Powered By 画RSS


真「恋する方法」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:43:50.62 ID:4R+NdB7Xo
 友達の境界線を超えるという意味で、ボクは昔から女の子が好きだった。

 スポーツをしたり、遊んだりする仲間が男の子。その中で恋をするということはなかった。
 ……そういう関係だったからこそ、思考が男の子っぽくなっていったのかな、と思う。

「真ちゃん、何を読んでるの?」

「『恋する方法』って本」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:44:28.48 ID:4R+NdB7Xo
「なんか、聞いたことあるなぁ」

「ほら、あずささんの主演映画の原作だよ。小説なんだ」

「そうなんだ! あの映画、原作があったんだね」

 雪歩……ボクの大切な友達は隣に座って、興味深い、というように本を覗きこむ。


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:45:08.14 ID:4R+NdB7Xo
 彼女が何気なく近づけてくる顔の、髪の毛の香りにドキドキした。

「読む?」

「うんっ」

 雪歩は満面の笑みでボクから本を受け取った。
 ボクは頭をかいた。雪歩は自分自身の魅力に、もう少し気づくべきなんじゃないか、って思う。


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:46:00.74 ID:4R+NdB7Xo
 ――他の娘とはズレている、小さいようですごく大きい感覚の差が、ボクには窮屈に思えた。

 女の子は男の子を好きで、男の子は女の子を好きになる。
 それが”普通”に思えなくて、でも変わってると思われるのが嫌で、隠してきた。

「へぇ、原作も面白そう……」

 いくら人を好きになっても、告白なんてしなかった。
 友達として良好な間柄ならば、そのままの方が心地よいはずだ、と心に境界線を引いていた。


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:46:29.45 ID:4R+NdB7Xo
「読み終わったら、貸してくれる?」

「うん、いいよ」

「えへへ、ありがとう」

 雪歩がはしゃいで笑うその姿がまぶしく映った。
 バニラアイスみたいに白い肌がきれいだ。


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:46:59.11 ID:4R+NdB7Xo
「……真、ちゃん」

「ん?」

 彼女はボクの手を掴んで、ぎゅっと握ってみせた。
 伝わる力の強さが、ボクの背筋を伸ばす。

「私、今度のソロコンサートが終わったら、その」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:47:28.48 ID:4R+NdB7Xo
 ボクがきょとん、としている間に、雪歩が顔を真っ赤にして言った。

「プロデューサーに、告白……しようと、思って…………」

 そのまま俯いてしまうのは、恥ずかしさが勝ったんだろうか。
 手のひらで顔を覆っている雪歩に、ボクは声をかけようと思った。

「雪歩」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:48:03.71 ID:4R+NdB7Xo
 やっとの想いで声を出しても、名前を呼ぶぐらいしか出来ない。
 かすれている。たぶん、なんて言ったのかさえ伝わっていないはず。

「……真ちゃん?」

「あー、えっと。告白……だっけ」

 聞き間違えたんじゃないかって、わるあがきを試みる。
 雪歩は真剣な瞳で頷いた。本当に告白、って言ったみたいだ。


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:48:32.85 ID:4R+NdB7Xo
「いいんじゃないかな。プロデューサーもきっと喜ぶよ」

「そ、そうかな……なら、嬉しいけど」

 心臓のあたりを抑えながら、少し微笑む彼女。
 ボクの胸は、チクリと痛んだ。

「私、プロデューサーにお世話になりっぱなしでね」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:49:01.30 ID:4R+NdB7Xo
「いっつも、迷惑をかけてばかりで」

 プロデューサーのことをしゃべる雪歩は、とても嬉しそうに見えた。
 実際、嬉しいんだろう。

「雪歩。……どうしてボクに、告白するってことを言ってくれたの?」

 このままだと、プロデューサーの話が終わらない。
 身勝手だけど、雪歩が嬉しそうに喋るのを見るのが、つらかった。


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:49:32.71 ID:4R+NdB7Xo
「……この本」

「え?」

 強制的に話の方向を切り替えると、雪歩はボクがさっきテーブルに置いた文庫本を指さす。
 パラパラとさっきめくっていた。

「めくった時に文章が見えて、映画の台詞を思い出したの」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:50:33.06 ID:4R+NdB7Xo
「『奥手なわたしは、この気持ちを伝えることが出来なくて』」

 雪歩が暗唱する主人公の言葉は、映画のとおりにあずささんの声に変換された。
 目をつぶって、胸に手を当てて話す雪歩。

「『でも、気持ちを一度吐き出してしまえば、きっと怖くない』」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:51:00.54 ID:4R+NdB7Xo
 あの映画、ボクは春香と一緒に見たけれど。
 やっぱり雪歩も見ていたんだね。

「……だから、私は真ちゃんにまず、伝えてみたの」

 雪歩は純粋な眼差しで、ボクを見た。


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:51:34.31 ID:4R+NdB7Xo
 すごくチクチクする。そんなことは、言えなかった。
 力を込めて、やっと出てきた言葉でも、消えそうなボリュームだったけれど。

「頑張ってね」

「ありがとう、真ちゃん。私……勇気を出してみる」

 あの映画も、あずささんが何も気づかないまま、自分を思ってくれている男性に告白の練習をする内容だった。


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:52:13.86 ID:4R+NdB7Xo
 雪歩が事務所を出て行った後も、なんともいえない脱力感が残る。

「あー、まぁ、そうだよね」

 ボクが雪歩のことを好きだなんて、向こうは知らないし。そもそも性別が一緒だ、困ってしまう。
 結局、ボクが恋する方法はどこで教えてもらえるんだろう?

「……やっぱり」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:52:49.03 ID:4R+NdB7Xo
 強行手段を取ってでも、気持ちを伝えれば良かったのか。
 それは相手のことを考えたことと言えるんだろうか。

 いろいろな疑問が浮かんで、頭の中がまとまらない。

「あー、ダメだな、ボク」

 このままじゃ、プロデューサーの顔を見て泣いてしまうかもしれない。
 ボクは頬を伝う涙を拭って、ゆっくりと立ち上がって深呼吸をした。


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/16(月) 23:57:05.32 ID:4R+NdB7Xo
終わり。次は報われる百合を。


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/17(火) 00:43:50.28 ID:rvh+V0mO0
乙!

こういうパターンもあるのか・・素晴らしい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402929830/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ