど…)」

エモンガ「(絶壁のひがみだエモwww)」

ズンッ

エモンガ「エモッ」

カミツレ「とにかく、貧乳はステータスよ!私たちにだって人権はあるのよ!!」

フウロ「カミツレ…?」


6 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:22:50.83 ID:GE1BUa3q0
シキミ「カミツレにフウロじゃない、何を話してるの?」

トウコ「うわっ出た、『くさった姿態(したい)』」

カミツレ「きっとバトル以外は自分の部屋でBL本を書いてるにちがいないわ」

シキミ「な、何?私が一体何かしたの?」

メイ「それがですね…」ヒソヒソ

シキミ「な、何よソレ!そんなくだらないことで!?」


7 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:23:50.70 ID:GE1BUa3q0
カトレア「それは聞き捨てならないわね」

シキミ「カトレア?」

トウコ・カミツレ「おお!カトレア姉様!!」

カトレア「"ムネ "だけがデカいアナタにはくだらないことでしょうけど、ムネが小さいことで悩んでいる乙女は計り知れないのよ?」

カトレア「同じ四天王としてアナタには失望したわ」

シキミ「カトレア…どうしちゃったの?」

トウコ・カミツレ「ええぞ!ええぞ!」

ベル「ふええ…なんだかややこしいことになっちゃてるよ」


8 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:25:27.40 ID:GE1BUa3q0
カスミ「どうしたの?みんな揃って」

エリカ「あら、カミツレさん達もいらしたのね」

ナツメ「メイも元気そうね」

アンズ「(やっぱイッシュの人間はスタイルいいなー…)」

メイ「ナツメさんにカスミさん…」

フウロ「なんかいっぱいキタ」

トウコ「……」ジー

エリカ「?」

カスミ「な、何よ急に人のムネをジロジロ見て…」

トウコ「よし、カスミさん達はこっちのようね」グイッ

カスミ「え?え?」


9 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:26:44.77 ID:GE1BUa3q0
ナツメ「一体何を騒いでたの?」

メイ「それが…かくかくしかじか」


エリカ「一体、何をしてらしたのですか?」

カミツレ「実はね…」ヒソヒソ

カスミ「って!何よソレ!?」

エリカ「貧乳組なんてあんまりですわ!」

アンズ「あ、あたいはまだ成長期だよ!」

トウコ「それは私だっておんなじだ」


10 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:28:45.28 ID:GE1BUa3q0
ナツメ「ひ、貧乳とそうでない組で別れてるの?」

メイ「はい」

ナツメ「だから、カスミもエリカもあっちに…」

ナツメ「私だけ、孤立か…」

フウロ「そっちかい」

カミツレ「どうやら人数はコチラが優勢になったようね!」

トウコ「ざまあみろ!おっぱい星人どもめ!!」アハハハハハハ

メイ「先輩が壊れた…」

ベル「酸素欠乏症にかかっちゃったんだね…」

フウロ「それは違う」


11 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:35:35.63 ID:GE1BUa3q0
アカネ「なんやなんや、一体なんの騒ぎや?」

ミカン「あれれ、カントーのみなさんにイッシュのみなさんどうしたんですか?(´・ω・`)」

イブキ「ずいぶんと騒がしいな」

トウコ「ちっ、デカいムネを垂らしてるのが二人もいるわね…」

カスミ「いやね、それがさー、聞いてよもう」

カスミはアカネ達に簡潔に話した

ミカン「私も同意見です!(`・ω・´)」シャキーン

カスミ「え」

アカネ「ミ、ミカン?」

イブキ「一体どうしたんだ!?」


12 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:36:30.12 ID:GE1BUa3q0
ミカン「たしかに世間はおっぱいが小さい人に冷たすぎます!」

ミカン「絶壁とかまな板とかなんて、ムネが小さい女の子に対しての人権があったもんじゃありません!!」

アカネ「ミカン、どうしちゃったんや…」

ミカン「だから、私も協力します!(`・ω・´)」

トウコ「ありがとうございます!ミカンさん!」

カスミ「どうしてこうなった」


13 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:37:27.54 ID:GE1BUa3q0
ツツジ「あら、みなさん」

アスナ「カントーやジョウトのみんながそろってるけど」

ナギ「ずいぶんとにぎやかそうね」

ナタネ「私たちも仲間に入れてよ♪」

スズナ「なんか面白い話でもしてるの?」

メイ「ホウエンやシンオウのジムリーダーまでキタ…」

カスミ「な、なんでこのタイミングに…」


14 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:38:15.38 ID:GE1BUa3q0
アスナ「ええ!貧乳組と巨乳組の争い!?」

ナタネ「む、ムチャクチャだわ!」

ツツジ「そんなの、間違ってますわ!ムネがあるないで優劣を語るなんて!」

トウコ「うっさい!この大根足!!」

ツツジ「だ、大根足!?」

ナツメ「ぷっ」


15 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:40:29.65 ID:GE1BUa3q0
ツツジ「私、プッツン来ました!!!アスナさん!ナタネさん!こっちへ行きましょう!」

アスナ「つ、ツツジ…」

ナタネ「一体、何が始まるのよ…」

スズナ「あれ、アタシ達は?」

ミカン「こっちです」

ナギ「え」


16 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:41:18.86 ID:GE1BUa3q0
ツツジ「あのペチャパイどもに一泡吹かせてやりましょう!みなさん!!」

メイ「いや、あの…私たち別に争うとかそういうわけで集まったんじゃ…」

ツツジ「」ギロ

メイ「いえ、なんでもないです…」

カスミ「ああ~一体どうすればいいの~」

エリカ「カスミさん、しっかり」

フウロ「(私が一番の元凶なのかな…)」


17 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:42:36.58 ID:GE1BUa3q0
コルニ「ねえ…アタシ達、どうすればいいの?」

ビオラ「このまま行ったら、巻き込まれるだけだわ。とりあえず静観しましょう」

コルニ「あれ、そういえばマーシュさんは?」

ビオラ「ま、まさか…」

マーシュ「ウチも入れてくんなはれ~」

ビオラ・コルニ「入ってるし!」

カミツレ「マーシュさん!カロスからわざわざ来てくださったのね!」

ミカン「わあ、これは見事なまな板ですね!」


18 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:43:34.13 ID:GE1BUa3q0
ホミカ「メイじゃないか、こんなところで何やってんだ?」

アイリス「おねえちゃんたち、みんなであつまってどうしたの?」

スモモ「なにかパーティでもやるんですか?」

ラン「(なんだろこのプレッシャー…)」

メイ「(ああ…どうしてアイリスちゃん達まで…)」

カミツレ「出たわね、ロリ枠」

トウコ「素晴らしいぐらいにつるぺただわ…」ペタペタ

ホミカ「な、なんだよ…」

ミカン「これはチャンスですね」ニヤ

カトレア「ラン、同じエスパーのアナタならわかるわね?」

ラン「え」


19 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:47:40.17 ID:GE1BUa3q0
アイリス「ひ、ひんにゅうぐみって…?」

トウコ「ランちゃん!スモモちゃん!アイリスちゃん!ホミカちゃん!アナタも一緒に来るのよ!」

ラン「そ、そう言われても…」

スモモ「私達、まだ子どもですし…」

ホミカ「そんなことでアタシたちまで巻き込まないでよ!」

アイリス「おねえちゃんたち、ちょっとギラギラしすぎだよ?」

カミツレ「ごちゃごちゃ言ってないで、ついてきなさい!」

ホミカ「ひっ」

ラン「ふぇ~ん」

スモモ「カミツレさん、怖いです…」


20 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:48:44.59 ID:GE1BUa3q0
ミカン「ふふふ…見事に揃いましたね」

カミツレ「まさかこんなに同志がいてくれるとは思いもしなかったわ」

カスミ「仲間になった覚えないんですけどアタシ達」

トウコ「待ってください。そういえばまだ仲間がいたこと忘れてました」ピポパ

エリカ「ま、まだ来るのですか?」

ナギ「もう何が来たって驚かないわ」

トウコ「あっ、もしもしアタシよ。ちょっと来てほしいんだけど…」

トウコ「そうだ、ヒカリも呼んできて!あの子は多分シロナさんもついて来てくるだろうけど…」

スモモ「ヒ、ヒカリさんまで…」

スズナ「ねえ、アタシ帰っていい?」

カトレア「ダメ」


21 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:49:49.62 ID:GE1BUa3q0
ツツジ「むこうも意外に人数が多いわね…」

ナツメ「こっちも増援を呼ぶ?」

ツツジ「それは名案ですわ!よし、ハルカちゃんを呼んで…」ピポパポ

ナツメ「それだったら、リーフも呼ばなきゃ」

メイ「ナ、ナツメさん?」

シキミ「このナツメ、ノリノリである」

ベル「終わりが見えないよ~(泣」


22 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:52:33.01 ID:GE1BUa3q0
トゲキッス「チョッキwww」バサバサ

ヨルノズク「ホー」バサバサ

ガブリアス「ギャオー」バサバサ

トウコ「おっ、キタ」

ヒカリ「トウコさん、お久しぶりです」

コトネ「急な連絡だったけど、どうしたの?」

シロナ「何か問題でも起きたのかしら?」

カスミ「(一人、場違いなのがいるー)」


23 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:53:42.32 ID:GE1BUa3q0
ツツジ「あのファイヤーは…」

ナツメ「来たわね」

ファイヤー「キッ」バサバサ

リーフ「わー!ナツメさん、久しぶりですね!」プリン

ハルカ「こんなに揃って、なんだか楽しそうかもー!」プルン

ナツメ「しばらく見ないうちにまたずいぶんと大きくなっちゃって…」ゴクリ

ツツジ「二人ともこの若さでけしからんおっ…胸囲をしてますわね」ドキドキ

メイ「何この人たち怖い」

アカネ「なー、この中で誰が一番大きいと思うかー?」

イブキ「私に聞くな」


24 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:57:58.26 ID:GE1BUa3q0
ヒカリ「ひ、貧乳VS巨乳!?」

コトネ「じゃあ、この面子は!?」

トウコ「そう、私たち貧乳トレーナーが心を一つにして、世の貧乳たちのために偏見と戦うのよ!」

カスミ「(なんかスゴい壮大になってる)」

カミツレ「従ってくれるわね?こうしなければ私たちに明日はないわ!」

コトネ「そ、それは…」

ヒカリ「わかりました」

コトネ「え」

ヒカリ「私たちの未来のために共に戦いましょう」

トウコ「ありがとう、ヒカリ」ガシッ

コトネ「(えーーーーーっ!?)」

カトレア「シロナさん、アナタは向こうに行かなくていいのですか?」

シロナ「私はヒカリと一緒にいれば、それでいいのよ」

カスミ「なにそれ」


25 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 02:59:28.66 ID:GE1BUa3q0
リーフ「い、いきなり、そんなこと言われても困ります!そんなムチャな…ああ!?」ガシッ

ハルカ「リ、リーフ!?ヒャッ!」ガシッ

ナツメ「これは世界の危機なの…カントー地方のチャンピオンのアナタにしか頼めないことなのよ」

リーフ「で、でも、そんな…あんっ」ギュッ

ナツメ「私とアナタの中でしょう?ね、お願い…」モミモミ

ツツジ「ご褒美いっぱいあげるから…ね?」

ハルカ「う、うん…わかった…」

アスナ「ツツジにあんな趣味があったなんて…」

ナタネ「人は見かけによらないものね」



ラン「ね、ねえ…あっちで何かやってるよ?」ドキドキ

スモモ「な、なんかスゴいことをしてますね…」ドキドキ

エリカ「見ちゃいけません!」

エモンガ「(なんかヤバい方へ行ってるエモwww)」


26 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:01:03.01 ID:GE1BUa3q0
マーシュ「というわけで、貧乳と巨乳にリストを分けてみたわ」

・貧乳組
トウコ
ヒカリ
コトネ
カミツレ
カトレア
カスミ
エリカ
アンズ
ミカン
スズナ
マーシュ
ラン
スモモ
アイリス
ホミカ
シロナ

・巨乳組
メイ
リーフ
ハルカ
ベル
フウロ
シキミ
ナツメ
アカネ
イブキ
ツツジ
アスナ
ナタネ

カミツレ「圧倒的じゃないか、我がチームは!」

ミカン「これも私たちの求心力のおかげですね」

カスミ「(大半は強引なんですけどね)」


27 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:01:43.10 ID:GE1BUa3q0
トウコ「どう?これだけの人数がいればアンタ達デカ乳どもなんか怖くないわ」

メイ「せ、先輩…もうやめましょう?こんなこと…」

ベル「そうだよ…こんなことしたってムダだよ」

フウロ「アナタもよカミツレ!!こんなバカげたこと即刻やめにしよう!」

ツツジ「いけません!この勝負、どちらがか負けるまではやめるわけにはいかないわ!」

アスナ「ツ、ツツジ…」

カスミ「悪い夢よ…これは悪い夢なんだわ…」ブツブツ

エリカ「カ、カスミちゃん!」

アンズ「しっかりしなよ!」


28 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:06:03.85 ID:GE1BUa3q0
カミツレ「そういうことよ。そしてこの勝負、やはりポケモンバトルで決めなきゃならないわ」スチャ

コトネ「(やっぱりそうなるのね…)」

メイ「シ、シロナさんまでどうしてそっちに…?」

シロナ「私はヒカリさえいれば何も望まないの。ムネの大小なんて興味ないわ」

ヒカリ「(出来るならそっちに引き渡したい…)」

ベル「そんな…」

フウロ「ゲーチス並に狂ってるわ…」


29 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:07:11.66 ID:GE1BUa3q0
トウコ「ジャローダ、行きなさい!」バッ

カミツレ「みんな、トウコに続くのよ!」バッ

カトレア「どちらが優れているか見せてやるわ!」バッ

ミカン「おー!(`・ω・´)」バッ

カスミ「ええい!こうなりゃもうどうにでもなれ!」バッ

エリカ「仕方ありませんわね」バッ

コトネ「(早く帰りたい…)」バッ

ヒカリ「トゲキッス、頼んだわ」バッ

シロナ「ヒカリを守るのよ、ガブリアス!」バッ


30 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:08:20.87 ID:GE1BUa3q0
ツツジ「こうなったら、徹底抗戦ですわ!みなさん!!」バッ

ナツメ「リーフ、行きましょう」バッ

リーフ「は、はい…」バッ

ハルカ「なんだか本格的かも…」バッ

メイ「どうして、私たちまで…」バッ

ベル「誰でもいいから、はやく止めてあげてよお」バッ


31 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:10:29.76 ID:GE1BUa3q0
ポンッ ポンッ ポンッ

ゼブライカ「(ねー、なんで俺たち、こんなしょうもないバトルをやらされてるの?)」

ジャローダ「(私に聞かないでちょうだい)」

ハガネール「(俺たちは彼女たちの思想のぶつかり合いでこんな戦いを強いられているんだ)」

ムシャーナ「(悪い夢なら覚めてほしいわ…)」

ニンフィア「(かないまへんなー)」

ガブリアス「」ガクガクブルブル

トゲキッス「チョッキwww」


32 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:11:40.28 ID:GE1BUa3q0
ポンッ ポンッ ポンッ

リザードン「(まさかこんなことで俺たちが戦うことになるなんてな…)」

バシャーモ「(人間の考えることはよくわからん)」

フーディン「(これもポケモンとしてのさだめ…仕方あるまい)」

ダイケンキ「(イヤだこんなさだめ)」

スターミー「フゥ…」


33 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:14:43.90 ID:GE1BUa3q0
わーわー バキッ ドカッ ギャー

アロエ「アンタは行かなくていいのかい?若い子達のところに行かなくて」

アリッサ「醜いケンカに巻き込まれるのはゴメンデース」

ゴジカ「これは、乱闘……ほとぼりが冷めるまで、ここでお茶をしてましょう」

カンナ「あとでカトレアとシキミにはリーグの方へ連絡しましょう」

フヨウ「楽しそ~アタシも行っていい?」

プリム「いけません」

カリン「アンタも染まっちゃうよ、ヤバい方へ」

キクノ「女の子たち、ずいぶんと楽しそうですね」

キクコ「若いもんは元気があってええの~」

ドラセナ「なして、私を呼んでくれないの!?」

パキラ「(やっぱりボスの考えは正しかったのね…)」


34 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:19:38.35 ID:GE1BUa3q0
セレナ「……」

セレナ「あの…あそこで一体何をしてるんですか?」

ビオラ「アナタは知らない方が幸せだわ」

コルニ「マーシュさん…戻ってきたら、たっぷりお仕置きしなくちゃ…」

セレナ「(カロスからはるばるイッシュに来てみたけど、あんな数でバトルをやるなんて…)」

セレナ「(別地方って、なんだかスゴい所だな…)」

おしまい


35 : ◆KIbZJA6Fic 2014/05/05(月) 03:23:54.83 ID:GE1BUa3q0
勢いでやりすぎた。オチが弱くて、すみません。
キャラの出番の差が激しかったので、なしてこのキャラの出番が少ないの!?と怒らないください


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399223662/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ポケモン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ