Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳰「泣き虫鳰と4人の大切な友達」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:03:30.02 ID:i4QxwLbh0
春伊と兎晴と泣き虫な鳰ちゃんのお話
全く別次元の話になるよ


キーンコーンカーンコーン

鳰「(………終わったっす)」

鳰「(さぁて、帰りにクレープでも行……)」

ガラッ

春紀「伊介様ー!帰ろうぜー」

鳰「!」びくっ




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:04:10.40 ID:i4QxwLbh0
伊介「クレープ楽しみー♥︎」

春紀「あたし桃にしようかなー」

伊介「伊介は苺ー♥︎」

春紀「じゃあ一口交換なー」

伊介「うん♥︎」

鳰「……っ…」いそいそ

春紀「あっ、鳰もよかったらさ

鳰「き……気遣わないでいいッスよ!二人で楽しんで来るッスー」

伊介「あんたに気なんて遣う訳ないでしょ♥︎いいから来なさ…

鳰「それでもいいッスから……じゃ、また!」ダッ

伊介「……つまんなぁい♥︎」

春紀「………」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:04:54.32 ID:i4QxwLbh0
鳰「………はぁ…はぁ……思わず逃げて来ちゃったッスよ…」

晴「あっ、鳰!」たたたっ

鳰「!!」びくっ

晴「会いたかったよーっ!中学入ってから、クラス違って中々会えなかったもんね」

鳰「あ、あはは……そッスね…」

晴「あのね、これから兎角さんと一緒に帰るから、鳰も一緒に…

鳰「えー、っと、鳰はちょっと用事があるんスよねー。急いでるんで!また明日ッスー」ダッ

晴「へ?ちょ、鳰、待っ………」


晴「鳰………」

兎角「どうかしたか?」ひょこ


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:05:25.61 ID:i4QxwLbh0
鳰「……はぁー、散々ッスねぇ。4人に会っちゃうなんて」

鳰「あはは……皆鳰なんかに気遣わないでいいのにッス………」

鳰「………」

鳰「…何やってるんスかね……ウチ……」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:06:05.42 ID:i4QxwLbh0
鳰『うえぇぇぇーーんうぇぇぇーーんっ』

『やーい、泣き虫鳰ー!』

『いじめられっこー!』

『へんなしゃべりかたー!あはは!』

鳰『うわぁぁーんっうわぁぁあぁぁーーんっっ』


兎角『おい、お前らぁぁ!!』ダッ

春紀『よくも鳰を泣かせたな!』

鳰『うぐ……ヒック…ぐす…兎角ちゃん……春紀ちゃん……っ…!』


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:06:45.63 ID:i4QxwLbh0
『げーーっ東兎角と寒河江春紀だ!!』

『逃げるぞほら!!ボコボコにされるぅ!!』

兎角『チッ……卑怯者め!』

伊介『鳰よー♥︎元気出してーおかしあげるからー♥︎』

晴『立てる?いたくない?手、かすよ』そっ

鳰『……伊介ちゃん…晴ちゃん』


鳰『…えへへ、みんな…ありがと…っす…』

ぎゅっ


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:07:25.54 ID:i4QxwLbh0
春紀『あちゃー、クラス、見事にバラバラだね』

兎角『まぁこんなもんだろ…ずっと一緒に居たし、わたし達』

晴『クラスは離れ離れになっちゃったけど、仲は変わらないよー』

伊介『そうねー♥︎』


鳰『あはは…ウチ、…友達出来るッスかねぇ………』


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:09:03.92 ID:i4QxwLbh0
晴『鳰なら大丈夫だよ!』

伊介『なーに心配してんの♥︎鳰は明るいから問題ないわよー♥︎』

春紀『またいじめられたら、あたしらが助けに行くから!』ぐっ

兎角『そもそもわたし達がいるだろ、鳰』

鳰『えへへ………ありがとっす。鳰、頑張るッスよぉー』へへへ


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:11:46.93 ID:i4QxwLbh0

『でさー、昨日のテレビがー』

鳰『…………』

『あの芸能人、めっちゃ可愛いよね!』

『こないだ彼氏がさー』

『そういえば私の彼女ね……』

鳰『(…クラス……なかなか馴染めないッス…)』しょぼん

鳰『(皆は……どうしてるんッスかね)』


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:14:34.26 ID:i4QxwLbh0
鳰『(お、思わず春紀さんのクラスに来ちゃったッス………)』

鳰『(………)』ちらっ


春紀『そういやこないだ買ったネイルが発色良くてさー』

『ああ、あそこの可愛いし安いよねー』


鳰『(…う、うわ……春紀さん、あんな派手な人達と仲良しなんッスか……?)』

鳰『(鳰には到底無理ッスね……他の皆の所行ってみるッス……)』こそこそ


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:19:57.74 ID:i4QxwLbh0
『伊介さんの好きな人って誰なのー?すごい気になるーっ!!』

『伊介さんに好かれるなんて羨ましいー』

伊介『ウフフ♥︎誰でしょうー♥︎』


『晴ちゃんこっちも手伝って!』

晴『あわわ…ちょっと待ってねー』

『一ノ瀬さん、勉強教えてー!』

晴『ひゃぁーちょっと待っててーっ』


『兎角さんって美人ですよねーっ』

『彼女とかいるんですか??』

兎角『いない…』

『きゃぁーっじゃあ私、立候補したい!』



鳰『(…………皆………楽しんでるみたいッスね………)』

鳰『(………)』


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:25:08.37 ID:93TYwgsoO



鳰『……へ……?付き合う……?』

春紀『ん。あたしら付き合うことにしたんだ』

伊介『うふふ♥︎』

春紀『まぁー、どうせそんな変わらないと思うけど。一応、報告』

伊介『一番に鳰に話すって、二人で話したの♥︎』

鳰『そ…そうだったんッスか……。……応援、するッスよ!』

春紀『そっかー、ありがとな』なでなで

伊介『鳰も恋人見つかるといいわねー♥︎』なでなで


鳰『……そう……ッスね……』

鳰『……』


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:27:47.11 ID:93TYwgsoO
鳰『あはは…分かってたッス。兎角さん達もそうだろなって』

晴『ごめんね、鳰。お友達なのには変わりないから』

鳰『き……気にしないで下さいッスよおおお!応援するに決まってるじゃないッスか!!』

鳰『友達…なんスから……』

兎角『ありがとうな』なでなで

晴『鳰は優しいねー』ぎゅうっ


鳰『…………』



鳰「………えぐっ……ぐす…っ」

鳰「ずっと、ずっと一緒だったのに………っっ…」

鳰「あっちから、離れて行ったんじゃないッスかぁぁ……っ」


鳰「……もう、皆なんて友達じゃないッス…ぐす」

鳰「さっさと帰ってふて寝するッス……」



「よぉー、泣き虫鳰」ザッ

鳰「………っ!?」びくっ


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:30:55.08 ID:93TYwgsoO


鳰「い…嫌ッス!!!これはお母さんに貰ったおこずかいなんッスよ!!お金は………」

「なんでだよぉーー、俺ら友達じゃん?なぁーー?」

「少し借りるくらい、いいじゃねーかよぉ」

鳰「とも、だち……?」

「小学校の頃はよくあいつらが邪魔して来たよなぁー」

「せっかく遊んでただけなのになぁ?鳰」


鳰「鳰に友達なんていないッスよ………」ぐっ

鳰「鳰に友達なんて、いたことないッス!!!!」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:32:07.93 ID:93TYwgsoO
「へぇー、あいつらも友達じゃないってわけか」

鳰「そ………そうッスよ……」

鳰「鳰に友達なんて……っ」

「じゃあ、このストラップも貰っていいよなぁ?」

鳰「!!!!それはっ………」



晴『お近づきのしるしにー、晴、鳰ちゃんにストラップを作って来たんだよ』

兎角『わたし達4人、お揃いなんだ。お前が入れば5人だな』

伊介『伊介はこんなダサいの要らないんだけどねーー♥︎』

春紀『伊介様ー、そんな言い方だめでしょ』チョップ

鳰『い、いいんッスか……?お揃いで……こんな…』

晴『これで5人、一緒だね!』

鳰『えへへ……ありがと……晴ちゃん………』


鳰『とっても、可愛いッス』にこー


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:33:38.17 ID:93TYwgsoO
鳰「やめ……っ返すッスよ……お金なら、あげるッスから……!』

「へぇー、お金より大事なんだ?これ」

「……あ、手が滑っちゃったーーー!」ぽいっ

カシャンッ…

鳰「あああぁ……っっ!」

「あはは、地面に這いつくばってやんのー!」

「泣き虫鳰にはお似合いだな!」

鳰「こ、こわれてる…ッス……っ…そんな……」

「わりーわりー、手が滑っちゃってさぁ。あはははは!!」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:34:38.89 ID:93TYwgsoO
鳰「………どうして、こんなこと、するんスか……?」

「はぁ?」

鳰「鳰はなにもしてないのに……悪いことしてないのに!!!どうしてこんなひどいことするんスかぁぁぁぁぁ」ガンッ

「ぐわぁっっ!!」

「おい、おま……ぐふっ!」



鳰「………ゔうっ……ごほっ…けほけほ……」

「ほら、謝れよ!!」ドゴォッ


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:38:22.29 ID:93TYwgsoO
鳰「がはっ………嫌ッス…絶対鳰は謝らないッス!!」

「謝れよ!!謝れ!!おら!今俺達を殴ったこと謝れよ!!」ぐりぐり

鳰「謝るのはそっちッス……っ…!…鳰に…っ謝れッス………」

「んだとこのぉぉっ!!」



鳰「(………ああぁ、ストラップも壊れちゃったッスね)」ジャラッ

鳰「(もうこれで……皆とも完全に…友達じゃなくなっちゃったんスかね…)」


鳰「(…………鳰、皆と友達でいれて……よかったッス……だから皆、どうか………)」

鳰「(お幸せに……)」ぽろっ


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:39:51.89 ID:93TYwgsoO
バァンッ



兎角「…………っっ!鳰っ…!」

春紀「おい、何していやがる!!」

晴「におーーーっ!!」

伊介「遅くなってごめんねー、鳰♥︎」


鳰「………み、んな……っ…どうしてここに……」

「げぇーーっ、東に寒河江だ!!おい逃げ……」ガシッ

春紀「今度こそ逃げられると思うなよ?」にっこり

兎角「さぁ…どう調理してやろうかな………」ボキッボキッ

「ひ、ひぃぃぃぃ………」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:41:03.15 ID:93TYwgsoO

晴「鳰!!!!」ぎゅっ

伊介「あらまー、ボコボコじゃん♥︎相変わらず弱いなー」なでなで


鳰「ひっく……ぐすっ……うわぁぁぁぁぁあぁぁんっ」ぎゅーーっ



鳰「(ウチ、どうして友達なんか居ないって思ったんスかね……)」

鳰「(鳰が……鳰が自ら……)」


伊介『鳰ー、放課後5人でお茶しよ♥︎』

晴『駅前のファミレスとかで、ゆっくり話そう』

鳰『へ……?…あー…えっと…鳰はいいッス!皆で楽しんで下さいッス!』

伊介『バカ、鳰も一緒にって

鳰『じゃ、急いでるんで!!また明日ッスーー』ダダッ

伊介『……なによぅ、つまんない』ふんっ

晴『鳰…どうしちゃったのかな…』


鳰「(皆から……逃げたのに……)」ぽろぽろ


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:41:53.61 ID:93TYwgsoO
クレープ屋

伊介「あーーんもう食べられない!春紀、あげるー♥︎」ひょいっ

春紀「ったく、しょうがないなー」もぐもぐ

晴「クレープ美味しいねー」

兎角「久々に食うと美味いな」


鳰「………あの、皆……本当に……申し訳ないッス……」

伊介「…なぁによ、今更♥︎」

鳰「鳰……晴ちゃんのストラップも壊しちゃって…ひっく……皆のこと、友達じゃないって…ぐす…言ったッス………」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:42:50.94 ID:93TYwgsoO
晴「あんなの、何度だって作ってあげるよ」なでなで

鳰「……ぐすっ…えぐ」

兎角「やっぱり全然成長してないな、お前は。泣き虫な所も、身長も」ぽんっ

春紀「それに何度だって助けに来るって、言っただろ。この4人で」

伊介「友達でしょー?♥︎泣くな泣くな、鳰ー♥︎」


鳰「うううぅぅっ……うあぁぁぁんっ皆、大好きッスぅ…っずっと、ずっと鳰と友達でいてくださいッス………っ」

晴「当たり前だよ!だから鳰はー、」

春紀「ずっとあたしらの真ん中でいること!!…いいよな?」

伊介「拒否権はないわよー♥︎」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:43:57.62 ID:93TYwgsoO
鳰「うっううぅ……っ…鳰で……鳰で、よければ…、っ真ん中にいるッス…っ」ボロボロ

兎角「……さっきから泣き過ぎだ」ていっ

晴「もう泣かないで、鳰。美人は笑顔だよ、笑顔!」

鳰「へへ……」にこっ

春紀「ほら、食え食え。あたしらの奢りだ」

伊介「ちょっとー、聞いてないー♥︎」

春紀「伊介様もちょっとは素直になれよなー、昔から変わってねーんだから」

伊介「春紀のバカ!」

晴「あはは…」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:44:52.90 ID:93TYwgsoO

春紀「じゃ、そろそろ帰るかー」

伊介「春紀ん家泊まるー♥︎」

春紀「あは、またかい。まぁいいけどさ」

晴「晴も行きたーいっ!」

兎角「晴が行くなら」

鳰「に、鳰もっ!!」

春紀「!」

鳰「……鳰も、行っていいッスか…?」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:46:12.38 ID:93TYwgsoO
伊介「…そんなのわざわざ聞くなってーの♥︎」

春紀「お前なー、伊介様の家じゃないだろ」

伊介「いずれそうなりますーだ♥︎」

兎角「いちゃいちゃいちゃいちゃウザったいな」

晴「仲良しだねぇー」ウフフ

ザワァァッ……

鳰「ひゃっ……風が強…っ」


春紀『さあて、帰るかー!』

鳰「?な、なに…?」びくっ

伊介『春紀ん家泊まるー♥︎』

鳰「……昔の、春紀さん達?」

晴『晴も行きたーいっ!』

兎角『晴が行くなら』

鳰「ま、待っ………」

鳰『ウチも…』もじもじ

鳰「!!」

春紀『?』


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:47:33.84 ID:93TYwgsoO
鳰『ウチも、行きたい、ッス………』

伊介『……じゃあー、春紀の家まで競争♥︎伊介一番行きまーす♥︎』ダダッ

春紀『こら、何勝手に!』ダッ

鳰『あぅ…待っ……』

晴『ほら、鳰も遅れちゃうよ!!』ぐいっ

兎角『ん』ぐいっ

鳰『あ………っ……』

鳰『…に、鳰も行くッス!』ダダッ

伊介がいちばーん♥︎
伊介様は反則だろー、あたしが一番だ
あはは、仲良しだねぇー



鳰「(…そっか、今までずっと…勘違いしてたんスね、鳰は)」


鳰「(なにも変わったことなんて、なかったのに)」

鳰「(鳰、皆がどこかに行っちゃったような気がしてたッス…)」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 21:48:25.11 ID:93TYwgsoO
伊介「じゃー、春紀の家まで競争♥︎伊介一番行きま…

鳰「そ………そうはさせないッス!!」ダダッ

伊介「……そうこなくっちゃ♥︎」くすっ

春紀「ああもう、勝手だなー」ダッ

晴「行こう、兎角さんっ」

兎角「……ん」



鳰「(鳰達は、いつまでも一緒ッスよね)」


鳰「(鳰も…この4人の真ん中で)」



おわり


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:51:30.33 ID:59QWweZe0


おまけ


ガチャ

春紀「お待たせ」

晴「わぁぁ、春紀さん、タキシード!」

兎角「似合ってるなー」

鳰「かっこいいッス!」

春紀「ありがとう。ドレスと迷ったけど、お姫様を迎えなきゃいけないからね」

ガチャ

伊介「……」ひょこっ

兎角「噂のお姫様が来たな」

晴「王子様がお待ちかねですよー、お姫様」にこっ

伊介「春紀ーーっ♥︎」たたたっ

春紀「おっ…とと」だきっ

伊介「………♥︎」ぎゅうっ

春紀「…伊介、すげー綺麗だよ」

伊介「春紀もかっこいいわよ♥︎」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:52:04.10 ID:59QWweZe0
晴「わー………本当にお姫様と王子様みたい……」うっとり

鳰「ゔうっ……ひっく…二人とも、素敵ッス……っ…」

兎角「お前もう泣いてるのか。……まぁ正直羨ましいけど…」

晴「…っあぁ!そろそろ時間ですよ、皆さん」

伊介「はーい♥︎」

春紀「行こう、伊介様」にこっ

伊介「ふふ♥︎」


兎角「……幸せそうだな」

晴「次は晴達ですよ、兎角さん!」

鳰「ううぅ、これで兎角さん達も結婚したら鳰の涙枯渇しちゃうッスよぅ」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:52:31.56 ID:59QWweZe0
恵介「…綺麗だよ、伊介」

伊介「ママ……ありがとう…」

恵介「幸せになるんだよ」

伊介「…うんっ♥︎」

恵介「春紀さんとずっと…仲良くね」

伊介「大丈夫よ」

恵介「……それじゃあ、行ってらっしゃい」ぽんっ

伊介「………ありがとう、ママ♥︎行ってきます」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:54:01.30 ID:59QWweZe0

恵介「…ひっく、ぐす」

「はは、つらいものがあるね」

恵介「……そうだね。…ひっく」

「春紀さん、いい人なんだろう。きっと大丈夫さ」

恵介「そうだね……ぐすっ」



兎角「えー。申し遅れましたが、司会を務めさせていただきます、私、東兎角と」

晴「一ノ瀬晴でございます!どうかよろしくお願いしますっ」

乙哉「がんばれーっ」パチパチ

柩「わぁーっがんばって下さいっ」パチパチ

涼「…それにしても、犬飼…いや、寒河江伊介は綺麗じゃのう」

香子「寒河江も凛々しいな」

涼「……苗字で呼んでるとどっちがどっちだかわからなくなるね」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:54:37.09 ID:59QWweZe0
兎角「それでは二人の友人、走り鳰さんのスピーチです」

晴「鳰、こっちへどーぞっ!」

鳰「ぐす……ひっく…」

乙哉「……ってもうぐずぐず泣いてるし」

しえな「走り、泣き虫だからなー」

鳰「ふ…二人の友人、走り鳰ッス。…じゃなかった、走り鳰で…す」

鳰「ウチ……あっ違った私は小さい頃から、ぐずでノロマで…ひっく…いっつもいっつも、ぐすっ、いじめられてて」

香子「……ちょっと待て色々めちゃくちゃだけど」

涼「まぁまぁ、よいではないか」くすくす


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:55:53.79 ID:59QWweZe0
鳰「そのたび、春紀さんと伊介さんが…ぐすっ…だずげでぐれで……ゔうぅ…」

鳰「ご、ごめんなざ…えっと…ひっく…えぐっ…」

鳰「(またボロボロになっちゃったッス……せっかくの晴れ舞台なのに…)」




晴「……がんばれ、鳰」

兎角「わたし達もついてる」


鳰「……ふたりとも…っぐす」

春紀「頑張れよ、鳰」

伊介「しょうがないんだから……」


鳰「うっ、うう、皆ぁ……っ」

鳰「(………言わなきゃッス)」

鳰「(皆が、大好きなこと。二人へ……伝えたいこと)」


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:56:51.62 ID:59QWweZe0
鳰「……っ…私は、小学校から、ずっとずっとこの五人の真ん中にいたッス…じゃなくて、いたんです。…でもいつか、二人は付き合い始めて…っひっく、ウチ、ひとりぼっちになっちゃったと思って……ぐすっ」

鳰「友達なんかじゃないって言った私を…ぐすっ許してくれで、ずっど友達でいでぐれて、本当にやさしくって…っひっぐ…本当に大好きなお友達ッス…ぐすっ…いつもいつも、迷惑かけてごめんなさいッス…えぐ……っっ…

これからも、ずっど友達でいでぐだざいぃ………っっっ」

しーーーーーん


鳰「(……やっちゃったッス)」

鳰「(こんな…ボロボロなスピーチで………)」

鳰「…ほんと…ごめん、なさ……」ボロボロ


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:58:26.11 ID:59QWweZe0




……パチパチパチ

千足「……頑張ったな、走り」パチパチパチ

柩「えへへ」パチパチパチ

鳰「千足さん……桐ヶ谷さん……」ボロボロ

純恋子「走りさんらしいですわ」パチパチ

真昼「仲の良さが伺えるます」パチパチ

溝呂木「うわーーーんっ寒河江ーーーっっっよかったなぁーーっ!!おめでとおぉーーっ!!!」

パチパチパチパチ

鳰「………みんなぁ…っ……」

鳰「……っ…二人とも、お幸せに!!ご静聴ありがとうッス…じゃなくて、ありがとうございました!」ぺこっ



春紀「……っ…ばか…」

伊介「あはっ♥︎…バーカ」ぽろぽろ

兎角「……」グス

晴「えへへ………おめでと……っひっく……えぐ」


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:59:03.97 ID:59QWweZe0


伊介「んじゃぁー、投げるわよ♥︎」

涼「ここは最年長のワシがとる!!!」

純恋子「いいえ私がとるんですわ首藤さんおどきになって!!」

柩「皆さんどいてくださいPOISNしますよ!?」

乙哉「あたしも参戦するーー!」

春紀「あたしが投げたほうがいいんじゃない。伊介様下手くそだから」

純恋子「いいえそれじゃあダメですわ!!」

涼「下手だからこそ難易度が上がりより効果が上がるんじゃ!!」

春紀「……そ、そうですか」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 01:59:38.96 ID:59QWweZe0
鳰「ふふふ、いいッスねー、ブーケ争奪戦」

溝呂木「東達や走りは貰いにいかないのか?」

鳰「鳰はいいーっす、相手もいねーし。兎角さん達もほぼ結婚決まってるようなもんッスから、行かないんッスよ、多分」

溝呂木「そうかぁ、じゃあ次は東達かな。……ところで走りがあんなに泣き虫だなんてな」

鳰「それはこっちの台詞ッスよ。溝呂木ちゃん泣きすぎっしょー」

溝呂木「あはは、そうかな」

鳰「……んっ!?ちょ、溝呂木ちゃん、上!!なんか来るッス!」

溝呂木「へ!?うわああぁなに、UFO!?UMA!?」

鳰「幽霊!?怪奇現象!?とにかくどれでもヤバいッスよおおお」

溝呂木「わぁぁああっ命だけはぁぁーーっ」


ぱしっ


溝鳰「「……へ!?ブーケ!?」」


終わり


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 04:38:42.67 ID:fwMIkJYho
おつおつ


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/01(日) 14:18:05.96 ID:DIUWif+Io
乙乙
こんな世界線があってもいいよな


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401537809/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「悪魔のリドル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。