Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クー子「ニャル子との関係が姉さんにバレた」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 19:57:18.04 ID:ueOm8GrDO
八坂家 リビング

クー子「………」ガタガタ

ニャル子「………」

クー音「………」ニコニコ

ニャル子(な、なんなんですかこの空気……真尋さん早く帰ってきてー)

クー音「ねぇクー子」

クー子「ひっ……」

クー子「あっ……ぐ」

クー音「クー子、こっち見な」

クー子「ひぃ、ご、ごめんなさい……」

ニャル子(帰りたい……)




2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 20:26:06.51 ID:ueOm8GrDO
クー音「いつからニャルラトホテプといかがわしい関係だったの?」

クー音「怒らないから言ってみな」

ニャル子(それ完全にぶち切れフラグじゃないですか!?)

クー子「ニャ、ニャル子……」ギュッ

ニャル子(って、何人の腕掴んでんですか!? 私にどうしろと!?)







3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 20:35:07.31 ID:ueOm8GrDO
ニャル子「あ、あはは~……」

クー音「何? ニャルラトホテプ、何かあるの?」

ニャル子「な、なんでもありません!」

クー子「ニャル子助けて……」

ニャル子(助けてほしいのはこっちだっつーんですよ!)

クー音「はぁ、クー子、私たちが何か分かってる?」
クー子「ク、クトゥグア……」


4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 20:47:07.24 ID:ueOm8GrDO
クー音「そう、でこいつは?」

ニャル子「…………」

クー子「ニャ、ニャルラトホテプ……」

クー音「クトゥグアとニャルラトホテプってどんな関係だっけ?」

クー子「…………」グスッ

ニャル子(あー、何泣いてるんですか!?)

クー音「分かんないなら教えてあげる」

クー音「天敵、この言葉の意味分かる?」


6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 20:55:44.48 ID:ueOm8GrDO
クー音「天敵ってのはね、相容れない存在ってこと」
クー音「相手を滅ぼさないといけない」

クー音「まぁ実際はそこまでやらんでもいいけどさー」

クー音「とにかく、クー子はこの子と仲良くしちゃいけないの、分からない?」
ニャル子「ま、まぁまぁクー音さん落ち着いて……」
クー音「触んな」バシッ

ニャル子「あっ……」

クー子「ニャル子!」



7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:05:40.91 ID:ueOm8GrDO
クー音「前々から思ってたんだけどさー、アンタがクー子を誑かしたんじゃないの?」

ニャル子「は、はぁ!?」
クー音「だってそうじゃん、こんなに可愛いクー子がニャルラトホテプとそんな関係になるわけないし」

クー音「吐けよおい」ガシッ
ニャル子「ぐっ……」

クー子「ね、姉さんやめて……」

クー音「クー子は黙ってな、今からクー子を惑わせたこの悪女を焼くから」ギリギリ

ニャル子「うぐっ……」



8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:22:41.84 ID:ueOm8GrDO
ニャル子(も、もう我慢できません……)

ニャル子「たぁっ!」バキッ

クー音「おぅっ!?」

クー音「何、私とやる気なんだ?」

ニャル子「うっさいですよ! さっきから黙って聞いてりゃ、好き放題言いやがって!」

ニャル子「変……身っ!!」フルフォース

クー子「ニャル子ダメ!」
ニャル子「ええい止めんじゃねーですクー子! 力ずくでこのヒートの女を黙らしてやります!!」

クー音「分かった……それじゃ外行こっか?」ゴゴゴ
ニャル子「ぶっ潰してあげますよぉ!!」ゴゴゴ

クー子(ニャル子ダメ……姉さんには勝てないよ……)


9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:35:47.02 ID:ueOm8GrDO
珠緒「いやぁ助かったよ八坂君、いっぱい買いすぎちゃって持てなくて困ってたんだ~」

真尋「別にいいって、こういうのはニャル子で慣れてるから」

珠緒「ふふ、八坂君優しいから大好きだよっ」

真尋「こ、こら、僕も男なんだからあまりそういう事軽々しく言うなって」

珠緒「えへへ、ごめんごめん」

珠緒「あ、そうだ八坂君、そういえばニャル子ちゃんとクー子ちゃんってさ……」

「うああああああ!!」

真尋「な、何だ!?」

珠緒「今の悲鳴、ニャル子ちゃん!?」


10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:51:43.14 ID:ueOm8GrDO
ニャル子「あぐっ……がぁ!」

クー音「ほらほらどうした?」

ニャル子「うぐっ……ぐぐ」

ニャル子(分かってましたけど……こいつマジ強すぎです……)

ニャル子(ダメージ受け過ぎてもうフルフォースフォームも維持出来ませんし……)

クー音「そっちから喧嘩売ってきたんだからさぁ、文句ないよね?」ボウッ

ニャル子「熱っ! うああああああ!!」

ニャル子「げほげほっ! く、くそぅ……」ドサッ

ニャル子(ああもう、クー子なんかのために大見得切るんじゃなかったです……)



11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 22:02:43.67 ID:ueOm8GrDO
クー子「姉さんやめて! ニャル子が死んじゃう!」
クー音「どきなクー子、そいつ殺せないじゃん」

クー子「させない、ニャル子は私が守る!」

ニャル子「ク、クー子……」

クー音「はぁ……どうやらアンタをニャルラトホテプと一緒の幼稚園に入れたのが間違いだったみたいだね」



14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 22:20:38.19 ID:ueOm8GrDO
クー音「クー子、あんた昔は家に帰ってくるといっつもニャルラトホテプの話してた」

クー音「今日はニャルちゃんと鬼ごっこした」

クー音「今日はニャルちゃんと一緒にお弁当食べた」
クー音「あの時にニャルちゃんってのがニャルラトホテプだって分かってたら、さっさと引き離せたのにさ……」

クー音「まさか今こうやって一緒に暮らしてるなんてね……」

クー子「愛は種族を越える、姉さん分かって……」

クー音「本気なの? この事がお父さんにバレたらどうなるか分かってるわけ?」



15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 22:32:40.99 ID:ueOm8GrDO
クー子「う、想像したくない……」

クー子「だけど、だけど!」

クー子「私はニャル子を愛してる」

クー子「その気持ちに嘘はつけない、たとえクトゥグア一族を敵に回しても」

クー音「そう、本気なんだ」

クー音「アンタは天敵であるニャルラトホテプと恋人関係で、あんなことやこんなことしてるって言うんだね?」

クー子「そう、ニャル子と私は相思相愛」

クー子「四六時夢中ニャル子」

ニャル子「ちょっと待ったあああ!!」


16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 22:45:11.16 ID:ueOm8GrDO
ニャル子「いつから私がクー子と恋人同士になったんですか!?」

クー子「え、だってニャル子、クーちゃんのお嫁さんになるって言ってくれたし」

ニャル子「何年前の話ですか!? 子どものよくある発言を真に受けてんじゃねーです!」

クー子「じゃあニャル子、私のこと嫌い?」

ニャル子「嫌いならこうやってクー音さんとやり合ってません……」

ニャル子「と、友達ですから……」

クー子「そこは恋人って言ってほしいかも……」



17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 22:57:22.58 ID:ueOm8GrDO
ニャル子(クー子、ノーデンスの野郎のとこでアンタにまた会えた時、本当は凄く嬉しかったんです)

ニャル子(私のこと好きだって言ってくれて、昔と変わらないんだって安心して……)

ニャル子(また昔みたいに遊んだり喧嘩したりできるって思ったら楽しくて仕方なかった)

ニャル子(って私、ホントに友達少ないですねー)

ニャル子(まぁだからこそ、クー子のために頑張れるんですけどね)

ニャル子「私とクー子は恋人じゃありません!」

クー音「お?」

ニャル子「でも……クー子は親友です」

ニャル子「クトゥグアだとか関係ないです! 私とクー子は大親友です! どうだまいったかこのやろー」ゼェハァ


18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 23:11:47.28 ID:ueOm8GrDO
クー子「そこは恋人って……」

ニャル子「ええい! せっかくいい感じにまとめたんですから黙りなさい!」

クー子「くすん、でも親友でも嬉しいよニャル子」ポッ

クー音「つまりだ、ニャルラトホテプとクー子はそんな関係じゃないけど、友達なのは譲れないから認めてほしいってことか」

ニャル子「ま、まぁ要約すると……」

クー音「でも私が黙っててもいつかはお父さんにバレるかもしれないよ?」

クー子「望むところ」

クー音「そっか、分かった……」


19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 23:22:09.46 ID:ueOm8GrDO
クー音「じゃあもう私が言うことは何もない……かな」

クー子「姉さん、ニャル子とのこと認めてくれるの?」

クー音「認めないし! でも私はクー子が一番大切だから、クー子が幸せならそれでいい……と思う」

クー子「姉さんありがとう!」ギュッ

クー音(ク、クー子が抱きついて……! 記憶しろ私の全細胞! この感触を記憶するのだ!)

ニャル子「はは……」

ニャル子(何とか、死なずに済んだみたいですねぇ……)



20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 23:31:51.75 ID:ueOm8GrDO
クー音「そうだ、ニャルラトホテプ」

クー音「いやニャル子、言うことがひとつあったわ」
ニャル子「な、なんでしょうか!?」

クー音「今後クー子を悲しませたらホントに燃やすから」

ニャル子「は、はい……!」

クー子「ニャル子、とりあえず傷の手当てしよう?」

ニャル子「そ、そうですね……」

クー音「じゃあ私は帰るわー、クー子をよろしく」ビッ

ニャル子「任されました」ビッ

クー子「大丈夫、ニャル子との愛はすべてに勝つ」

クー音「ふふ、じゃあなクー子」


21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 23:40:10.23 ID:ueOm8GrDO
真尋「で、どういう状況だこれは?」

珠緒「ニャ、ニャル子ちゃん大丈夫!?」

ニャル子「はは、ちょっといろいろとありまして……」

クー子「少年、珠緒、愛って躊躇わないことなんだよ」

真尋「またわけ分からんことを……とにかくニャル子の手当てするから一度家に帰るぞ」

真尋「暮井、悪いけど少し付き合ってくれるか?」

珠緒「う、うんわかった」
ニャル子「真尋さんが私を心配してくれてる! ヒャッホウ最高だぜええ!!」
真尋「うるさい」チョップ

ニャル子「ぎにゃー!」


22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 00:04:56.43 ID:42NAa0MDO
数日後 クー子の部屋

ニャル子「あー、なんか自分の部屋戻るの面倒くさいんで、このままクー子の部屋で寝ますね」

クー子「ふふ、ニャル子可愛い」

クー子「今日も熱い夜を過ごそう?」

ニャル子「はいはい、何もする気もされる気もありませんから」

クー子「くすん……ねぇニャル子」

ニャル子「なんですか?」
クー子「愛してる」

ニャル子「………はい」

クー子「おやすみニャル子」

ニャル子「おやすみなさいクー子」



23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 00:09:37.99 ID:42NAa0MDO
ニャル子(クー子のことは大好きです)

ニャル子(もちのろん、真尋さんの次くらいにですけど)


ニャル子(クー子、これからもよろしくです!)

ニャル子(そして、いつかは真尋さんと……ぐふふ)
クー子(ニャル子あったかい……)ギュウ






終わり


24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 00:20:14.34 ID:42NAa0MDO
なぜクーニャルSSは少ないのか?
クーニャルに飢えている人がいったい何万人いると思っているのか
誰も書かないなら自分で書けばいいじゃない

そもそもこの、這いよれ!ニャル子さんという作品は阿澄さんの素晴らしいお声が胸に染みる作品である
それだけで見る価値が十分にあるが、その次にクーニャルの存在がそれと相乗効果を生み出している

つまり
クーニャル最高!
クーニャル増えろ!
ということである



25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 00:32:31.11 ID:6NHB1Kk+o

もっと書いてもええんやで?


29 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 18:29:45.73 ID:42NAa0MDO
『ニャル子「桜Trick……ですと……?」』



ニャル子の部屋

ニャル子「とんでもねぇアニメを見つけちまいました……」

ニャル子「女の子同士でこんなに激しく……」

ニャル子「こんなのあの発情期の猫に見せたら……」
ニャル子「幸い、クー子はアニメよりゲームに夢中ですから、何とか隠し通せるかも……」

「ニャル子、入るよ?」

ニャル子「わーたったったぁ!?」

クー子「何やってるのニャル子? テレビを隠すようにして」

ニャル子「や、やぁクーちゃん! こんな所で奇遇ですね~!」

クー子「奇遇も何も同じ家の中……ニャル子、動揺し過ぎて呼び方が昔に戻ってるよ?」

クー子「でも、それがいい」グッ


30 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 18:40:32.34 ID:42NAa0MDO
ニャル子「ええい! いったい何の用ですか!?」

クー子「実は桜……」

ニャル子「クー子! 私たちは友達です! でも特別な関係にはなれません! なぜなら私には真尋さんがいるからっ!」

クー子「が綺麗だからお花見に行こう? って突然何言ってるの?」

ニャル子「なんだただの花見の誘いですか……私はてっきり……」

クー子「何?」

ニャル子「何でもねーです!」

クー子「今日のニャル子変だよ?」

ニャル子「変じゃねーです!」

ニャル子「それで、今から行きますか? 花見には」
クー子「ニャル子がいいなら……」



31 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 18:55:56.10 ID:42NAa0MDO
ニャル子「私は別にいいですけど……」

クー子「じゃあ行こう?」
ニャル子「つーか、ふたりだけですか? 真尋さんとかハスター君とかは誘わないんですか?」

クー子「私はふたりきりがいい……そしてニャル子を……じゅるり」

ニャル子「真尋さーん! お花見に行きましょーう!」

ニャル子「………」

ニャル子「真尋さん?」

クー子「少年ならハス太君と出かけてる」

ニャル子「って、アンタ最初からこのタイミング狙ってたでしょう!?」

クー子「ニャル子は私とふたりきりイヤ?」ウルウル

ニャル子(うっ、クー子のくせに……可愛い)

ニャル子「分かりましたよ……行きますかクー子」

クー子「ふふ、だからニャル子大好き♪」


32 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 19:08:48.83 ID:42NAa0MDO
ニャル子「で、来てみたのはいいですが……」

ニャル子「流石にまだ冷えますね……」ブルッ

クー子「私は寒くないよ?」

ニャル子「アンタがクトゥグアだからでしょーが」

クー子「そうだニャル子」ギュッ

ニャル子「おう?」

クー子「こうやって抱きつけば、ニャル子もあったかいよ?」

ニャル子「確かに暖かいですけど……恥ずかしいんですが……」

クー子「友達同士ならこのくらい普通……って珠緒が言ってた」

ニャル子「はいはいそーですか」

ニャル子「とりあえず折角花見に来たんですから、これでも食べましょうか?」
クー子「ニャル子、いつの間にお弁当作ったの?」

クー子「やっぱり私とデート楽しみだったんだね、嬉しい」


33 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 19:29:55.23 ID:42NAa0MDO
ニャル子「花見に来たのに何も飲み食いしないってのもナンセンスですからね」

ニャル子「誓って言いますが他意はないですよ?」

クー子「ふふ、実は私も持ってきた」

クー子「少年の家の冷蔵庫から勝手に拝借した謎のジュース?」


ニャル子「また勝手に……まぁいいでしょう、飲み物は忘れてたんでちょうどいいです」

クー子「じゃあさっそく……ニャル子食べさせあいっこしよ?」

クー子「はいニャル子、あーん」

ニャル子「なぁんで真尋さんじゃなくてアンタとそんなことしなくちゃならねーんですか!?」

クー子「ニャル子、正直になろうよ、愛が欲しかったら誤解を恐れずにありのままの自分を太陽に晒すんだよ?」


34 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 19:41:13.15 ID:42NAa0MDO
ニャル子「ま、まぁいいでしょう……友を裏切るな自分をごまかすなとも言いますし」

ニャル子「勘違いしないで下さいよ? 私は別に自分をごまかしてるわけじゃないですから」

ニャル子「クー子は愛情じゃなくて友情だけくれればいいんです」

クー子「じゃあニャル子、あーん?」

ニャル子「何がじゃあなんですか……あ、あーん」パクッ

クー子「うふふ、次はニャル子のターン」

ニャル子「しょうがないですね……ホラあーん」

クー子「あーん♪」

クー子「えへへ、私たち恋人同士みたいだね」

ニャル子「友・達!」



35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 19:52:39.71 ID:42NAa0MDO
クー子「ニャル子こっちも飲もう?」

ニャル子「まさかとは思いますけど、媚薬とか睡眠薬とか入ってないでしょうね……」

クー子「私は入れてないよ? 少年は知らないけど」
ニャル子「真尋さんはそんなことしません!」

クー子「じゃあ飲も?」

ニャル子「で、ではいただきます……」グビッ

クー子「私も飲もうっと」グビッ

ニャル子「なんか変な味がするジュースですねぇ」グビグビ

クー子「………」

ニャル子「クー子?」

クー子「んっ……ニャル子……」

ニャル子「どわぁっ! な、何急に押し倒して……」
クー子「ニャル子、私たち……もっと特別な関係になってもいいと思わない?」
クー子「ニャル子……キスしよう?」


36 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 20:06:33.96 ID:42NAa0MDO
ニャル子「し、しません……私は真尋さんが好きなんです……」

クー子「ふぅ、そう言うと思った」

クー子「でも、無理やり奪う唇もまた……」ヘンシン

ニャル子「ちょ、クー子!?」

クー子「うふふ、ニャル子ぉ……」

ニャル子「アンタもしかして酔ってませんか……?」

ニャル子「さっきのやっぱりお酒だったんですか……」

ニャル子「しかし、たった2、3口で酔うとは……クー子お酒弱すぎです……」
クー子「ニャル子ぉぉぉ!」

ニャル子「ま、待ってクー子! ちょ、ダメですって!!」ジタバタ

クー子「ニャル子ぅ……」ハァハァ

ニャル子「むむ……仕方ありません!」



37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 20:24:32.58 ID:42NAa0MDO
ニャル子「蒸着!」フルフォース
\パララララーパパパパーラー/
\パララララーパパパパーラー/
\パララーララ パララーララ/
\パーララララ パーラー/

ニャル子「惑星保護機構!」バッ

\チェイス!チェイスチェイスニャルコ/
\ファイト!ファイトファイトニャルコ/

ニャル子「ニャルラトホテプ!」ババッ

\タタカウタメニ ウマレタ ワタシサ/
\イカリノホノオハ ダレニモケセナイ/
\アクガアルカギリ ドコマデモオウゼ/
\イノチノカギリ タタカウゼ/

ニャル子「邪神! ニャル子!!」バババッ

\チェイス!チェイスチェイスニャルコ/
\ファイト!ファイトファイトニャルコ/

ニャル子「お仕置きですクー子! 私は背中を見せない邪神です!!」

クー子「ああニャル子、なんて美しい……」

ニャル子「トォーウ!」


38 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 20:45:46.21 ID:42NAa0MDO
クー子「んん……?」

ニャル子「気がつきましたかクー子」

クー子「あれ……? 私いったい……?」

ニャル子「クー子は今後お酒は禁止します」

クー子「ああそっか、ごめんねニャル子……」

ニャル子「まったく、ほら今日は膝枕で我慢して下さいよ?」

ニャル子(キスは真尋さんにあげるんですからねっ!)

クー子「うん、ありがとうニャル子……」


ニャル子「クー子……私たちは特別な関係にはなれません」

ニャル子「でもクー子は一番の親友です」

ニャル子「それだけは誓います」

クー子「えへへへ、ニャル子大好き!」ガバッ

ニャル子「ちょ、抱きつくんじゃねーです!」



39 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 20:53:23.72 ID:42NAa0MDO
部屋の外

ハス太「な、なんだか入りづらいね……」

真尋「先に夕飯の準備するか……」






クー子「ところでニャル子、桜Trickって漫画がね……」

ニャル子「!?」ドキィ






終わり


41 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 21:01:01.87 ID:42NAa0MDO
這いよれ!ニャル子さんのテレビアニメ第3期があるなら、阿澄さんに挿入歌も歌って頂きたい


クーニャルもっと増えろ



42 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 21:50:41.44 ID:McGAh5GHo
もっとだ!もっと持って来い!


43 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 23:20:16.50 ID:stTNlNSzo
次は5期だろ!いい加減にしろ!


44 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 01:02:15.65 ID:xGAI5s7po
まだ期待してもいいんですよね?ね?


45 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/01(土) 22:42:36.12 ID:8fbWZgeDO
『ハス太「ニャル子ちゃん……今日も部屋から出てこないね……」』


真尋「…………」

ハス太「もう3日だよ……もう僕心配だよぉ……」

真尋「そ、そうだな……少し様子見てくるよ……」

ハス太「真尋君気をつけてね……」

真尋「ああ、分かってる……」

真尋(ニャル子……)


ニャル子の部屋

ニャル子「…………」

ニャル子「…………」

ニャル子「…………」グスッ

ニャル子「う……ああ……あああ……」

ニャル子「クー子ぉ……クー子……クー子ぉ……」

「ニャ、ニャル子……は、入るぞ……?」

ニャル子「あ……」


46 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/01(土) 23:02:53.22 ID:8fbWZgeDO
ニャル子「何の用ですか……?」

真尋「ニャル子……ご飯くらい食べないと体壊すぞ……?」

ニャル子「いりません……早く出てって下さいよ……」

真尋「ニャル子聞いてくれ! 僕は……」

ニャル子「出ていけって言ってるんです!!」

真尋「!!」ビクッ

ニャル子「お願いですから……私の前から消えて下さいよ……」

ニャル子「じゃないと……」

ニャル子「私は真尋さんを……うぅ」グスッ

真尋「ニャル子……」

ニャル子「うああああ! 返してよぉ!! クー子を返せえぇぇ!!」

ニャル子「返せ返せ返せえぇぇぇぇ!!」

真尋「ニャ、ニャル子落ち着け……」



47 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/01(土) 23:19:10.15 ID:8fbWZgeDO
ニャル子「うぁあああ……クー子に会いたい……会いたいよぅ……」

ニャル子「こんなことなら……真尋さんに会わなければよかった……地球なんかに来なければよかった……」

ニャル子「…………」

ニャル子「真尋さん……」
ニャル子「あなたが大好きでしたよ」

ニャル子「でも今は大嫌いです」

ニャル子「早く消えて下さい」

ニャル子「虚弱貧弱無知無能の地球人さん」

真尋「ごめんな……ニャル子……」

ニャル子(真尋さん……すみません……)


48 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/01(土) 23:31:46.17 ID:8fbWZgeDO
ニャル子(今気づきました……私はクー子が好きだったんです)

ニャル子(いつの間にか真尋さんより、クー子の存在が大きくなっていた)

ニャル子(今さら過ぎたんですよ……)

ニャル子(もう愛しても、憎んでも)

ニャル子(クー子は帰らないんだ……)

ニャル子「ちきしょー! こんなことならさっさとクー子の唇を奪っておくんでしたよ!」

ニャル子「ああ本当に惜しいことをしたぁ~……」

ニャル子「うわああああん!! クー子と百合百合なイチャイチャがしたいよしたいよー」ジタジタ










ニャル子「アンタ馬鹿ですか?」


49 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/01(土) 23:47:12.69 ID:8fbWZgeDO
クー子「ニャル子ひどい、私の力作を完全否定なんて」

ニャル子「突っ込みたいところが山ほどあるんですが!」

ニャル子「私がクー子を嫌いになることはあっても、真尋さんを嫌いになるなんて未来永劫起こり得ません!!」

ニャル子「だいたいですね……そんな話してるといつか本当に死にますよ?」

クー子「ニャル子は私が死んだら泣いてくれる?」

ニャル子「クー音さんから身を隠します、私は死にたくありません」

クー子「私はニャル子が死んだら、私も死ぬよ?」

ニャル子「はいはい私は死にませんから」

ニャル子「真尋さんと結婚するまでねっ」ドヤアアア

クー子「ニャル子のいじわるぅぅ……」


50 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/01(土) 23:58:58.63 ID:8fbWZgeDO
ニャル子(あのクー子の妄想話のように、もし真尋さんを庇ってクー子が死んだら……)

ニャル子(私は真尋さんを手にかけようとするんでしょうか……?)

ニャル子(クー子を返せって……)

ニャル子(まぁあり得ませんね……)

ニャル子「ただ、クー子がいなくなったら退屈はしそうですね」

クー子「私たちって友達? 仲間? 時にはライバル?」

クー子「そう、ニャル子はもうひとりの私……」

ニャル子「真尋さーん! 久しぶりにデートしに行きましょうよ~」

真尋「え、やだよ」

ニャル子「しょんなぁ……」ガクッ

クー子「ニャル子ぉ……」グスン



51 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 00:16:33.32 ID:KVXYC80DO
ニャル子(まぁ、クー子が死んだら泣くでしょうね私……)

ニャル子(私は……)

ニャル子(この時、私は知らなかった)

ニャル子(このクー子の妄想話で後に大変なことが起きるなんて……」

ニャル子「いや起こりませんから、勝手に人のモノローグを追加しないでもらえます?」

クー子「今日のニャル子は冷たい……」






終わり






次回 『珠緒「ニャル子ちゃんとクー子ちゃんって付き合ってるの?」』


52 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 00:44:03.69 ID:KVXYC80DO
クーニャルの魅力とは?

幼なじみ
百合百合してるー
ニャル子がツンデレ
かわいい
癒される
阿澄さんも松来さんに対してツンデレ
テレビアニメ1期の後に2期を見るとクーニャルが接近しているのがよく分かる
クー音回でニャル子の機嫌が悪かったのは“真尋が”クー子と仲良くしてたからではなく、“クー子”が真尋と仲良くしてたから
私のこと好き好き言った癖に何真尋さんといちゃついてるんですか!?的な
クー子の尻軽女!
※このくらいの脳内変換はクーニャル軍には容易である

クーニャルを増やすためには多少のシリアスも厭わない!


53 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 17:00:41.66 ID:6OP/DdTyo
おつおつ
無自覚にクー子に執着しちゃうニャル子はいいね


54 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 21:05:02.75 ID:KVXYC80DO
『珠緒「ニャル子ちゃんとクー子ちゃんって付き合ってるの?」』


ニャル子「え? 違いますよ、何言ってるんですか珠緒さん」

珠緒「でもさぁ、最近妙に仲良くない?」

珠緒「いっつも二人で登校してくるし、帰る時も一緒だしさー」

ニャル子「ははは、嫌ですね珠緒さん。クー子だけじゃなく真尋さんとハスター君もいるじゃないですか」
珠緒「うんそうだね、でも八坂君とハス太君が来た後に少し遅れて入ってくるよね? ニャル子ちゃんとクー子ちゃんって」

ニャル子「そうでしたっけ?」

珠緒「しかもなーんか息乱れて汗かいてるし」

ニャル子「あー、それはですね……」



55 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 21:19:56.07 ID:KVXYC80DO

-------
-----
---

クー子「ニャル子待って~」

ニャル子「ええい! なんで学校に着いて早々にアンタと鬼ごっこしないといけねーんですか!?」

クー子「ニャル子キスしようよ」ダッシュダッシュ

ニャル子「しませんよっ! 追い掛けてくんな!」ダンダンダダン

ニャル子「真尋さーん! 早く教室行きましょうよー」

真尋「HRに遅れるなよー」スタスタ

ニャル子「ちょ、真尋さんっ」

ハス太「クー子ちゃんとニャル子ちゃんホント仲良しだね」

ニャル子「ハスター君まで!? うおおクー子こっちくんなー!」

クー子「このままニャル子を追い掛けて、いつか昇るぜ栄光の空~」

ニャル子「鷹のように逃げます!」ダダダッ

--------
-----
---


56 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 21:34:48.93 ID:KVXYC80DO
ニャル子「という騒動が毎朝のようにあるんですよ」
珠緒「んー……」

ニャル子「何ですかその怪訝な顔は」

珠緒「ニャル子ちゃんはさ、女の子同士の恋愛ってどう思う?」

ニャル子「どうも何も……当人同士がいいなら外野は口を出すことはないんじゃないですか?」

ニャル子「まぁ世間の風当たりは強いでしょうが、そこを乗り越えてこその愛でしょう」

ニャル子「私と真尋さんの愛のように!」

珠緒「クー子ちゃんはニャル子ちゃんのこと好きなんだよね?」

ニャル子「ええ……まあ、認めたくないですが」

ニャル子「あの、私とクー子ってそんなに仲良しに見えますか?」



57 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 21:58:51.44 ID:KVXYC80DO
珠緒「うん」

ニャル子「そ、そうですか……」

ニャル子(嫌じゃないけど嬉しくありません……)

珠緒「いいなぁ、親友って感じで」

ニャル子「何を言ってるんですか珠緒さん」

ニャル子「珠緒さんも親友ですよっ」

珠緒「ニャル子ちゃん……本当にいい子だねぇ~」

ニャル子「いえいえ、それほどでもありますけど」

珠緒「でもクー子ちゃんには適わないよ」

珠緒「だって二人はずっと一緒だったんだから」

ニャル子「いやただの腐れ縁ですから」

珠緒「ふふ、分かってる分かってる」

ニャル子「珠緒さん……なぜか心なしか嬉しそうな気が……」



58 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 22:07:07.54 ID:KVXYC80DO
珠緒「じゃあ次はクー子ちゃんに話聞いてくるね!」ダダッ

ニャル子「ちょ珠緒さーん……」

ニャル子「行ってしまいました……」

ニャル子「はぁ、私とクー子って端から見ると百合百合しいんでしょうかね」

ニャル子「えっ、ということは……」

『真尋「ごめんなニャル子、僕はレズな子とは結婚できない」』

ニャル子「ちょおおお!! ヤバいですよこれは!」
ニャル子「クー子はただの友達、クー子はただの親友……」

ニャル子「クー子は一番の親友……クー子は……」

ニャル子「はぁ……腐れ縁っていいんだか悪いんだか……」


59 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 22:15:30.55 ID:KVXYC80DO
珠緒「クー子ちゃーん」

クー子「珠緒?」

珠緒「ニャル子ちゃんについて聞きたいことがあるんだけど」

クー子「ニャル子のことなら何でも答えられる、そう私はニャル子マスター」

珠緒「じゃあ最初の質問っ、クー子ちゃんにとってニャル子ちゃんってどんな人?」

クー子「ニャル子は太陽」
珠緒「太陽?」

クー子「そう、未来(あした)予報がもし嵐でも、ニャル子が青空に変えてくれる」

クー子「ニャル子にははち切れそうな夢のエナジーが詰まってる」

クー子「ああニャル子を襲いたい、嫌がるニャル子に媚薬を嗅がせて一晩中弄びたい」

珠緒「え、えーと……」


60 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/02(日) 23:56:49.11 ID:KVXYC80DO
珠緒「じゃ、じゃあ次の質問っ!」

クー子「カモン」

珠緒(ここはもう単刀直入に……)

珠緒「クー子ちゃんってニャル子ちゃんと付き合ってるの?」

クー子「…………」

クー子「う、うん付き合ってる……よ……?」

珠緒「何その尻切れな返答」

クー子「くすん……珠緒ぉ~、最近ニャル子が冷たいの」

珠緒「んー……私は今のままでいいと思うけどな」

クー子「どういうこと……?」

珠緒「ニャル子ちゃんはちゃんとクー子ちゃんを大切に思ってるよ」

クー子「それ本当……?」
珠緒「うん間違いないよ、ニャル子ちゃんはツンデレだねっ」

クー子「え、えへへへ……」ニヨニヨ


61 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 00:08:40.40 ID:z9ghlCFDO
珠緒「それじゃあ……最後の質問」

クー子「うん」

珠緒「私が……」

珠緒「私が八坂君と……」
珠緒(駄目だよ……何言ってるの私……)

珠緒(うっ、やばい泣きそう……)グスッ

クー子「珠緒? 少年がどうしたの?」

珠緒「な、なんでもない! 最後のは忘れてっ」

クー子「珠緒がそう言うなら……」

珠緒「ああ! 私そろそろバイトの時間だ! クー子ちゃんバイバイ!!」ダッシュダッシュダンダンダダン

クー子「行ってしまった……」

ニャル子「ここにいましたかクー子」

クー子「ニャル子?」



62 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 00:17:02.51 ID:z9ghlCFDO
ニャル子「なに鳩が豆鉄砲くらったような顔してやがるんですか? 帰りますよ」

クー子「もしかしてニャル子、私を探してくれてたの?」

ニャル子「たまたまここからクー子の声が聞こえて、さらにたまたまひとりで帰るには寂しい時間帯だったんで……」

クー子「…………」

ニャル子「クー子一緒に帰りましょう……」

クー子「うんっ!」

ニャル子「って、どさくさ紛れに何手を繋ぎにきてるんですか!?」

ニャル子「しかも恋人繋ぎにしようとすんな!」

クー子「ニャル子、どんどんデレてもいいんだよ?」
ニャル子「誰がデレるか!」






終わり


63 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 00:22:26.19 ID:z9ghlCFDO
さあ、お前のクーニャルを数えろ!

ぶっちぎるぜぇ


66 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 21:03:05.62 ID:qy9X+63DO
『ニャル子「真尋さんがデレてくれないからクー子と付き合ってみる」』


ニャル子「最近、真尋さんのデレが減りましたねぇ……」

ニャル子「ああ、真尋さんのデレが欲しいです……」
ニャル子「何かいい方法はないんでしょうか?」

ニャル子「そういえば、前にクー子と真尋さんが婚約者ごっこしてた時……私は恥ずかしいくらい嫉妬してましたねぇ……」

ニャル子「真尋さんにもクー子にも悪いことしましたね……」

ニャル子「……ん?」

ニャル子「嫉妬……?」

ニャル子「そうだ、この手で行けば……!」キュピーン


67 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 21:23:01.72 ID:qy9X+63DO
クー子の部屋

ニャル子「クー子!」

クー子「どうしたのニャル子? もしかして愛の告白?」

ニャル子「何言ってやがるんですか!? アンタに頼みがあるんですよ」

クー子「ニャル子、私はいつでも子作りの準備は出来てる」キリッ

ニャル子「…………」

クー子「ニャ、ニャル子……?」

ニャル子「クー子、先に謝っておきます。ごめんなさい」

クー子「ど、どうして謝るの?」

ニャル子「私はこれからクー子に最低な頼みをするからですよ」

ニャル子「私は真尋さんに愛されたい」

ニャル子「だからクー子、私と付き合って下さい」


68 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 21:46:29.04 ID:qy9X+63DO
クー子「…………」

ニャル子「すみませんクー子……やっぱり嫌ですよね」

ニャル子「私はクー子の気持ちを知った上で、こんなこと言ってるんですから」

ニャル子「なんとか自力で真尋さんをデレさせてみせます……」

ニャル子「クー子、今の話は忘れて下さい」

ニャル子「じゃあまた後で……」

クー子「待ってニャル子」ガシッ

ニャル子「クー子?」

クー子「要するにニャル子は、私と突き合うことで少年を嫉妬させる作戦に出たいと?」

ニャル子「え、ええ……でも嫌なんでしょう? てか突き合いませんから誤変換乙です」

クー子「私は別に嫌じゃない」

ニャル子「へ?」

クー子「私は私でそれを利用させてもらうから」


69 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 22:08:47.69 ID:qy9X+63DO
ニャル子「利用って……アンタ何を考えてやがるんですか」

クー子「私はいずれニャル子と本当に付き合うつもりだから」

クー子「そのための予行演習だと思えば……濡れるッ!」

ニャル子(そ、そういえばこいつはこういう奴でした……)

ニャル子(クー子に悪いとか考えてた自分が馬鹿らしくなってきましたよ……)

ニャル子(まぁだからこそ、いろいろ救われてきたんですが)

ニャル子「じゃ、じゃあクー子、協力してくれるんですね? 私の“真尋さんをデレさせる作戦百八式”に」

クー子「うん、いいよ。 でもひとつ条件がある」

ニャル子「何ですか昨日より速く走ることですか」



70 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 22:24:29.94 ID:qy9X+63DO
クー子「演技でもいいから……ちゃんと好きって言って?」

ニャル子「…………」

クー子「ニャル子の愛がほしいよぅ……」ウルウル

ニャル子(な、なんて顔してやがるんですか!?)

ニャル子(クー子のくせに、クー子のくせに……)

ニャル子「はぁ……」

ニャル子「クー子が好きです」

ニャル子「私と付き合って下さい」

クー子「ニャル子ぉ~!」ガバッ

ニャル子「ちょ、抱きつくんじゃねーですよっ!」グググ

クー子「ニャル子に好きって言って貰えた……私はしあわせ……私は生きている!!」

ニャル子「クー子……」

ニャル子「ではさっそく作戦に移りますか」

クー子「くすん、もう少し余韻に浸らせてよ……」


71 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 22:37:23.78 ID:qy9X+63DO
ニャル子「真尋さん!」

真尋「なんだよニャル子? まだ夕飯できないぞ?」

ニャル子「違いますよっ」
クー子「私はお腹空いてる」

真尋「だからまだだって……ん?」

真尋「お前ら……なんで腕なんか組んでるんだ?」

ニャル子「あっ!」

ニャル子「ク、クー子いつまでくっついてるんですか! 真尋さんに見られちまったじゃないですか!」

クー子「少年……見た?」
真尋「見たけど……珍しいな、そんなに仲良さそうにしてるなんてさ」

ニャル子「真尋さん、大事なお話があります」

真尋「なんだ?」

ニャル子「リビングで話しますから座って下さい。クー子も行きますよ」


72 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 22:57:31.59 ID:qy9X+63DO
真尋「で、改まってなんだ話って?」

ニャル子「私……」

ニャル子「クー子と付き合うことにしました」

ニャル子「こいつはなんだかんだで私を好いてくれてます」

ニャル子「私、その気持ちにちゃんと答えてやらないと駄目だと思ったんです」

ニャル子「だからクー子に告白しました」

ニャル子「そして付き合うことになりました」

ニャル子「ここまでで何か質問ありますか?」

真尋「え、えっと……お幸せに?」

クー子「ありがとう少年、私たち幸せになるよっ」ギュッ

ニャル子「真尋さん、今までいっぱい迷惑かけてすみませんでした」

ニャル子「真尋さん、大好きでしたよ」


73 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 23:15:08.13 ID:qy9X+63DO
ニャル子「これからは真尋さんの前でクー子とイチャつくこともあると思いますが、どうか気になさらずに」

真尋「お、おう……」

真尋「なんだか……驚いたけど、よかったなクー子」

クー子「うん、ありがとう少年」

真尋「じゃあ今日はニャル子とクー子が好きなものを作ってやらないとな」

真尋「二人とも何が食べたい?」

クー子「味噌ラーメン、カツ丼、カレーライス、焼きそば、たこ焼き、お好み焼き、それから……」

ニャル子「ちょっとは遠慮しろってんですよ!」ビシッ

クー子「う、ニャル子の愛のツッコミ」

ニャル子「はいはいそうですか」


74 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 23:51:24.16 ID:qy9X+63DO
ニャル子(うーん、まだ真尋さんに変化は見られませんね……)

ニャル子(でもこの調子で押せばいずれ……)

~~~~~

真尋「ニャル子ぉ……クー子と別れてくれよ……」

真尋「ニャル子が好きなんだ……」

真尋「ニャル子愛してる」

~~~~~


ニャル子「私もです!」

真尋「な、なんだ急にどうした?」

ニャル子「はっ、いやなんでもありません……」

クー子「ニャル子、少年嫉妬してるの?」ヒソヒソ

ニャル子「うーん……まだ押しが足りないみたいですねぇ」ヒソヒソ

ニャル子「ここはいったん作戦会議です」ヒソヒソ

クー子「わかった」ヒソヒソ


75 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 00:14:46.36 ID:Gf44nuQDO
真尋「なんだよさっきから」

ニャル子「真尋さん、少しクー子と出かけてきます」

真尋「そ、そうか……夕飯までには帰ってこいよ?」

ニャル子「はい」

ニャル子「行きますよクー子」

クー子「うん……」






ニャル子「さて、次はどうしますか……」

クー子「ニャル子、私にいい考えがある」

ニャル子「なんですか」

クー子「少年の前で子作りしよっ」

ニャル子「待て待て待てい! いろいろすっ飛ばしすぎです!!」

クー子「ごめん間違えた、少年の前でキスしよう(頬に)」

ニャル子「え、それは流石に……(唇に)キスなんて見せたら……」

クー子「大丈夫、私に任せて」

ニャル子(嫌な予感しかしません……)






続く!つづく!ツ!ヅ!ク!(タトバのリズムで)


78 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 19:49:07.28 ID:U4TUcE+DO
クー子「はいニャル子、あーん♪」

ニャル子「あ、あーん……」

ニャル子「ク、クー子……恥ずかしいんですけど……」

クー子「いいじゃない。私たち付き合ってるんだし」

ニャル子「でも真尋さんもハスター君もいますし……」

真尋「なんだニャル子、僕へ迫ってた時はそんな恥じらい見せなかっただろ」

ニャル子(お?)

ハス太「でもニャル子ちゃんとクー子ちゃんがねぇ……」

ニャル子「まぁ、宇宙的には同姓で付き合ってる宇宙人なんて、それこそ星の数ほどいますし」

クー子「ニャル子……このままゴールへ向かって走ろう?」

ニャル子「何言ってやがるんですか……」


79 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 20:02:03.35 ID:U4TUcE+DO
真尋「でも良かったよ」

ニャル子「真尋さん?」

真尋「クー子と一緒にいる時のニャル子、なんだか幸せそうに見えるよ」

ニャル子「そ、そうですか……?」

クー子「少年、嬉しいこと言ってくれる」

真尋「あ、あのさ……」

ニャル子「はい?」

真尋「ニャル子……お前、宇宙に帰ったり……しないよな……?」

ニャル子「あらあら真尋さん! もしかして私がクー子と一緒に帰るかもとかお考えですか? うふふ」

真尋「言っとくけど寂しいとか思ってないからな、あまり調子に乗るなよ」

ニャル子「ふふ、私が初めて真尋さんに会った時言った言葉……もう忘れちゃいました?」



80 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 20:18:33.10 ID:U4TUcE+DO
真尋「ああ、そうだったな……ごめんなニャル子、変なこと言ってさ」

ニャル子「不健全かもしれませんけど……私は真尋さんも好きですから!」

真尋「おいおい、そんなこと言ったらクー子が嫉妬するぞ?」ハハ

ニャル子(クー子の嫉妬じゃなくて真尋さんに嫉妬して欲しいんですよー)

クー子「大丈夫、私も少年のこと好き。ニャル子の次に」

ハス太「ぼ、僕も真尋君が好きだよっ」

ニャル子「こらー! 私が一番真尋さんを愛してるんですって!」

真尋「分かったから早くご飯食べろよ」

ニャル子「了解っ! クロックアーップ!!」


81 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 20:35:05.91 ID:U4TUcE+DO
夕食後・クー子の部屋

ハス太「やっぱり付き合ってるフリだったんだね」

ニャル子「つーわけでハスター君も協力お願いします!」

ハス太「ま、まぁ別にいいけど……」

ニャル子「ありがとうございます! さすがハスター君! 頼りになる~」

ハス太「誉めても何も出ないからね?」

ニャル子「して今のところ真尋さんって嫉妬してるんですかね?」

クー子「効果がないわけじゃなさそうだった」

クー子「でもまだ押しが足りない」

ニャル子「そうですねぇ……クー子、もっとダイターンなことしてみますか?」



82 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 20:50:07.72 ID:U4TUcE+DO
クー子「いいよ、少年の前で身も心も重ね合おうよ」

ニャル子「アンタはいちいち発言が際どすぎるんですよ!」

クー子「ニャル子、私嬉しいんだよ?」

クー子「嘘でも、こうしてニャル子と恋人になれて」

ニャル子「クー子……」

クー子「ニャル子大好きっ」ギュッ

ニャル子「ええい! クー子のくせに可愛いんですよこのやろー」ギュウウ

ハス太「ふふ……」

クー子「ニャル子から抱きしめ返してくれたの初めてだね、このまま私の初めてあげる……」

ニャル子「って、調子に乗るんじゃねーです!」

クー子「そうだニャル子、とっておきの作戦考えた」
ニャル子「な、なんですか」

クー子「私に任せれば大丈夫」v


83 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:13:41.07 ID:U4TUcE+DO
翌日

ニャル子「クー子の奴、いったいどんな作戦を考えたんですかね……」

ニャル子「ここで待ってろと言われたのはいいですけど……」

ニャル子「だいたい真尋さん連れてきてない時点で、私とイチャつきたいだけじゃないんですかねぇ」

ニャル子「まぁいいでしょう……で、いったいいつまで待てばいいんですかね……」

「…………」

ニャル子「早くしろってんですよ……」

ガバッ

ニャル子「むぐっ!?」

「ふふ……」

ニャル子「んぐ、むぅ!?」ジタバタ

ニャル子(な、何ですかこれ!? 口が布で塞がれて……)



84 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:30:27.65 ID:U4TUcE+DO
ニャル子「うぅっ、ごほごほぉっ!!」

ニャル子(や、やばい……こいつはクロロホルムってやつですか……)

ニャル子「う、うう……」
ニャル子(やばい……です……意識が遠く……)

「おやすみニャル子、いい夢見てね」

ニャル子「んー……」

ニャル子(ま、真尋さん助けて……)ガクッ

「うふふ、この邪神用の眠り薬を嗅がされたらさすがのニャル子も抵抗できないわね」

ニャル子「う……」

「じゃあ連れていきましょうか」



85 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:48:05.74 ID:U4TUcE+DO
ニャル子「………」

ニャル子「う、うう……?」

ニャル子(ここはどこですか……?)

ニャル子(頭が痛いです……体が動きません……)

ニャル子「んー……んー……」モガモガ

ニャル子(口も塞がれてて声も出せません……)

ニャル子(これって邪神攫いですかね……)

ニャル子(奴ら、もう地球に来ていたとは……)

ニャル子(少し前に影の薄い幼女もといグタタンもやりあったと言ってましたし……)

ニャル子(やばいです……このままだと私……)

「ニャル子、起きた?」


86 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:19:38.01 ID:U4TUcE+DO
ニャル子「んっ!?」

「少しじっとして、口の粘着テープ外してあげるから」ビッ

ニャル子「ぷはっ」

ニャル子「アンタ……邪神攫いの一味ですね!?」

ニャル子「そんな黒いコートで顔隠してないで素顔を見せやがれってんですよ!」

「相変わらず威勢いいのね」

ニャル子(ん? 機械で声を変えてますが、この口調……どこかで……)

「ふふ、学生時代にあんなに傍若無人だったニャル子が無防備に縛られて……ふふふ……ふふ……」

ニャル子「ちょ、迫ってくるな……クー子助けてー!」

「さて、八坂真尋さんは助けに来てくれるかしらね」


87 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:36:33.31 ID:U4TUcE+DO
ニャル子「真尋さんなら、大空に呼べばどこまでも必ず助けに来てくれます!」

「そう、信頼してるのね彼のこと」

ニャル子「あったり前ですよ! 私と真尋さんは相思相愛ですから」

「その割には最近、関係が平行線らしいけど?」

ニャル子「うっさいですよ!! てかアンタ邪神攫いじゃないでしょう!?」

「私(わたくし)は一度もそう名乗ってませんよ」

ニャル子「じゃあ何が目的なんですか!? 私を無理やり眠らせてこんな所に連れ込んで……」

「ニャル子はクー子さんのこと好き?」



88 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:48:54.43 ID:U4TUcE+DO
ニャル子「なんで今度はクー子の話になるんですか!? つーかアンタやっぱりアト……」

「答えて?」

ニャル子「ク、クー子はただの友達です……」

「嘘つかないで」

ニャル子「うぅ、なんでこんな意地悪するんですかぁ……」

ニャル子「私はクー子が好きですよ! 真尋さんと同じくらい!!」

ニャル子「ハァ……ハァ……これで満足ですか!?」

「…………」

ニャル子「うぅぅ……クー子ぉ……真尋さん……」

(今ニャル子は愛情と友情の間で激しく悩んでいる)

(ニャル子かわいいよニャル子)フフッ

ニャル子「もうやめましょうよぉ……」




バンッ!

珠緒「ニャル子ちゃーん! 助けに来たよ!!」

ニャル子「!?」

「…………」

「あれ……?」


89 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:59:59.74 ID:U4TUcE+DO
歩くスピーカー暮井珠緒は改造人間である
彼女を改造した惑星保護機構は宇宙征服を企む悪の秘密結社である
暮井珠緒は人間の自由のために惑星保護機構と戦うのだ!
全部でたらめだ!






ニャル子ってなんか酷い目に遭わせたくなるよね?

続く! つづく! ツ!ヅ!ク!(やはりタトバのリズムで)


91 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 19:14:06.58 ID:VcELGjxDO
これまでの粗筋


ニャル子「クー子と付き合って真尋さんの出方を見る」

と意気込んでいたらニャル子は何者かに誘拐されてしまう。

果たしてニャル子を拉致した人物の正体は本当に○ア○子なのか?
そしてクー子はどこに?


92 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 19:22:54.21 ID:VcELGjxDO
珠緒「ニャル子ちゃん!」

ニャル子「た、珠緒さん……どうして……?」

珠緒「クー子ちゃんからメールが着たんだよ、ニャル子ちゃんが大変だって」

ニャル子「クー子……それでクー子は何処に?」

珠緒「えっ、先に来てるとばかり……」

「成る程ね……」

珠緒「あ、あなたがニャル子ちゃんを誘拐した犯人だね!?」

「ふふ、だったらどうする?」

珠緒「ニャル子ちゃんは私が助ける!」

「そう……じゃあ仕方ないわね」

ニャル子「ア、アト子ちゃん! 珠緒さんに危害は……」


93 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 19:44:42.74 ID:VcELGjxDO
「ニャル子は黙っててくれる?」ドスッ

ニャル子「いぎっ!?」

珠緒「ニャル子ちゃん!」

ニャル子「な、何するんですか……注射……?」

ニャル子「あ、あれ……? なんだか……眠くなって……」

ニャル子(や、やばい……このままだと珠緒さんがアト子ちゃんの毒牙に……)
ニャル子(あ……だめです……眠……)

ニャル子「…………」

珠緒「ニャル子ちゃん!? 寝ちゃったの?」

「さて、珠緒さん少しお話しましょうか」バサッ

珠緒「あ、あれ? あなたニャル子ちゃんの友達の銀アト子さん!?」


94 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 20:08:35.60 ID:VcELGjxDO
クー子「どうして珠緒が……?」

アト子「クー子さん、あなたメールの送信先を間違ってたでしょう?」

クー子「そんなはずは……あ」

アト子「やっぱり……」

クー子「どうやら少年に送ったつもりが、珠緒に送っていたらしい」テヘ

珠緒「何それ、ホントは八坂君を呼ぶつもりだったってこと?」

ニャル子「う、うーん……真尋さーん……」ムニャムニャ

クー子「この際だから珠緒にも協力してもらう」

珠緒「えー……って言いたいとこだけど、面白そうだからいいよ」


95 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 20:27:58.01 ID:VcELGjxDO
クー子「じゃあ作戦テイク2を……」

ニャル子「やっぱりクー子の仕業でしたか……」

珠緒「あ、ニャル子ちゃん起きた?」

クー子「ニャ、ニャル子もしかして怒ってる……?」
ニャル子「当たり前ですよ! マジでヤバいって思ったんですから!」

ニャル子「最初から話してくれれば良かったのに……無理やり眠らせて……苦しかったんですから……」

クー子「ごめんニャル子、反省している」

ニャル子「それで、いったいどういう作戦なんですかこれは」



96 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 20:57:03.00 ID:VcELGjxDO
クー子「ニャル子を助けて私の好感度アップ」

クー子(ニャル子のピンチを少年が助けて二人の仲が進展)

ニャル子「本音がダダ漏れなんですよ!」

クー子「だって……私もニャル子に愛されたい……」
ニャル子「う……またそんな顔を……」

クー子「だってぇ~、ニャル子はいつでも少年のことばかりで……」

クー子「私だって……私だってぇ……」グスグス

ニャル子「ちょ、泣くんじゃねーですって……」

珠緒「ニャル子ちゃん……罪な女だね……」

アト子「しばらく会わない間にニャル子は百合属性も身につけたのかしら」



97 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 21:16:11.73 ID:VcELGjxDO
ニャル子「ふたりとも何を勝手なことを……」

クー子「ニャル子ぉ……」

ニャル子「ちょっとクー子……いつまでくっついて……」

クー子「ニャル子ニウムを補給中だから離さない」ギュウウ

ニャル子「勝手に謎の元素を作らないでもらえます?」

珠緒「ニャル子ちゃんはさ、もう少しクー子ちゃんにも優しくしてあげるべきだよ」

ニャル子「珠緒さん……」

アト子「ニャル子は二股っと……」

ニャル子「アト子ちゃんまで……」


98 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 21:28:13.52 ID:VcELGjxDO
ニャル子「分かりました! 分かりましたよっ」

クー子「ニャル子?」

ニャル子「もうこんな回りくどいやり方じゃなくて、正攻法で攻めます!」

クー子「正攻法って……」

ニャル子「まずは真尋さんを呼びましょう!」

ニャル子「そしてアト子ちゃんと珠緒さんも協力してもらいますよ! 拒否権はありませんからね」

珠緒「わ、分かったよ……」

アト子「私は最初からそのつもりよ」

ニャル子「よし、クー子! ここからは私に任せて下さい」

ニャル子(いいですよ……少しばかりデレてあげますよ……)

ニャル子「ではまず真尋さんに電話を……」ピッピッ


99 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 21:33:38.80 ID:VcELGjxDO
クーニャル速報


這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイムにはクーニャルが多いので、まだ見てない人は必読やでぇ


次回はニャル子がデレます?



102 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 13:35:53.62 ID:Z8OlTP+DO
真尋「ん? ニャル子から電話だ……」

真尋「あいつ今日は朝からどこかに行ってたけど……」

真尋「まためんどくさいことじゃないだろうな……」ピッ

「…………」

真尋「おーいニャル子?」
ニャル子「……すけて」

真尋「ニャル子?」

ニャル子「ま、真尋さん……助けて……助けて下さい……」

真尋「ニャル子どうしたんだ? 言っとくが冗談とかだったらフォークでオーロラプラズマ返しだからな」

ニャル子(うっ……流石に真尋さん手強いですね)

ニャル子(ですが負けませんよ! 私の迫真の演技を見よ!!)



103 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 14:03:14.41 ID:Z8OlTP+DO
ニャル子「冗談言う余裕なんかないです……」

ニャル子「私このままじゃ……売られちゃいます……」

ニャル子「真尋さん……私まだ真尋さんとお別れしたくないです……」

ニャル子「助けて下さい……」

真尋「お、おいニャル子? 落ち着けって……何があったか落ち着いて話してみろ?」

ニャル子「最近“邪神攫い”って連中が宇宙で暗躍してるらしく、我々惑星保護機構にも注意喚起の文章が度々着てるんですがね」

ニャル子「あ、邪神攫いは読んで字の如く邪神を狙った邪神売買組織らしいです」

ニャル子「奴らに捕まったが最後……後はどうあがいても絶望です」



104 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 14:35:08.72 ID:Z8OlTP+DO
真尋(えらく説明口調だな……というのは突っ込まないでおくか)

真尋「ニャル子、お前まさかそいつらに……?」

ニャル子「はい……私としたことが油断しました……」

ニャル子「クー子を待ってたらアト……じゃなくて誰かに薬を嗅がされて、拉致られちまいました……」

ニャル子「抵抗できないように手足も折られちまいました……」

ニャル子「うう……痛いです……」

ニャル子「さらに抵抗する気が起きないようにボコボコにされました……」

ニャル子「さすがの私もあばらが数本持ってかれました……」

ニャル子「真尋さん……マジで助けて下さい……」


105 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 15:15:29.02 ID:Z8OlTP+DO
ニャル子「ひっ! 奴らが戻って……」

ニャル子「嫌だっ離せ……」

ニャル子「やだやだやだぁ!! 真尋さん助けて! クー子助けて!!」

ニャル子「んむっ!?」

ニャル子「むぅぅ~! んぐぐ……」

真尋「ニャ、ニャル子どうした!?」

「ふっふっふ……」

真尋「だ、誰だ!?」

「ニャル子ちゃんには薬を吸ってもらって眠ってもらったよ」

「さて八坂君、ニャル子ちゃんを助けたいなら今から言う場所に来て」

「ニャル子ちゃんは八坂君を待ってるよ」

真尋「わ、分かった……」

「じゃあ場所は……」


106 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 15:57:44.52 ID:Z8OlTP+DO
珠緒「よしっ、八坂君に場所教えたよ」

ニャル子「んー!んー!」バタバタ

ニャル子「ぷはっ、アト子ちゃん! いつまで口塞いでるんですか!? いい加減苦しいんですよ!」

アト子「あら残念、もっとニャル子の唾液が欲しいのに……」

クー子「ニャル子私にも唾液ちょうだい……」

ニャル子「珠緒さん助けて! 変態が二人います!」

珠緒「けどニャル子ちゃんいい演技だったねぇ、思わずゾクゾクしちゃったよ」

ニャル子「もし本当に奴らに攫われたらって意識しましたから」

クー子「ニャル子は私を呼ぶんだね……クー子助けてって」

ニャル子「演じきろうと思ったら真尋さんの次に咄嗟にクー子が浮かんだだけですよ……」


107 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 16:26:29.35 ID:Z8OlTP+DO
ニャル子「クー子は私が攫われたら助けにきてくれますか……?」

クー子「誓って助けるよ」

クー子「じゃあ立場が逆だったらニャル子は私を助けてくれる……?」

ニャル子(助けますよ、命をかけて……)

ニャル子(とは恥ずかしいんで言いませんが)

ニャル子「ま、まぁ助けてあげてもいいですよ? 私とクー子は親友ですからね」

クー子「ニャル子もっとデレて」

ニャル子「クーコアイシテマスヨー」

クー子「もっと感情込めてよ~」シクシク

珠緒「じゃあニャル子ちゃん……」

ニャル子「へ? なんでロープを……」

珠緒「リアリティー出さないとねっ」ギュッギュッ

ニャル子「痛たたた! 珠緒さんキツいです!」


108 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 16:47:43.40 ID:Z8OlTP+DO
珠緒「じゃニャル子ちゃん、八坂君が来たらさっき並の演技頼むよ」

珠緒「ふっふっふ……」

ニャル子「珠緒さん……あーた完全に楽しんでますね……」

アト子「私も楽しませてもらってるから安心して」

ニャル子「まったく……クー子がアト子ちゃんに声かけたばかりにこんな……」

ニャル子「でもまあいいでしょう」

ニャル子「上手く行けばこれで真尋さんの愛を……」
ニャル子「ぐふふ……ふふ」ジュルリ

クー子「…………」

クー子(なんだろ……? この気持ち……なんだか胸が痛い……?」

ニャル子「さぁ真尋さん! 私を助けに早く来て下さーい!」



109 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 16:50:50.66 ID:Z8OlTP+DO
ニャル子のゲームだとクーニャルエンドがあるっていうのはホンニャカ?




後半に続くー


111 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 20:35:31.49 ID:dbVx7g6DO
ニャル子「しかし……真尋さんは本当に来てくれますかね……?」

珠緒「大丈夫じゃないの?」

ニャル子「いや、真尋さんは頭の良い方ですから、もしかすると既に気づかれてるかもしれません……」

珠緒「うーん、けどさっきのニャル子ちゃんの様子を聞いて来ないなんて男としてどうなの?」

珠緒「か、彼女が助けてって言ってるんだよ?」

ニャル子「そ、そうですよね! 私と真尋さんの絆ですからねっ!」

珠緒「そ、そうだね……」

クー子「…………」

アト子「クー子さん、どうかした?」

クー子「な、なんでもない……」



112 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 20:51:01.90 ID:dbVx7g6DO
ニャル子(ん? クー子の奴……)

ニャル子(さっきも何か言ってたようですが……)

珠緒「ニャル子ちゃんどうしたの?」

ニャル子「い、いや何でもねーです……」

アト子「あらあら……」

ニャル子「アト子ちゃん……何ですか、その顔は」

アト子「ふふ、別に……ただニャル子を取られちゃったなって」

ニャル子「は?」

アト子「ニャル子の数少ない親友として、喜んでいいのか悪いのか……ちょっと分からなくて」

ニャル子「もしかして……私が真尋さんに取られたから妬いてるんですか?」

アト子「そうね、そういうことで間違ってはないわ」

アト子(ただし、真尋さんじゃないけど)

ニャル子「まあいいです……真尋さんまだですかね」


113 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 21:08:15.71 ID:dbVx7g6DO
クー子「少年、来たみたい」

ニャル子「にゃっ!?」

珠緒「じゃあ手筈通りにね」

ニャル子「お願いしますねっ、珠緒さんアト子ちゃん」

ニャル子「クー子はどうします?」

クー子「私は……」

クー子「いい、少し離れたとこから見守ってる」

ニャル子「そ、そうですか……」

ニャル子「クー子……アンタさっきから変じゃないですか?」

クー子「そう……かな……?」

ニャル子「そうですよ! 具合でも悪いんですか?」

クー子「違う……ニャル子」

ニャル子「はい?」

クー子「…………」

クー子「やっぱり何でもない……」

クー子「じゃあ向こうにいるから」


114 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 21:29:24.02 ID:dbVx7g6DO
ニャル子「クー子っ……」
珠緒「ニャル子ちゃん、八坂君が……」

ニャル子(仕方ありません……真尋さんの愛を頂いてから、後でクー子のことは気にしてあげますか……)

真尋「ニャル子!」

ニャル子「ま、真尋さん……」

珠緒「ふっふっふ……よく来たね八坂真尋君」

真尋「お前らがニャル子を攫った奴らか……」

珠緒「そうだよ! 可愛い彼女を助けたいよね?」

真尋「あ、ああ……」

ニャル子「真尋さーん、そこは勇ましく「ニャル子は僕が助ける! そしてニャル子を幸せにする」くらい言って下さいよ」

真尋「………」

珠緒(ニャル子ちゃん……台本無視しすぎ……)


115 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 21:43:17.76 ID:dbVx7g6DO
ニャル子(はっ!? しまったつい……)

珠緒「ふ、ふっふっふ! さ、さあ八坂君! ニャル子ちゃんを助けたければ私の言うことを聞いてもらうよっ」

真尋「わ、分かった……言う通りにするから、早くニャル子を……」

ニャル子(おっ?)

珠緒「いいね……じゃあ幾つか質問に答えて貰おうかな」

珠緒「八坂君はニャル子ちゃんが好き?」

真尋「…………」

珠緒「どうなの?」

真尋「す、好きだよ……」

ニャル子「イエスッ! ニャル子ちゃん大勝利!!」

珠緒「そう……だよね」

真尋「はぁ……なあそろそろやめないか? 暮井」



116 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 21:57:56.50 ID:dbVx7g6DO
珠緒「えっ、何言ってるのかな!?」ギクッ

真尋「だからさ、もうやめにしよう」

真尋「ニャル子の気持ちはよく伝わったよ」

ニャル子「真尋さん……やっぱり気づいてましたか、これが狂言だって」

真尋「説明口調すぎるんだよ、それに暮井の声で気づくって」

珠緒「しまったあああ……声変えるの忘れてたああ」
アト子「なんだか……予想通りの結果になりましたね」

真尋「アト子もいたのか……」

アト子「お久しぶりです真尋さん」

真尋「あー……なんだ、なんかニャル子が迷惑かけたな」

ニャル子「何言ってるんですか!? 最初ガチで拉致られたんですからね!」



117 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 22:10:14.75 ID:dbVx7g6DO
真尋「はいはい分かったから、帰るぞ」

ニャル子「で、では真尋さん! このロープ解いて下さい」

珠緒「あーあ、せっかくニャル子ちゃん縛ったのになあ」

ニャル子「ふぅ~、やっと自由になった気がします」

真尋「じゃあ帰るぞ、夕飯の準備手伝えよな」

真尋「こうやって茶番劇に付き合ってやったんだからな」

ニャル子「アイアイサー! ショーグン!!」

ニャル子「って茶番劇!?」

ニャル子「おーいクー子……もう終わりましたよ」

ニャル子「帰りましょう」

真尋「やっぱりクー子もいたか」

クー子「少年、さっきの言葉……本当?」

真尋「さっき?」

クー子「ニャル子が好きって……」


118 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 22:26:03.98 ID:dbVx7g6DO
ニャル子「ク、クー子!? いきなり何を……」

真尋「大丈夫だって、そんな大層な意味じゃないよ」

真尋「それにニャル子とクー子は付き合ってるんだろ?」

クー子「それは嘘」

ニャル子「クー子……!?」

クー子「少年の嫉妬心を擽るために付き合ってるフリしただけ」

ニャル子「あっさりバラしましたね……」

クー子「だって……」

ニャル子「クー子、アンタもしかして怒ってたんですか?」

ニャル子「だからアト子ちゃんを協力させてあんな……」

クー子「だって……だって……」

クー子「ニャル子が取られちゃう……って思ったの……」



119 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 22:38:30.92 ID:dbVx7g6DO
クー子「そう思ったら辛くて悲しくて……」

クー子「ニャル子は私だけのものだもん!」

ニャル子「だ、誰がクー子のものなんですか!?」

ニャル子「だいたい、クー子がおとなしくしてれば私はもう真尋さんと……」

ニャル子「邪魔したいのか協力したいのかはっきりして下さいよ」

クー子「うう……」ポロポロ

クー子「ニャル子の馬鹿……」ダダッ

ニャル子「あっ、クー子!?」

アト子「ニャル子、さっきのは言い過ぎ」

珠緒「そうだよ、クー子ちゃんの気持ちも考えてあげなきゃ」

ニャル子「あれ? 私が悪いんですか……」

真尋「ニャル子」

ニャル子「は、はい!?」



120 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 22:47:09.09 ID:dbVx7g6DO
真尋「ちゃんとクー子を連れて帰ってくるように」

ニャル子「うっ……」

真尋「クー子もたぶんさ、ニャル子に追いかけてきてほしいと思ってるんじゃないか?」

ニャル子「そうですかね……」

真尋「今日もお前らの好きなもの作ってやるからさ」

ニャル子「ううむ……分かりましたよ……」

珠緒「ニャル子ちゃんファイト!」

アト子「ニャル子、正直にね?」

ニャル子「はいはい、分かりましたってば!」



121 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 22:57:43.04 ID:dbVx7g6DO
埠頭の外れ

クー子「ぐすっ……」

クー子「私、ニャル子に嫌われちゃった……」

クー子「私の気持ちはニャル子に届かないのかな……」

クー子「でも……好きなんだもん……愛してるんだもん……」

クー子「私……どうしていいか分からない……」

ニャル子「クー子ぉ!!」

クー子「ニャ、ニャル子……?」

ニャル子「アンタの心にしるしはありますか!?」

ニャル子「“恐れていては駄目”って心に誰かのメッセージが聞こえないんですか!?」

ニャル子「アンタの心に勇気はありますか!?」

ニャル子「孤独の雨に打たれても瞳は明日を見てますか!?」



122 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 23:10:44.88 ID:dbVx7g6DO
ニャル子「誰かを愛するってそういうことじゃないんですか!?」

ニャル子「クー子、よく聞いて下さい」

ニャル子「私は真尋さんが好きです! 彼を愛してます!!」

ニャル子「でも……クー子のことも大切に思ってます……」

ニャル子「クー子が危ない時は私は命を捨ててアンタを助けます」

ニャル子「だからクー子……これからも私の親友でいて下さい……」

ニャル子「これが今の私の正直な気持ちです」

クー子「うう~」グスグス

ニャル子「さっきは言い過ぎましたね、すみません」

クー子「ニャル子……ニャル子ぉ……」

ニャル子「ほらもう泣かないで、一緒に真尋さんのとこに帰りましょう」ナデナデ



123 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 23:17:19.66 ID:dbVx7g6DO
クー子「ニャル子、私もひとつ聞いてほしいことがある」

ニャル子「なんですか?」

クー子「私はニャル子が好きです」

クー子「宇宙で一番好きです」

クー子「だから、これからもニャル子にクラッシュアタックするから」

ニャル子「お手柔らかに頼みますよ……」

クー子「ありがとニャル子、恋人ごっこは今日でおしまい」

クー子「ニャル子に好きって言ってもらえただけで幸せだった」

クー子「今度は本気で言わせてみせるから」

ニャル子「ようやくいつものクー子に戻りましたね」

ニャル子「さっ、帰りましょう」

クー子「うんっ」


124 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 23:26:46.66 ID:dbVx7g6DO
数日後……

クー子「ニャル子明日デートしよ?」

ニャル子「なんでアンタと……と言いたいですが、いいですよ」

ニャル子「久しぶりに二人だけで遊びますか」

クー子「ふふ、だからニャル子って大好き」ニコニコ

ニャル子「そいつは良かったですね……」







真尋「ハス太、俺たちもどこか出かけるか?」

ハス太「えっいいの、二人きりだけどいいの!?」

真尋「暮井と余市も誘うからな」

ハス太「真尋君の意地悪ぅ……」ムスッ







おわり


125 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 23:34:03.72 ID:dbVx7g6DO
ニャル子さんアンソロジーのタチ先生(桜Trickの作者)の話がアンソロジーベストクーニャルだと思う

ニャル子も百合百合すればいいと思う


「親から子へ そして明日へ 語り継がれる伝説 這いよれ!ニャル子さん」


126 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/31(月) 00:52:55.87 ID:lT5JuuTno
おつおつ
タチ先生描いてたのか、ちょっと探してみよう


127 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 03:12:43.39 ID:1CsJEg9DO
『ニャル子「クー子との何でもない出来事」』

ニャル子「ふわぁ……」

クー子「ニャル子おはよう」

ニャル子「おはようございます……あー眠いです」

クー子「夕べはニャル子、激しかったね。ぽ」

ニャル子「何がぽですか、だいたい昨日の夜はアンタの部屋には行ってないですから」

ニャル子「いい加減なこと言ってると、私の真っ赤な血潮が怒りに燃えますよ?」

クー子「冗談……でもニャル子、昨日ナニしてたの?」

ニャル子「ああ溜まってた書類を片付けてたんですよ、おかげで寝不足気味です……」

クー子「言ってくれれば手伝ったのに」

ニャル子「いやいや、これは私の仕事ですから」

ニャル子「燃える闘志と悲しみは冷たく固い部屋の中ってね」



128 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 11:20:02.22 ID:1CsJEg9DO
クー子「二人でやればニャル子が寝不足になることもなかったのに……」

クー子「一人一人は小さいけれど、一つになれば、ごらん無敵だよ?」

ニャル子「はいはい、気持ちだけ受け取っておきますよ」

クー子「ついでに私の愛も受け取って……」

ニャル子「さて、今日も真尋さんを守るため愛と勇気の炎を燃やしますか! あれ、クー子何か言いました?」

クー子「ふふ、ニャル子の恥ずかしがり屋さん」ホッペツンツン

ニャル子「ええい! 頬を突くな!」

ニャル子「つーか、真尋さんどこですかね? 今日は日曜日ですが……」

クー子「少年ならハス太君と出かけた」

ニャル子「なんですと……!?」

クー子「だから今日はニャル子と二人きり……」

クー子「見てニャル子、クトゥグアの炎は幸せを守る炎……私の魂も燃えている」



129 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 11:46:09.62 ID:1CsJEg9DO
ニャル子「暑苦しいんですよ! 近いっての!」グググ

クー子「ニャル子……このまま私たちの愛を振りかざそう? スクラム組んで」

ニャル子「やめて下さいよ……今はそんな気分じゃないです……」

クー子「今はってことは、いつかはニャル子と百合プレイできるの?」

ニャル子「そういう上目遣いな仕草は普通に可愛いんですけどね……」ナデナデ

クー子「えへへ……」

ニャル子「だからって調子に乗るんじゃねーです」ビシッ

クー子「その突っ込みも愛……ニャル子私と合体グランドスラムしよう……荒野に花を未来に星を、輝き咲かせるそのために……」


ニャル子「バーッとバイオ! クラッシュアタック!!」ズガッ

クー子「きゅう……」ドサッ

ニャル子「ふぅ、危ない危ない……」



130 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 13:15:30.96 ID:1CsJEg9DO
ニャル子「やれやれ、虹が浮かぶ嘆きの空にクー子のメッセージですか」

ニャル子「アンタの気持ちはもう十分分かってますよ」

ニャル子「欝陶しい時もありますが、アンタと喧嘩するのも楽しいですから」

ニャル子「私はクー子の悲しい顔なんて忘れたんです」

ニャル子「戦いすんだら笑顔だけです、そういうのが私たちらしくないですか?」

ニャル子「ってクー子聞いてます?」

クー子「う、うーん……?」

クー子「気を失ってたみたい……ニャル子何か言ってたの? 私への愛の告白?」

ニャル子「なんつーおめでたい脳ミソですか……」

クー子「ニャル子せっかく二人きりなんだから、ナニかしようよ」

ニャル子「言っときますがナニはしませんよ」

クー子「ああ可愛い……ニャル子の体は地上に降りた神秘の泉……神の住む星……」


131 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 13:35:55.52 ID:1CsJEg9DO
ニャル子「邪神が神って違和感しかねーですよ」

クー子「もう我慢出来ない……ニャル子、青春爆発ファイヤー」

ニャル子「またですか!?」

クー子「ニャル子脱がすよ?」ガシッ

ニャル子「やめい! それ以上やると、正義のパワーで遥かな眠りの旅を捧げますよ!!」

クー子「私はニャル子を守るよこの愛で、大切な人を大切な人の未来を」

ニャル子「じゃあまず私の貞操を守ってもらえます?」

クー子「ニャル子も私を守ってくれるから大好き」

クー子「時を飛び越えて、いつも助けてくれる」

ニャル子「脳内解釈が上手ですねクーちゃんは」

クー子「そういう素朴なデレも好き」

ニャル子(くっ……すっかりクー子のペースに……)


132 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 13:58:24.71 ID:1CsJEg9DO
クー子「さっニャル子、虹を越えて行こう?」

ニャル子「うっ……」

ニャル子(やばいです……さっきみたいに振りほどけません……)

ニャル子(今のクー子は……可愛い……)

クー子「行こうニャル子、泣いてるニャル子の微笑みがみたい」

ニャル子「泣いてねーですから……」

クー子「少年とハス太君には、ブラックホールに消えた奴がいる……それが愛し合う私たちと報告しておこう」

ニャル子「クー子いい加減に……」

クー子「とびきり熱い二人の仲間、それが私とニャル子とも言っておく」

クー子「さぁニャル子、夢を追い越した時私たちは光になろう?」

クー子「今日で退屈とはおさらばだよ」

ニャル子「…………」



133 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 14:18:23.69 ID:1CsJEg9DO
クー子「ニャル子……?」

ニャル子「クー子はずるいですよ……」

ニャル子「私だって我慢してるんですよ……」

クー子「えっニャル子……」

ニャル子(も、もうだめです……クー子……)

ニャル子「ガンガンギギン!!」ガバッ

クー子「わっ……!?」

ニャル子「Save the KUKO! Save the Life!」ググッ

クー子「ニャル子待って……」

ニャル子「Its Just Now! ウガアアアア!!」グググッ

クー子「ニャル子痛いっ! やめてぇ!!」バタバタ

ニャル子「ハァハァ……口では嫌がってても体は正直じゃないですかっくくっ」

ニャル子「クー子……二つの心を合わせて信じた未来に頑張りましょう」

ニャル子「大丈夫です……優しくしますから……アバレた数だけ痛みを知りましょうよ……」



134 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:14:06.97 ID:1CsJEg9DO
ニャル子「さあさあ! 微笑み忘れた天使たちのためにヤリますよ!」

クー子「…………」

ニャル子「恐がらないでいいですよ、私は勇気という名の魔法を持ってますから」

ニャル子「最高のチームワーク見せてやりましょうよ」

ニャル子「そして誰よりも今よりも強くなるんです」

ニャル子「私はもうエンジン全開です! 沈むクー子を救いたいですよ!」

ニャル子「クー子……勇気の翼を広げて?」

クー子「やだ……」

ニャル子「なんで……ですか……」

クー子「今のニャル子は恐い……」

ニャル子「…………」

クー子「私が愛したニャル子は……」

ニャル子「な゛んでですかー!?」

ニャル子「ぜっかくぞの気になっだのにー」

ニャル子「うわあああん! クーちゃああん!!」ギュウウ

ニャル子「クー子ぉ……クー子……クー子ぉぉ」

クー子「うええんニャルちゃん……」グスグス



135 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:41:20.72 ID:1CsJEg9DO
―――――――
――――
――

ニャル子「すみませんでした……」

クー子「うん……私もごめん……」

ニャル子「このことは忘れましょう……お互いに」

クー子「うん……ニャル子とはちゃんと愛し合う時に……」

クー子「その方がでっかい夢は無限大」

ニャル子「そうですね……私も悲しみをデリートして強くなると誓います……」

ニャル子「って違いますから! クー子のことはその……確かに好きです……けど……」

ニャル子「あれは理性を保てなかったと言うか……気の迷いと言うか……」

ニャル子「とにかく忘れましょう……いや忘れて下さい」



136 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:51:28.20 ID:1CsJEg9DO
クー子「うん……でも嬉しかったよ」

クー子「ニャル子のほんとの気持ちが少し分かった気がしたし……」

クー子「私は頑張って少年に勝つよ」

クー子「大事に思うものは自分の手で守りたい」

クー子「恐れも逃げ出す程にブレイブなハート燃やすよ」

クー子「ニャル子、聞いて見事驚けっ」

クー子「私はニャル子が大好きだよっ」

ニャル子「ありがとうございますクー子」

ニャル子「あっ真尋さんたちが帰ってきたみたいですよ」

ニャル子「さっ行きましょうクー子」

クー子「うんニャル子」






おわり


137 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:57:15.70 ID:1CsJEg9DO
今回の台詞の元ネタが全部分かった人は、五つの力を一つに合わせて勝利の雄叫びを叫びましょう。

クー子はいざニャル子に迫られるとおとなしくなるに1000ペリカ


139 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 23:40:06.77 ID:T62DhcMm0


141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 21:11:04.12 ID:5Ey1xxPY0
面白かった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390906638/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「這いよれ! ニャル子さん」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。