Powered By 画RSS


ちひろ「モバPは字が読めない」

2 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:42:10.71 ID:0Zj3OUpC0
ちひろ『モバPは字が読めない』



凛「でさ……」

モバP(以下P)「へー」

ちひろ「プロデューサーさん、お喋りもいいですけど、この書類に目を通しておいてくださいね」バサッ

P「ああ、すいません……悪いな凛」

凛「ううん、こっちこそ、仕事中にごめんね」

P「さて……」ペラ




3 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:42:46.42 ID:0Zj3OUpC0
P「……」

P「…………」

P「あれ?」

P「ちひろさん、ちひろさん」

ちひろ「何ですか?」

P「すいません……ここ、この字、何て読むんですか?」

ちひろ「どれどれ……え?」

ちひろ「プロデューサーさん……私をからかってるんですか?」

P「ええっ? いや、そんなことないですよ! 本当に読めないんですって!」


4 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:43:14.28 ID:0Zj3OUpC0
凛「そんなに難しい字なの? ちょっと見せてよ」

凛「……」

凛「…………えっ?」

凛「嘘でしょ?」

凛「普通の字じゃん……」

『通常』

凛「私でも読めるよ」

ちひろ「というか、中学生レベルの漢字……いや、読むだけなら小学生でも読めるんじゃ……」

P「え? え? ……え?」


5 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:44:34.36 ID:0Zj3OUpC0
薫「せんせぇ、どうしたのー?」ヒョコッ

P「か、薫! いいところに来た!」

薫「?」

P「なあ、この字、読めるか?」

薫「字ー? んーっとねぇ……えーっと……」

薫「わかったー! 『つうじょう』って読むんだよね!」

P「……!」

P「す、すごいな薫! よく勉強してるぞー」ナデナデ

薫「えへへー!」


6 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:45:05.70 ID:0Zj3OUpC0
P「……う、嘘だろ……?」

凛「ねぇ、プロデューサーってちゃんと大学出たんでしょ?」

P「あ、ああ……○○大学の経済学部だよ」

凛「普通にいいところじゃん」

ちひろ「まさか……裏口入学!? プロデューサーさん、いったいいくら積んだんですか!」

P「普通に試験にパスして入学しましたよ!」

凛「じゃあ、なんでこんな中学生レベルの字が……?」

P「そういえば最近も、こんなことがあったような気が……」

ちひろ「……きっと、疲れてるんですよ! 最近は働き詰めでしたし!」

P「そう、なのかな……」

凛「少しは休んだ方がいいんじゃないかな」

ちひろ「……」


7 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:45:44.28 ID:0Zj3OUpC0
ちひろ『モバPは記憶力が無い』

未央「ちょーっとちょっとプロデューサー!」バン

P「み、未央。どうしたんだ?」

未央「どうしたんだじゃないでしょ!」プンプン

未央「昨日は私がオフだから、ショッピングに付き合ってくれるって約束だったでしょ!」

P「えっ……そ、そうだったっけ」


8 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:46:24.77 ID:0Zj3OUpC0
未央「もー! ちゃんと朝にもメールしたし、『わかった』って返事もしてきたでしょー!」

P「す、すまん……」

未央「もー、今度はちゃんと付き合ってよー」

P「わかったよ」

ちひろ「プロデューサーさん、今日の朝ごはんは何でしたか?」

P「え? 朝ごはん?」

P「えーっと、確か……」

P「んんん……?」


9 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:47:10.48 ID:0Zj3OUpC0
未央「嘘でしょ、まさか今日の朝ごはんの内容も覚えてないの!? 昨日のとかならともかくさ!」

ちひろ「もしかして、抜かしたんですか?」

P「た、食べはしたんだ……ただ、何を食べたか思い出せなくて……」

未央「プ、プロデューサー、それはちょっとまずいんじゃ……」

P「そ、そうなのかな……」

ちひろ「……やっぱり、プロデューサーさんは疲れてるんですよ」

P「うーん……」

ちひろ「……」


10 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:47:40.82 ID:0Zj3OUpC0
ちひろ『モバPは耳が聞こえない』



卯月「ごめんなさい、こんなところまで呼び出して……」

P「いや、構わないさ。それで……話って?」

P「何か困ってることがあるのか? それなら力に……」

卯月「ち、違うんです。私、実はプロデューサーさんに言いたいことがあって……」

P「お、おう……」

卯月「わ、私……」

卯月「私、プロデューサーの事が、好きなんですッ!!」

P「……!」


11 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:48:20.47 ID:0Zj3OUpC0
卯月(わ、わーっ! い、言っちゃった! 言っちゃったよ!)

卯月(ど、どうしよう! どうしよう!)

卯月(プ、プロデューサーさんの返事は……?)

P「……」













P「えっ、何だって?」

卯月「」


12 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:49:04.23 ID:0Zj3OUpC0
卯月「……」

P「いや、すまんな。最近なんか耳が遠くなったような気がするんだよ……」

卯月「……」

P「上手く聞こえなかったんだ。もう一回言ってくれないか?」

卯月「……」

卯月「プロデューサーさんのバカーッ!!」ダッ

P「おい、卯月!?」

P「……あいつ」

P「最後、なんて言ったんだ?」


13 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:50:04.39 ID:0Zj3OUpC0
卯月「―――なんてことが、あったんですよぅ!」グスグス

ちひろ「そ、それはそれは……」

卯月「ひどいと思いませんか!?」

ちひろ「そう、ですねぇ……」

ちひろ「きっと、プロデューサーさんは疲れていたんですよ……」

ちひろ「だから、許してあげてください」

卯月「うぅ……」グス

ちひろ「……」


14 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:51:08.99 ID:0Zj3OUpC0
ちひろ『モバPは目が見えない』



ちひろ「プロデューサーさん、そんなに目を近づけて書類を見ていたら、目に悪いですよ」

P「あっ……そんなに近づけてましたか」

P「何だか最近、目が悪くなったみたいで……」



春菜「メガネかけましょう」ニュッ

P「お、おう……」スチャッ


15 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:51:40.61 ID:0Zj3OUpC0
P「おっ、見えやすくなったなー」ジー

ちひろ「プロデューサーさん、またやってますよ……」

P「え……? あれ、おかしいな……」

P「メガネかけて、見えやすくなったはずなんだけど……」

P「あ、あれ……?」

ちひろ「……」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 13:52:17.73 ID:V8vDUI9oo
こええよ…


17 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:52:48.63 ID:0Zj3OUpC0
ちひろ「本当に、大丈夫ですか? 最近なんだかおかしいですよ」

P「……自分でも、おかしいとは感じているんですけどね……」

P「プロデューサーになる前はこんなこと、一度だってなかったのに……」

ちひろ「いっそ、まとめてお休みを取ったらどうですか?」

P「でも、俺がいないと仕事が……」

ちひろ「大丈夫ですよ! アイドルたちもみんな成長しましたし」

ちひろ「自分たちだけでも、少しの間ならきっと何とかなりますよ! 私もサポートしますし!」

ちひろ「だから……少し、休みましょう?」

P「そう……ですね」

P「わかりました……少しの間、休暇を取ることにします」

ちひろ「……はい♪」


18 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:53:44.57 ID:0Zj3OUpC0
凛「ねぇ、ちひろさん。プロデューサーは?」

ちひろ「プロデューサーはいま、お休みを取ってるんですよ。最近、疲れた様子だったでしょう?」

凛「確かにね……。簡単な字も読めなかったり」

未央「物忘れが激しかったり」

卯月「耳が遠かったり」

ちひろ「目が悪くなっているようでしたし……ね」

ちひろ「でも、きっとすぐに、また元気な姿を見せてくれますよ!」


19 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:54:45.69 ID:0Zj3OUpC0





ちひろ「プロデューサーさん♪ 調子はどうですか?」

P「………………!」ピク

P「ちひろさんっ! そこにっ、そこにいるんですかっ! 居るんですよね!!」

P「俺の声、聞こえますか!!」

P「スタドリ! スタドリをください!!」

P「ああ駄目だ、我慢できない! スタドリ! スタドリ! スタドリ!!」

P「スタドリをォォォォォォォォ!!!」


20 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:55:40.22 ID:0Zj3OUpC0
ちひろ「はいっ、スタドリ10本で、1000MCですよ♪」

P「スタドリィィィィィィィ」チャリン

ちひろ「ありがとうございまーす♪」

P「ハァッ ハァッ」ゴキュゴキュ

P「プハァッ」

P「はぁ……はぁ……」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 13:55:52.65 ID:KeGaGnFco
計算ができないがないじゃないか(憤怒)


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/29(日) 13:56:02.33 ID:4SwjKP9O0
やっぱりちひろのせいじゃないか(安堵)


23 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:56:07.61 ID:0Zj3OUpC0
P「…………」

P「ガチャだ……ガチャ……」

P「ガチャを回さないと……」

ちひろ「ガチャは1回300MCですよーっ」

P「……………………」ガチャガチャ

P「……………………」ガチャガチャ

P「……………………」ガチャガチャ

P「……………………」ガチャガチャ


24 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:57:10.78 ID:0Zj3OUpC0
ちひろ「プロデューサーさん」

ちひろ「プロデューサーさんは、字が読めないのかもしれません」

ちひろ「記憶力が無くて、耳が悪くて、目が悪いのかもしれません」

ちひろ「でも、プロデューサーさんには、ひとつだけ、出来ることがあるじゃないですか」

ちひろ「それだけ出来れば、十分なんですよ……♪」

P「……………………」ガチャガチャ

P「……………………」ガチャガチャ

P「……………………」ガチャガチャ






ちひろ『モバPは課金ができる』


25 : ◆.2RVExwkajVj 2014/06/29(日) 13:59:38.98 ID:0Zj3OUpC0
おしまい

しまった、『モバPは計算ができない』を入れ忘れていた
読んでくださった方、ありがとうございました

みんなも課金には気を付けようぜ!


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 14:01:58.56 ID:KeGaGnFco
おつ
ところで何に気をつけるんだっけ?(ガチャガチャ)


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/29(日) 14:03:49.43 ID:dAsElw0j0

ちっひかわいい(錯乱)


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 14:04:53.29 ID:ndMWuX/co
これは胸を張って言えるファッキューチッヒ


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 14:15:03.26 ID:PVramyXuO
鬼!悪魔!ちひろっ!!!!

乙ー


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404016821/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ