Powered By 画RSS


天使「うわwwキモオタが私の担当とかwww」男「…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 20:41:54.37 ID:ExVBpWB6O
男「この部屋もフィギュアでいっぱいになったな…」

男「こんなことして何が楽しいんだろうか…彼女欲しいけど、部屋がこんなんじゃ親すら呼べない…」

男「…」

男「隠れオタなんか疲れるだけだ。いっそのことオープンになってやろうか」

パアァァ…

男「ん?外が嫌に明るいな…」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 20:46:10.05 ID:ExVBpWB6O
あなたに神の御加護を与えましょう…

男「え?なに?誰かいるの?てか窓の外明るいな!!なんなんだよ」ガララ

あなたに御加護を…

男「誰誰?うわ!え?部屋に誰かいるの?カーちゃんか!?カーちゃんなのか!?」

パァァァ…

男「うわぁああ!!眩しっ!眩しっ!誰だよ近所迷惑だろ!」

バサッバサッ

男「ひぃぃ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 20:49:33.33 ID:ExVBpWB6O
男「…」
男「明るいのは収まったみたいだな…あー頭が痛い」

「アナタに神の御加護を授けましょう…」

男「…え?」クル

天使「…」

男「……」

天使「ゼウスの……て何この部屋」

男「あ、え、あ」

天使「うわっフィギュア…ぶ…ぶはっwwww」

男「え?」

天使「キモオタ担当はいりましたーwwwwふざくんなwwwww」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 20:52:05.12 ID:ExVBpWB6O
男「誰?」

天使「あぁ!?」


男「ひぃっ!」

天使「『ひぃっ!』」
天使「だっておwwww『ひぃっ!』wwww」

男「えっと…どちらさまですか?」

天使「ひぃっ!wwww」


男「」イラッ


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 20:54:13.25 ID:piR+QRGAI
ちょwwこの天使www


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 20:56:01.68 ID:ExVBpWB6O
天使「www…失礼、私はキモオ…いやアナタのような恵ま、wれぬ人へ神の御加護を授けるべく…w…くっw…」

男「…えっと、とりあえずご自宅の連絡先とかわかります?」

天使「天界に決まってんだろwwww」

男「……あ、もしもし?警察ですか?あのー、妙なコスプレをした女性が僕の家にまぎれこ…」

天使「」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:01:00.53 ID:ExVBpWB6O
天使「太陽拳!」カッ

男「うわぁああ!目がぁああ!」

天使「今の内に」ガチャッブツ…ツ-、ツ-、

男「ああっなんてこった!」

天使「まぁそこらへんに座れ、神の御加護について話をしようじゃないか」

男「俺の部屋なのに…」

天使「ああこのフィギュアにまみれた部屋!まじかよwwww」

男「…」

天使「あーあー、同じの2つ買っとるwwww買っとるwwwww同じ美少女が同じポーズで並んどるwwww」

男「…そろそろ話しましょうよ」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:06:51.07 ID:ExVBpWB6O
天使「あぁ、まぁアンタが冴えなさすぎるから、『オレが幸せにしてやんよ!』」
天使「終了!ハイ、フィギュア鑑賞タイムktkrwwwww」

男「今の『オレが幸せにしてやんよ』だけアニメで聞いた声だったような」

天使「Angel Beatswwww叩かないでwwww私を叩かないでwwww」

男「…アナタも結構オタですよね」

天使「www……は?」ピタ

男「え?」

天使「は?ちげーし、全然ちげーし!え?なに?同類にしようとしてんの?こちとら穢れなき天使よ?天使?アンタはキモオタ!ちげーし」


男(うわ面倒くせ…)


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:12:39.61 ID:ExVBpWB6O
男「そもそも天使ってなんですか、そのよくできたコスプレでウチに押しかけてきて」

天使「コスプレwwwできるもんならやりたいわwwww羽邪魔すぎワロヌンティウスwww」

男「はいはい、邪魔だったら脱げばいいのに」

天使「飛べるぜ?www全力でいくか?wwww」

男「はいはい、全力でも結構ですよ」

天使「ほれ」バッサァアッ!!

ビュゥウウンッ!!

男「うわぁあああ!!部屋が!フィギュアがぁあああ!!」

天使「…あ、だって全力って」

男「お外で飛びなさい!」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:17:01.73 ID:ExVBpWB6O
男「はぁ…まぁ仮に天使だと認めましょう」

天使「神公認だ舐めんな」

男「で、天使ってなにができるの?」

天使「なにって…」

男「まさかなにもできないとか?ここに住むつもりでしょ多分。飯代は俺もちでしょ多分」

天使「あ、あれできるよあれ!恋のキューピッド」

男「詳しく話してください」ズイ

天使「手の平リターンwwwww」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:22:56.32 ID:ExVBpWB6O
天使「まずね、AがBを好きだとするwwww」

男「うん」

天使「私がこの弓矢でwwwAの真上上空からBをピューンッwwww」

男「うん」

天使「ピューンッwwww」

男「わかったから続けて」

天使「すると矢はBの急所に命中し、重傷を負うのですwwww」

男「うん………え?」

天使「血を流し倒れたBをAが救出し、BがAに惚れるwwwwやったね!!」

男「待て」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:27:15.56 ID:ExVBpWB6O
男「……そっか。じゃあ女さんと結ばれることはできないか…」

天使「え?」

男「あ、いや、恋のキューピッドってのが本当なら、女さんと結ばれたいかなって」

天使「なにそれ乙女」

男「昔からすきだったんだ」

天使「そうなんだすごい」

男「そんな危険な目に合わせるわけにもいかないし」

天使「えっ」

男「えっ」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:31:12.39 ID:ExVBpWB6O
男「はぁ…ほかになんかありますか?」

天使「死人を生き返らせたりとか」

男「定番ですねw」

天使「単芝死ね」
天使「まぁ死人は生き返らせることは可能よん」
天使「これでキューピッドでミスって殺しても生き返らせられるから躊躇いなくピューンッwwww」

男「躊躇え」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:36:03.57 ID:ExVBpWB6O
男「んじゃ、明日は学校ありますんで、天使様は適当に昼はブラついててください」

天使「定番の留守番はスルーとかマジパネェッスwwww」
天使「お、パソコンあんじゃん」

男「あ、ダメ!」

天使「……」カチカチ
天使「エロゲwwwwwwうっはwwwうぇっwww」

男「うわぁあああ女の子に見られたぁああ」

天使「あー、このソフト持ってるわ」

男「」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:37:17.13 ID:piR+QRGAI
天使ェ…


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:42:20.84 ID:ExVBpWB6O


天使「昨晩はお楽しみでしたね!」

男「何一つ楽しんでないから」
男「じゃ、俺学校行ってきますんで。ほら早く家から出て」

天使「えー、留守番はー?」

男「フィギュア漁るからダメ!」

天使「バレたったったwwwww」

男「お弁当と多少のお金は上げます。んじゃ」

天使「くっそwwwww捨てられた女の気分wwww」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:46:58.06 ID:ExVBpWB6O
学校

先生「今から席替えを行う」

男「マジで!?」

友「よう、席替えか。女さんと隣になれねぇかな」

男「ブル…ゴホン、お前もか」
男(アブね、オタ用語出そうになった)

友「あぁ、じゃ、クジ引いてくらぁ」

男「はいよ」


女「………」

男(はぁ~…静かで可愛いなぁ女さん)


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:49:39.47 ID:ExVBpWB6O
パチンコ店

子供「うぅ…お車の中あづいよぉ…」
子供「ママどこぉ…?」
子供「あづいぃ…お腹すいたぁ…うわぁぁん…」

パァアア…

天使「アナタに神の救いを…」

子供「ふぇ」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:53:16.46 ID:ExVBpWB6O
子供「お姉ちゃん、ありがとぉ」

天使「お礼には及びません、私は大いなる神の使いなのですから…」

子供「うぅ…お腹すいた…」

天使「…」
天使「これをどうぞ」ス

子供「え?」

天使「お弁当です。遠慮なさることはありません。子供はよく食べ、よく育つことが一番なのですから…」

子供「…いいの?」

天使「ええ」ニコ


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 21:57:23.81 ID:ExVBpWB6O
天使「車の中を秘薬で涼しくしておきました。これであなたは暑さで苦しむことはないでしょう」

子供「ママに怒られるかも…」

天使「恥ずかしながら、私が行うのは救済のみです。罰することは大いなる神が行うでしょう」

子供「ママ、ばっせられちゃうの?」

天使「アナタが大きく健やかにそだてば、神はすべてをお許しになるはずです。ですので、どうかお幸せに」ニコ


子供「ありがとう!お姉ちゃん」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:00:25.52 ID:ExVBpWB6O
学校

友「きたぁああああ!!きたぁああああああ!!」

男「おい、お前まさか」

友「女さんの隣きたぁああああ!」

男「なん…だと…」


女「…友くん…」トコトコ
女「隣、よろしくね」ニコ

友「!!!」
友「ヒョ、ヒョォイ!!」

男「俺の隣は空席か…くそっ…あぁあああ!!」

友「圧倒的勝利だな」

男「うるせ」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:04:27.71 ID:ExVBpWB6O
橋の下

ホームレス「うぃ~…飯がねぇな…金もねぇ」
ホームレス「家もねぇ」

ホームレス「拾う空き缶すらなかった…もうダメかもな、俺ぁ」


天使「…」バサッバサッ



宝くじ店

店員「いらっしゃいませー」

天使「このお金で買えるだけください。あ、番号は5054…」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:09:35.44 ID:ExVBpWB6O
ホームレス「はぁ…なんとかやりなおせねぇのかな……ダチに騙されなかったら今頃は…」

パァァァア…

ホームレス「…アン?」

天使「不遇な運命を歩んでしまったアナタへ、神からの思し召しを与えましょう…」

ホームレス「あ?なんだねーちゃん」

天使「このクジを」スッ

ホームレス「はぁ…ひやかしか?」

天使「1週間後の新聞とあわせてお読みください。きっと驚かれるでしょう…」ニコ

ホームレス「ま…まぁ、貰えるもんなら貰っとくけどよ」

天使「では、私はこれで」バサッ

ホームレス「なんだありゃあ…飛んでやがる…!」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:12:19.39 ID:ExVBpWB6O

男「はぁ…結局女さんとは隣になれなかったな…」ガチャ

男「あれ?なんで玄関開いてるんだ?まさか…」


天使「遅すぎワロッシュwwwww」

男「天使様どうやって入ったの!?」

天使「天使に不可能はねぇよwwww男ざまぁwwwwうぇっうぇっwww」


男「ぐぬぬ」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:15:29.33 ID:ExVBpWB6O
男「あーもう…ほら、弁当箱貸してください、洗いますから」

天使「あ、あー…それはー…」
天使「落としたったったったったwwwwww」

男「あーもう!仕方ないなぁ…まだ余分にあるから、今度は気をつけてくださいよwwwww」

天使「芝移っとるwwww」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:19:08.52 ID:ExVBpWB6O
男「~♪」カチカチ

天使「何やってんの?」

男「エロゲ」

天使「乙女の前でエロゲとかブレねぇwww」

男「天使様慣れっこでしょ、じゃあ別にいいかなって」

男「あ、トイレ行ってきます」


天使「前屈み乙www猿かwwww猿ですかwwww」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:24:02.48 ID:ExVBpWB6O
天使「~♪」カチカチ

男「ふぅ…あれ?」

天使「ああ、なるほど、そういうフラグだったのかwww把握wwww」

男「うわぁああああ!!どんなフラグ!?勝手に進めないで!うわぁああ」

天使「飯つくれwwwデュクシwwwww」ボッ

男「」ザシュッ

天使「あ…男の腕が吹っ飛んだ…」

男「おぴょぉぉぉあああああああ!!!」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:29:24.98 ID:ExVBpWB6O
天使「もちつけwwwwこの秘薬でwwww」ポタリ

男「あぁあああああ……え?」

天使「復活!!天使ちゃんマジ天使wwww」

男「……」
男「さ、エロゲエロゲ」カチカチ

天使「お礼wwww家wwww」

男「こっちはエロゲを勝手にすすめられて、腕吹っ飛ばされて怒ってるんですよ」

天使「フィギュアに囲まれていうセリフじゃないよねそれ」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:48:13.38 ID:ExVBpWB6O
男「さぁそろそろご飯作りますか」

天使「はい」

男「はいじゃないが」
男「なんか手伝ってくださいよ」

天使「何を手伝って欲しいのか」

男「野菜と肉を切る、米研ぎ、炊き、炒め、煮込み、味付け、盛り付けなどなど」

天使「全部じゃねぇかwwwww鬼畜wwww」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:51:13.09 ID:ExVBpWB6O
天使「こうですか、わかりません」

男「おぉ…すげぇ、完璧だわ」

天使「マジ天使wwww」

男「うん本当にマジ天使…これは」

天使「え、」
天使「あ、あー…」

天使「いやぁいざ誉められると…」

男「誉められなれていない、立派なVIPPERですね」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:53:51.99 ID:ExVBpWB6O
天使「VIPPER発言はないわー…」

男「えっ」

天使「いるよね?学校とか職場で得意げにコピペ見せてくる奴」

男「いや、それは…その」

天使「ぶっはwwwwwwww」

男「…すいませんでした…」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 22:56:58.25 ID:ExVBpWB6O
男「そういえば、天使様はなんで俺のところに?」

天使「え?」

男「いやぁ、こんな俺のところになんで…。性格からして面倒臭がり屋そうだし…」

天使「そっ…それは…///







いい加減働かないとネット契約切られて追い出されるwwwwうぇっwwwやばすwwww」

男「さよけ」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:01:08.66 ID:ExVBpWB6O
男「あー、風呂入ってください。もう沸きましたよ」
男「天使様ー?」
男「あれ?いないな…」
男「天使様ー!またどっか飛んで行ったんですかー?」
男「…天界に帰ったのかな…」
男「そうだな、なんだかんだでこの2日間、楽しかったもんな…」



<うはwwww湯船狭ぇwwwww


男「やっぱ楽しくないわ」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:06:32.54 ID:ExVBpWB6O
天使「ふぅ…さっぱりしたわ…」

男「しみじみして損した」

天使「天使の残り湯にあずかることができるとかマジ幸運だなwww感謝しろよ^^」

男「うわ、めっちゃ煽ってきてる」

天使「翼がビショビショ美少女wwwドライヤー借りるぞ…」


風呂場

男「はぁ…天使の残り湯って」

男「うわっ!めっちゃ輝いとる!!花咲いとる!妖精踊っとる!!」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:12:08.27 ID:b+vAH1Jd0
すさまじいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:12:23.80 ID:VQBYN2Z10
すごいけど風呂入りづらいなww


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:12:25.54 ID:ExVBpWB6O
男「ふぅ…さっぱりしたわ…腸の中まで洗われた気分だわ」

天使「アイスある?」

男「ありますよ…」ガララ
男「ほら」スッ

天使「わーい」

男「あ、今ので最後だった…!」

天使「メシウマだぜ!ハーッハッハッwwwww」ガツガツ

男「はん、アイスごときで喜ぶなんて子供ですね」

天使「子供の美少女だけど質問ある?」

男「いつになったら静かになるんですか?」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:17:23.58 ID:ExVBpWB6O
男「そろそろ寝ましょう」

天使「今日は疲れたわーマジ疲れたわー」

男「そりゃそんなテンションで一日中いたらね」

天使「天使に賢者タイムなんてモンはねーよwwwwwましてやおにゃのこwwww」

男「しかしながら、俺の部屋にはベッドが一つだけ…」

天使「…え」
天使「…い、いったい何が始まるんです?」

男「何も始まりません俺は床で寝ますので」

天使「うぇっwwww覚悟して損したwwwwww」

男「えっ」

天使「えっ」


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:22:44.06 ID:ExVBpWB6O


男「はぁ…床ってやっぱ寝つき悪いな…首が痛い」

天使「…おきた?」

男「…」

天使「…」

男「なんで俺の布団に?」

天使「いや部屋の主を床に寝かせるのは神の使いとしてどうかと」

男「その前に考えるべき事件が云々かんぬん」

天使「はぁー寝てないわーマジ寝てないわー、2時間しか寝てないわー」

男「はいはい、朝飯作ってきますんで」

天使(ぶっちゃけ緊張してたから全く寝てないわー…)


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:29:19.69 ID:ExVBpWB6O
男「ごちそうさま」

天使「トーストと目玉焼きとコーヒー、至って普通の朝飯だったね」

男「じゃあ学校行ってくるんで」

天使「私も行くwwwwwぶはははwwww」

男「え?なんで?」

天使「驚けよwwwww真顔で聞くなよwwwww」

天使「制服は昨日調達したwwwwwうっはwwww」
天使「お前の隣は空席なんだろ?そうなんだろ?ん?ん?wwwww」

男「なんでそれを」

天使「天使に不可能はねぇよksがwwww平伏せwwwwうっはwwww」

男「でも転入手続きがまだだからダメですね。残念」

天使「天使に不可能はねぇよwwwww本日2回目wwwww」
天使「『でも転入手続きがまだだからダメですね。残念』(キリッ」

男「」イラッ


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:35:27.02 ID:ExVBpWB6O
学校

男「じゃ、校長室に通してもらえるか聞いてくるわ。校門で待っててくれ」

天使「わかりました。お待ちしております」

男「!?」
男「口調…てかキャラが…」

天使「どうか焦らずごゆるりと」

男「は、はい…」

校長室

校長「ふぅむ…そのような名簿はないな…」

男「やっぱりそうですか…」

校長「まぁ、とりあえずその子を呼んできなさい。校門で待たせるのも居心地が悪いだろう」

男「わかりました」


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:40:39.84 ID:ExVBpWB6O
校長室

男「この子です」

天使「天使です。お初にお目にかかります」

校長「ふむ…」

男「あー、じゃあ今日は転入手続きだけして帰しますんで…」

校長「いい…可愛いから、今日からでもいい」

男「校長!?そんなマジな顔で…」

校長「天使ちゃんだね。今日からよろしく」

天使「宜しくお願いいたします」

男「…oh…」


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:44:03.24 ID:ExVBpWB6O
教室
先生「はい静かにしろー」
先生「今日からウチのクラスの仲間になる天使さんだ。仲良くしてやってくれ」

天使「…」ペコリ

先生「男の隣空いてるな。そこ座れ」

天使「承知しました…」ペコリ

女(うわぁ…綺麗な人だなぁ…)

友(男、あいつ…できる!)


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:49:01.37 ID:ExVBpWB6O
休み時間

ザワザワ

「ねーねー!君どこから来たの?」

天使「遠いところからです」ニコ

「あとで俺たちと遊ばない?」

天使「まだ私、この学校に慣れていませんので…。いつかまた誘ってくださいね」

「じゃあさじゃあさ!俺たちと食堂いかない?」

天使「大変申し訳ないですけど、実はお弁当を持ってきていて…」スッ

男(あ、俺が作った弁当だ)
男「おっとこうしちゃおれん、女さんに積極的に話しかけねば」ガタ

天使「!」


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/15(月) 23:57:03.44 ID:ExVBpWB6O
男「女さん」

女「あ、う、あ、男くん」
女(ダメだ、緊張して口が上手く動かないや)

男「あ、あのさ。女さんっていっつも本読んでるよね」

女「う、えあ、これ?」
女(根暗だと思われてるよ…絶対に)

男「俺も本読もうと思ってさ、もしよかったらオススメの本とか教え
友「オラァッ!!」ガッ

男「ぶっひぉ」ドサッ

友「女さん、今日は一緒に本を買いに行きませんか?」キリッ

女「あ、え…?」

男(貴様ァ!)
友「…」ニヤッ


天使「……」
「ねー好きな食べ物とかは?」
天使「え?あ、そうですねー…」


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:04:09.90 ID:SPMmkFtRO
帰り道

天使「男さん、そろそろ自宅へ向かいましょう」

男「あー…うん、それがですね」

友「女さん、男は行かないみたいです。ささ、今の内に」
女「あ、う」

男「あっ!テメェ!!姑息な!」

天使「…」
天使「私もご一緒してよろしいでしょうか」

男「ダメです!!天使様がいると女さんが勘違いしちゃいますからね」
男「それでは俺の幸せ、マイハニーは飛んでいっちまいます!」

天使「しあ、わせ…」
天使「…承知しました」

男「あ、これ鍵ね。夕飯は買ってきてあげるから待っててくださいね。それじゃ」ダッ

天使「…」


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:09:13.45 ID:SPMmkFtRO
自宅

天使「うっはwwwww」
天使「私モッテモテwwww携帯もってないのにメルアド聞かれまくったったったwwwwww」

天使「相変わらずこの部屋フィギュアだらけwwww吹いたwwwww」

天使「男が幸せなら仕方ねぇwwwww仕事だし仕方ねぇwwwwうぇっwww」
天使「男が幸せになったらこの部屋からもおさらばwwwwwネット契約もされねぇwwww」
天使「天使の仕事ショボ杉wwwwwワロタwwwwwww」

天使「…ワロタ……」


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:13:23.91 ID:UpOgF7Qb0
天使……


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:14:42.95 ID:SPMmkFtRO
書店

友「ほほう、オススメはこの本ですか!いやはや興味深うございまするなぁ」

男(いつの時代の人だよ)

女「あ、うん、私もこれ読んでみようと思うんだ。隠れた名作らしくて」
男「お、俺が買おうか?それ!」

女「え、でも…」

男「いいですいいです!女の子は遠慮しちゃダメだよ」

女「え、うーん…じゃあお願いしてもいいのかな?」

男「毎度あり」

女「あ、う、ありがとう」

男(女さんマジ天使…)

男(天使かぁ…)


200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:21:54.92 ID:SPMmkFtRO
男(あ、新刊のラノベだ。どれどれ)ペラ

男(まぁた芝ありラノベかよ。最近増えたよなぁ芝。痛いだけだっつーの)
男「芝…か…」
男「今日は学校では芝使うどころかキャラがまるっきり違ってたな…」


友「男ー?そろそろ行くぞー」

女「お、男くん?」

男「あー…いいよ、ここで俺は別れるわ。あとは二人でごゆっくり」

友「神様やぁ…男は神様やでぇ」

女「…じ、じゃあ私も、そ、そろそろ帰るね。それじゃ」

友「え、え!?」

男(芝か…また生やしてもらいに帰るとするかな)


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:27:30.38 ID:SPMmkFtRO
自宅

男「ただいまー」ガチャ

天使「おせぇw…w…うぇっw……うぇっw……w…」

男「ん?」

天使「幸せか?ww今幸せか?ww…w」

男「…どうした、草が足りてないですよ。ここはサバンナですか」

天使「ww…サバンナww…熱いのに、カラッカラに乾いとるww…ダレウマww…w…ひっく…」


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:33:10.16 ID:SPMmkFtRO
男「俺は今幸せですよ」

天使「…っ…」
天使「おkwww」
天使「把握ww」
天使「任務完了したし、天界に帰るとすっかなw」

男「いや、天界に帰られると幸せじゃなくなっちゃうんで」

天使「…え?w」

男「天使様がいるから幸せなんです。毎日楽しいし可愛いし趣味が合うし」
男「だから俺は天使様が大好きですよ」

天使「…!」


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:37:26.72 ID:SPMmkFtRO
男「得意の(キリッをつけて俺の真似しないんですか?」

天使「だっ、『だから俺は天使様のことが大好きですよ』(キリッ…」

男「芝忘れてますよ」ギュッ

天使「…ひっく…うぅっ…」

男「やっぱり芝要りません、今はつけなくていいですよ」

天使「ひっく…ぁぁ…えぐっ…うん…うん…」ギュッ


229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:44:10.59 ID:SPMmkFtRO
翌日
学校

男「えっ」

友「悪いな」
女「…//」

男「え」

友「いやぁ昨日女さん追いかけてアタックしたんだわ」
女「…//」

男「えっ」
天使「…男さん」ポム

男「あ、はい」

天使「『えっ』(キリッ」

友「なんだよ、お前らも仲よさそうだな。聞けば天使ちゃんだっけ?男と接点近いんだろ?」

天使「はい」ニコ

男「何故わかった」

友「昨日二人で登校してたろ。転校初日から」


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:51:12.78 ID:SPMmkFtRO
帰り道
男「なんでバレたんだ」

天使「ただの勘もあったのではないでしょうか?」

男「天使様、外ではその喋り方なんですね。」

天使「はい。天使族のイメージに大きく影響しますので」ニコ

男「あーそれはあるかもですね。着いたな、鍵鍵っと」ゴソゴソ

男「~♪」ガチャ…

男「はい、我が家に到着です」

天使「うっはwwwww新しい我が家wwww幸せなら永住おkかwwwww」

天使「一生幸せにしてやんよwwwwwうっはwww」

男「こっちだって幸せにしてやんよwwww俺が結婚してやんよwwww」

天使「これは期待wwwww」

おわり


247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:51:55.79 ID:IHmzi5PCI
おつ!


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:53:00.85 ID:p/wMfgje0

やはり天使ちゃんはマジ天使だった


265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:55:43.39 ID:/ViQ7ios0
乙!
おもしろかった


269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 00:57:51.38 ID:zfmC9G2p0
乙!

どうか続編つくってくれください


277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 01:05:05.93 ID:s6ZulHRE0


俺のところに天使様はいつ現れて下さりますか?


324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 07:13:41.87 ID:GM+zTLFR0
乙!
うちにもこいよ天使ちゃん





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「男女」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ