Powered By 画RSS


ほむら「明日、ママがいない」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 20:27:24 ID:MxOtmwBk
___________



ほむら「え…ママ、明日いないの…?」

ほむ母「…ごめんね、ほむら」

ほむ母「明日はパパのお仕事のお手伝い、どうしてもいかなきゃならないのよ…」

ほむら「パパ、お仕事忙しいんだね」

ほむ母「そうなのよ、だからママも手伝いにいくの」

ほむ母「明日一日だけ家に誰もいないから、お留守番よろしくね」

ほむら「うん」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 20:28:25 ID:MxOtmwBk
~翌日 朝~


…バタバタ

ほむら「朝ご飯食べてからいくの?」

ほむ母「うん、いい?今日一日、お家でお留守番しとくのよ?」

ほむら「わかってるよ」

ほむ母「もうすぐ6歳なんだから、一人でお留守番くらいできるわよね?」

ほむら「うんっ」

ほむ母「まだ病気だって、ちゃんと治ってないんだから、おとなしくしてるのよ」

ほむら「はあい」


3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 20:30:26 ID:MxOtmwBk
ほむ母「じゃあね、夕方には帰ってくるから」

ほむら「うん、いってらっしゃい」


…ガチャ
バタン


ほむら「……」


ほむら「はあ…」


ほむら(…ママはいつも、おとなしくしてなさい、ばっかり)

ほむら(私だって、みんなと一緒にお外で遊びたいのに…)


ほむら(…お外にいこっかな)

ほむら(でも、ママに怒られちゃうかな…)


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 20:32:41 ID:MxOtmwBk
_________


ほむら「……」


キョロキョロ…

…ガチャ
バタン


ガチャ…
_______


スタスタ…

ほむら「……」


ほむら(こ、これで大丈夫だよね、お家の鍵は閉めたし…)

ほむら(まだお昼だし、夕方に帰れば、ママにも見つからないし)


5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 20:37:06 ID:MxOtmwBk
その後
 ~公園~



ほむら「…誰かいないかな」

キョロキョロ…



ほむら「誰もいない…」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 20:57:27 ID:MxOtmwBk
__________


スタスタ…


ほむら「えっと…」



ほむら(確か、こっちにも公園が…)


ほむら(一回ママと来た事があるはず)


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 20:58:52 ID:MxOtmwBk
………


ほむら「えっと…あれ」


ほむら(ここ、さっきも通ったような…)


8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:00:12 ID:MxOtmwBk
スタスタ…


ほむら「あっ」


ほむら「ど、どうしよう、道に迷っちゃった…」



ほむら「…ぐすっ、ひくっ…ママ…ひくっ」



…ポツ
ポツ…

ザアアアア……


9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:02:25 ID:MxOtmwBk
___________________


空からしとしとと雨が降っていた。

降り出した雫にほむらの頬は濡れていた。


_______________


10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:18:29 ID:MxOtmwBk
ザアア……



??「はい」
スッ…


ほむら「ううっ…ひくっ…ぐすっ…」

ほむら「…えっ?」

??「濡れちゃうよ?傘貸してあげる」

ほむら「あ…」

??「だから、泣かないで」

ほむら「…あ、あの…だれ?」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:20:00 ID:MxOtmwBk
??「私ね、まどか」


ほむら「ま、どか…?」

まどか「うんっ」

まどか「あなたのお名前は?」

ほむら「わ、私は…ほむら…」

まどか「じゃあ、ほむらちゃんって呼んでいい?」

ほむら「…う、うん」


12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:21:42 ID:MxOtmwBk
まどか「ほむらちゃんは、ここで何してたの?」

ほむら「え…あ、わ、私は……ぐすっ、ひくっ…」

まどか「どうして泣いてたの?」

ほむら「ぐすっ、ひくっ、私…私、迷子なの…ひくっ…」

まどか「そうなの…?でも、泣かないで」

ほむら「だ、だって、ママにもう会えないかもしれないんだよ?」

ほむら「いやだよ、怖いよ、ママに会えないなんて…ううっ、ひくっ…」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:22:56 ID:MxOtmwBk
まどか「ううん、大丈夫だよ」

ほむら「え、どうして…?」

まどか「だって、きっとほむらちゃんのママがほむらちゃんのこと見つけてくれるから」

ほむら「…でも、ママ今日お仕事なんだよ?」

ほむら「私、黙っておうちから出てきたの…」

まどか「うーん…じゃあ私がほむらちゃんのおうち探すの手伝ってあげる」

ほむら「え…でも」

まどか「大丈夫だよ」

まどか「私に任せてっ」

ほむら「…うん」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:24:31 ID:MxOtmwBk
ザザアア……



…スタスタ


まどか「ふふ~ん」

ほむら「……」

ほむら「あ、あの、傘…」

まどか「うんっ、私はかっぱ着てるからいいのっ」

ほむら「ありがとう…」


15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:26:08 ID:MxOtmwBk
まどか「ふふ~ん ふふ~ん」


ほむら「?」

まどか「あ、そうだっ、せっかくだから、一緒にお歌歌おうよ、ほむらちゃんっ」

ほむら「え?」

まどか「お歌歌えば、元気出るよ!うぇひひっ」

まどか「最近ね、幼稚園で教えてもらったお歌があるのっ」

まどか「『あめふり』って、お歌知ってる?」

ほむら「う、うんっ、知ってる…」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:27:31 ID:MxOtmwBk
まどか「じゃあ、一緒に歌おっ」

まどか「せーのっ」



まどか「あめあめ ふれふれ かあさんが」

ほむら「じゃのめで おむかえうれしいな」ボソボソ…



まどか「ほむらちゃんっ、声が小さいよっ」


まどか「もう一回ね?」


17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:29:04 ID:MxOtmwBk

まどか「あめあめ ふれふれ かあさんが」

ほむら「じゃのめで おむかええうれしいな」

まどか「ぴっちぴっち ちゃぷ……」


まどか「ここは、一緒に歌うんだよ、ほむらちゃんっ」

ほむら「あ…ご、ごめんなさいっ」


まどか「じゃあもう一回ね」


18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:29:50 ID:MxOtmwBk

まどか「あめあめ ふれふれ かあさんが」


ほむら「じゃのめで おむかええうれしいな」


まどほむ「ぴっちぴっち ちゃぷちゃぷ」


まどほむ「らんらんらん」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:31:14 ID:MxOtmwBk

まどか「かけましょ かばんをかあさんの」


ほむら「あとから ゆこゆこ かねがなる」


まどほむ「ぴっちぴっち ちゃぷちゃぷ」


まどほむ「らんらんらん」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:31:57 ID:MxOtmwBk
まどか「……」

ほむら「……?」


まどか「次のお歌忘れちゃった…」

ほむら「私も…」



まどか「…んふっ、うぇひひっ」

ほむら「ふふっ」


21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:50:39 ID:MxOtmwBk
…スタスタ

ザアア……



まどか「ねえ、ほむらちゃんはこの町に住んでるの?」

ほむら「うん、そうだよ」

まどか「そうなんだ、お友達は?」

ほむら「…う、うん、いるよ」


22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:51:57 ID:MxOtmwBk
まどか「そっか、私もね、さやかちゃんってお友達がいるの」

ほむら「さやかちゃん…?」

まどか「うんっ、とっても強くて男の子みたいなんだあ」

ほむら「なんだかかっこいいね」

まどか「うぇひっ、そうだ、今度ね、三人で一緒に遊ぼうよっ」

ほむら「うんっ」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:53:04 ID:MxOtmwBk
………

…パラ
パラ…



まどか「…あ、雨が止んできたよ」

ほむら「あ、ほんとだっ」


24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:53:54 ID:MxOtmwBk
……スタスタ


まどか「…ほむらちゃんのお家はこっち?」

ほむら「ううん…」


まどか「うーん…」


25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:54:54 ID:MxOtmwBk

………


まどか「じゃあ、こっちだっ」

ほむら「……ううん」

まどか「次はこっち!」

ほむら「…ここさっきも通ったよ」


26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:55:48 ID:MxOtmwBk
………



ほむら「ぐすっ、ひくっ…やっぱり迷子になっちゃったよ…ぐすっひくっ…」

まどか「だ、大丈夫だよっ」

ほむら「だって、だって、私もまどかちゃんも道わからないよ?」

ほむら「…ぐすっ…ひくっ…ええ~ん…っ」


27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:56:43 ID:MxOtmwBk
まどか「ほむらちゃん…泣かないでよ…」

まどか「私だって、私だって…ほむらちゃんのために…ぐすっ」

まどか「私まで…ひくっ…悲しくなっちゃうよ…」

まどか「ひくっ…ぐすっ、ええ~ん」



まどほむ「…ええ~んっ」


28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:58:38 ID:MxOtmwBk
??「お~い!まどかあ~!」


まどか「ぐすっ…ううっ、え…ま、ママ…?」


…ダダダダッ!

詢子「心配したぞ!」
ダキッ


まどか「…ぐすっ、ひくっ…ママあ」



ほむら「え?まどかちゃん…のママ…?」


29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 21:59:51 ID:MxOtmwBk
詢子「迎えに来てくれるのは嬉しいけどさ、あんまり道知らないんだから、心配させんなよなあ…」
ナデナデ…

まどか「ごめんなさい…ママ、ぐすっ…」


詢子「まどか、この子はお友達か?」

まどか「うん、ほむらちゃんっ」

詢子「ほむらちゃんかあ、いつもまどかと遊んでくれてありがとうな」

ほむら「あ、あの…私は…」

まどか「ママ、あのね…」


30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:01:06 ID:MxOtmwBk
詢子「ん?」

……コソコソ


詢子「…なるほどな、ほむらちゃんも迷子になっちゃったわけか」

ほむら「…うん」

詢子「よし、んじゃアタシがほむらちゃんのお家まで連れていってあげよう!」

ほむら「ほ、ほんと!?」

詢子「任せとけって!」

詢子「お巡りさんのとこに連れてってあげるから、そこでちゃんと名前を言いな」

詢子「そうすれば、すぐにお家に帰れるよ」


まどか「うぇひひっ、良かったね、ほむらちゃんっ」

ほむら「うんっ、ありがとう、まどかちゃんっ、まどかちゃんのママもっ」


31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:02:59 ID:MxOtmwBk

その後
 ~交番~


詢子「ええ、この子です」



警官「ああ、ちょうど捜索以来があった子のようですね」


警官「わざわざありがとうございます」


32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:04:10 ID:MxOtmwBk
―――数分後


ドタドタ……

ほむ母「はあ、はあ、はあ…!」

ほむ母「ほむらは!?」



ほむら「ママあ!」

ほむら「ぐすっ、ひくっ、怖かったよ~」
ダキッ…


ほむ母「ダメでしょ!勝手にお家から出たら!」

ほむら「ごめんなさいっ…ぐすっ…ううっ…ごめんなさいっ…ひくっ…」


33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:05:13 ID:MxOtmwBk
ほむ母「ありがとうございますっ」ペコッ

警官「お礼はこちらの親子に…」



ほむ母「あ、あなたが…ほむらを…?」

詢子「いえいえ、偶然うちの子が一緒に遊んでたみたいなんで…」


ほむ母「ありがとうございますっ」ペコッ

ほむ母「なんとお礼を申し上げたらいいものか」


34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:06:20 ID:MxOtmwBk
詢子「いやいや!そんな大したことしたわけじゃないですから」

詢子「うちの子も迷子になってしまってたもので」

詢子「ちょうど二人で泣いてたところを私が見つけただけですよ」

詢子「気にしないでください」

ほむ母「ほら、ほむらもお礼、ちゃんと言いなさい」

ほむら「ありがとう…まどかちゃんのママ」


詢子「こちらこそ、ありがとうね、ほむらちゃん、うちの子と遊んでくれて」


35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:08:27 ID:MxOtmwBk
ほむ母「あの、その子が…」

詢子「ええ、うちの子です、『まどか』って言います」

詢子「ごめんなさいね、ついさっきまで起きてたんですが…」

詢子「なんだかひどく疲れたみたいで、おんぶしてたら寝ちゃったんです…」


36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:09:33 ID:MxOtmwBk
ほむら「まどかちゃんね、ずっと私のお家探すの手伝ってくれたんだよっ、ママっ」

ほむ母「そうなの?ほむら」

ほむら「うんっ」


詢子「あははは、すいませんねえ、うちの子がほむらちゃんまで連れまわしてたみたいで…」

ほむ母「そんなことないですよ、まどかちゃんが起きたらありがとうって伝えてください」

詢子「ははっ、起きたら伝えときますね」


37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:10:53 ID:MxOtmwBk
詢子「…それじゃあ、私たちはそろそろ」

ほむ母「あ、良かったらお送りしますよ」

詢子「いやいや、すぐそこなので…」


ほむ母「そうなんですか?私たちの家もすぐなんです」

ほむ母「よろしかったら、ご一緒に…」


38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:11:59 ID:MxOtmwBk
……スタスタ



詢子「…子どもって不思議ですよね」

詢子「ふと気付くと、すごく成長してて、こっちが驚くときってないですか?」

ほむ母「ええ、よくあります」

詢子「ついこの間、苦労して産んだ気がしてたんですけど、もうこんなになって」

詢子「一人で私を迎えにきてくれるようになったんだなあって」

ほむ母「ええ、偉いですよ、まどかちゃんは…」


39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:13:41 ID:MxOtmwBk
ほむ母「うちの子にはまだ無理でしょうね」

ほむら「ええ~っ、私だって、ママのお迎えくらいできるもんっ」

詢子「ははっ、ほむらちゃんだって、そのくらいできるもんなあっ」

ほむら「うんっ」

ほむ母「この子ったら…」

詢子「ふふっ、まあ、まどかも迷子になっちゃいましたからね」


詢子「…でも、こんな経験を重ねていって、この子たちも成長していくんじゃないですか」

詢子「だから、多分二人ともすごい冒険ができたと思いますよ」

ほむ母「ふふふっ、そうですね」


40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:15:43 ID:MxOtmwBk
ほむ母「…うちの子、実は…身体が弱くて、あんまり外で遊んだりとか、できないんです」

詢子「そうなんですか?」

ほむ母「はい…でも、たまに私が公園とかには連れていくんですけど」

ほむ母「やっぱり友達と遊びたいみたいで、今回も私が留守にしている間に」

ほむ母「一人で公園に飛び出していったみたいで……」

詢子「なあ~?ほむらちゃんもお外でお友達と遊びたいよな~?」

ほむら「うんっ」


41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:16:34 ID:MxOtmwBk
ほむら「だからね、まどかちゃんと遊んだときはとっても楽しかったの!」


詢子「…ははっ、そいつは良かった、じゃあまた、まどかと遊んでやってくれないか?」

ほむら「うんっ!」


ほむ母「…良かったわね、ほむら」


42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:17:17 ID:MxOtmwBk
ほむ母「本当にありがとうございます」


詢子「いやいや、気にしないでください」

詢子「…うちの子でいいなら、いつでも遊び相手になってあげますよ」


43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:18:49 ID:MxOtmwBk
詢子「あ、もうそろそろ…」

詢子「この辺りで、いいですよ」

ほむ母「今日はありがとうございました、本当に」ペコッ

詢子「もう…頭上げてくださいよ~」

ほむ母「ええっと…”しかめ”…さん…?」

詢子「”かなめ”です」

ほむ母「ああ、ごめんなさいっ」ペコッ

詢子「いやいや、よく間違えられるので、気にしないでください」


44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:19:52 ID:MxOtmwBk
ほむ母「でも、こんなに近くとは思いませんでした」

ほむ母「うちは、この通りの先を左に入ってすぐなんです」

詢子「あら、そんなにすぐ近くだったんですね」


ほむ母「そうだ、もし良かったら今度、この子たちも連れてお茶にでも…」

詢子「お、いいですね!ああ、でも……」

ほむ母「?」


45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:21:42 ID:MxOtmwBk
詢子「実は……」
コソコソ…


ほむ母「え、そ、そうなんですか?」

詢子「私の転勤で、もう決まってて、そろそろ準備をしないとって…」

ほむ母「…どちらの方へ?」

詢子「群馬の”見滝原”ってとこです、まあ、そこにもどのくらいれることか…」

ほむ母「大変なんですね…」

詢子「家族にはいつも迷惑かけちゃって」

詢子「まだ、まどかにも内緒なんですけど」

ほむ母「…でも残念です、せっかく知り合えましたのに…」


46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:22:50 ID:MxOtmwBk

ほむら「…?」



詢子「まあ、仕方ないですね」

詢子「こちらこそ、せっかくお茶に誘っていただいたのに…すいません」

ほむ母「あ、いえいえ、気にしないでください」

詢子「…まあ、この子たちだって、まだ遊び足りないはずでしょうから」

詢子「いつか、この子たちも連れて、お茶しに行きましょう!」

ほむ母「ええ、そうですね」

詢子「…では、またどこかでお会いしましょう」

ほむ母「はいっ」ペコッ


47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:34:34 ID:MxOtmwBk
…バタン


ほむ母「……」

ほむら「…ママ?」

ほむ母「…ん?なあに、ほむら?」

ほむら「まどかちゃんのママ、何て言ってたの…?」

ほむ母「あ、ああ…ちょっとね」


ほむ母「それよりも、ほむら、今日の夜ご飯何が食べたい?」

ほむ母「今日はほむらの好きなもの作ってあげる」

ほむら「えっ!?ほんと!?」

ほむら「ええっとねえ、ええっと…それじゃあ………」


48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:37:59 ID:MxOtmwBk

ほむら「ええっと…うう~ん……」


______________
____________
__________
_________
________
_______
______
_____
____
___
__
_


ほむら「…はっ!」



ほむら「……」


ほむら(私は、ここで何を……)


49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:39:55 ID:MxOtmwBk
~公園~



ほむら(そう…今夜もこの公園に来て、この椅子に座って…)


ほむら(ふと寝てしまったのね…)





ほむら(それにしても、あんな昔の夢を見るなんて…)


50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:41:31 ID:MxOtmwBk
ガササ……!



ほむら「!」

ほむら「誰…?」


まどか「…あ、ほ、ほむらちゃん」

まどか「ばれちゃった…?」


ほむら「まどか…」

まどか「…隣、座ってもいいかな」


ほむら「……」


51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:43:50 ID:MxOtmwBk
……………



ほむら「…遅くはないけど、もう夜よ」

ほむら「こんな時間に外出なんて感心しないわ」


まどか「…うん、でもね、なんだか今日は外に出てみたくて…」

ほむら「……」

まどか「自分でもよくわからないんだけど、この公園に来ちゃったの」

まどか「そしたら、ほむらちゃんが椅子に座ってて」

まどか「気持ちよさそうに寝てるんだもん、私も驚いちゃった」

ほむら「……そう」


52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:45:22 ID:MxOtmwBk
まどか「それに、ほむらちゃんだって、こんなところで何してたの…?」


ほむら「……」

まどか「……?」


ほむら「この公園はね、私が転校してきたときに仲良くしてくれた友達と」

ほむら「よく来てた公園なの」


まどか「…そうなんだ」

まどか「って、えっ!ほむらちゃんも転校生だったの?」

ほむら「ええ、あなたが転校してきた一年くらい前だったけれど」


53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:46:35 ID:MxOtmwBk

まどか「…その友達は、今どうしてるの?」

ほむら「ふふっ…秘密」

まどか「ええ~ひどいよ~」

まどか「ここまで教えといて、それはないよ~」

ほむら「…これ以上は教えられないわ」

まどか「うぇひっ、その人はほむらちゃんにとって、大切な人なんだね、きっと」

ほむら「ええ…」


54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:48:17 ID:MxOtmwBk
まどか「羨ましいなあ、そういうのって」

ほむら「え…?」

まどか「私ね、小さい頃からママの出張で転校ばっかりしてたから、そういうお友達っていないんだ…」

ほむら「そう……それは、ちょっと寂しいわね」


まどか「…でも早いよね、私が転校してきて、もう1ヶ月になるんだよね」

ほむら「そうね、学校には慣れた…?」

まどか「うんっ、みんないい人ばっかりだし、楽しいよっ」

ほむら「それは良かったわ」


55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 22:49:41 ID:MxOtmwBk
まどか「でも、私ね…なんだか、ほむらちゃんだけは他の人と違う感じかするの…」

ほむら「…!」

まどか「あ、べ、別に変な意味じゃないんだよっ?」

まどか「ただね…なんだか、私とほむらちゃん…会うのが初めてじゃないような気がして」

ほむら「…そう」

ほむら「きっと、気のせいね」

まどか「そうかなあ」

ほむら「ええ、よくあるじゃない」

ほむら「初めて来て、見たこともない、体験したこともないはずなのに」

ほむら「見たことも体験したこともあるような感じ…」


56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:00:40 ID:MxOtmwBk
まどか「あ、ああ!ええっと…で、でじゃ…」

ほむら「…デジャビュね」


まどか「そう、それっ」

ほむら「誰にでもある経験よ、私にもあるわ」

まどか「うん…それだといいんだけど」



ほむら「…そろそろ帰りましょう、もう遅いし」

まどか「うん…」


57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:02:23 ID:MxOtmwBk
~見滝原市内~


…スタスタ

ほむら「……」

まどか「……」



……ポツ
ポツ……


ほむら「あ…」

まどか「雨」


58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:03:41 ID:MxOtmwBk
ザザアー……


ほむら「こんな時に…」

まどか「仕方ないよ…あ、あそこで雨宿りしよっ」


…………


まどか「うわあ、ちょっと濡れちゃったね…」

ほむら「大丈夫?身体は濡れてない?」

まどか「…うん、大丈……くちゅんっ」

ほむら「身体が冷えてはいけないわ、これを着て」

まどか「あ、でもっ、ほむらちゃんは?」

ほむら「私は大丈夫…心配しないで」


59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:04:20 ID:MxOtmwBk
…ザアア



ほむら「……」

まどか「中々止まないね…」

ほむら「そうね」


60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:05:31 ID:MxOtmwBk
まどか「…こんな時に話すのも変なんだけど」

ほむら「…?」

まどか「私ね、たまに夢を見るの、ずっと昔のね、私がまだ5歳か6歳の頃の夢なんだけど…」


まどか「私、転校ばっかりしてたって言ったけど、幼稚園の時までは東京にいたんだ」

ほむら「…そう」

まどか「雨の日にね、私、ママを駅まで迎えにいく途中に迷子になっちゃったことがあったの」

ほむら「……」


61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:07:17 ID:MxOtmwBk
まどか「でね、たまたま近くの公園に寄ったら私と同じくらいの、女の子がいたの」

まどか「三つ編みの眼鏡をかけた子で、その子も迷子だったんだ」

ほむら「……!」

ほむら「そうなの…」

まどか「うんっ、でも…その子がね、私以上の泣き虫な子で」

まどか「だから私、強がって、あなたのお家を探してあげるって約束しちゃったんだっ」

ほむら「ふふ…優しいのね」

まどか「その日もね、こんな風に雨が降ってて」


62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:13:06 ID:MxOtmwBk
まどか「ママに渡すはずだった傘をその子に貸して、必死にその子のお家探してたんだけど…」

まどか「いくら探してもわからなくて、その子がついに泣きだしちゃって、私もなんだか悲しくなっちゃって」

まどか「二人で泣いたんだ」


まどか「でも私…その後がどうなったのか思い出せないの…」

まどか「夢も、いつもここで覚めちゃって、続きがわからないんだ…」

まどか「多分、その後、ママに助けてもらったんだろうけど」

まどか「昔のことだから、私も忘れちゃってるのかな…」


まどか「だからね、その子の名前も、その子がちゃんとお家に帰れたのかどうかも…」

まどか「よく…覚えてないの…」


63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:13:48 ID:MxOtmwBk
ほむら「…いいえ、大丈夫…きっと大丈夫よ」

ほむら「その子はちゃんと、お家に帰れたはずだわ」

ほむら「自分が戻るべきところにね」


まどか「え…」


64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:15:07 ID:MxOtmwBk
まどか「どうして…どうしてそう言い切れるの…?」

ほむら「だって…」


まどか「……」

ほむら「……っ」


ほむら「だって、あなたが道を案内したんですもの」

ほむら「間違っているはずはないわ…」


まどか「え、でも…」



ほむら「いえ、きっとそうだわ」


65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:16:02 ID:MxOtmwBk
ほむら「今でもその子はあなたに感謝しているはずよ」


ほむら「間違ってばかりいた私を明るい方へ導いてくれてありがとうって」


ほむら「いつもそばにいて、一人にしないでくれて」


ほむら「ありがとうって」


66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:17:22 ID:MxOtmwBk
___________________


空からしとしとと雨が降っていた。

降り出した雫にほむらの頬は濡れていた。


_______________


67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/25(水) 23:24:28 ID:MxOtmwBk


ほむら「今日の雨は、いつになったら止んでくれるんだろうか…」


68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/26(木) 21:16:19 ID:Jy7WWQCY
>>1です。

遅れましたが、終わりです


69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/26(木) 21:25:19 ID:vRhW8BXE
乙でした
寂しい終わり方だな


70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/27(金) 01:39:03 ID:tKkym/Xg
スレタイは最近やってたドラマだよな?
全く内容知らないけどこれパロディなの?


72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/27(金) 12:59:44 ID:G1xMhLPQ
>>1です。
>>70
スレタイは若干意識しましたが、スレタイ詐欺を狙ってつけてみました。
方向性はちょっと変わってしまいましたが…。

わかった方もいるかも知れませんが
雨やセリフのシチュエーションは「君の銀の庭」を意識してます。


最近は、ちょっと切ないまどマギSSも少なくなってます。
また機会があれば、お付き合いください。


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1403695644/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ