Powered By 画RSS


あかり「失明した、赤座あかりです…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 20:48:31.70 ID:WjCg3ih30
それは、一ヶ月前のこと。

本当に不慮の事故だった…と思いたい。

あかりが不良に絡まれていた。

私は当然、怒った。不良に殴りかかった。

優しいあかりは…不良をかばって…

あろうことか私は、あかりの顔面を殴ったのだ。

そして私は、あかりを失明させた。

その張本人の、赤座あかねです。




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 20:51:27.73 ID:WjCg3ih30
失明して一週間。あらゆる治療を施した。

だけど、全てムダだった。

けど、優しいあかりは元気にふるまった。

学校にも行った。

でも…行き始めて二週間ほどの時。

私が大学から帰る時、あかりが道の真ん中で泣き喚いているのを見た。

どうやら、心ない人達にいじめられたらしい。


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 20:52:04.86 ID:2QtvfWsi0
誰だいじめたやつ!!


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 20:53:29.59 ID:WjCg3ih30
それから、あかりは学校に行かなくなってしまった。

ごらく部の人達。生徒会の人達。クラスメイトの人達。

いつも見舞いに来てくれる。

でも…あかりはトラウマから抜け出せない。

本当に手ひどくやられたらしい。

そして、それから一週間。

私は今日も、あかりの部屋で、あかりに呼びかける。

あかね「…あかり?」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 20:56:08.51 ID:WjCg3ih30
あかり「…あっ…お姉ちゃん、まだいたの?」

あかね「ええ、当たり前でしょ?あかりをほっとけないもの」

あかり「…大学はいいの?」

あかね「いいのよ、大学なんて。あかりの方が100倍…いえ、それ以上に大切だわ」

あかり「…ありがとぅ…」

あかね「目、痛くない?目薬は?」

あかり「…大丈夫」

あかね「そっか…」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 20:57:56.24 ID:WjCg3ih30
あかね「…」

あかり「…」

あかり「…お姉ちゃん?」

あかね「なに?」

あかり「この一週間…呼んだら、すぐに返事してくれるね」

あかね「そりゃそうよ、常に側にいるもの」

あかり「すごく…あったかい笑顔してるんだろうなぁ…お姉ちゃん」

あかね「…」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:00:24.71 ID:WjCg3ih30
この一週間、私は常に泣きそうな顔をしている。

声をこらえながら、泣く時もある。

ともこさんには…すごい顔だって言われちゃった…。

目は真っ赤でクマがびっしり、髪はボサボサ。

オシャレも忘れちゃった。

でも、あかりの前では…笑顔の赤座あかねを演じる。

皮肉にも失明している事を利用して。


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:03:25.25 ID:WjCg3ih30
あかね「ん~…そろそろ、寝る時間かしら」

あかり「もう9時?」

あかね「ええ、だから、今日はおやすみ。」

あかね(実際は0:00過ぎてるけど…睡眠不足はダメよね)

あかり「そっか…今日も一日、ありがとう、お姉ちゃん。」

あかね「…私のせいなんだから、当たり前でしょう?」

あかり「…それ、嫌いって言ったよね…あかり」

あかね「…だって…事実だもの」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:07:16.58 ID:WjCg3ih30
あかり「…」ポロポロ

あかね「あ、あかり!?どうしたの…目が痛いの!?」

あかり「違うよぉ…」ポロポロ

あかり「心が痛いんだよぉ…」ポロポロ

あかり「あかりが失明して、お姉ちゃんが責任を感じてる事が…つらいんだ…っ」ポロポロ

あかね「…」

あかり「泣きたくないのに…心配かけたくないのに…」ポロポロ

あかり「泣いちゃうから…やめて…っポロポロ」

あかね「…っ」ウルッ


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:10:27.14 ID:WjCg3ih30
あかね(だ、ダメよあかね…泣いちゃダメ…っ)ポロポロ

あかり「それに…迷惑かけている事も知ってるのに…部屋から出れないし…」ポロポロ

あかり「あかり…周りを悲しい目にあわせてるのに…その顔も見れないから」

あかり「つい、逃げちゃう…っ…現実から…逃げちゃうんだよぉ…」ポロポロ

あかね「あかり…っ!もう…やめて…おねがい…あかりは悪くないの」グスッ

あかり「お姉ちゃん…泣いてるの?」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:12:32.47 ID:WjCg3ih30
あかね「そ、そんな事はないわ…!」フキフキ

あかり「…ごめんね…ごめんね…」

あかね「~っ!…おやすみなさい!」

バタンッ

あかね「うっ…」

あかね「うっ…うう…あああ…あかり…あかり…ごめんね…ごめんね…!」ポロポロ

・・・・・・
・・・・
・・



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:15:14.02 ID:2QtvfWsi0
あかり・・不憫な子……


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:15:40.49 ID:WjCg3ih30
~翌日の朝~

この一週間で、習慣が出来た。

7:00に起きて、あかりの朝ご飯を作る。

8:00ごろ、あかりを起こしに行く。

常に目をつぶっていて寝てるのかどうか分からないので

つらいけど、話しかける。

大学に行っていた一週間前までとは、全く違う習慣。

そして…とっても辛い日常が始まる。


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:19:59.36 ID:WjCg3ih30
あかね「ふぅ…あかりが食べやすいように、一口サイズのパン」

あかね「あかり、喜んでくれるかしら?」

トットットットッ

コンコン

あかね「あかりー?入るわね?」

あかり「すぅ…すぅ…」

あかね(…また涙の跡…毎晩、こっそり泣いているのよね…)

あかね「……っ」ウルッ

あかね「…!…あかり、朝よ?」

あかり「う…ううん…あ、お姉ちゃん…?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:24:02.05 ID:WjCg3ih30
あかね「ええ、もう7:00よ?」

あかり「そっか…というか、まだ、そんな時間なんだね」

あかね「…はい、朝ごはん。自分で食べれる?」

あかり「…ごめんね。お願い。」

あかね「謝らなくていいのよ~。はい、あーん?」

あかり「あーん…うん、おいしいよ」ニコッ

あかね(…この前まで、夢見ていた光景なのにね)

あかね「じゃ、朝ご飯食べ終わったら寝ててね」

あかり「…うん」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:27:21.84 ID:WjCg3ih30
~17:00~
ピンポーン

あかね「あ、ごらく部の皆~いらっしゃい」

京子「お疲れ様です、あかねさん!」

結衣「すみません…私達だけ学校に行っちゃって…」

ちなつ「あかりちゃん、どうですか?」

あかね「ま、立ち話もなんだから、上がって上がって~?」

京子「ありがとうございまーす!」

あかね(…必死ね…この子たちも)


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:30:42.75 ID:WjCg3ih30
トットットットッ

あかり(…!ごらく部の皆だ!)

あかり(よーし…元気に…元気に…)

ガチャ

京子「アッカリーン!調子どう?」ニシシ

あかり「あ、来てくれたんだ~ありがとう皆!」ニコッ

結衣「京子うるさい!あかりに迷惑だろ!」

京子「へいへ~い…」

ちなつ「はぁ…京子センパイは…」

あかり「変わらないね~みんな」ニコニコ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:34:01.81 ID:WjCg3ih30
京子「そうだよー!だから戻っておいでー!?ごらく部はいつでもOKだぜ!」

結衣「ノリがおかしいぞ…無理させちゃ悪いだろ?」

京子「と・に・か・く!あかりはごらく部の一員!これは変わらないから!以上!」

あかり(…だ、ダメだよぉ…)ウルッ

あかり「あ…ありがとぅ…」ニコッ

ちなつ「私も…私も、一応、心配してあげてるから…なんてね?」

結衣「ちなつちゃん…ヒドイな…」

あかり「あ…あり…がとう…」ポロポロ

京子&結衣&ちなつ「あっ…」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:38:16.48 ID:WjCg3ih30
あかり(涙が止まらない…ううう…)

あかり(嬉しさと…)

あかり(申し訳ない気持ちで…)

あかり(涙が…っ!)ポロポロ

ちなつ「…あかりちゃん…」グスッ

京子「…あか…り…っ」グスッ

結衣「…!!!…今日は帰るぞ二人とも…!ほら、はやく…」

あかり「…ごめんね…ありがとう」

結衣「あかねさん、お邪魔しました!あかり、また来るね!」

あかね「…いえいえ、こちらこそ…また来てね?」

バタンッ


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:41:41.28 ID:WjCg3ih30
~公園~

結衣「おい、二人とも…!あかりの前では泣かないって…明るくするって…そう決めただろ!?」

京子「だ…だって…あんな…あんなあかり…」グスッ

ちなつ「ごめんなさい…」グスッ

結衣「…こっちまで泣きたくなるだろ…」グスッ

京子「ごめんな…私が部長なのに、結衣に頼りっきりでさぁ…ダメだなぁ…」

ちなつ「…私も、情けないですよね」

結衣「そんな事ない!京子もちなつちゃんも…あかりを大事に思ってるからだろ?」

結衣「…その、言い過ぎた。ごめん」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:45:53.29 ID:WjCg3ih30
あかね「あかり、大丈夫?」

あかり「うん…落ち着いた」

あかね「そっか…良かった。ごらく部の皆も言ってくれてるから…」

あかね「…早く元気にならないとね?」

あかり「そう、だね…うん。甘えてちゃ…ダメだよね」

あかね「…甘えてるワケではないけれど」

あかね「あと一歩、頑張らなくちゃダメかもしれないわね」

あかり「そうだね…………お姉ちゃん」

あかり「明日…学校に行ってみようかな…なんて、思ってるんだ」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:50:32.85 ID:WjCg3ih30
あかね「!…ほ、本当?」

あかり「うん…これ以上お姉ちゃんにも皆にも…迷惑かけちゃダメだよね」

あかね「め、迷惑ではないのよ!…でも、そっちの方が良いのは…事実ね」

あかり「うん…頑張ってみるね」

あかり「だから…お姉ちゃんも大学に行って欲しいんだ」

あかね「…!あかり…」

あかり「おねがい、お姉ちゃん」

あかね「…愛する妹の頼みだもの…断れないわ!頑張って!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:53:23.25 ID:WjCg3ih30
あかりが学校に行くと言ってうれしい反面

嫌だと感じたのが…本当に私の汚い所だと思う。

私は、独占欲が強いのかもしれない。

それで、あかりを縛りつけているのかもしれない。

でも…それでも、可愛くてしょうがないから…

おそらく私は、明日も大学には行かない。


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:55:41.79 ID:WjCg3ih30
~翌日~

あかね「あかり…本当に大丈夫?」

あかり「もう、心配性だなぁお姉ちゃんは」ニコッ

あかり「ごらく部のみんなが来てくれるから、登校も大丈夫だよ?」

あかね「そっか…そうね、あかりには、いっぱい友達がいるものね」

あかり「うん、だから心配しないで?」

あかね「…そうね!学校、頑張って!」

ピンポーン


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 21:59:28.21 ID:WjCg3ih30
あかり「あ!きたきた!」

京子「おっすー!」

ちなつ(…何を話そう)ドキドキ

結衣「おはようございます、あかねさん。あかりは…?」

あかり「ここだよー!」

結衣「おお…元気そうだな」

京子「いやー本当よかった!うむうむ!」

ちなつ「あかりちゃん…」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:02:22.18 ID:WjCg3ih30
ちなつ「本当に大丈夫…?私は心配ですけどね…」

結衣(…いつも通り振る舞って…あかりも…頑張ってるから)ボソッ

ちなつ(…わかりました…)ボソッ

あかり「うん、大丈夫!迷惑かけちゃうけど、行こっか!」

京子「あかりぃー私の手に捕まってー」

あかり「うん!じゃあ、行ってくるね!」

あかね「いってらっしゃい!」

バタンッ


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:04:20.46 ID:WjCg3ih30
~1分後~

あかね「…ごめんね、あかり」

あかね「…やっぱり、心配なの…というより」

あかね「…認めたくないけど、私があかりを守りたいのよ」

あかね「ごめんね…」

バタンッ


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:05:39.91 ID:bzPstLyc0
あかねさんらしいな


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:07:41.58 ID:WjCg3ih30
あかり(…怖い…何も見えない…)

京子「…あかり?大丈夫?足、震えてるよ?」

あかり「え!う、うん…その、もう少し、話してくれると…ありがたいかなぁ…」

結衣「ああ…そっか、そうだよな」

ちなつ「じゃ、あかり犬!チッチッチッ」

あかり「ひ、ヒドイよぉ~犬じゃなくてもいいんじゃ…」

ちなつ「だーめ。ほれ、あかりちゃーん」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:10:56.34 ID:WjCg3ih30
あかり(…でも…進む方向が分かりやすい)

あかり(ちなつちゃん…優しいよね…なんだかんだ言っても)

ちなつ「ほーれ、あかりちゃーん」

あかり「ちなつちゃん!ありがとう!」

ちなつ「へ!?いきなり何!?」

あかり「ありがとう…ちなつちゃん」

ちなつ「え…ああ…別に、いいよ///」

結衣「…はは…やっぱり、あかりがいた方が楽しいな」

京子「だなー!」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:15:44.81 ID:WjCg3ih30
あかり(…皆がだんだんと、笑顔になるのが分かる…見えなくても)

あかり(やっぱり、良いな。こういうの)

京子「よーし!またワンワンのパジャマであかりを犬にしてやろう!」

あかり「うん!」

ちなつ「そーんな事しなくても、あかりちゃんはとっくに私の犬ですよー」

あかり「あはは…すごいこと言ってるよ?」

結衣「お…もうすぐ学校だ。あかり、頑張ったな」

あかり「そ、そんなことないよぉ…皆のおかげだよぉ…」エヘヘ


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:18:37.76 ID:WjCg3ih30
結衣「いや、あかりは頑張ったんだ…すごいよ」

あかり「そ、そうかな?」

京子「わたしも認めるスゴさだぞ!」

ちなつ「うれしくないですね、それ…」

京子「なにおー!?」

ガヤガヤガヤガヤガヤガヤ

あかり「…楽しい。皆のおかげで…今日は、本当にありがとう」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:21:42.49 ID:WjCg3ih30
結衣&京子&ちなつ「あっ…」

結衣(…泣くな…!泣いちゃダメだぞ!)ボソッ

京子「で…でも…う、うわあああー!」ポロポロ

ちなつ「…あかりちゃん…」ポロポロ

あかり「わっ!いきなり何!?苦しいよぉ…」

京子「うう…抱きしめたい気分なんだ…ほっといてくれ…」

結衣「…ズルいぞ…っ!京子…」ポロポロ

ちなつ「…」ポロポロ


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:25:34.43 ID:WjCg3ih30
あかり「ほ、ほっとけって…言ってる事、おかしいよ?」エヘヘ

京子「うるさーい!今はそういう気分なんだよぉ…」ポロポロ

結衣「…」グスッ

ちなつ「京子センパイはっ…ダメダメですね…」グスッ


あかね(…あかり…幸せね…)

あかね(…ふふっ、私はいらなかったかしら~?)ニコニコ


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:30:46.54 ID:WjCg3ih30
~学校~

京子「じゃっ、あかりは頼んだ!ちなちゅ~」

ちなつ「ちなちゅ言うな…っ」グスッ

あかり「ちなつちゃん…そこまで…」

ちなつ「ち!ちがうもん!ほら、つかまって!」

結衣「頼んだよ、ちなつちゃん。」

ちなつ「は、はい…///結衣センパイのまてです!頑張ります!」

あかり「あはは…ヒドイ…」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:32:46.56 ID:WjCg3ih30
ちなつ「あかりちゃん、階段は大丈夫?」

あかり「うん、なんとか…」

ちなつ「…ちょっと大きな音が聞こえるけど、覚悟しといた方がいいよ」

あかり「え!?」

あかり(ど、どういうこと…?)ドキドキ

ちなつ「はい、教室到着」

ガラッ


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:35:08.18 ID:WjCg3ih30
櫻子「あかりちゃん復活ぅ…」

向日葵「赤座さん復活…」

クラスメイト「おめでとーーーっ!!!」

パン パン パンパン

パチパチパチパチ…パチパチパチパチ…

あかり「!?…何事!?」

ちなつ「あ、不安にさせちゃった?」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:37:46.70 ID:WjCg3ih30
ちなつ「ごめん、意地悪しちゃった」

あかり「え…!?え…!?」

櫻子「あっかりちゃーーん!!」

あかり「うわ、誰!?」

櫻子「私だよ私!!」

向日葵「櫻子、あなたバカですの!?…まったく」

櫻子「あっ…櫻子でーす…」

あかり「ひ、久しぶり…だね!それで、何事!?」

ちなつ「まだ分かんないの?はぁ…」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:40:45.28 ID:WjCg3ih30
ちなつ「…サプライズパーティー。昨日、あかりちゃんが行くって電話してきたから」

ちなつ「…私が連絡したら、この有様」

向日葵「そうですわよ、赤座さん。本当に本当にうれしくて…」

櫻子「うわ、向日葵きも…」

向日葵「何ですって!?企画は私ですわよ!?」

櫻子「関係ないもーん。キモいもーん」

向日葵「ぐぬぬ…」

あかり「…あかりのために…こんな…っ」ポロポロ


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:44:44.28 ID:WjCg3ih30
A「赤座さん!元気だった!?」

B「心配してたんだよ~?」

あかり「あ…あ…」

クラスメイト「?」

あかり「ありがとう…ありがとう…」ポロポロ

向日葵「…ほら、この企画…大成功ですわ!」

櫻子「ぐぬぬ…たしかに…」

あかり「ありがとう…うれしい…本当に…」

ちなつ「ほら、泣いてばっかりじゃもったいないよ?」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:47:32.53 ID:WjCg3ih30
ちなつ「楽しまなきゃ!」

あかり「うん…うん…!」

ガラッ

先生「おい!何をしとるんだ!早k…」スー…

あかね「ごめんなさいね~多分、夕方には目が覚めるわ~」



ガヤガヤガヤガヤガヤガヤガヤガヤガヤ

・・・・・・
・・・・
・・



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:52:01.34 ID:WjCg3ih30
~放課後~

綾乃「ホント…良かったわね」

千歳「…ふふ、綾乃ちゃん…」

「うるさいと思って来てみれば!何よこれ!授業を受けなさい!」

千歳「…なんて言ってたのに、途中からノリノリになってもうて、可愛えなぁ」ニヤニヤ

京子「ふっ…所詮、綾乃は軽い女…それだけ」

綾乃「うっ、うるさいわよ二人とも!///全く…そりゃ、うれしいに決まってるじゃない」

結衣「…ったく、私達にも早く教えてくれればいいのに。」

あかり「でも、楽しかったよ!ありがとう!」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:57:34.14 ID:WjCg3ih30
向日葵「そう言ってくれれば、本当に光栄ですわ」

櫻子「うわ、キモい…いつまで言ってんの?」

向日葵「うるさいわね…!!」

あかり「…楽しかった…」

結衣「ごらく部、しないまま終わっちゃったな。…帰ろうか」

京子「だなー。もう19:00だし」

綾乃「じゃあ、今日は解散ね?」

あかり(皆の明るい顔が見えるよ…見えなくても…見える…)

ちなつ「じゃ、行きましょうか…っ」グスッ

結衣「泣いてるし」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:27:43.77 ID:WjCg3ih30
私は本当にうれしかった

あかりが皆に囲まれて笑顔。

間接的ではあるものの、私は手助けもした。

けど…輪に入る勇気はなかった。

私は…あくまで一人で幸せにしたいと思ってしまう。

だから…そんな、どこか自分勝手な部分がある私に、

入る勇気も、資格もない。


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:30:01.40 ID:WjCg3ih30
さっきまで泣いていた

うれしさと、申し訳なさ。

まるで、元気になる前のあかり。

私は、結局…貢献したいだけなのかもしれない。

あかりを助けたという自己満足なのかもしれない。

だけど、一つだけ自信をもって言えるのは…

あかね「…あかりを愛してる」ボソッ


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:33:08.79 ID:WjCg3ih30
~帰り道~
あかり「楽しかった~…生徒会の人もいるのかな?」

櫻子「いるよー!」

あかり「…ありがとうございました。」ペコリ

綾乃「はぁ…今度からは見逃さないからね?」

千歳「…どうだか~」

綾乃「千歳っ!///」

結衣「まぁ、でも…勉強も頑張らないとな…手伝わないと」

あかり「えへへ…耳が痛い…」

結衣「私も手伝うから、頑張れ」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:36:15.98 ID:WjCg3ih30
櫻子「あ、綺麗な川ー!ちょっと見てくるー♪」ダッ

向日葵「あっ櫻子!…まったく、危ないですわよー…」

あかり「…」

京子「あかり」

あかり「!…なに?」

京子「元気だせて、良かったなーっ…私、本当は泣きそうでさぁ…ずっと」

結衣「てゆーか泣いてただろ」

京子「だから、綺麗なもの見れなくたって…私達がいるから心配すんなってこと」

結衣「…理由になってないけどな」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:39:54.92 ID:WjCg3ih30
あかり「うん…そうだよね。見えなくても…楽しい事はいっぱいあるよね。」

ちなつ「…センパイ、たまには良い事いいますね」

京子「うっわー…胸にくるよ、その言葉ぁぁ…ある意味」

ちなつ「メンタル鍛えて下さい」

バシャン





櫻子「うわっ!?…助けてー!」

向日葵「まったく、何事でs…櫻子!?櫻子!!」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:42:35.58 ID:WjCg3ih30
あかり(…?…なんだろう…)

綾乃「…!!まずいわ!!大室さんが…!!」

結衣「…やばい…早く助けるぞ!!」

あかり「え…?櫻子ちゃん!?どうしたの!?」

ちなつ「…あかりちゃん、座ってて!」

あかり「ええ!?」


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:45:59.57 ID:WjCg3ih30
バシャーン

櫻子ー!助けますわー!!

古谷さん無茶よ!!この川の流れは急だから…!!

止めないで下さい!!

バシャーン

行っちゃったぞ…

こうなったら私もー!

バシャーン

としのーきょーこ…わ、私も!

バシャーン

あかり「な…なんだろう…」


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:46:42.70 ID:f5fiYYek0
いやな予感


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:46:50.17 ID:3Ql6TN7u0
胸騒ぎが


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:48:59.90 ID:WjCg3ih30
わ、私は行く勇気ないです…ごめんなさい

京子…助けに行くから…!

二人とも待ちぃな!行っても危険が増すだけや!もう、行ったらアカン!

…っ京子…

…結衣センパイ…

あかり(怖いよ怖いよ一人にしないで)

あかり(ううう…怖いよ何もわからないよ皆どこにいるのぉ…)


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:51:17.92 ID:WjCg3ih30
あかり「うわああああん!!怖いよよぉぉ!!!」

あかり「皆、行かないでよぉぉぉ!!一人にしないで!!」

あかり「怖いよ…っ!誰か…っ!」

あかり「うっ…ひっ…」

あかり「うわああああん!」


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:54:52.87 ID:WjCg3ih30
不良A「…あ?なんか道の真ん中で泣いてるガキいんだけど」

不良B「お、マジだww…てか前のガキじゃねぇ!?wwww」

不良A「…ホントだwwww相変わらずうっせーなぁ」

不良B「誰もいねぇし…やっちまうかぁ…」

不良A「…よし、あの鬼はいねぇな…?あいつ…邪魔な悪女よぉ…」

不良B「なーにビビってんだよwwwww」


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:55:33.93 ID:3Ql6TN7u0
おい・・・


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:55:35.38 ID:NOsVNC1k0
これはマズイ


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:56:58.82 ID:WjCg3ih30
不良A「そんじゃまぁ…」

不良B「wwwwwwww」

コツコツ

あかり「…なんだろう…足音が」

不良A「友達でーすwwwwww」

あかり「あっ…こ、この声…」

不良B「復讐でーす…」


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:00:03.45 ID:sLlORw5w0
あかり「ひっ…」

不良A「なんだよノリわりぃな」

不良B「むかつく…前もよぉ、泣いてたからナンパしただけなのに…」

不良A「ああ…マジ、腹立つ…いきなり殴りかかってきやがってよぉ…」

あかり「お願いします…ゆ、ゆるして下さい!」ビクビク

不良A「…いねぇな?あの女ぁ…」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:01:08.88 ID:sLlORw5w0
不良B「だーからぁ、何びびってんの?wwwwwwww」

不良A「うっせえ…ではwwwwww」











あかね「いるわよ~?」


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:03:18.64 ID:OytIWICz0
信じてた


172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:03:45.72 ID:RK1Hwzhd0
あかねさん待ってたぞ


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:03:53.95 ID:sLlORw5w0
不良A「…」

不良B「…」

あかね「…すごい顔ね~。私も、ともこさんに、顔すごいって言われたけど」

あかね「あなた達の方がすごい顔してるんじゃないかしら~」

不良A&B「」ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク

あかり「お…お姉ちゃん…?」


176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:06:29.29 ID:sLlORw5w0
あかね「ごめんね。ちょっと、泣いちゃってて…」

あかり「お姉ちゃん…っ!」

不良A「な、なんだ…?」ニヤッ

不良A「妹思いのお姉ちゃん…のつもりかよwwwwwwwww」

あかね「あら、余裕ね~」

不良A「あー言っちまおーかなーwwwww言っちまうかwwwww」

不良A「ショック死すんなよ?wwww」

不良A「あのさぁwwwwww」


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:07:53.47 ID:sLlORw5w0
不良A「お前が妹の目…失明させたんじゃんwwwwwwww」

あかね「…!!」

不良B「…お、お前…言い過ぎだろ…wwwww」









あかね「…」


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:11:00.96 ID:sLlORw5w0
…私は誤解していた。

今、私はあかりを助ける高揚感で忘れていた。

私は、ヒーローの気分だった。

でも、違う

私は…結局、あかりの目を奪った張本人なんだ。

なのに…私はあかりより上の気分で…いわば

「助けてやる」極端に言えばこんな気分だった。

…私は…


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:13:41.18 ID:sLlORw5w0
最低だ。あかりの気持ちを考えた瞬間なんて一度もなかった。

あかり可愛い

あかり愛してる

なら、何をしてもいいの?故意じゃなくても、許されるの?

私は、あかりを独占したかった。

あかりを、自分の手で幸せにしたかった。

不幸のどん底に落とした私が…そんな事を思っている。

私が原因で不良に絡まれるしね。


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:16:17.08 ID:sLlORw5w0
なんか…すごく、苦しい

今までの私の苦労は、あかりの為に。

そう思って、自分を保っていた。

なのに…フタを開けてみれば…こうだ。

自分で自分が気持ち悪い

思いやりがある自分カッコいいなんて…気持ち悪い

・・・・・・・
・・・・・・
・・・
・・



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:19:00.19 ID:sLlORw5w0
あかね「うっ…わ、私は…っ」グスッ

不良A「…何だこれ」

不良B「効果テキメンwwwwww」

あかね「ごめんねっ、あかり!ごめんねぇ…っ!私は、私はっ…」ポロポロ

あかり「お姉ちゃん…泣いてるの?」

あかね「ごめんね…ごめんね…!」ポロポロ


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:22:09.95 ID:sLlORw5w0
あかね「お姉ちゃんはっ…あかりを…自分の手で幸せにすることで…」ポロポロ

あかね「喜んでたの…!けど、それはぁ…!!」ポロポロ

あかり「…」

あかね「違うの…!結局、私は…自己満足で…!!」ポロポロ

あかり「…お姉ちゃん」

あかね「…!!」ポロポロ

あかり「あかりは…そんなの関係ないよ」


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:26:24.01 ID:sLlORw5w0
あかり「あかりは…今、幸せだよ」

あかり「それは…お姉ちゃんの協力のおかげ…お姉ちゃんの…」

あかね「…でもっ!それは…!」

あかり「…自己満足なんて関係ない。あかりは…嬉しかった。助けてくれて、側にいてくれるお姉ちゃんが…」

あかり「好きだったから…それで十分だと思うんだ…だから、泣かないで…」

あかね「…」

ちなつ「…ハァ、メンタル弱いですね…」


200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:27:35.40 ID:+1eFWdxq0
チーナキター


203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:31:32.54 ID:sLlORw5w0
あかね「…ちなつちゃん?あっちの方はどうなったの…?」

ちなつ「西垣先生が助けてくれました。でも、事情は後にしましょう」

あかね「…」

ちなつ「私、見てました。あかねさんがストーカーする所も…色々、汚い所」

あかね「…う、気付いてたの」

ちなつ「気持ち悪いなぁと思いました。でも…素敵でした。一途な所」

あかね「…褒められてるの?」

ちなつ「はい。なので、失望感させないで下さいよ…」

あかね「…ふふっ、偉そうな後輩ね…でも、許す。あかりにも告白されちゃったし…」

あかり「…え、そういう意味なの?」ボソッ


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:34:19.87 ID:sLlORw5w0
不良A「www元気になっとるwwww」

不良B「…え、ヤバくね?…ww」

あかね「あなた達ごときにメンタルを揺さぶられるなんて…情けないわ~」

不良A「…ww」

ヒュンッ

ゴキバキぐちゅバチッ

不良A&B「…」シーン

あかね「ふぅ~」


207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:36:35.66 ID:+1eFWdxq0
不良が失明だけでは済まされないレベルwww


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:36:43.02 ID:sLlORw5w0
あかり「…お姉ちゃん?」

あかね「…あかり!」ガバッ

あかり「うわぁ!」

あかね「ごめんねっ!好きよ!大好き!!」

あかり「あ、あはは…」

あかり(姉として、なんだけど…うん、でも…心地良いような…恋…なのかな…?)

ちなつ「…はふぅ~」ペタッ

結衣「…お疲れ、ちなつちゃん」


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:39:47.04 ID:sLlORw5w0
あかり「この声は…結衣ちゃん!」

京子「はぁ~疲れた」

あかね「…どうやって助けたの?」

西垣「いや~、私の、川から救助しますよEXが大活躍しまして~!」

綾乃「先生を、尊敬してしまったわよ…不覚」

千歳「でも、良かったわぁ~みんな助かって」

ちなつ「…怖かったぁ…」

結衣「よしよし」


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:42:10.50 ID:sLlORw5w0
結衣「あかり…ちなつちゃん、すごかったんだぞ?」

あかり「…だね」

結衣「私達が助けに行こうとしたら」

「私が行きます!」

結衣「…だってさ。すごいよ」

ちなつ「ゆ、結衣センパイ!余計なこと言わないでください!…///」

京子「いやぁ~必死だったなぁ」


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:43:58.64 ID:sLlORw5w0
ちなつ「京子センパイ…///」

あかり「ありがとう…」

ちなつ「…!う、うん…」



向日葵「ほら、櫻子…」

櫻子「すいませんでしたー!」ドゲザ

あかり「あ、いいよぉ!無事なら…」

あかね「…ふふ」



・・・・・・
・・・・
・・



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:47:27.63 ID:sLlORw5w0
~三ヶ月後~

あかりは、目が見えないまま。

でも、大分、自分で出来る事が増えてきたみたい。

自分の手から離れて行くあかり…自立していくあかり。

今はもう、寂しくない。

だって…恋人だもの。

…ふふっ

こんな日が、来るなんて…


219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:49:42.40 ID:sLlORw5w0
私は、まだ目が見えない。

正直こわいし、まだ慣れないけど

皆のおかげで、前以上に楽しいかも。

お姉ちゃんは…なんかキスをしつこく迫ってくる

でも…嫌じゃないって事は…恋人として…好きなのかな…

とにかく、楽しくて仕方ない毎日です

…まさか

こんな日が来るなんて…


220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:49:45.95 ID:zJlf7zvu0
なんだと


221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:50:49.08 ID:RK1Hwzhd0
ま   じ   で


222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:52:45.18 ID:sLlORw5w0
あかりが失明したなんて、信じられなかった。

でも…弱ってるあかりを見て…泣いちゃいけないはずの自分が

家に帰ったら号泣していた

正直、お見舞いも意味が無いと思ってた

「あかりは…帰ってくるから!」

…京子の言う通りだった

…こんな日が来るなんて…


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:54:52.16 ID:sLlORw5w0
私は明るいようで繊細だ。

結衣は「ねーよ」とか言ってくるけど

繊細なつもりだ。

でも、あかりを信じてた。泣いちゃったけど、信じてた。

ごらく部の部長は部員を信じるものだからさ。

…こんな日が来ると思ってた


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:57:28.95 ID:S36idPAg0
おい…?


226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 00:57:44.49 ID:sLlORw5w0
泣いた回数NO.1の自信アリ。

私は泣きたくなかった。あかりちゃんなんかで、泣きたくなかった。

なのに、涙が止まらなかった

結衣センパイにも…怒られちゃった。

1番メンタル弱いのは…私なのかもしれない

…まさか…こんな日が来るなんて


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:02:19.96 ID:sLlORw5w0
新聞記事

人を救ったのは盲目の中学生!?

先日、川に落ちたS子さんの命を救ったのは…なんと、盲目の中学生だった。
「耳の感覚が鋭いので、悲鳴が聞こえたんです」

とのこと。目が見えない中、めちゃくちゃに泳ぎ回り、助けたという。

「服らしきものを掴んで…岸まで泳いで。あとはお姉ちゃんが片付けてくれました」

警察は、この勇敢な行動に賞を与えると発表。明日にでも、授賞式が開催されるようだ。


・・・・・
・・・
・・



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:05:27.66 ID:sLlORw5w0
~授賞式の後~

あかり「私が、誰かを助けるなんて…っ」グスッ

あかね「…あかりは、笑顔だけで誰かを助けてるわ~」

あかね「今回、偶然に記事になっただけよ~」

あかり「うん…ありがとう」

あかね「じゃあ…」

櫻子「ごめん2回目…」

向日葵「土下座は後!赤座さん、授賞式を祝ってー…」

ごらく部&生徒会「カンパーーーイ!!」





おわり


230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:06:58.99 ID:W4JWJURQI
乙乙乙


232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:07:33.35 ID:Ru4gMymY0

良かったよ


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:08:45.19 ID:sLlORw5w0
キャラ崩壊には気をつけました
特にちなつ

ありがとうございましたー


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:09:46.93 ID:RK1Hwzhd0
乙!!
ハッピーエンドでほんとよかった


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:15:22.45 ID:DPUc3Ez40

こんな好感を持てるちなつは初めてかもしれない


240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:16:40.01 ID:+1eFWdxq0
乙でも結局あかりは目が見えないままなのか…


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 01:23:07.01 ID:dhRRovvn0

欝のままじゃなくてよかった





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ