Powered By 画RSS


千早「降福」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:30:11.09 ID:hlFI3uKmo
 雨は、昔から嫌いだった
 気分が暗くなるし、歌をいくらうたっても晴れやかにならない

 洗濯物も乾かなくて、出かけるのも億劫になる




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:30:45.23 ID:hlFI3uKmo
 都内に大雨警報が出た、いつもより強い風雨の夜
 いつものように音楽を聞いていると、携帯電話が振動していることに気がついた

 プロデューサー?

「もしもし、どうかしましたか?」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:31:20.59 ID:hlFI3uKmo
『ああ、千早。起きてて良かった』

「え……?」

『実はさ。この雨で電車が止まっちゃって、春香が帰れなくなっちゃったんだ』

「春香が?」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:32:00.77 ID:hlFI3uKmo
『さっき、テレビ局から車で出てきたんだけどな』

「お疲れ様です、こんなに遅くまで」

 時計の針を見る
 九時過ぎ、こんな遅くまで仕事だなんて

「春香は、いま何を?」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:32:48.57 ID:hlFI3uKmo
『ああ……コンビニに寄って、いまは晩飯を買ってるところだよ』

 ご飯も食べずに仕事をしていたなんて、と春香の体調に不安な気持ちを抱く
 普段はこの時間まで収録も入っていないのに、どうしたのだろう?

『ああ、実は収録が押しちゃったんだ』

「そうですか……」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:33:23.16 ID:hlFI3uKmo
『なあ、千早。良かったら、春香を一晩泊めてくれないか?』

「えっ?」

 来るとは思っていた言葉だったけれど、心構えをしていなかったから大きく反応してしまった
 春香を泊めるなんて、いつぶりだろうか

『春香にはビジネスホテルでも探すかって言ったんだけど、できたら千早ちゃんの家がいいです、って』


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:34:31.51 ID:hlFI3uKmo
「私の家……」

『メールもしたって言ってたけど、見てくれたか?』

「……すみません」

 ヘッドフォンで音を聞くのは、やっぱり良くないかもしれない
 いつの間に電話が震えていたのか、気づかなかった


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:35:17.97 ID:hlFI3uKmo
『いや、構わない。良かったら、泊めてもらっても構わないか?』

「わかりました」

 急いだ会話になってしまった
 相手が全て言い終わる前に、返事をしてしまうような

『ありがとな、千早。これから春香を送って行くよ』


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:35:52.36 ID:hlFI3uKmo
「お願いします。……春香と電話しても良いですか?」

『ん、ああ。春香、千早から』

 電話の向こう側で、春香の元気な返事と一緒にごそごそ、と物音が聞こえてくる

『もしもし、千早ちゃん』


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:36:30.63 ID:hlFI3uKmo
「春香、大丈夫?」

『うん、ごめんね……雨も降ってて、しかも収録も時間がかかって』

 春香は、毎回千早ちゃんのお世話になっちゃって悪いなぁ、と続けた
 私が、自分の家だと思ってくつろいでと言うと、声色がはずんだ

『千早ちゃん、ありがとう! 私、お手伝いいっぱいするからね』


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:37:01.55 ID:hlFI3uKmo
「ええ。それじゃあ、待ってる」

 電話を切った後で気づいた
 プロデューサーがまだ何か伝えることはないだろうか?

「……まあ、大丈夫よね」

 何かあるなら、春香を送った時に言うだろう


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:38:07.86 ID:hlFI3uKmo
「部屋、片付けないと」

 一人暮らしをすると、ひとりごとが増える
 私のちょっとした癖だった

「……ふふっ」

 春香が泊まりに来る、楽しみだ


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:39:03.62 ID:hlFI3uKmo
 元々物が少ない殺風景な部屋だ
 お風呂を洗い直して、ベッドのシーツを整えるぐらいで綺麗になった

 インターホンが鳴って、私は受話器を耳に当ててみた

『千早、おまたせ』

「待ってました」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:39:55.73 ID:hlFI3uKmo
 ロビーのオートロックを解除するボタンを押して、部屋の前に来るのを待つ
 数分で春香とプロデューサーはやって来た

 その間にも、雨音は強くなっていく

「こんばんは、プロデューサー、春香」

「千早ちゃーんっ!」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:42:04.23 ID:hlFI3uKmo
 私がドアを開けると、春香が突然私を抱きしめてきた
 雨のせいだろう、彼女の髪や服はしっとりと濡れてしまっていた

「こら、春香。濡れた服で抱きつくんじゃない」

「あっ、ごめんなさい……大丈夫だった?」

「ええ。これからお風呂に入って、着替えるんだし」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:42:56.60 ID:hlFI3uKmo
 私はプロデューサーの方を向いた

「お疲れ様です、プロデューサー」

「ありがとう。千早こそ、夜分遅くにすまないな」

「気にしないでください。私は春香だって、音無さんだって……プロデューサーだって、泊めますから」

「俺は困るかな、嬉しいけど」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:43:31.36 ID:hlFI3uKmo
 三人で笑ったら、普段も見ているはずの廊下や景色が色を付けたように変わる
 相変わらず、雨のにおいがするけれど

「それじゃあ、よろしく頼むぞ。おやすみ」

「おやすみなさい、プロデューサー」

「おやすみなさいっ、プロデューサーさーん! ありがとうございました!」

「ああ。気をつけてな」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:44:08.12 ID:hlFI3uKmo
 春香をリビングに案内するまえに、お風呂場の横に置いたバスタオルを持ってきた
 彼女の髪を、わしゃわしゃと拭いてみる

「千早ちゃん、なんだか楽しそうだね」

「そう?」

「うん、ずっと笑ってる」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:44:35.03 ID:hlFI3uKmo
「そうね。春香が泊まりに来たから、かしら?」

「え、私?」

「ええ」

 春香は照れくさそうに、頬をかく
 私はタオルをバスケットに放り込むと、お風呂を沸かすためのボタンを押した


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:45:10.51 ID:hlFI3uKmo
「千早ちゃん、お風呂は入った?」

「まだ、入っていないわ」

「それじゃ、一緒に入らない?」

「春香が良いなら、よろこんで」

 雨の日は、昔から嫌いだった
 けれど、こんな幸せな夜をもたらしてくれる雨は、嫌いじゃない……かも?


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:46:59.49 ID:hlFI3uKmo
終わりです。
早く梅雨明けてほしいですね、はるちはわっほい!


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 23:51:27.37 ID:zwewI0ZIo

トタン屋根を打つ雨音の心地よさは異常


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/13(金) 00:12:39.69 ID:rs1p1/VJ0
車の中での雨音も良いぞ乙


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/13(金) 01:27:40.75 ID:NjsAO9gEo
乙乙
はるちはわっほい!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402583410/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ