Powered By 画RSS


最上静香「んっ……」グチュグチュ

1 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:23:37.81 ID:p6Kh+qyto
星梨花「静香さん、おうどん作りはどうですか?」

静香「そうね、さすがひなたの地元直送といったところかしら」グチュグチュ……グニュグニュ

星梨花「わぁっ、これがおうどんになるんですね♪」

静香「ふふっ、一緒に捏ねてみる?」

星梨花「いいんですか?」

静香「いいわよ、ほら、こうやって」グニュグニュ……コネコネ




3 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:27:49.82 ID:p6Kh+qyto
星梨花「結構かたいんですね♪」

静香「そうね、力を入れない……とっ……」コネ……コネ……

星梨花「わぁっ、静香さんすごいですっ」

静香「粉と水から、こうやっ……て、一つの生地にしていくのよ」コネ…コネ…

星梨花「へぇ、そうなんですね」

静香「耳たぶくらいの柔らかさになるまてこねるのよ」

星梨花「はーいっ」


5 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:28:56.88 ID:p6Kh+qyto
星梨花「むむむ……」

静香「……星梨花、どうしたの?そんなに難しい顔して」

星梨花「静香さん、私、分からなくなっちゃって」

静香「……何を?」

星梨花「…………耳たぶくらいの柔らかさって、どれくらいなんですか?」

静香「確かにそうね……って、ちょっ、くすぐった……」

未来「えへへへ、静香ちゃんの耳たぶ、すっごくやわらかーい」グニグニ

静香「未来!?いつのまに……って、とりあえず、やめっ」

星梨花「本当です、静香さんの耳たぶ、とっても柔らかいんですね♪」グニグニ

静香「も、もう、二人とも……やめなさっ……んっ」

P「……あの三人は一体何をやってるんだろうか」

P「けしからん俺も混ぜろ」


6 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:33:29.28 ID:p6Kh+qyto
貴音「最上静香のうどん……真、楽しみです」

奈緒「よく考えたら、私関東のうどん食べるの、初めてやなーって」

エミリー「でも、こんなに一気に小麦を使ってしまって、本当によいのでしょうか」

ひなた「どうせあたしは食べきれないから、それならみんなで食べるのがいいんだべさぁ」

P「そういうことだ。……それともう一つ」

P「……ちょっと知り合いのプロデューサーから聞いたんだが、番組で余った小麦粉を貰って事務所に置いておいたら、いつのまにか全部パンになっていた……っていう怪事件があったらしくてな」

P「もしかしたらお前のところにも来るかもしれない……って脅されたんだよ」ワッハッハ

百合子「」ゴクッ

昴「あれ、今の怖がるところあったか?」

ロコ「スバルぅ……」

昴「」


7 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:36:18.53 ID:p6Kh+qyto
チョットミライ!コボサナイヨウニ
アッ……セーフッ!コボレテナイカラセーフダヨシズカチャン

未来「静香ちゃん特性おうどん、できましたよーっ」

「「「「わーいっ!」」」」

P「これ、 つゆまで手作りなのか?」

静香「勿論です。うどんにはとことんこだわりますから」

P「そ、そうか」

貴音「……なるほど、おかわりをお願いしたいのですが」

響「えっ、なんで貴音もう食べ終わってるのさ」

杏奈「……まだ、いただきます、してないよ?」

静香「ええ、まだたくさんありますから。今持ってきます」

このみ「まだあるって……どれだけ作ったのよ」


8 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:38:02.77 ID:p6Kh+qyto
星梨花「貴音さん、どうぞっ♪」

貴音「ええ、ありがとうございます」

春香「それじゃあ、貴音さんの二杯目も来たところで……せーのっ」

「「「「いただきまーすっ!」」」」


9 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:41:11.19 ID:p6Kh+qyto
ツルツル……モグモグ

未来「うん、おいしいっ!静香ちゃん、うどんの天才だね」

エミリー「ええ、確かに和の味がいたします」

美奈子「あれ、プロデューサーさん箸の進みが遅いですよっ♪静香ちゃん、プロデューサーのうどん、一杯追加で!」

P「えっ」

貴音「………」ズルズル

可奈「はれっ!?貴音さんがうどんを食べるマシーンになってます!?」

静香「………」コネコネ……サッサッ

星梨花「静香さん、うどん作りに集中しすぎて、私が話しかけても気づいてくれません……」

P「……お前ら一体何と戦ってんの?」


10 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:43:39.26 ID:p6Kh+qyto
杏奈「静香さんの、おうどん……さっぱりしてて、美味しい」

百合子「でも、同じうどんばかりというのも、静香ちゃんには悪いですが……ちょっと飽きてくるというかなんというか」

???「飽きるのにはまだ早いですわ!」

P「……お前は!!」

千鶴「素うどんにあきたら肉うどんにすればいいだけのこと!」

千鶴「コロッケを置くのも美味しいですわよ!」

P「お、おう」


11 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:46:58.35 ID:p6Kh+qyto
未来「千鶴さん、天才です!」

千鶴「そんなこともありますわねっ、おーっほっほっほっほゲホゲホ」

P「あーあ、言わんこっちゃない、このみさん!お水をお願いします」

このみ「はいはーい」

千鶴「」ンクックッ……プハァ

千鶴「コロッケも色々な種類を持ってきましてよ!」

P「お前もう庶民を隠す気ないだろ」

千鶴「な、何をおっしゃいますの?私はただコロッケを持ってきただけで」

P「その袋、二階堂精肉店って書いてあるぞ」

千鶴「……あ」

P「……気づいてなかったのか」


12 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:49:54.68 ID:p6Kh+qyto
千鶴「……」サッ

P「いや、今隠しても遅いとは思うが」

P「……まあいいや」

千鶴「なんですの!?その憐れみに満ちた目は」

P「よーっし、千鶴特製のコロッケ、早い者勝ちだぞー」

ワーワーコロッケダー

千鶴「……もういいですわ」

P「そうか」


13 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 22:54:20.52 ID:p6Kh+qyto
貴音「……」ズルズルズルズル……キュピーン

貴音「ころっけ?」

このみ「コロッケの話題が出た瞬間意識が戻るのね」

響「仕方ないんだぞ……」

響「自分、千鶴のコロッケもらってくるけど、貴音とこのみはいるか?」

このみ「あら、じゃあお願いするわね」

貴音「よろしくお願いします」ズルズル

このみ「せめて箸は止めなさいよ」


14 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 23:03:14.64 ID:p6Kh+qyto
育「桃子ちゃん、わたしこんなに食べられないから、はんぶんこしようよ!」

桃子「桃子と?それなら貴音さんとかプロデューサーさんにあげた方が」

育「桃子ちゃんとはんぶんこしたいの!」

桃子「まったく、育は仕方ないんだから……今回だけだからね?」

小鳥「…………」ジー

P「後でその動画ください(何してんですか小鳥さん)」

小鳥「可愛いですよね」

P「ええ、とても」


15 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 23:14:58.14 ID:p6Kh+qyto
瑞希「ここに、二つの食べ終わったあとのお椀が」

百合子「ありますね」

瑞希「これを、こうして」

エミリー「お椀で蓋をして……どうなるのでしょうか」

瑞希「スリー……ツー……ワン」

百合子「あれっ、お椀の中にうどんが」

エミリー「瑞希さん、凄いです」

瑞希「それでは、このおうどんは、プロデューサーに」

P「なんで皆俺にうどんを食わせようとしてくるの?」

百合子「もう一回!もう一回お願いします!」

瑞希「それでは、プロデューサー」

P「……分かったよ、食えばいいんだろ!」


16 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 23:19:30.94 ID:p6Kh+qyto
P「まったく……酷い目にあった」

P「いくら静香のうどんが旨いとはいえ、な」

静香「あ、プロデューサー」

P「お、静香か、今日はお疲れ様」

静香「いえ、うどんは食べるのも作るのも好きですから」

P「ほら、自分で作ったうどんだ、作ってばっかりいないで食べろ食べろ」

静香「……ええ、それでは」

ズルズル

P「どうだ、美味しいか?」

静香「ええ。……いつもより美味しいです」


17 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 23:24:10.67 ID:p6Kh+qyto
P「お前のうどんスキルも進化してるんだな」

静香「いえ、きっとそういうことでは……」

P「……分かってるよ」

P「普通のうどんも美味しいけど、皆でわあわあやりながら食べるうどん、ていうのもいいだろ?」

静香「……はい、プロデューサー」

P「さて……美味しかったよ、うどん。ありがとうな、静香」ポンポン

静香「ちょっ、ちょっと、子供扱いしないでっ……」

P「あははははは」

静香「……もう」


18 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 23:31:15.78 ID:p6Kh+qyto
P「うーん、そろそろうどんを食べ続けるにはお腹が膨れてきたな……」

春香「プロデューサーさんがそういうと思って!」

翼「私たちでデザート作りです!」

可奈「私も手伝いますっ♪」

P「そうだな、じゃあ春香、翼、お願いするぞ」

可奈「へ、私は?」

P「塩と砂糖を間違える奴にお菓子作りを任せられるか」

可奈「しょぼーん……でも~可奈は負けない~♪」

P「……そうか」


20 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 23:38:22.91 ID:p6Kh+qyto
真「お菓子作りだってさ」

昴「お菓子作りかぁ……女子力高そうだな」

真「じゃあ、二人で習いに行こうよ!」

雪歩「だめだよ真ちゃん!」ヌッ

真「うわあ!一体どこから」

雪歩「昴ちゃんも真ちゃんもそのままがいいの!」

昴「そう……なのか?」

P「よし、雪歩、お茶をお願いできるか」

雪歩「は、はい、今持ってきますぅ」

P「昴、この空間にお前は危険だ」

P「あっちでのんびりうどんを楽しめ」

昴「……よくわかんないけど、分かったよ、プロデューサー」


21 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 23:47:12.89 ID:p6Kh+qyto
P「んー、こっちはほのぼのしてるな」

~~~!~~~……~!

P「なんだ?あっちで騒ぎが」

テクテク

歩「プロデューサー……」

P「うわっ、うどんまみれじゃないか」

歩「うどん持って歩いてたら……こう、バッシャーンって」

P「……うん、ドンマイ」ソローリ

歩「……なあ、プロデューサー、どうしてアタシからどんどん離れていくんだ?」

P「いや、うどんまみれはちょっと」

歩「アタシだって好きでなったわけじゃないって!」

P「ほら、いいからシャワー浴びてこい!」


22 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/19(月) 23:58:11.66 ID:p6Kh+qyto
P「ふぅ……」

雪歩「お茶ですぅ」コトン

環「お茶だぞー」

P「お、お前らか、ありがとさん」

雪歩「環ちゃんがお茶を入れるのを手伝ってくれたんですぅ」

P「お、そうか、偉いぞ環」ナデナデ

環「くふふー、たまきは偉いからな!」

P「雪歩もお疲れ様、きっとここにいる皆にお茶入れてくれたんだろ?」

雪歩「どうして分かったんですか?」

P「プロデューサーだから、な」

ゴクッ

P「お茶、美味しいぞ」

雪歩「よかったですぅ……」

P「お茶入れたら、雪歩も一息つくんだぞ」

雪歩「はい♪」


23 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/20(火) 00:05:16.93 ID:T663GfX2o
デザートデキタヨー
ワーワーワー

P「お、お菓子も出来たか」

P「じゃあ俺も……って、あれ」

志保「『くまさんが、もりのなかでちいさなふくろをみつけました』」

P「あそこにいるのは……志保たちか」

P「志保、デザートあるぞ」

志保「プロデューサーさん、静かにしてください」ヒソヒソ

P「どうした?ああ、なるほどな」

P「桃子、育、環に……え、このみさん?」

志保「このみさんはついさっき、赤い顔をしてやって来ました」

P「……誰だ、このみさんにお酒飲ませたの」

???「」ピヨッ

P「小鳥さん、後で説教で」

???「ピヨォ……」


24 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/20(火) 00:14:33.36 ID:T663GfX2o
P「しかし……」

桃子「………」

育「………すー、すー」

環「……おやぶん……むにゃむにゃ」

P「みんな可愛い寝顔だな」

志保「……プロデューサー、次はロリコンって書いて欲しいんですか?」

P「いやいや、でもほら、お前だって楽しいんだろ?こうやって囲まれて」

志保「べ、別にそんなことは」

P「……と言いながら桃子を膝枕して頭を撫でてあげている志保マジお姉さん」

志保「」カーッ///

P「じゃ、後はよろしくな、志保お姉さん」

志保「その呼ばれかたは不快です」

P「おうおう、そうか」

P「あ、このみさんはもらっていくぞ」

志保「え」

P「いや、ちょっと酔いを冷ましてくる」

志保「……ああ」


25 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/20(火) 00:19:27.58 ID:T663GfX2o
P「あ、後で春香特製デザート持ってきてやるから」

志保「はあ……」

志保「」ナデナデ

志保(……確かに、可愛い)

P「ほら、このみさん、起きてください」

このみ「うぇへへへ…… 九蓮宝燈 」

P「おい死ぬぞ」


26 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/20(火) 00:23:42.05 ID:T663GfX2o
P「うーん、デザートも食べたし、お茶も飲んで今はみんな待ったり気分」

P「美奈子も今日は途中から俺にうどんを薦めてこなかったし……あれ」

P「そういえば、俺途中から美奈子のこと一度も見てないぞ?」

P「………………無性に嫌な予感がする。俺と美奈子のタイミングが悪かっただけだよな?そうなんだよな?」

美奈子「わっほーいっ!小麦粉を使った中華料理も一杯あるんですよ~!」

美奈子「さあ、どーんと食べちゃってくださいね!」

P「…………うん、だろうと思った」

【おしまい】


27 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/20(火) 00:28:02.70 ID:T663GfX2o
【おまけ】
奈緒「うーん」

貴音「どうしました」

静香「悩みごと?うどんを見ながら……」

奈緒「このうどん、濃くあらへん?」

貴音「普通だと思いますが」

静香「……もしかして」

奈緒「なんや、これが関東風なんか」

奈緒「つゆが濃くて主張しすぎ、やっぱ関西風の方がバランスとれてて美味しいんね」

静香「」

貴音「」

P「……おい、奈緒、今のうちに謝っとけ」

響「自分はちょっとピヨ子のところに行ってくるぞ……」

【おまけおしまい】


28 : ◆O//Gvdq7EE 2014/05/20(火) 00:29:12.26 ID:T663GfX2o
全員は書ききれなかったよ……

うどんは関西風の方が好きです


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400505807/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ