Powered By 画RSS


モバP「いぬのきもち?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:26:04.28 ID:pD9L2Q510
注意事項

・モバマス
・晶葉=アキえもん
・悪いなアッキー、このスレ人間用なんだ

OKならどうぞ


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:28:18.59 ID:pD9L2Q510
P「ふーむ…ついに完成したのか」

晶葉「あぁ。わんこの気持ちになりきる機械、名づけて『いぬのきもち』だ!」ババーン

P「犬耳としっぽの二点セットか。これはつけると耳がピコピコするのか?」

晶葉「そんな生ぬるいものを私が作ると思うのか?」

P「なに…!?」





3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:28:52.68 ID:pD9L2Q510
晶葉「それだけではない! これをつけた者は文字通り犬の気持ちになりきることができる!」

P「なっ…!?」

晶葉「これでどんなに反抗的な子でも従順になるぞ」

P「流石僕らのアキえもんだ! すごいぞ、かっこいいぞー!」

晶葉「はっはっは、褒め称えるがいい!」フンス



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:29:55.30 ID:pD9L2Q510
晶葉『では私は仕事に向かう。使うときは説明書を読んでくれ』

―――――――――――――――

―――――――――――

―――――――

P「とは言ったものの…誰に使いますかねぇ」

P(どうせだったらちょっと素直じゃない子がいいよな。気まぐれ屋とかツンデレとかに使いたい)




<ガチャ

拓海「うーっす」



P「………ターゲット確認。ロックオン」ニヤァ



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:31:05.87 ID:pD9L2Q510
拓海「おっすP、事務所にいるのはアンタだけか?」

P「そうだ。アイドルは全員出払っていてちひろさんも今買い出しに出かけている」

拓海「ふーん、まぁいいか」

P「拓海、これから用事とかないか?」

拓海「何もないぜ。学校帰りに寄っただけだからな」



P「じゃあさ、これ、つけてくれないか?」

拓海「あぁ? いったい何を………はぁ!?」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:32:01.75 ID:pD9L2Q510
P「そうだ。まごうことなき犬耳だ」

拓海「なんでそんなものアタシがつけなきゃいけねーんだよ!」

P「俺が見たいからだ!」ドン!

拓海「絶対イヤだ! アタシはそんなものつけねーからな!」

P「なー拓海、頼むよー」

拓海「い、や、だ!」

P「もし付けてくれたら言うこと一つ聞くからさー」

拓海「言うこと…か」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:36:38.41 ID:pD9L2Q510
拓海「じゃあ…今度の休みにツーリング一緒に行ってくれるなら、それつけてやるよ」

P「え、そんなのでいいのか? 何かおごれとか、そういうのじゃないのか?」

拓海「アタシがいいって言ってんだろ。それにあんまり金をせびるのもなんかイヤだ」

P「…最初の頃、俺に飯おごらせてたのは誰だっけ?」

拓海「それを反省してるから言ってんだよ! ほら、つけてやるからさっさとよこせ」

P「やったー! たくみんの犬耳だー!」

拓海「たくみん言うんじゃねー!」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:37:49.55 ID:pD9L2Q510
P「よし、これとこれだ」

拓海「尻尾もセットなのか…まず耳を、こうか?」スチャ

P「おおお…」

拓海「えっと? 尻尾は…この辺でいいのか?」グイッ



拓海「ど、どうだ…?」ワオーン

P「素晴らしい! かわいいぞ拓海!」

P(犬耳が軽くピコピコしていてマジカワイイ。晶葉先生マジパネェっす)

拓海「そ、そうか…そんなにかわいいか」フリフリ

P(尻尾動いとる! フリフリしとる)



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:38:51.17 ID:pD9L2Q510
P「いやー、いいもん見れたわ。ありがとな、拓海」

P(晶葉にもあとでお礼を言わねばならんな。わざわざ作ってくれたわけだし)

拓海「……………」

P「ん? どうした」





むぎゅっ!
どさっ!

P「………えっ?」

拓海「わふー♪」スリスリ

P「んん!?」

P(あれ? なにかおかしいぞ)



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:40:38.74 ID:pD9L2Q510
拓海「わんっわんっ!」ペロペロ

P「うひゃっ! く、くすぐったいから!」

P(や、やばいぞこれ…とにかく説明書を読まないと)ガサガサ



【いぬのきもち 取扱説明書】

①これは文字通り、犬の気持ちになりきる道具です。

②犬耳や尻尾は、装着者の生体信号を受けて動きます。

③装着時は言語をしゃべることが出来ません。

④一度つけると、装着者の欲求が満たされるまで外れることはありません。

⑤なお装着者の欲求は、犬になりきっているため理性が緩み、強化されます。正しくお使いください。



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:42:00.23 ID:pD9L2Q510
P「なっ…!?」

P(欲求が満たされるまで外れないって…なんじゃそりゃああああ!?)

拓海「わんわん!」ギュッ

P「しかしどうしたものか…」

拓海「わおーん!」ペチペチ

P「ホントに犬になっちまってるんだな…晶葉っていったい何者なんだ?」

拓海「わふー!」ぐりぐり

P「あっ、ちょっ、そんなとこグリグリしちゃ…」



<ガチャ

美世「おはようございまー…………す?」

P「あっ」




12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:42:59.22 ID:pD9L2Q510
美世「え、えっと…お楽しみ中だった?」

P「違う! 話を聞いてくれ!」

拓海「わんわん!」スリスリ

美世「えっなにこれは…」

P「…信じられないかもしれないが、俺の話を聞いてくれ」





~説明終了~

美世「つまり犬耳つけたら拓海ちゃんが犬みたいになっちゃった、と」

P「そうなんだよ…」

拓海「くーん…」ペロペロ

P「素で拓海がこんなことするわけないってわかるだろ?」

美世「うん。絶対ありえないね」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:44:01.61 ID:pD9L2Q510
美世「それにしても…」

拓海「わふ?」ピコピコ

美世「か、かわいい…」キュン

P「だろ? 普段からこれくらい愛想振りまいてくれればなぁ…」

美世「それは無理じゃないかな。拓海ちゃんが悶え死んじゃうよ」

P「だな」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:46:00.53 ID:pD9L2Q510


<ガチャ

早苗「おっすー!」

P「あ、早苗さん。おはようございます」

早苗「おはよー。ん、拓海ちゃん…?」

拓海「わんわん♪」スリスリ

早苗「か、かぁわいいいいい! ねぇPくん、この子お持ち帰りしていい? いいわよね?」

P「ダメに決まってんだろーが!」

早苗「そんなケチ臭いこと言わないでよ。ね、お願い♪」

P「大体俺は拓海の保護者じゃないし…」

拓海「ぐるるるる…わん、わん!」

P「おいおい、どうしたんだ拓海」

早苗「あれ? もしかしてあたし嫌われてる?」



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:47:12.84 ID:pD9L2Q510
P「犬になっても警戒心は薄れないのか…」

美世「むしろ本能むき出しになるから強まってるんじゃない?」

早苗「そんな…あたしもたわむれたいのに…」

P「拓海。早苗さんに吠えちゃダメだろ?」

拓海「うぅぅ…ぐるるる」

P「よしよし…怖くない怖くない」ナデナデ

拓海「……わふー」トローン

P「よし。早苗さん、触っても大丈夫ですよ」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:48:31.31 ID:pD9L2Q510
早苗「えっホント? そーっと…」ピトッ

拓海「わんっ♪」スリスリ

早苗「…………」

P「あれ? どうしました、早苗さん?」





早苗「………わが生涯に、一片の、悔いなし…っ!」プシャー

美世「早苗さんが鼻血拭いた―!?」

P「ティッシュ! ティッシュどこだ!」

拓海「わふー♪ わんっわんっ!」ペロペロ

早苗「…!? っ!??」ブシュー!

美世「あぁっ! 顔をペロペロされてさらに勢いが強く!」

P「解説してないで引っぺがしとけ!」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:49:52.09 ID:pD9L2Q510
――――――――

―――――

―――

早苗「ふぅ…ちょっと取り乱したわ」

美世「ちょっとじゃなかったですよね」

P「あやうく病院送りレベルでしたよ」

早苗「しかし…すごい破壊力ね」

P「ええ…それは間違いないです」

拓海「わんっわんっ!」スリスリ

美世「なんかPさんの膝の上が気に入ったみたいだね。さっきからずっとそこに座ってるよ」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:53:56.79 ID:pD9L2Q510
P「しかし流石に足がしびれてきたな…拓海、降りてくれないか?」

拓海「くぅーん…」ショボン

美世「うわー…耳が垂れたよ」

早苗「この上なくわかりやすいわね」

P「俺も足がしびれたんだよ。頼むから降りてくれ、な?」

拓海「うー…わんっ!」ピョン

P「おわっ!?」ドサッ



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:54:51.09 ID:pD9L2Q510
P「た、拓海。どうしたんだ?」

拓海「うぅー…わんっ!」チュッ

美世「えっ!?」

早苗「き、キス!?」

P「んー! んっ、んー!?」チュウウウ

P(く、苦しい…息が続かない…っ!)ジタバタ



ちゅぽん!



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:56:10.93 ID:pD9L2Q510
拓海「わふー! きゃうん…」

P「ま、満足したか?」

拓海「………わんっ」



どさっ

美世「えっ?」

早苗「えっ?」

P「た、拓海! 大丈夫か!?」



拓海「……すー…すー…」

P「な、なんだ…寝ただけか」ホッ

かちっ…かちっ!
ごとん!

美世「あっ。犬耳が勝手にとれたよ!」

早苗「これどういう仕組みなのかしら…」

P(欲求が満たされたみたいだな…もしかして誰かに甘えたかったのかな?)



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:57:21.38 ID:pD9L2Q510
――――――――――

――――――

―――


むくっ

拓海「……………」

P「拓海、やっと起きたか。調子はどうだ?」

拓海「あ……あ……」プルプル

P「あ?」

拓海「あぁぁぁぁぁぁぁ!」ダッ

P「ちょっ、拓海!? どこに行くんだ!」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:58:47.40 ID:pD9L2Q510
<バタン!

拓海「はぁ…はぁ…」

拓海(い、犬の鳴き声をだしたり、Pの顔を舐めたり、挙句の果てにはPにき、き)

拓海「うわあああああ!? アホかアタシはァァァ!」ガンガン

晶葉「どうやらその様子だと、私の発明品を使ったようだな」

拓海「晶葉…テメェの仕業か!」

晶葉「そう威嚇しないでくれ。そんなに悪い体験じゃなかっただろう?」

拓海「クッソ恥ずかしいマネさせやがって…あの洗脳装置なんとかしろよ!」



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 11:59:24.89 ID:pD9L2Q510
晶葉「何か勘違いしているようだが、犬耳をつけても価値観は変化しないぞ。欲望に忠実になるだけだ」

拓海「………は?」

晶葉「君がどういう行動をとったのか知らないが、それは君の根底にある欲求だ」

晶葉(まぁ多少増幅されることは黙っておいた方が面白そうだ)

拓海「な…な…」パクパク

晶葉「自分の本当の気持ちと向き合ういい機会だったんじゃないか?」



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 12:00:53.31 ID:pD9L2Q510
拓海(アタシはPに…あんなことをしたいと思ってたのか…んなわけあるか!)

拓海「認めねえ! 認めねえぞアタシはァァァ!」ダッ

晶葉「あーあ…行ってしまったか」

晶葉(全く、素直ではないな。せっかく素直な気持ちでPと向き合えたというのに…次に気持ちをぶつけられるのはいつになるだろうか?)



晶葉「ま、当分先の話だろうな。やれやれ、世話が焼けるな」

晶葉(傍から見ればイチャイチャしているようにしか見えんというのに…とっととくっついて欲しいものだ)

おわり。


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 14:32:16.60 ID:pD9L2Q510
P「この晶葉博士開発のいぬのきもち…」

P(拓海Pさんはこれ使って色々あったらしいけど…やっぱ使いたいなあ)

P「ただ誰に使うかなぁ…無難にナマイキ娘とかツンデレに使うべきか?」



<ガチャ

幸子「おはようございます! 今日もボクはカワイイですね!」

P「………さぁ始めようか」



54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:33:19.32 ID:pD9L2Q510
P「おはよう幸子。今日もカワイイな」

幸子「ふふーん! 当然ですよ」ドヤッ

P「そんなカワイイ幸子にお願いがあるんだ」

幸子「何ですか? カワイイボクが聞いてあげますよ!」

P「幸子ならそういってくれると思ったよ…これをつけてほしいんだが」

幸子「どれどれ………えっ?」



55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:34:10.82 ID:pD9L2Q510
幸子「プロデューサーさん! こ、これって…」

P「ああ。犬耳と尻尾だ」

幸子「な、なんでこんなものをつけなきゃいけないんですか!」

P「幸子はカワイイ。それはこの世の真理だ」

幸子「揺るがない事実ですね」



56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:34:42.02 ID:pD9L2Q510
P「そしてこの犬耳と尻尾もかわいい」

幸子「見るからにもふもふしてますからね」

P「つまりカワイイ幸子がこの犬耳と尻尾をつければさらにカワイくなる!」

幸子「!」



P「幸子…挑戦してみないか? カワイさの、限界へ…」



57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:36:34.09 ID:pD9L2Q510
幸子「…プロデューサー。ボク、それつけます!」

P「おお! よくぞ言ってくれた」

幸子「じゃあそれ貸してください」

P「はい。犬耳の方はカチューシャ感覚でつけられるらしいぞ」

幸子「んっ…この尻尾はいったいどうすれば…」

P「何かお尻のちょっと上のあたりにひっつくそうだ」

幸子「あっ、くっついた。どうなってるんですかこれは…」

P「晶葉が作ったんだ」

幸子「…なるほど。じゃあ仕方ないですね」

P「そうだ。晶葉の仕業だから仕方ない」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:38:17.84 ID:pD9L2Q510


幸子「どうですか、プロデューサーさん?」

P「…おお。これはすごい」

P(元々どことなく犬っぽさのある幸子だったが、そこに犬耳と尻尾が加わり完全体となった…)

P「幸子。凄くカワイイぞ!」

幸子「ふ、ふふーん! もっと褒めてくれてもいいんですよ!」ピコピコ

P「幸子のカワイさマジ世界レベル!」

幸子「ふ、ふふ…悪くはないですね」カァァ



59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:38:55.63 ID:pD9L2Q510
幸子「…プロデューサーさん」

P「ん? どうした?」

幸子「膝の上に載せてくれませんか?」

P「ど、どうしたんだ急に」

幸子「ダメ…ですか?」ヘニャッ

P「俺の膝なんぞ好きに使うがいい」スッ

幸子「ありがとうございます!」ピコピコ

P(カワイイ)



60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:39:58.23 ID:pD9L2Q510
幸子「それじゃ失礼しますね…よいしょ。重くないですか?」

P「軽いぞ。全く問題ない」

幸子「そうですか…えへへ」ピコピコ

P(幸子ってすごくいい匂いがする…幸子は匂いもカワイイのか)

幸子「プロデューサーさん…」

P「幸子? こっちを向いてどうし…」



むぎゅっ!

P「!?」

P(きゅ、急に抱き着かれた!?)



61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:40:52.25 ID:pD9L2Q510
幸子「んー! んー♪」スリスリ

P「んっ…おい幸子、急にスリスリしてきてどうした?」

幸子「うー…わんっ!」ピコピコ

P「………ん?」

P(あれ今、幸子がわんって言ったような…?)

P「どうした幸子、犬の真似か?」

幸子「わんっ♪ わふー…」スリスリ

P「ははは。幸子はモノマネも得意なんだな」

幸子「わん、わん!」

P「………あれ?」

P(ひょっとして…ガチで犬になってる?)



62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:42:03.07 ID:pD9L2Q510
P「おい幸子、お前しゃべれるか?」

幸子「わふ? わんわん!」

P「完全に犬化してるのか…」

P(どうするんだ…とりあえず説明書を読むか)

説明書 >>10

P「つまり欲求を満たさないと外れないというわけか…晶葉のやつ、とんでもないものを作ったな」



63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:42:55.56 ID:pD9L2Q510
P「しかし…幸子の欲求ってなんだ?」

幸子「わふ?」

P(幸子と言えばカワイイ…それ以上わからんな)

P「誰か来てくれないと解決しそうにないな…」



<ガチャ

小梅「お、おはようございます…」

輝子「おはようございます…フヒ」



64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:43:35.27 ID:pD9L2Q510
P「おはよう。良い所に来てくれたな」

輝子「さ、さっちゃん…? どうしたのいったい…」

P「この犬耳つけてからこんな調子なんだ。しかも解決策が見当たらなくてな…」

小梅「か、かわいい…」

輝子「フヒ…す、すごく耳がピコピコしてるな…」

幸子「わんっ!」ピコピコ



65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:44:15.02 ID:pD9L2Q510
P「しかしいつまでもこういうわけにはいかんからな…何が幸子の欲求なんだろうか」

小梅「た、多分…そのまま甘えさせておけば…い、いいと思うよ?」

P「甘えさせる…?」

小梅「う、うん…幸子さん、Pさん相手だと…す、素直になれないって言ってたから…」

P「………」

小梅「だ、だから…いっぱい甘えさせてあげれば…き、きっと満足すると思うよ?」

P「なるほど…わかった。やってみよう」



66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:46:23.45 ID:pD9L2Q510
―――――――――

――――――

―――

P「ほら幸子、気持ちいいか?」スッスッ

幸子「わんっ♪」ピコピコ

輝子「ひ、膝の上にのせて髪をすいてる…」

小梅「い、今の状態だと…ト、トリミングって言ったほうがいいのかな?」

P「流石に素人の俺がそこまではできんな。この程度しかできんよ」

幸子「わんっわんっ!」ピコピコ

P「機嫌もよさそうだな」



67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:47:22.48 ID:pD9L2Q510
P「ほら幸子、おいでおいでー」

幸子「わんわんっ!」ピョン

輝子「フ、フヒ…さ、さっちゃんが一生懸命飛び込んでる…」

小梅「な、なんか…ほ、本当に子犬みたいだね…」

P「あはは! スリスリはくすぐったいよ!」

幸子「わふん! わふん!」グリグリ



68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:49:20.34 ID:pD9L2Q510
幸子「わん! わん!」

P「ん? どうした、幸子?」

幸子「わんっ! わ、わふー…」パタパタ

小梅「ひょ、ひょっとして…お礼が言いたいのかも」

P「お礼…?」

小梅「た、多分だけど…いっぱい甘えさせてくれたから…じゃないかな?」

P「その気持ちだけでいいぞ」ナデナデ

幸子「くーん…ううう、わんっ!」ピョン



69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:51:12.61 ID:pD9L2Q510
P「えっ、急に何を…」

幸子「わんっ♪」チュッ

小梅「は、はわわわわ…」

輝子「ほ、ほっぺにキスとは…や、やるじゃねえか…フヒ」

P「さ、幸子…」

幸子「わふー…」ポスン

P「あれ? おい、幸子?」



幸子「すー…すー…」

輝子「フヒ…ね、寝ちゃってるね…」

小梅「よ、欲求が満たされたら…ね、眠っちゃうのかな…?」

P「かもしれんな」

P(しかしこれだけ欲求がたまっていたのに気付けなかったとは…やれやれ、俺もまだまだだな)



70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:52:00.94 ID:pD9L2Q510
――――――――

―――――

―――

幸子「……ん?」ムクッ

P「お、起きたか幸子」

幸子「…何か凄い夢を見ていた気がするのですが」

P「多分それは現実だぞ」

幸子「やっぱりそうですか…夢にしてはリアルすぎると思いました」



71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:52:46.01 ID:pD9L2Q510
P「なぁ幸子」

幸子「なんですか?」

P「俺は、お前の強さを誰より知ってる。決して折れないタフなハート、相手に弱みを絶対に見せずメンバーを鼓舞するリーダーシップ…お前は強い」

幸子「そうですよ! ボクは強いんです」



P「だからこそ…俺には弱みを見せてくれてもいいんじゃないか?」

幸子「えっ?」



72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:54:24.11 ID:pD9L2Q510
P「アイドルは常に完璧が求められる。お前が過酷な状況で闘っているのもよく知ってる」

幸子「でも! プロデューサーさんに迷惑が…」

P「迷惑なんかじゃない! 俺はお前と共にありたい!」

幸子「!」

P「俺がお前の代わりにステージに立つことは出来ない。だからせめて、お前を支えさせてくれ」



73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:57:07.91 ID:pD9L2Q510
幸子「…ボクはひとりでなんでもできるって思ってました」

P「実際要領のいい子だったからな」

幸子「だから誰に頼ることなく、トップアイドルになるんだ。そう意気込んでました」

P「でもアイドル業はプレッシャーとの戦い…精神は疲弊する」

幸子「はい。誰かに甘えたい…そう思ったことはありましたけど、プロデューサーさんもボクの仕事が増えてからはボクと同じくらい忙しかったでしょう?」

P「…忙しかったのは事実だな」

幸子「だからずっと…心の中に閉じ込めて置いたんです。でもそれも結構苦しくて…」

P「苦しさをため込むのは限界がある。破裂してしまう前に吐き出さなきゃダメなんだ」


74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:57:45.97 ID:pD9L2Q510
幸子「プロデューサーさん。ボクは完璧な人間じゃないです。ミスもするし、泣き言も言います」

P「………」

幸子「それでも、こんなボクでも…プロデュースしてくれますか?」

P「…当たり前だろ? 俺はお前をトップアイドルにするって決めてたんだ。だから…俺に全てを預けてくれるか?」

幸子「……はいっ! よろしくお願いしますね、プロデューサーさん!」

おわり。


91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/01(日) 18:01:43.89 ID:DZCLIhCP0
P「これが晶葉が作った例のブツか…」

P(聞いたところによるとこれをつけると素直になるとか…しかし誰につけさせるかね)

P「ありすや晴に着けさせたいところだがあいつらは仕事だからな…今仕事が入っていないやつと言えば…」



<ガチャ

乃々「おはようございます…もう帰っていいですか?」

P「…ありだな」

乃々「私の顔を見ながらそんなこと言われると嫌な予感しかしないんですけど…」



92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:05:28.63 ID:DZCLIhCP0
P「おはよう乃々。今日も相変わらずネガティブだな」

乃々「ポジティブもりくぼとか気持ち悪いと思うんですけど…」

P「そんな乃々にお願いがあるんだ」

乃々「な、なんですか…?」

P「これをつけてほ」スッ

乃々「むーりぃー!」ダッ

P「ちょっと待て乃々!」



93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:06:17.19 ID:DZCLIhCP0
乃々「そ、それ…イヌミミじゃないですか…もりくぼにそんなの薦めるとかいぢめですか?」

P「いじめじゃないぞ! 絶対に合うから着けてくれ! 頼む!」

乃々「そんなの着けるとか恥ずかしすぎて…むーりぃー…」プイッ

P「もちろんタダでつけてもらおうとは思わん。今日のレッスンは休んでもいい」

乃々「それ…嘘じゃないですか?」

P「嘘じゃない。最近乃々も仕事が多くなってきていたからな。ここいらで休みを取るのも悪くないと思ってたんだ」

乃々「それだったら…普通に休みをくれればいいと思うんですけど…」



94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:07:24.76 ID:DZCLIhCP0
P「お願いだよ乃々…つけてくれよ頼むよー」

乃々「それ尻尾まであるじゃないですか…恥ずかしすぎて…むーりぃー…」

P「なんでも言うこと聞くからさ!」

乃々「なんでも…いいんですか?」

P「あ、アイドル辞めるとかはなしだぞ! それ以外で俺が叶えられそうなものだったらいいぞ!」




95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:08:01.73 ID:DZCLIhCP0
乃々「それなら…今度の週末、買い物に付き合ってほしいんですけど…」

P「買い物? そんなのでいいのか?」

乃々「はい…それだったら、つけてもいいですよ…?」

P「もちろんいいぞ。やったー! 乃々のイヌミミだー!」ウッヒョー!

乃々(プロデューサー、デートとかそういう発想はないんですね…にぶすぎなんですけど)ジトー



96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:09:03.96 ID:DZCLIhCP0
P「じゃあ早速着けてくれ!」

乃々「これ…どうやってつけるんですか?」

P「犬耳のほうはそのまま頭に乗せてくれればいい。尻尾は…どうやるんだっけ?」

乃々「あっ…何か勝手にくっついたんですけど…」



乃々「ど…どうですか…?」ワオーン

P「…………」

P(完璧だ。それ以上の言葉が見当たらない。どことなくおどおどした森久保わんこ。普段から保護欲を誘っているが、そのストロングポイントがさらに強化されている…)

乃々「あ、あの…なんか言ってほしいんですけど…」オドオド

P「あ! すまん。とってもかわいいぞ!」

乃々「そんな直球で褒められるとか…むーりぃー…」カァァ



97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:09:57.91 ID:DZCLIhCP0
P「ん…そうか? 自信持っていいと思うぞ」

乃々「うぅ…恥ずかしいんですけど…」フリフリ

P(でも褒めると尻尾がふりふり動いている。やっぱり褒められて嬉しくない子なんていないよな…)

乃々「あうぅ…そんなじっと見つめられると…むーりぃー…」

P「乃々は見ていて飽きないからな。もっと見つめてやる」ジー

乃々「そ、それよりプロデューサー。もりくぼは喉が渇いたんですけど…」

P「ん? そうか。それじゃ飲み物とってくるわ」



98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:11:14.01 ID:DZCLIhCP0
P「いやー良いもん見れたわ」コポポ…

P(とりあえず垂れ耳で作ってもらったが…これは正解だったな。なんかこう…愛でたくなるオーラを振りまいてるな)



P「乃々―。飲みモン持ってきたぞー」



しーん…

P「あれ? どこいったんだ乃々のやつ…ひょっとしてトイレか?」

P(まぁ扉が開いた音はしなかったし、事務所の外に出たという心配はない。じきに戻ってくるよな)



99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:12:46.78 ID:DZCLIhCP0
―30分後

P「…おかしい」

P(どこに行ったんだ乃々のやつ。流石に長いぞ)

P「乃々―! どこ行ったんだー!」





<ワンッ!

P「!?」



P「ちょっと待て…なんだ今のは」

P(犬の鳴き声の真似? それにしてもどこから聞こえた?)

P「もう一回呼んでみるか…乃々―!」



100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:13:43.29 ID:DZCLIhCP0
<ワンッ!

P「………え?」

P(この声が聞こえる場所は…まさか…)



乃々「わんっ♪」フリフリ

P(お、俺の机の下―!?)

P「乃々! どこに行ったと思ったら机の下か…びっくりしたぞ」

乃々「わんわん!」

P「ははは。犬耳着けてるからって犬の鳴きまねまでしなくていいんだぞ?」

乃々「わふっ…くーん…」

P「………ん?」

P(もしかして喋れなくなってるのか…?)



101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:15:33.23 ID:DZCLIhCP0
P「乃々。大丈夫か?」

乃々「わんっ…」

P「やっぱり無理か…」

乃々「わん…わんっ…」

P「困ったな…」

P(俺としてはこのままでもかわいいから構わんのだが、乃々は生活に支障が出る恐れがある。なんとかせねば)



<ガチャ

泰葉「おはようございます」



102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:16:12.92 ID:DZCLIhCP0
P「おお泰葉! 良い所に来てくれた」

泰葉「…? どうかしたんですか?」

P「ちょっと乃々が大変なことになってだな…」

泰葉「え、ののちゃんが?」

P「おい乃々…早く出てきてくれ!」

泰葉「また机の下から出てこなくなっちゃったんですか?」

P「それだけじゃなくてな…」

乃々「うぅ…わんわん!」

泰葉「…………!??」



103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:19:03.30 ID:DZCLIhCP0
泰葉「ど、どどどどどういうことですかプロデューサー!」

P「どうもこうもこの犬耳つけてからこんな調子でな…いつもと違って頑なに机の下から出てこないんだ」

泰葉「いつもならプロデューサーが引きずり出そうとすれば大人しく出てくるのに…変ですね」

P「そうなんだよ…どうしたんだか」

泰葉「………ん?」



乃々「わふ…くーん」ピコピコ

泰葉「か…かわいい」キュン



104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:20:38.18 ID:DZCLIhCP0
泰葉「プロデューサー! このままでもいいのではないでしょうか?」

P「ダメだっつーの! 仕事に支障が出る上に私生活に支障が出る」

乃々「わふ…わんっ♪」フリフリ

泰葉「でもののちゃんが幸せそうですし…」

P「でもなぁ…流石に言語に不自由があると大変だぞ?」

泰葉「た、確かに…」

P「だからどうにかして元に戻したいんだが…方法が見つからなくて」



105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:22:25.76 ID:DZCLIhCP0
泰葉「…これって誰が作ったものなんですか?」

P「晶葉製だ。アイツの科学力はとんでもないな」

泰葉「だったら説明書とかないんですか? 晶葉ちゃんがその辺を怠るとは思えないんですけど」

P「説明書…? そんなもの………あった!」ガサゴソ

泰葉「ちょっと見せてください…」

説明 >>10

泰葉「つまり欲求が満たされると外れるようになってるんですね」

P「乃々の欲求…? 休みたいとかサボりたいとか?」

泰葉「それは杏さんです…」

P「そうなると………静かに暮らしたい、とか?」

泰葉「恐らくそのあたりだと思うんですけど…」

乃々「わふ?」

P「お前日ごろから欲求に忠実に生きてたのかよ…」



106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:24:19.47 ID:DZCLIhCP0
P「だったら机の下じゃなくても静かな場所ならいいんじゃないのか?」

泰葉「でもそうじゃないんですよね…なんでしょうか?」

乃々「わふ…わんわん」スリスリ

P「ん? どうした乃々。俺の脚にスリスリして」

乃々「うぅ…わんわん!」チラッ

泰葉「………!」



107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:25:17.22 ID:DZCLIhCP0
P「泰葉?」

泰葉「プロデューサーさん。私宿題があるのを思い出したので向こうの部屋に行ってますね?」

P「え!? ちょっと泰葉…」

泰葉「ののちゃんのそばに居てあげてください」ボソッ

P「………? わかった」



<バタン

P「泰葉の奴…どうしたんだ?」



108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:26:34.51 ID:DZCLIhCP0
ひょこっ

乃々「わんわん!」

P「お、乃々! ようやく机の下から出てきてくれたか…」

乃々「わふっ…わんっ」ダキッ

P「のわっ!? きゅ、急に抱き着いてきてどうしたんだ?」

乃々「わふっ…わんわん♪」スリスリ

P「…………!??」

P(乃々が…ほっぺすりすりしてきた!? ど、どうなってるんだいったい…)



109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:28:01.56 ID:DZCLIhCP0
P(そういえば欲求が満たされると外れるようになってるんだよな…つまりこの状態は)

乃々「わんっ…」

P(乃々の欲求が前面に出た状態………! つまり、そういうことか)

P「乃々、あっちのソファに行こうか」

乃々「わんわん!」ピョン



泰葉(ののちゃんの欲求はおそらく『プロデューサーと静かな時間を過ごしたい』)

泰葉(いつも机の下に居たのはプロデューサー近い距離かつ静かな場所だから)

泰葉(ののちゃんがアイドル活動から逃げようとしていたのは、アイドル活動がイヤだからじゃなくて、プロデューサーに構ってほしかったから)

泰葉「あとはプロデューサー…お願いしますよ?」



110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:47:54.33 ID:DZCLIhCP0
乃々「わふっ…わん!」

P「ほーら、よしよし…」ナデナデ

乃々「わふ…わんわん♪」ピコピコ

P「気持ちいいか? それはよかった」

P(乃々…おまえ、ずっとこうしたかったんだな)

乃々「わんわん!」

P(ずっと変だと思っていた。仕事から逃げるかと思えば俺が追いかけると仕事をまじめにやる。本気で仕事が嫌だから逃げてたわけじゃなかったんだ)

乃々「わふっ…くーん…」

P(ずっとサインを出し続けてたんだよな。もっと早く気付いてやらなきゃいけなかったんだよな…)

P「乃々…ごめんな」ナデナデ



111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:49:11.60 ID:DZCLIhCP0
乃々「わんわん!」

P「ん? どうした、何かしてほしいことはあるか?」

乃々「わんっ!」ギュッ

P「………」

P(今日だけで終わりじゃない。いつだってかまってやるからな…乃々)



ぎゅっ!

乃々「…わんっ♪」

P「乃々…乃々…!」ギュッ

乃々「………」

P「乃々…?」

乃々「すー…すー…」

P「寝ちゃったか…」


112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:49:47.25 ID:DZCLIhCP0
<ガチャ

泰葉「静かになったので来ましたけど、大丈夫みたいですね」

P「あぁ。ぐっすり眠ってるよ」

泰葉「ふふっ…カワイイ寝顔ですね」

P「ほんとだな。なぁ…泰葉」

泰葉「はい?」

P「お前は、乃々の出してたサインに気付いていたか?」

泰葉「なんとなく…ですけどね。多分、そうなんじゃないかって程度ですけど」

P「そうか…俺もまだまだだな」

泰葉「誰だって完璧じゃないんです。人間は一生成長過程にあるんです」

P「成長しなきゃな。俺も泰葉も…乃々も」

乃々「…すー…すー…」



114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:51:18.22 ID:DZCLIhCP0
――――――――――

―――――――

――――

むくっ

乃々「なんか…夢を見ていた気がするんですけど」

P「それは夢じゃないぞ」

乃々「…………むーりぃー…」カァァ

P「…乃々」

乃々「なんですか」

P「ずっと気づいてやれなくてすまなかった」

乃々「それは…プロデューサーさんのせいじゃないと思うんですけど…」

P「でも…」



116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 18:52:29.53 ID:DZCLIhCP0
乃々「じゃあ…約束してほしいことがあるんですけど…」

P「なんだ? 言ってみろ」

乃々「時々でいいから…もりくぼと居る時間を作ってくれますか…?」

P「もちろんだ。俺も乃々と過ごす時間を作りたいと思ってたんだ」

乃々「へっ?」

P「わかった気になってたんだ、乃々のこと…でも実際はちっともわかってなかった」

乃々「………」

P「だからもっと乃々を知りたいんだ。アイドルとしての乃々も、そうじゃない乃々も…」

乃々「プロデューサーさん…」

P「これからも俺と一緒に頑張ってくれるか、乃々?」



だきっ

乃々「…はい。もりくぼは頑張ります…できる範囲でですけど…」ギュッ

P「…ありがとう」

おわり。


117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/01(日) 19:02:21.71 ID:DZCLIhCP0
乃々わんこは垂れ耳推奨
トイレ行ったらラスト一人投下します

【注意事項】
・しんみりしたい方は回れ右


118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/01(日) 19:19:13.24 ID:DZCLIhCP0
P「これが噂の犬耳か…」

P(これをつけると犬みたいになってしまうらしい…誰に着けさせるかな)

P「晴…は今日休みだな。橘は真奈美さんと一緒に地方営業だし、そうなると…」





<ガチャ

まゆ「おはようございます」

P「…………」

P(もし普段従順な子がつけたらどうなるんだ?)



119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:20:08.00 ID:DZCLIhCP0
P「おはよう、まゆ。今日は休みじゃなかったか?」

まゆ「そうですけど、寮に居ても特にやることもありませんし…来ちゃいました。迷惑でしたかぁ…?」

P「いやいや! そんなことないぞ。来るのは自由だ」

まゆ「うふふ…ありがとうございますぅ」

P「ところでまゆ。頼みがあるんだが」

まゆ「なんですかぁ? まゆ、Pさんの言うことなら何でも聞きますよぉ?」



120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:22:09.30 ID:DZCLIhCP0
P「本当か? じゃあ、これをつけてほしいんだが…」

まゆ「これは…イヌミミですかぁ?」

P「そうだ」

まゆ「Pさんは、わんこなまゆが見たいんですかぁ…?」

P「ああ、見たい。キュートなまゆわんが見たいんだ」

まゆ「そういうことでしたらいいですよ♪ ちょっと待っててくださいね…」



121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:23:11.26 ID:DZCLIhCP0
まゆ「よいしょ…これ、カチューシャみたいですね…んっ」

P「尻尾もあるぞ」

まゆ「ずいぶん本格的ですねぇ…できました。どうですか?」ワオーン

P(…なんだろう。このまゆのたれ目と相まって、こうワシャワシャしたくなる衝動に駆られる)

P「まゆ…髪を撫でてもいいか?」

まゆ「うふ。どうぞ…」スッ

P「………」ナデナデ

まゆ「んっ…もっとワシャワシャしてもいいんですよぉ?」

P「ばれてたか…それじゃ失礼!」ワシャワシャ

まゆ「あんっ♪ もう、くすぐったいですよぉ」

P(これは…これは素晴らしいものだ!)



122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:25:01.69 ID:DZCLIhCP0
P「はぁぁ…ほっこりするな」

まゆ「わんっ、わんっ!」スリスリ

P「あぁ…しゃべれなくなる時間が来たか…」

P(まぁ欲求を満たせば外れるらしいし…そんなに心配しなくていいだろ。まゆなら、俺と一緒にいればよさそうだし)

まゆ「わふ…くんくん」スリスリ

P「ははは! くすぐったいよ、まゆ!」

まゆ「わふ…すんすん」グリグリ

P「あっ、ちょっ、そこグリグリしちゃだめっ!」



123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:26:10.16 ID:DZCLIhCP0
まゆ「わふっ…」カチャカチャ

P「ちょっと待って。なんでベルトに手をかけるの! やめなさい、まゆ!」

まゆ「うぅぅ…わん!」チュッ

P「んっ!? んーんー!」

P(き、キスまで…!?)

まゆ「わふっ…わんっ♪」ニヤッ

P「………!? ま、まゆ。お前、もしかして喋れるんじゃないのか?」





まゆ「………うふふ。ばれちゃいましたねぇ」ニヤッ



124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:30:05.17 ID:DZCLIhCP0
P「なんで喋れるんだ…その犬耳をつけているのに」

まゆ「さっきから電波みたいなものが流れてきていますけど…この程度、まゆには意味ありませんよぉ?」

P「は?」

まゆ「まゆを洗脳したいんだったらぁ…もっと強力な装置を使わないと意味ないですよぉ…?」

P(俺はとんだ勘違いをしていた。佐久間まゆというアイドルを過小評価していた…不覚、一生の不覚っ…!)



125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:31:23.56 ID:DZCLIhCP0
まゆ「Pさぁん? まゆにこれを着けさせたってことは…まゆをPさんの雌犬(イヌ)にしたかった、ってことですよねぇ?」

P「なんかイヌの意味が違う気がするんですけど!?」

まゆ「うふふ…つまりPさんは、まゆとそういうコトがしたかった…ってことですよねぇ?」ニコッ

P「えっ、いや、あの、その…」

まゆ「まゆ、とってもうれしいです♪ じゃあ、二人だけの世界へ行きましょう…?」

P「助けて! 誰か助けて!」



126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:32:17.34 ID:DZCLIhCP0


<ガチャ

晶葉「実験の方はどうだ………!」

P「助けて晶葉! 俺の貞操が!」ジタバタ

まゆ「Pさんは童貞さんじゃないんですよねぇ。中二の時に上級生の彼女さんと家でしたのが初めてなんですよねぇ」

P「なんで知ってるの!? ねぇなんで知ってるの!?」

まゆ「うふふ…禁則事項です♪」

P「可愛いけど怖いからやめて!」



127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:33:47.81 ID:DZCLIhCP0
P「晶葉! 見てないで助けてくれ!」ジタバタ

まゆ「晶葉ちゃん…? わかってますよねぇ…?」

晶葉「……………」





ダッ!

晶葉「すまん、助手…私も命が惜しいんだ…っ!」

P「晶葉ああああああああああああ!」



128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:35:13.17 ID:DZCLIhCP0
まゆ「それじゃあPさん。あっちの部屋に行きましょうねぇ…」

P「イヤだぁ! 俺捕まっちゃう! JKに手出したら俺捕まっちゃう!」ジタバタ

まゆ「大丈夫ですよぉ…バレなきゃ何してもセーフですから…それに嗅ぎつけられたら消せばいいんですよぉ♪」

P「怖い! 怖いよまゆ!」

まゆ「だからPさん…まゆの気持ち、受け取ってください…んっ!」

P「あっ、あぁぁぁぁ…」ビクン

晶葉「すまない助手…すまない…っ!」



129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 19:37:12.10 ID:DZCLIhCP0


Pに浴びせられる体液のリズムに合わせるように、まゆの嬌声が小さく響いていた
その絡み合うPとまゆの姿に背を向け、池袋晶葉は逃げ出した
自分にはどうすることもできない…その無力さだけが晶葉を支配していた
「逃げる…逃げるんだよォォォーッ!」
晶葉のその目に光る涙は歓喜の涙とは無縁のものだった…
 
後日、事務所で冷たくなってるPが発見され、佐久間まゆは産婦人科にほっこり顔で向かった



おわり!


131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/01(日) 19:44:02.89 ID:DZCLIhCP0
オチ担当は師匠かまゆの二択でしたが
師匠が野獣と化してしまったのでまゆにしました

見てくれた人はありがとう。ほなまた。


132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/01(日) 20:52:04.38 ID:RA24jPDY0
良かったよ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401416764/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/06/08(日) 03:56:45

    犬といえばあのクンカーがいるはずだろ!?


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ