Powered By 画RSS


【ミリマスSS】このみ「おとなのわたしがほしいもの」

1 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 22:06:23.72 ID:c1ek2SaH0
このみ「…ふぅー終わったー」

P「このみさん、お疲れ様です。お茶どうぞ」

このみ「あら、ありがとう。最近事務仕事が多くて肩が凝るわね…」

P「あ、なら軽くマッサージしましょうか?」

このみ「それじゃあお願いしちゃおうかしら」




3 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 22:16:01.85 ID:c1ek2SaH0
P「はいはい、じゃあ行きますよ」モミモミ

このみ「プロデューサー、もう少し強く…あ、そこ特に。あぁ~気持ちいい~…」

P「確かに少し硬くなってますね。ちゃんとほぐしましょう」モミモミ

このみ「そもそもアイドルに事務仕事をさせるなんて…あ、今のとこもっとやって…」

P「このみさんがよかったらやりますって言ってきたんじゃないですか、自業自得ですよ。あれ、使い方あってますよね?」

このみ「分からない~…マッサージしてもらってるままお酒の見たいわね…」

P「マッサージしながらは無理ですけど、この後行きます?」

このみ「おっ、流石プロデューサー話が分かる♪」

P「だから早く仕事終わらせましょうか」

このみ「飲みで釣るなんてずるいじゃない…まあ、引き受けたからにはちゃんと最後までやるわよ」


4 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 22:24:04.76 ID:c1ek2SaH0
このみ「お、終わった~…なんか今日多くないですか…?」

小鳥「このみさん、お疲れ様です。このみさんがいると事務仕事がスムーズに進んで助かりますね」

このみ「いえいえ、こういう作業は好きなので」

P「音無さん、このみさんお疲れ様です。このみさんとこのあと飲みに行くんですけど、音無さんもどうですか?」

小鳥「私ですか?そうですねー…」チラッ

このみ「??」

小鳥「今日は遠慮しときます。祭典のために今から貯めておかないといけませんし…」

P「ああー…」

小鳥「ということでごめんなさい、今日は『お二人』で楽しんできてください♪」

このみ「ちょっ、小鳥さん!それってどういう意味ですか!」

小鳥「うふふ、どういう意味でしょうかね~♪」

P「…どういうこっちゃ」


6 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 22:40:09.82 ID:c1ek2SaH0
P「音無さんが無理となると…他に誰もいませんね」

このみ「まあ、もうこんな時間だし仕方ないわね。今日は二人で飲むわよ~」

P「今日も、ですけどね。何だかんだこのみさんと飲むのが多い気がします」

このみ「確かに週2くらいで飲んでるわね。最近宅飲みも多くなってるし」

P「今思ったらアイドルとプロデューサーが二人きりで宅飲みって危ない気が…」

このみ「まあそこはほら、バレなきゃスキャンダルじゃないんですよ!」

P「いやその精神はアイドルとしてダメでしょう」

このみ「えー」

P「えー、じゃないです。ほら、そんなことより早く行きましょうよ」


8 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 22:55:52.59 ID:c1ek2SaH0
このみ「それでね、その審判なんて言ったと思う!?『え、24歳?オー小さいデース!HAHAHA!』とか笑ったのよ!」

P「言葉分かったんですか?」

このみ「ううん、フィーリング。でもあの顔は絶対バカにしてたわ…。まあそのあとプレイできっちりアダルティーなところ見せつけてやったけど」

P「プレイでアダルティーってどういうことですか…あ、注ぎますよ」 トクトク

このみ「ありがとう。プロデューサー、いい男ね♪」

P「酒入ってるからってからかわないで下さいよ」

このみ「だってこんな愚痴だって何も言わずに聞いてくれてるじゃない。女の子はそういう男の人に憧れるのよ?」

P「へぇ、そうなんですか」

このみ「でもそんなプロデューサーも私にセクシーな仕事を取ってきてくれないのよね…」

P「うぐっ」

このみ「あーあーしたいなーセクシーな仕事ー、誰か取ってきてくれないかなー?」チラッチラッ

P「善処します…というか善処してます…」


9 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 23:02:52.37 ID:c1ek2SaH0
このみ「ああは言ったけど、プロデューサーが取ってくる仕事は嫌いじゃないわよ。楽しいのも多いし」

P「そう言ってもらえると救われます」

このみ「ただやっぱりもっとセクシーが…」

P「大人は駄々をこねませんよ?」

このみ「ぐぬぬ、それ言われたら…」


10 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 23:11:17.79 ID:c1ek2SaH0
P「セクシーと言えば、女性ってかわいいって言われるのとキレイって言われるのとどっちが嬉しいんですか?」

このみ「唐突ね。私はやっぱりキレイって言われたいかな、20超えてるし、何より大人だし」

P「なるほど。でもこのみさん、ファンからはかわいいって言われますよね」

このみ「あ、だからってかわいいって言われるのも嬉しいわよ?いくつになっても女の子の部分はあるんだし」

P「うーん、よく分かりませんね…」

このみ「というかなになに?もしかして彼女でもできたの?」

P「まさか、今は仕事優先ですからそんなの作る暇なんてないですよ。そもそも作れるかどうか」

このみ「へぇ~…」

P「なんか嬉しそうですね」

このみ「そ、そんなことないわよ?えっとえっと、すいませーん!焼酎追加でー!」


11 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 23:22:35.90 ID:c1ek2SaH0
このみ「プロデューサー、久しぶりにどっちかが倒れるまで飲みましょう!」

P「倒れるまでって危ないですよ。まあ別に飲むのは構いませんけど。でもこのみさんって…」


このみ「うへぇ~…もうむーりぃ…」

P「相変わらず俺より飲めませんよね」

このみ「プロデューサー強すぎですよ~…何でそんなに飲めるんですか~…」

P「体質としか言えませんね。それにしても、このみさん飲める量減りました?」

このみ「う~ん、アイドル始めて、体力が必要だから家で飲むの控えてるんですよね…」

P「ああなるほど。そりゃ飲めなくなるわけですね」


12 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 23:30:14.96 ID:c1ek2SaH0
このみ「…………」

P「このみさん?」

このみ「Zzz...」

P「…まったくこの人は…すいませーん、勘定ー」


P「ほらこのみさん、払っておきましたから早く行きますよ」

このみ「Zzz...」

P「起きねぇ…仕方ない、ちょっと失礼しますよっと…ほらこのみさん、首に腕回して」

このみ「んぅー…」

P「うわ、子供おんぶしてるみたいだ。それじゃご馳走さんでしたー」


13 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 23:35:45.94 ID:c1ek2SaH0
P「このみさん、駅着きましたよ」

このみ「ん…あれ、私いつの間に寝て…なんでおんぶされてるの?」

P「居酒屋でずっと一人で飲むのもあれですし。ほら、早く降りてください」

このみ「……プロデューサー」

P「何ですか?」

このみ「今電車乗ったら吐いちゃうかも…」

P「えぇー…」

このみ「どこかで休憩したい…」

P「それじゃあ近くに公園があるのでそこで休みましょう。終電大丈夫ですか?」

このみ「確か…うん、まだ余裕はあるわ」

P「……降りないんですか?」

このみ「降りなくちゃダメ?」


14 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 23:40:55.97 ID:c1ek2SaH0
P「いや、別にこのみさんは軽いですし大丈夫ですけども」

このみ「それじゃあいいわね♪こんな美しいレディをおんぶできるなんて滅多にないことよ?」

P「はぁ、レディですか…ぷっ」

このみ「あ、笑ったわね?そういう人にはこうよ!」ギュー

P「ちょっ、このみさん!そんな強く首に手を回したら」

このみ「うふふ、大丈夫。そんな苦しくはしてないから」

P「いや、その…胸が背中に…」

このみ「……ごめんなさい///」カァァ


P「…そういうところズルいですよね」ボソッ

このみ「ん?何か言ったかしら?」

P「いえ、気にしないでください」


15 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 23:50:58.39 ID:c1ek2SaH0
P「公園着きましたよ。とりあえずどこか座るところっと」

このみ「今思ったらこの状況って見られたら大変よね。本当にスキャンダルものよ」

P「担当アイドルとスキャンダルなんてプロデューサー失格ですよ…」

このみ「私は…いいかなー、なんて…」

P「…冗談でもそれはダメですよ。このみさんはアイドルなんですから」

このみ「ですよねー…はぁ…」

P「……はぁ」


16 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:00:03.72 ID:B6Ym5aJ80
\ラブソーン/
P「うおっ、何だ?」

このみ「あ、私のケータイ。そういえば日付変わる時にアラーム設定してたんだった」

P「そうなんですか。このみさん、誕生日おめでとうございます!」

このみ「うふふ、ありがとうございますっ」

P「というかもうそんな時間ですか。もう少ししたら行きましょう」

このみ「そうね、終電間に合わなくなったら大変だものね」


17 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:02:53.05 ID:B6Ym5aJ80
このみ「がっつくようで悪いけど、プロデューサーは他の子の誕生日にプレゼントあげてたわよね?」

P「もちろんこのみさんにもありますよ。明日…じゃない、今日の朝楽しみにしててくだ
このみ「むう、今欲しいのに…」

P「いやいや、無茶ですってそれは」

このみ「大丈夫、私が欲しいのすぐ貰えますから…プロデューサーがくれるなら、ですけど」

P「俺があげるなら?何ですか一体」



このみ「プロデューサーが欲しいなぁ…なんて…」


19 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:18:33.62 ID:B6Ym5aJ80
P「このみさん、まだ酔ってますよね?」

このみ「どうだろう、自分でも分からないわ。でもプロデューサーが欲しいのは本気よ?大の大人が冗談で告白するはずないじゃない」

P「いつからですか?」

このみ「うーん…いつからだろう…。一緒に仕事してくうちにかしら…。付き合いが長すぎて分からない、というか気が付いたら好きになってたのかも」

このみ「ごめんなさい、アイドルなの分かってるのにこんなこと言っちゃって。でも…誕生日ぐらいはアイドルじゃなくて、一人の女性でいたいの」

P「…本当、このみさんのそういうところが」

P「……とりあえず、今は返事はできないです。俺もそういう風に言ってもらえて嬉しいですけど…考える時間をください。今日中には返事、出しますから」

このみ「はい…。あー、ちょっと湿っぽくなっちゃったわね。ほらプロデューサー、このまま駅に向かって向かって♪」

P「子供じゃないんですから…あ、体型は子供ですよね」

このみ「何か言ったかしら?」

P「なんでもないです」


20 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:27:45.58 ID:B6Ym5aJ80
このみ「おはようございまーす!」


『『『このみさん、誕生日おめでとうー!!』』』

このみ「えっ…?あっ、私の誕生日…みんな、そんなに祝わなくても…」

莉緒「何言ってるのよ。みんなこのみさんのために時間作ってくれたのよ?」

このみ「そ、そうよね?…ちょっとびっくりしたというか、大人になってもこんな盛大に祝ってくれるなんて思ってなかったからつい…」

莉緒「そういいつつ、このみ姉さんの頬緩んでるわよ~、かわいい♪」

このみ「もう、からかわないの!…でも、やっぱり祝ってもらえると嬉しいわね。ありがとっ、みんな!」


21 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:33:01.67 ID:B6Ym5aJ80
このみ(プロデューサー、いないなぁ…。やっぱり昨日あんなこと言っちゃったかしら…)

莉緒「そうだわ、このみ姉さん、パーティが終わったらちょっと残っててくれるかしら?」

このみ「え、いいけど…何かするの?」

莉緒「何かする、というか…まっ、サプライズってことで~」

このみ「??」


22 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:38:14.23 ID:B6Ym5aJ80
--パーティ終了後
このみ「はぁ…はぁ…まさか誕生日にもなって亜美真美ちゃんのイタズラに巻き込まれるなんて…。えーっと、莉緒ちゃんが待ってるのってこの部屋よね」

ガチャ
千鶴「あら、このみさんですわね。ささっ、入ってください」

このみ「千鶴ちゃん?入ってって、この部屋で何を……」


このみ「うわぁ……綺麗なドレス…」

莉緒「さあ、時間もないしちゃちゃっと着替えますよこのみ姉さん」

このみ「え、私が着るの?それに時間がないって」

千鶴「いいからいいから、殿方を待たせるのはよくありませんことよ?」

このみ「殿方…?」


24 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:44:35.96 ID:B6Ym5aJ80
このみ「な、なんか照れるわね…こんな綺麗なドレス…千鶴ちゃん、莉緒ちゃん、似合ってる?」

莉緒「もうバッチしよ。このみ姉さんって、本当に大人っぽい服が似合う時があるからズルいわよね」

このみ「いつも似合うって言いなさいよそこは」

千鶴「でも本当に綺麗ですわ…。わたくしもそんなドレス着てみたい…じゃなくて!まあわたくしならそのようなドレスの一つや二つ…」

このみ「千鶴ちゃん、強がらなくていいわのよ…。でもなんでこんなドレス着させたの?」

莉緒「ふふっ、それじゃあ本日の主役のところに行きますか」

千鶴「そうですわね。二人ともがんばってください」

このみ「二人…?」


26 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:50:39.48 ID:B6Ym5aJ80
莉緒「プロデューサーくん、このみ姉さんのドレスアップ完了よ」

P「あ、ああ…莉緒さんありがとうございます」

莉緒「今千鶴ちゃんが連れてきてるから待っててね。それにしても…緊張してるっぽいわね」

P「そりゃまあ…デートみたいなもんですから」

莉緒「ほーら、相手はこのみ姉さんよ?普段通りしてれば大丈夫だから」

千鶴「お連れしましたわよ~」

このみ「プ、プロデューサー!?え、これってプロデューサーが考えたの!?」

P「このみさん………」

このみ「…どうしたの?」

P「ハッ…いや、少しボーッとしてただけです…」

千鶴「それじゃあお邪魔虫は帰るとしますわ。行きましょう莉緒さん」

莉緒「そうね。二人とも、がんばってちょうだい!」


27 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 00:56:00.24 ID:B6Ym5aJ80
このみ「えっと、これってどういう…」

P「話しちゃうと、俺からこのみさんへの誕生日プレゼントです。ドレスとあとは…まあ、行けば分かります」

このみ「えっ、このドレスプロデューサーが買ったの!?」

P「いや、レンタルです」

このみ「それは知りたくなかった…って、どこか二人で行くんですか?」

P「まあそうですね。とりあえず、車に乗ってください。あ、足元気をつけてくださいね」ガチャ

このみ「な、なんかすごく丁寧な扱いされて変な気分…でも悪くないかも…」


28 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 01:01:57.47 ID:B6Ym5aJ80
P「着きましたよ」

このみ「こ、ここって…超高級レストランじゃないですか!」

P「このみさんが行ってみたいと言ってたので。これがもう一つのプレゼントです」

このみ「うわぁ…いいんですか、私にこんなことしてくれて…」

P「もう予約もしてありますから、引けるに引けませんよ」

このみ「それじゃあ…今夜はお言葉に甘えちゃおうかしら♪」


29 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 01:07:17.58 ID:B6Ym5aJ80
このみ「本当に夜景が綺麗…」

P「写真は見たことあるんですけど、実際見ると本当にすごいですね…」

このみ「夢だったのよね、こうやって綺麗な夜景を見ながらレストランで好きな人とご飯を食べるの」

P「叶ってよかったですね。そう言ってもらえるとこっちも嬉しいです」

このみ「…あの、プロデューサー」

ウェイター「お待たせしました、こちら本日の料理となります」

P「夜景もいいですけど、料理食べちゃいましょうか」

このみ「そ、そうですね」


30 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 01:11:28.46 ID:B6Ym5aJ80
このみ「はぁ…ほっぺたが落ちそうなくらい美味しかった…」

P「このお店選んで大正解でしたね。どうでしたかこのみさん」

このみ「みんなにお祝いしてもらって、プロデューサーと二人きりのお祝いをして…今までで一番幸せかも…」

P「よかった…実はこのみさんが満足してくれるか心配してたんですよ」

このみ「…ねぇプロデューサー、少し風が当たるところに行きたいのだけれど」

P「…よし…分かりました、行きましょうか」


31 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 01:15:23.26 ID:B6Ym5aJ80
このみ「んっー…夜風が気持ちいいー…」

P「ここの夜景もすごいですね…このみさん、落ちないように気をつけてください」

このみ「もう、子供扱いしないの!……ところでプロデューサー、昨日の返事なんだけど…聞かせてもらえるかしら…」

P「その話ですよね、やっぱり。…プロデューサーとしては、ごめんなさい、としか言えません。アイドルはファンのみんなのことを見るのであって、誰か一人の見続けるのはあってはいけないことですから」

このみ「……そう、ですよね…ごめんなさい…」


32 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 01:21:36.05 ID:B6Ym5aJ80
P「最初はそう言うつもりでした。ただ、そんな綺麗な姿見せられたら断りたくなりますよ」

このみ「えっ…」

P「単刀直入に言います。俺は男として、馬場このみさんが好きです。大人っぽくしようと頑張っているところも、時々見せる大人の魅力も、全部が大好きです」

このみ「…わ、私で…本当にいいんですか…?」

P「はい。これが俺からの三つ目の誕生日プレゼントです、受け取ってくれますか?」

このみ「…はい!」


33 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 01:26:16.19 ID:B6Ym5aJ80
このみ「あ、あのプロデューサー…今の私、どうですか?」

P「…どう言ってもらいたいですか?」

このみ「私の口から言わせるのね…いじわる…」



このみ「かわいいじゃなくて、綺麗だって言ってほしいな…プロデューサー」

P「このみさんが一番綺麗ですよ。…なんか恥ずかしいですね」

このみ「それはお互い様でしょ?…あと一つだけ、プレゼントおねだりしてもいいかしら?」

P「俺にできることなら、何でもどうぞ」

このみ「それじゃあ……」



このみ「私と…キスしてください…」


おわり


34 : ◆.FhXW5/s/s 2014/06/12(木) 01:29:26.65 ID:B6Ym5aJ80
このみさん誕生日おめでとう!ミリマスでキャラ公開から今まで一番好きなアイドルです

本当は>>19くらいで終わらせようとしたんですけど誕生日FLASH見たらもっと書かなくちゃ行けない気になってしまいました

こんなのでこのみさんの魅力は全部伝わらないので是非全カード集めて親愛度もMAXにしてください


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 01:38:06.27 ID:4sbS8gdSo
乙っした


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 01:40:00.99 ID:t4U008i6O
乙乙
おめでとうこのみさん


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402491983/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/06/12(木) 16:46:27

    このみさんかわええな
    誕生日ボイス各種もマジでいいのばっかりだったしたまらんわ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ