Powered By 画RSS


ほむら「止まってはいけないだるまさんが転んだ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 23:55:14.63 ID:deAYqB8P0
杏子「は?」

さやか「えっ?」

ほむら「ルールは簡単よ。貴方達は、ただ私に向かって歩いてくればいいの」

マミ「ルールがよく分からないのだけど」

まどか「ほむらちゃん、もう少しわかりやすく説明してくれる?」

ほむら「私が振り向いている間も、動いていいのよ。簡単でしょう?」

さやか「は、はぁ……なるほど……」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/08(月) 23:57:55.45 ID:deAYqB8P0
ほむら「だーるーまーさーんーがーこーろーんだっ」

さやか「いや、そんなことしても……止まんなくてもいいんでしょ?」

杏子「これじゃああたしら、ただ歩いてるだけじゃん」

ほむら「だーるーまーさーんーがーこーろーんだっ」

マミ「暁美さんの考えてることがよくわからないわ」

まどか「あっるーこー、あっるーこー」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:00:15.79 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「だーるーまーさーんーがーこーろーんだっ」ガチンッ

さやか「」

マミ「」

ほむら「……時間を止めてみるだけでも、気分は味わえるわね」

杏子「」

ほむら「解除」

さやか「……なぁ、転校生、これまだやるの?」

ほむら「ええ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:02:49.23 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「だーるーまーさーんーがーこーろーんだっ」ガチンッ

ほむら「……さて。私から見れば、みんな止まっているのだけど……まぁ、いいわ」

ほむら「まず、佐倉杏子には……足元に石ころを置いておきましょう」

杏子「」

ほむら「美樹さやかは……足払いでいいかしら」ゲシッ

さやか「」

ほむら「巴マミは……取り敢えず、この縦ロールでも引っ張っておきましょう」グイッ

マミ「」

ほむら「まどかは天使だわ」

まどか「」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:05:34.78 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「さて、解除」

さやか「あだっ!? いったぁ~……な、なんか足に動物か何かがぶつかってきたんだけど」

杏子「うわっ!? いてて……なんでこんなところに、石が……」

マミ「あぅっ!? だ、誰よ、私の髪を引っ張ったのは!?」

ほむら「3人とも、止まったわね。貴方達は負けよ」

まどか「……あ、あれ? 私だけ残っちゃった?」

ほむら「だーるーまーさー……あぁ、まどかには追いつかれちゃったわね……ぎゅうー」

まどか「えっ!? ほむらちゃん!? なんでこうなるの!?」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:07:51.09 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「かくれんぼをしましょう」

さやか「へいへい」

杏子「次のルールは?」

ほむら「見つかってはいけないかくれんぼよ。私が鬼をやるわ」

杏子「見つかってはいけない?」

ほむら「要するに、ただのかくれんぼよ」

マミ「ふふ、私、かくれんぼなら自信があるのよ」

さやか「まぁ、ただのかくれんぼなら……いっか」

まどか「えへへ、なんだか子供に戻ったみたいだね」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:11:27.67 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「きゅーじゅはーち、きゅーじゅきゅー、ひゃーくっ」ガチンッ

ほむら「時は止まったわ。さ、ゆっくりと探すことにしましょう」

ほむら「……佐倉杏子は私のすぐ後ろで不意打ち狙い、と」

ほむら「美樹さやかは……なんでわざわざ木の上に登ってるのかしら」

ほむら「巴マミは……茂みの中に隠れてるつもりなのでしょうけど、胸が見えてるわね」

ほむら「まどか……はそもそも隠れる場所が見つかってないのね。やっぱり天使だわ」

ほむら「さて、これで全員分の居場所は確認できた」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:14:01.87 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「解除。佐倉杏子みっけ」

杏子「あっ!? せっかく数え終わったら脅かそうと思ってたのに……読まれてたか」

ほむら(そもそもそういうゲームじゃないのだけど)

ほむら「まどかみっけ。というか、隠れられてないわね」

まどか「あぅぅ、ほむらちゃんが数えるのが早すぎるんだってば!」

ほむら「美樹さやかみっけ。そんな所に登って、怪我しても知らないわよ」

さやか「んなっ! ここなら絶対に見つからないと思ったのに!」

ほむら「残るは巴マミね」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:16:41.07 ID:w+xhzJ8h0
マミ「うふふ……暁美さんったら、必死で探してるわね」

マミ「あらあら、ついに鹿目さんたちまで探し始めちゃったわ」

さやか「転校生ー、この茂みとか怪しいんじゃない?」

ほむら「あぁ、美樹さやか。そこは私が調べたから誰もいないわ」

マミ「ふふ……本当はここにいるのに。暁美さん、失敗したわね」

マミ「くすくす……みんな楽しそうね」

マミ「これは私が一番ね。やっぱり私って、かくれんぼの天才ね」

マミ「……それにしても、どうしてみんな、走り回ってるのかしら?」

マミ「あれ……? なんで追いかけっこしてるのよ……?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:19:22.44 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「泣いてはいけないわらめっこをしましょう」

マミ「…………」グスッ

ほむら「それじゃあ、巴マミと美樹さやか」

さやか「いくよ、マミさん! 泣ーいたーら負っけよ、あっぷっぷー」

マミ「ぐすっ……ひっく、ひどいわよ……私を忘れて鬼ごっこするなんて……」

ほむら「美樹さやかの勝ちね」

さやか「ねぇ転校生、あたし勝った気がしないんだけど」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:22:56.78 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「じゃんけんをしましょう」

杏子「じゃああたしとまどかで」

まどか「じゃーんけーんっ!」

杏子「グー!」

まどか「チョキ!」   ガチンッ

杏子「あーっ、あたしの負けかぁ!」

さやか「まどかぁ、チョキとか言いつつパー出してんじゃん」

まどか「あ、あれ? 私チョキを出したつもりだったんだけど……」

さやか「またまたー、掛け声で相手を惑わす作戦でしょ? さやかちゃんの目は欺けないよ!」

まどか「ふぇっ? ……??」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:25:36.90 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「ババ抜きでもしましょう」

さやか「おー!」

杏子「いえーい!」

ほむら「じゃ、配るわよ」 ガチンッ  ガチンッ

――――

まどか「何もしてないのにカードなくなっちゃった」

さやか「」

杏子「」

マミ「」

ほむら「やはりまどかは天使だわ」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:28:11.72 ID:w+xhzJ8h0
ほむら「すごろくをやりましょうか」

さやか「いえー!」

杏子「おういえー!」

まどか「わーぱちぱち!」

――――

まどか「サイコロが6しか出ない」

マミ「1しか出ない」

さやか「まどかに勝てない」

杏子「まどかに勝てない」

ほむら「またまどかが一番ね。まどか天使だわ天使」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:30:33.35 ID:w+xhzJ8h0
まどか「えへへ、夏祭りっていいですね、マミさん!」

マミ「ええ、そうね。……ねぇ、射的はどうかしら?」

さやか「あー、マミさんやっぱりそういうの得意っぽいしね!」

杏子「あたしはパスかなー、そーゆーの苦手だし」

さやか「んー、あたしもマミさんがやってるのを見ていようかな」

ほむら「射的……いいわね……遊べそうだわ」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:32:53.44 ID:w+xhzJ8h0
マミ「いくわよッ! ティロ・フィナーレッ!」

ほむら「……」ガチンッ

マミ「」

マミ「」

ほむら「巴マミに景品を取らせるわけにはいかないわ」

ほむら「弾の軌道を、ほんの少しずらして……」

ほむら「……解除」

マミ「あら?」

さやか「ちょ……マミさぁん! 当たってないじゃないですか!」

マミ「い、今のは腕慣らしよ。次は当てるわ」

マミ「これで終わりよ! ティロ・フィナーレッ!!」

ほむら「…………」ガチンッ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:35:16.14 ID:w+xhzJ8h0
マミ「……一発も当たらないなんて……こんなはずが……」

さやか「マミさん……」

杏子「わたあめうめー」

まどか「あの景品、かわいいから欲しかったなぁ……」

ほむら「……それじゃあ、まどかがやってみたらどうかしら?」

まどか「わ、私が!? 無理だよ! マミさんだってできなかったのに!」

ほむら「やる前から諦めてはダメよ」

まどか「……そうだよね! ほむらちゃん! 私、やるよ!」

杏子「たい焼きうめー」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:37:52.10 ID:w+xhzJ8h0
まどか「こ、こうでいいのかな?」

ほむら「その調子よ。さぁ、引き金を引きなさい、まどか」

まどか「う、うんっ……てぃろ・ふぃなーれっ!」

ほむら「……」ガチンッ

まどか「」

マミ「」

ほむら「さ、時間が止まっている間に……景品を落としておきましょうか」

ほむら「……解除」

まどか「あっ! 当たった! 当たったよ、ほむらちゃん!」

マミ「…………」ブワッ

ほむら「……まどか天使だわ、天使まどかだわ」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:40:31.23 ID:w+xhzJ8h0
まどか「ふぁーあ、今日は遊びすぎて疲れちゃった」

ほむら「そうね、もう暗くなってきたわ。そろそろ休みましょうか」

マミ「私が……私が考えたティロ・フィナーレなのに……ブツブツ……」

さやか「結局まどかが、射的の景品全部とっちゃったしねー」

杏子「焼き鳥うまかった!」

まどか「それじゃ、これで解散だね! みんな、また明日ー!」

さやか「おー、また明日! じゃーねぃ、まどか! マミさん達も!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:44:01.40 ID:w+xhzJ8h0
まどか「……みんな帰っちゃったね。ほむらちゃんは帰らないの?」

ほむら「私も帰るわ。最後に天……いえ、まどかの顔を見ておきたかっただけよ」

まどか「そっか……うん。それじゃ……今日はおやすみなさい、だね」

ほむら「そうね。名残惜しいけどまた明日ね、まどか」

まどか「うん、また明日! …………あっ、その前に、ほむらちゃん?」

ほむら「……何かしら?」

まどか「その……今日は、ありがと」

ほむら「……! ……ええ、どういたしまして」

まどか「それじゃあ、ばいばい!」

ほむら「おやすみなさい、まどか。いい夢を」

まどか「おやすみなさーいっ!」



おわる


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 00:47:18.01 ID:8eZCe/ve0
乙乙乙


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 01:02:37.98 ID:aJ50HqK10






このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ