Powered By 画RSS


真美「約束の音」

1 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 01:57:46.79 ID:vX9kLmMuo
アイマス20話のifストーリーです。
とある楽曲をモチーフにして書いてみました。


2 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 01:58:22.55 ID:vX9kLmMuo
あの記事のあと。
千早お姉ちゃんの声が出なくなって、事務所にも来なくなってから何日経っただろう。
外は薄暗く、耳を澄ますと雨の音がさらさらと聴こえる。




3 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 01:58:50.05 ID:vX9kLmMuo
「みんなで曲をつくろうよ!」

はるるんの一声で、765プロのみんなで歌詞を作ることになった。
もちろん真美も大賛成だ。


4 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 01:59:17.71 ID:vX9kLmMuo
だけど、私は千早お姉ちゃんに何を伝えればいいんだろう?


5 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 01:59:44.29 ID:vX9kLmMuo
はるるん、千早お姉ちゃんとは大親友。伝えたいこともいっぱいあるに違いない。
まこちん、とにかく暑苦しく励ますんだろう。
ミキミキ、あの人が唯一尊敬してるのが千早お姉ちゃんだったはず。
あずさお姉ちゃん、妹みたいにかわいがっていたっけ。


6 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:00:48.86 ID:vX9kLmMuo
私には何があるんだろう?


7 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:01:14.58 ID:vX9kLmMuo
悩む。
私は千早お姉ちゃんのことが好きだ。だけどはるるんに比べたらその思いも負けているのかもしれない。
私は明るく元気な性格だけど、まこちんに比べたら人を引っ張りあげられるパワーに欠けているのかも。
千早お姉ちゃんのことは尊敬してるけど、ライバルとは思えない。
どっちかと言えば真美は可愛がられる側だし、千早お姉ちゃんはやよいっちのほうがお気に入りだった。


8 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:01:40.46 ID:vX9kLmMuo
書いては消し、書いては消しの繰り返し。
半日かけて並べたのはゴミの山。
伝えたいのに、うまくいかない。こんなことならもっと国語の授業必死に受けるんだった。
失敗が続くたびに、思いは高ぶっていく。机に向かっている場合じゃないんじゃないかって。


9 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:03:17.09 ID:vX9kLmMuo
紡ぎ出せないコトバのカケラが、私の中で鋭く尖っていく。
そのまま吐き出したら、余計に傷を広げてしまうような気がして、吐き出せずに魚の小骨みたいに喉に刺さる。
でも、千早お姉ちゃんは私とは比べ物にならないくらい辛い思いをしているんだ。
だったら、この気持ちを形にしなくちゃ。


10 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:03:44.09 ID:vX9kLmMuo


11 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:05:08.62 ID:vX9kLmMuo
「私には歌しかありません」


12 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:05:35.91 ID:vX9kLmMuo
そんなことを、よく言っていた気がする。
もっと昔、まだ優がいた頃のことを考える。私には歌どころか何もなかった。
ただの、子供だった。
だけど、音程もろくに取れず発声もなっちゃいない私の歌を、弟は褒めてくれたんだ。
私にもなにか与えられる物があるなら、それは歌だと確信した。


13 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:06:06.28 ID:vX9kLmMuo
だけどいつしか歌に拘って、歌に縛られて。
手段と目的が入れ替わったことにも気が付かないままアイドルになった。
歌にすがって、他のものは切り捨てて。仲間たちを、仲良しごっことバカにして。


14 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:07:35.33 ID:vX9kLmMuo
「ほっとけない、ほっとけないよ」


15 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:08:49.99 ID:vX9kLmMuo
でも、皆は私のことを見てくれていた。私だけが見ていなかった。
恥ずかしい話だ。
知性派?クール?
そんな言葉でごまかして、私は弟がいなくなった日から、心の時間を止めていたんだから。
だけど、それも私なんだ。


17 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:09:16.08 ID:vX9kLmMuo
「千早お姉ちゃん、行こう!」


18 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:09:45.79 ID:vX9kLmMuo
私の部屋は色んな想いと段ボール箱で窮屈だけど、春香が鍵を開けて、あの子が引っ張りあげてくれた。
あとは、私の心の中の私が出てきてくれれば。
まだ声は出ない。だけど、胸の奥に暖かなものが広がって、あの子の声がしている。
小さな手を握って歩きながら、そう思っていた。


19 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:11:27.23 ID:vX9kLmMuo


20 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:11:54.72 ID:vX9kLmMuo
なんとか間に合った、ステージに上る。
しかし、復帰一曲目でソロというのは、いかにもプロデューサーらしい。
あれ、あの子のお陰で元に戻ったと思っていたのに、なんで。


21 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:13:15.72 ID:vX9kLmMuo
声 が 出 な い


22 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:14:03.37 ID:vX9kLmMuo

https://www.youtube.com/watch?v=YBEUcasMSvU

※まとめ読みする場合このあたりから流してお楽しみください


23 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:15:23.78 ID:vX9kLmMuo


24 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:15:50.41 ID:vX9kLmMuo
千早お姉ちゃんの様子がおかしい。
まさか、まだ本調子になってなかった?
イントロだけが延々と繰り返される。いや、もう限界だ。


25 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:16:43.84 ID:vX9kLmMuo
「春香!?」

「いや、このまま続けてください!」


26 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:17:39.95 ID:vX9kLmMuo
その時、はるるんがマイクを握って飛び出していった。
皆呆然としている、違う、違うでしょ。呆けてる場合じゃないって!
にいちゃんと目があった。わかってるよ、仲間を助けるのに、理由はいらないもんね!
そう、これが真美にできること。


27 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:18:07.10 ID:vX9kLmMuo
「ぼさっとしない、真美たちも行くよ!」


28 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:18:32.74 ID:vX9kLmMuo


29 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:18:58.70 ID:vX9kLmMuo
「ねえ 目を 閉じれば見える 君の笑顔」


30 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:20:00.96 ID:vX9kLmMuo
とっさの機転で、仲間たちが歌ってくれている。
私の声は、どこに行ってしまったの?
あの部屋から出た時感じたぬくもりは、嘘だったの?
片方だけ打ち捨てられた靴が足元にあるような気がする。


31 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:21:06.37 ID:vX9kLmMuo
でも、仲間の期待を裏切る訳にはいかない。
その時私は見た。弟を。


32 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:22:01.76 ID:vX9kLmMuo
「お姉ちゃん――」


33 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:22:28.35 ID:vX9kLmMuo
「歌って!」


34 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:22:54.45 ID:vX9kLmMuo
わかったわよ、仕方ないわね。
心に掛かった鍵が、音もなく崩れていくような気がした。
歌と一緒に苦しんできた私も、声が出なくなってもがいた自分も、全部、如月千早なんだ。
だから、叫ぼう。歩こう。歌おう。
その先に、きっと全てがある。


35 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:23:20.73 ID:vX9kLmMuo


36 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:23:57.65 ID:vX9kLmMuo
そろそろ一番歌い終わっちゃうよ。
千早お姉ちゃん、まだダメなの?
そんな不安はお姉ちゃんの顔を見たら消し飛んじゃった。
今まで見たことのないような、自然な笑顔。
たどり着いた、如月千早という歌姫の境地。


37 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:24:25.11 ID:vX9kLmMuo
さあさあ客席の兄ちゃん姉ちゃんたち、とくと見やがれ聞きやがれ、これが765プロ最強の歌声だよ!


38 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:25:07.40 ID:vX9kLmMuo


39 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:25:33.30 ID:vX9kLmMuo
一番が終わる。行くならここ。
不思議な感覚だった。小さな私が一緒に歌ってくれるような。
まだ歌い始めていないのに、私の音がする。
私のための曲、私のためのステージ。
青いサイリウムはまるで海のようで大空のよう。
いつの間にか、心を覆っていた雨雲は晴れている。


40 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:26:00.34 ID:vX9kLmMuo
さあ、歌おう。


41 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:28:04.51 ID:vX9kLmMuo
皆が紡いで、私が発する言葉たち。
その欠片は、1つずつ折り重なって歌になる。
泥臭いかもしれない、あまりにも遅い歩みだったかもしれない。
けど、見てよ、この光を。


42 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:29:46.56 ID:vX9kLmMuo
私は、この声が枯れるまで歌い続ける。

真美は千早お姉ちゃんに振りかかる悲しみなんて取っ払ってあげる!

ありのままの私達を歌で届けたい。
そんな、子供でもわかる答えに、今、やっと――


43 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:30:12.54 ID:vX9kLmMuo
おわり


44 : ◆X51OaJwJEEOu 2014/05/27(火) 02:31:29.18 ID:vX9kLmMuo
ちなみに、モチーフにしたのはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=AeMRXJtg500
スキマスイッチのボクノートです

一読後、これを流しながら頭から読んでいただけると、また違った楽しみ方ができると思いますのでお試しください

それでは、またどこかでお会いしましょう


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 02:52:30.36 ID:SlOUPXjPO
乙、しんみりとした


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 04:04:05.09 ID:WpBVsP//0
なんかじわっとくるなあ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401123466/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ