Powered By 画RSS


高森藍子「幸せな日」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:30:38.34 ID:K8l5sAM2o

藍子「Pさんは、どんなときに幸せを感じますか?」



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:31:22.39 ID:K8l5sAM2o
P「どうしたんだ? 藪から棒に」

藍子「いえ、ちょっと興味があったんです」

藍子「Pさんにとっての幸せって何かなって」

P「幸せ、幸せか…」

P「あんまり考えたことないな、そういえば」

P「ちひろさんはどうです?」


ちひろ「えっ」

ちひろ「私ですか?」




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:31:58.95 ID:K8l5sAM2o
藍子「ちひろさんが幸せな気持ちになるのって、どんなときですか?」

ちひろ「そうですねぇ…」

P「やっぱり俺から搾取したときですか?」

ちひろ「あ?」

P「スイマセン」

ちひろ「…まあ、それはいいとして、私もちょっとピンときませんね」

ちひろ「普段幸せだって実感すること、あんまりないですからね」

藍子「でしたら、今日みたいな日はどうですか?」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:32:45.79 ID:K8l5sAM2o
P「?」

ちひろ「どういうこと? 藍子ちゃん」

藍子「今日、なんだかすごくいい感じだと思いませんか」

藍子「ずうっと降り続いていた雨が止んで」

藍子「空がからっと晴れあがって」

藍子「水たまりで遊ぶ子供たちの姿が見えたりなんかして」

藍子「ちょっと、素敵だと思いません?」

P「言われてみれば」

ちひろ「ここのところ雨続きでしたもんね」

ちひろ「確かに今日は気持ちがいいです。いつもよりお仕事が捗りますねっ」

P「書類の山で溢れたデスクを前によくそんなことが…」

ちひろ「Pさん」

P「スイマセン」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:33:18.13 ID:K8l5sAM2o
P「まあ、晴れやかな気分になるのは確かだな」

藍子「そうですよねっ」

P「藍子はそういうところ、よく気が付くよな」

藍子「ふふっ、いつもカメラを持ち歩いてるからかもしれませんね」

藍子「こういうささいなことが、私にとっては幸せなんです」

P「なるほどな」

P「幸せか…」

藍子「Pさん?」

P「いや、俺にとっての幸せってなんだろうなって思ってさ」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:33:59.08 ID:K8l5sAM2o
P「がむしゃらに仕事してきたせいか、そういうこと考える暇もなくってな」

P「今藍子に言われて、はっとしたよ」

P「幸せって何なんですかねー、ちひろさん」

ちひろ「金ですよ、金」

P「もう最悪の回答だもんなあ」

ちひろ「冗談ですよ! 本気にとらないでくださいっ!」

藍子「…でしたら、探しに行きませんか?」

P「え」

藍子「幸せ、探しに行きませんか。これから」

P「これから?」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:35:03.47 ID:K8l5sAM2o
――
――――


P「何かと思ったら、散歩に行くことを言ってたのか」

藍子「すみません。お忙しいところを」

P「いいよ。ひと区切りついたところだったし」

藍子「ちひろさん、ひとりになっちゃいますけど大丈夫でしょうか…」

P「誘ったけど、忙しくて来れないってさ」

P「さすが、空気の読める人だよ」

藍子「え?」

P「いや、なんでもない」

P「それで、どこ行くんだ?」

藍子「そうですね。公園に行きませんか」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:35:40.85 ID:K8l5sAM2o
――公園

P「おお、こんなところがあったとは」

藍子「都会のオアシスってやつですね」

P「木の葉が濃く色づいてる。もう夏なんだな」

P「普段オフィス街のど真ん中にいるから、そんなこと気にも留めなかったな」

藍子「ふふふ」

藍子「あ、ほらPさん、あそこにベンチがありますよ。座りませんか?」

P「おう」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:36:31.79 ID:K8l5sAM2o
藍子「風が気持ちいいですね」

P「ちょうど日陰になって、涼しいな」

藍子「Pさん。私お茶を持ってきたんです」

藍子「飲みませんか?」スッ

P「(水筒にお茶を入れてくる系女子…!)」

P「実在したのか」

藍子「?」

P「いや、いただくよ。ありがとう」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:37:02.53 ID:K8l5sAM2o

サワサワ…

チチチ…


藍子「……」

P「……」

藍子「なんだか時間がゆったり流れてる気がしますね」

P「…ああ」

藍子「Pさん、今何を考えてます?」

P「…仕事のことかな」

藍子「えっ。し、仕事のこと考えてたんですか?」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:37:48.17 ID:K8l5sAM2o
P「今度お得意先に挨拶に行かなきゃなとか、ここのスケジュールはどう調整しようかとか…」

P「どうしてもそういうことが頭をよぎってな」

藍子「えと、その。も、もう戻りますか?」

P「いや、そんな急を要することじゃないから大丈夫だ」

P「ただ、なんていうかな。そういう性分なんだよ」

P「こうやってまったりしてていいのかって、思っちゃうんだ」

藍子「……」

P「損な性格だよな」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:38:31.13 ID:K8l5sAM2o
藍子「Pさん。最近根を詰めすぎじゃないですか?」

P「そうかな」

藍子「そうですよ。夜遅くまで残ってお仕事して…」

藍子「事務所に泊まり込むこともあるらしいじゃないですか」

P「そんなこと、誰から聞いたんだ?」

藍子「まゆちゃんと、凛ちゃんが言ってました」

P「まゆはともかく、凛もか」

藍子「二人とも心配してましたよ。Pさんのこと」

P「俺は二人の今後が心配だよ…」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:39:47.37 ID:K8l5sAM2o
藍子「それに、お昼ごはんもちゃんと摂ってないですよね」

藍子「毎日コンビニのお弁当じゃ、体壊しちゃいますよ」

P「う、それは確かに…申し訳ない」

P「ただ、自炊する時間が取れなくてなあ。外食は高いし…」

藍子「でしたら、響子ちゃんに相談してみたらいかがですか?」

P「響子に?」

藍子「はい。Pさんにお弁当作ってあげたいって言っていましたよ」

藍子「このままじゃPさん倒れちゃうって、すごく心配してました」

P「知らないうちに、いろんな子に心配かけてたみたいだな」

P「全然気づかなかったよ」

藍子「響子ちゃんだけじゃないですよ。ありすちゃんや友紀ちゃんもです」

藍子「チャレンジクッキングの成果を見せるときだって、とっても張り切ってましたよ」

P「そ、そうか。ありすに友紀も…」

P「うれしいけど、気持ちだけ受け取っておこうかな」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:40:34.51 ID:K8l5sAM2o
藍子「私たちのためにお仕事してくれるのはうれしいですけど…」

藍子「たまにはお休みしてくださいね?」

P「うん、そうするよ」

P「しかし、今は大事なときだからな。ちょっと無理してでも頑張らないと」

藍子「大事なとき、ですか?」

P「ああ、最近はうちの事務所も有名になって、仕事も増えてきただろ」

P「小さい箱だけど、ライブもできるようになって」

P「みんなやっと、アイドルとして活躍できるようになったんだ」

P「今が、チャンスなんだよ」

藍子「それは、そうですけど」

藍子「Pさんが辛い思いをしてまで、やるようなことじゃ…」

P「いやいや、全然辛くなんてないぞ」

P「俺としても、みんながトップアイドルになって輝く姿を早く見たいんだ」



P「いってみりゃそれが、俺にとっての幸せってやつだからな」



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:41:25.36 ID:K8l5sAM2o
藍子「私たちが、トップアイドルになること…」

藍子「それが、Pさんにとっての幸せですか?」

P「ああ」

P「大勢の観客を前に、俺がスカウトしたアイドルが歌うんだ」

P「だれもかれもが熱狂してさ、みんながみんな笑顔になるんだ」

P「プロデューサーにとってはこれ以上ない栄誉だし、最高の幸せだと思うよ」

藍子「…そうですね」

藍子「それはきっと、とっても大きな幸せなんでしょうね」

藍子「……」

P「藍子?」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:42:09.41 ID:K8l5sAM2o

藍子「Pさん。私、Pさんからいろんな幸せをもらったんです」

藍子「小さな幸せも大きな幸せも、両方とも」

P「…幸せに、大小があるのか?」

藍子「私なりの考えですけどね」

藍子「私、小さい幸せを見つけるのは得意だったんです」

藍子「こうやって散歩して、お昼寝している猫を撮ったりとか」

藍子「喫茶店に行って、お気に入りのケーキを食べたりとか」

藍子「そういうささいなことで、小さな幸せを感じることができたんです」

P「いいことだな、それは」

藍子「Pさんに誕生日をお祝いされたことだって、そうですよ」

藍子「私と、その周りの人だけが共有できる、小さいけど大事な幸せです」

P「……」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:42:55.86 ID:K8l5sAM2o

藍子「でも、Pさんはそれだけじゃなくって…」

藍子「私にステージで歌うっていう、大きな幸せを教えてくれました」

藍子「大勢の人を笑顔する…そういう幸せの形を与えてくれました」

藍子「だから私は、本当の意味で今幸せだって思います」

藍子「小さい幸せも、大きい幸せも知ることができたから……」


P「…なるほどな」

P「小さい幸せに、大きい幸せか」

P「そういう考えには、至らなかったな」


藍子「…Pさんはどうですか」

藍子「Pさんは今、幸せですか?」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:43:54.16 ID:K8l5sAM2o
P「…いや、どうかな」

P「さっきも言ったけど、プロデューサー業自体は辛くはない。むしろ楽しいくらいだ」

P「でも俺は、藍子の言う大きな幸せだけを追い求めてたのかもな」

藍子「…」

P「アイドルの動向に気付かなかったり、自己管理がなってなかったり」

P「大舞台の観客を夢見て、目の前の小さな幸せを見逃してたのかもないな」

P「…そういう意味で言うと、どうやら俺は幸せではなさそうだ」

藍子「Pさん…」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:44:31.88 ID:K8l5sAM2o
藍子「…私、Pさんにはとても感謝してるんです」

藍子「Pさんにも、笑顔になってほしい。幸せになってほしいって思ってます。だから」

藍子「私にしてあげられることなら、なんでもしてあげたいって、思います」

P「なんでもって…」

藍子「はい、なんでもです。…って、あっ」

藍子「へ、変な意味じゃないですよ!」

P「アッハイ」

P「(どういう意味なんですかね…)」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:46:07.44 ID:K8l5sAM2o
藍子「でも、私は茜ちゃんや未央ちゃんみたいに人を元気づけるパワーはないですから」

藍子「こうして一緒にお散歩に行くことぐらいしか、できないですけど…」

P「いや、そんなことない」

P「藍子のおかげで、大事なことに気づけたよ。ありがとう」

藍子「い、いえ。そんな…」

P「これからは、積極的に休むことにするよ」

P「休むのも、仕事のうちっていうしな」

藍子「ふふっ。そうしてくださいね」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:46:50.75 ID:K8l5sAM2o
P「そしたら、また今日みたいに散歩に行かないか?」

藍子「えっ。い、いいんですか?」

P「ああ、頼むよ。藍子と一緒なら楽しそうだ」

P「ダメかな?」

藍子「いいえ! 全然ダメじゃないです!」

藍子「是非、よろしくお願いします!」ズイッ

P「お、おう」

P「(こういうとこ、Paだよな)」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:48:12.21 ID:K8l5sAM2o
P「…って、もうこんな時間か」

藍子「え? あ、本当ですね。時間が過ぎるのって、早いですね…」

藍子「Pさん。もう戻られますか…?」

P「……」



P「いや」

P「藍子、もうちょっとここでゆっくりしていかないか?」

藍子「えっ?」

P「今なら仕事のことを忘れて、リラックスできそうな気がするんだ」

P「小さな幸せってやつかな、今ならわかりそうな気がするよ」

P「…藍子、もう少し一緒にいてくれないか?」

藍子「…はいっ」



藍子「私でよければ、いつまででも――」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:48:56.73 ID:K8l5sAM2o

サワサワ…

チチチ…



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:49:51.44 ID:K8l5sAM2o
――
―――

――CGプロ


P「戻りましたー」

ちひろ「あ、Pさん。お帰りなさい」

藍子「すみません。遅くなっちゃって」

ちひろ「いえいえ。全然大丈夫ですよ」

ちひろ「それで、どうでしたか? 藍子ちゃんとのデート」

藍子「でっ…!?」

P「いやあ、良かったですよ。幸せな気持ちになれましたね」

藍子「Pさん。ちょっと、その」

ちひろ「あらあら、これは問題ですねえ。現役のアイドルがプロデューサーとデートだなんて」

P「すっぱ抜かれてなきゃいいですけどねえ」

藍子「ちひろさん。あの、これはデートじゃなくてですね」

P「えっ? デートじゃなかったのか、これはショックだなあ」

藍子「」

藍子「え、え?」

ちひろ「ふふふ。冗談ですよ、藍子ちゃん」

ちひろ「あんまり二人が幸せそうだから、からかっただけです」


藍子「も、もう! Pさんまで一緒になって!」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:51:11.71 ID:K8l5sAM2o
P「悪い悪い、反応がかわいかったからな」

藍子「んー…もう、知りませんっ」


P「いや、すまなかった。今日は楽しかったからさ、つい調子に乗っちゃって」

P「ありがとうな、藍子。おかげでリラックスできたよ」

藍子「……」

P「さっきも言ったけど、また一緒に散歩に行ってくれないか。いつでもいいからさ」


藍子「……」

藍子「…いいえ、もうお散歩には行きませんっ」

P「」

P「えっ」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:52:44.04 ID:K8l5sAM2o
P「う、え? あ、藍子?」

藍子「……」

P「さ、さっきはいいって言ってたじゃ…」

P「…藍子?」




藍子「…お散歩には、行きません」

藍子「でも、で、デートなら…」

P「え?」




藍子「…デートなら、また一緒に行きたいなって、思います」




終わり


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:54:02.30 ID:K8l5sAM2o
お散歩デートがしたい人生だった。
html化依頼してきます。


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:55:56.36 ID:A6HLdEHKO
乙!
藍子ちゃんかわいい……!!


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 23:57:40.80 ID:kn4QyuvDO
藍子はホントいい子だなあ…乙でした


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404657038/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/07/07(月) 18:02:27

    ん?


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ