Powered By 画RSS


美希「たなばたフェアリー」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 23:18:00.59 ID:Ezd7Rl3Vo
 七夕の一日、ミキ達フェアリーの3人は、文字通り「解放」される。
 一年に一度しか逢えない、織姫と彦星に比べると甘っちょろいけれど。

美希「遅れてごめんなのー!」

響「美希、こっちこっち!」ブンブン




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 23:21:02.22 ID:Ezd7Rl3Vo
貴音「ふふっ、嬉しそうですね」

響「もちろん! だって今日は、」

 961プロの所属アイドルが、自由になれる一日なんだから。

美希「でしょ?」

響「うがーっ、言われちゃったぞ!」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 23:24:03.46 ID:Ezd7Rl3Vo
 ――

 961プロのアイドルは、起きる時間に寝る時間、食事をいつ摂るか……まで、しっかり決められる。
 黒井社長がカンペキなアイドル像を求めるから、破ったらすごく怒られるの。

美希「駅を降りたところにね、すっごく美味しいたこ焼きのお店があるんだって」

貴音「なんと! お腹が空いてきてしまいました」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 23:29:52.96 ID:Ezd7Rl3Vo
 それでも、七夕の日だけは、織姫と彦星のお話にあやかって、事務所全体がお休みになって。
 ミキたちも事務所の指示通りに動かなくて良くなるから、こうやって遊びに行ける。

響「食べたいなぁ」

貴音「美希?」

美希「ぅえ? どうしたの?」

貴音「いえ……何か、考え事でもしていたのですか」

美希「う、ううん。なんでもないの」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 23:38:22.90 ID:Ezd7Rl3Vo
響「なら良かった! せっかくのお休みだし、楽しみたいよね」

美希「そうだね。今日はじゃんじゃか遊ぼっ!」

響「おー!」

貴音「じゃんじゃか、食べましょうね」

美希「あはは、もちろんグルメもなの」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 23:50:59.97 ID:Ezd7Rl3Vo
 駅の噴水前で待ち合わせ、電車に乗ってショッピングモールに。
 普段やりたくても出来ないことが、すごく楽しいな。

貴音「これが名物、駅前たこ焼き……ッ!」シュパッ

美希「おおっ、貴音のマイ箸!」

 「王者は孤独であれ」という社訓の通り、所属アイドルは基本的に、誰かと遊んだり出来ない。
 クラスの友達とも、当然アイドル仲間とも。


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 00:00:01.45 ID:9ljPl776o
響「すごいな、貴音。マイ箸持ってたんだ」

 だから、フェアリーの3人で遊びに行くのは初めて。
 普通なら気づくようなことすら、今日発見する。仲間以上、友達未満も今日で終わりになる。

貴音「では、この『バター醤油』を、3ぱっく」

美希「おお、良いにおいなの」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 00:05:15.98 ID:9ljPl776o
貴音「さあ、おやつと致しましょう」

響「自分、ちょっとお腹空いてたし嬉しいぞ」

 つまようじをもらって、たこ焼きを持ってベンチに座る。
 普通の女の子がするような、公園デートみたいで。

美希「楽しいね」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 00:17:37.41 ID:9ljPl776o
響「うん、そうだな」

貴音「普段は出来ないことですから。まこと、新鮮に感じますね」ハフッ

美希「貴音、もう食べてるの? 早いなぁ」

 響が笑いながら、たこ焼きのパックを渡してくれた。
 ひとりで8個、ちょっと多いかも。


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 00:50:02.99 ID:9ljPl776o
 と思っていたら、貴音は一瞬で平らげてしまった。
 お仕事の時も食べるのが早いと思っていたけれど、ここまで早いなんて。

美希「貴音って、もしかして大食い?」

貴音「大食い……人よりは多い量を食べているとは思います」

響「ケンタンカっていうんだぞ」

美希「へぇー、カッコイイね」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 00:50:42.55 ID:9ljPl776o
貴音「そうでしょうか? 友と食事をする時、わたくしだけ早く食べ終わってしまうのですが……」

響「その分たくさん食べればいいんじゃない?」

貴音「なるほど! しかし、食費が」

美希「それはちょっとキツいね」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 01:09:51.71 ID:9ljPl776o
 ベンチでたこ焼きをつまみながら、20分ぐらい3人で話した。
 それですら新鮮で楽しくて、今日遊んで良かったなぁ、って思ったの。

貴音「さて。……そろそろ、行きましょうか」

響「おー。自分、結構楽しみにしてたんだー!」

美希「いざ出陣なの!」

 目の前にある、とてつもなく大きなショッピングモールへ!


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 01:13:36.59 ID:9ljPl776o
 ショッピングモールはものすごく大きくて、全部回るのに2時間ぐらいはかかったかな。
 最初に入った家具屋さんは、貴音がお皿に夢中だったの。

貴音「このお皿、家に置いておきたいですね……一枚」

響「自分も。家族のみんなにご飯をあげるとき、このプラスチックの器は片付けやすいし」

美希「ミキ、お姉ちゃんにプレゼントしようかな」

響「美希、お姉さんがいるんだ?」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 01:15:24.14 ID:9ljPl776o
 そういえば響と貴音には話してなかったなぁ、と思う。
 学校の先生になるんだよって自慢気に話すと、美希は勉強を教えてもらえるのか! って羨ましがられた。

響「自分も教えてもらいたいぞ」

貴音「響は、なにか苦手な教科があるのですか?」

響「数学……」

美希「多分、お姉ちゃんなら教えてくれるって思うな」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 01:17:22.73 ID:9ljPl776o
貴音「わたくしも、国語なら教えることが出来るのですが……」

響「ほんとっ? それじゃあ、今度教えてもらおうかな」

貴音「ですが、黒井殿に叱られてしまいますゆえ、難しいかと」

響「あー、そっか……めんどっちいな」

美希「社長、厳しいよね。765プロとは大違いなの」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 01:24:45.72 ID:9ljPl776o
 貴音はお皿をきゅっきゅっと触りながら、

貴音「765プロ、とても伸び伸びと活動している印象です」

美希「みんな仲良いよ」

響「でも、美希が飛び出してくるぐらいヘンタイなヤツがいるんだろ」

美希「ううん、それは関係ないの」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 01:34:20.60 ID:9ljPl776o
響「そうなの!?」

 ガーンっていう音がつきそうな、響のオーバーリアクション。
 普段はこんな会話はしないから、お互い勘違いしていることとかが多いんだろうな。

貴音「わたくし、これを買ってきますが……」

美希「あっ、ミキも行くの」

響「自分も並ぶぞ」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 01:59:17.00 ID:9ljPl776o
 その次は、響の提案でペットショップに。
 家族のご飯を買うんだって。

美希「響、家族はどれぐらいいるの?」

響「今はハム蔵といぬ美だけだぞ。本当はもっと飼いたいけど、時間がないし」

美希「そっか」

響「うん。貴音は?」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:00:31.83 ID:9ljPl776o
美希「あそこで、猫と触れ合ってるの」

響「あはは、貴音って猫と似合うな」

美希「だね。なんでだろう」

響「なんとなくだけど、ミステリアスな所があるからじゃないか?」

美希「確かに、それはそうかもなの」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:02:53.36 ID:9ljPl776o
 響は、少量のビーフジャーキーを手に取った。

美希「あれ、こっちの1キロのじゃなくて良いの?」

響「うん。市販のエサは、あくまでどうしても時間がない時用だから」

美希「あー、普段は自分で作ってるんだっけ」

響「そうだぞ。楽しいよ」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:04:57.40 ID:9ljPl776o
美希「どうやって作ってるの?」

響「ん、お肉と野菜を混ぜて、ちょっと塩を入れるんだ」

美希「へぇ……それでドッグフードになるの?」

響「うん! 一度食べたら、もうこっちには戻れなくなっちゃうんじゃないかな」

 家族のことを話すとき、普段のクールな表情じゃなくて等身大の笑顔が飛び出している。
 本当の響は、きっとこういう明るい女の子なんだろうな。


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:06:37.77 ID:9ljPl776o
 あともう1つ、と響は砂の入っている袋を掴む。

美希「砂?」

響「そうそう。ハム蔵は砂浴びが好きなんだー」

美希「砂浴び……」

響「あれ、あんまり馴染みが無い?」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:10:04.07 ID:9ljPl776o
美希「うん……トイレ?」

響「ああ、それはまた別なんだ。砂浴びは毛づくろいの効果もあってね」

 身体を綺麗にするのと一緒に、ストレス解消にもなるんだぞ、って響は胸を張る。

美希「そうだったの! 全然知らなかった」

響「動物を飼っていないと、あんまり知らないかもね」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:12:35.76 ID:9ljPl776o
 レジ袋を片手に、響は猫を撫でている貴音を呼ぶ。

響「おーい、たかねー」

美希「響、あんまり大声出すとバレちゃうよ?」

響「げっ」

貴音「お待たせしました」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:13:10.04 ID:9ljPl776o
 貴音が揃ったことで注目を浴びると、ミキ達に中学生ぐらいの女の子ふたりが近づいてきた。
 やっぱり目立つの。変装してても、あんまり意味が無いかな。

響「えっ、サイン? 分かったぞ」

貴音「いつも応援、ありがとうございます」

美希「今度のライブ、遊びに来てね!」

 サインを書いて、握手をして。ありがとうございました、と去っていく女の子に手を振った。


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:14:13.55 ID:9ljPl776o
貴音「わたくしたちも、大勢のファンが居るのですね」

響「だなー。ちょっと嬉しいぞ」

美希「プライベートでサインしたの、初めてだったの」

貴音「わたくしもです。それにしても……」グゥ

 貴音のお腹が鳴って、思わず笑ってしまう。
 しばらく3人でゲラゲラ笑って、お茶しようか、って喫茶店を探すことにした。


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:19:32.69 ID:9ljPl776o
 飲み物とサンドイッチの乗ったトレーをテーブルに置いて、椅子に座る。
 いただきます、と貴音が手を合わせて、サンドイッチの袋を開け始めた。

響「貴音は食いしん坊だなー、って思ったけどさ。自分もお腹すいてきちゃって」

美希「ミキも! 貴音も美味しそうに食べるもんね」

貴音「むぐ……っ、そうですか?」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:23:04.80 ID:9ljPl776o
 トレーの上には、「3」って大きく書いてある番号札が乗っていた。
 やがて店員さんが来て、ミキと響が頼んだケーキセットのケーキを置いていく。

店員「あと、こちらなんですが」

 響がチーズケーキにフォークを入れようとしたところで、店員さんは三枚の細長い紙とボールペンを渡す。
 赤、青、緑色の……短冊?

店員「いま、店頭の笹の葉に吊るす短冊を書いていただいてるんです」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:27:23.18 ID:9ljPl776o
貴音「今日が七夕ですが、募集していたのですか?」

 ミキと同じ疑問を、貴音が口にした。
 だよね。普通、ああいうのってちょっと前に締め切って、七夕が終わったら飾り終わるものだし。

店員「当店では、今月末まで飾る予定なんです。もしよければ、お帰りの際に笹の葉の下の箱にお入れください」

美希「はーい」


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:27:50.67 ID:9ljPl776o
 響はチーズケーキ、ミキはいちごのタルト、貴音はハムチーズのサンドイッチ。
 それぞれ頬張りながら、短冊をじっと見ていた。

響「そういえば、七夕なのに短冊に何も書いてなかったな」

貴音「そうですね。せっかくですから、書いてみましょうか」

美希「ミキ、なんて書こうかな」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:28:43.81 ID:9ljPl776o
響「そうだっ」

 フォークをお皿に置いた響は、ボールペンを手に持って、短冊に何かを書き始めた。
 こういうとき、響は素早いなぁ。

響「じゃーん、どう?」

美希「ん?」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:30:19.19 ID:9ljPl776o
 響が掲げた青色の短冊には、大きな字で【フェアリーのみんなでトップアイドル!!】と書かれていた。
 その下には、いつもの響のサイン。

貴音「ふふっ、実に響らしいです」

美希「ね。チョトツモウシン、って感じがするの」

響「むむ……それ、褒めてる?」

美希「もちろん! みんなで目指そうね、トップアイドル」


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:31:33.02 ID:9ljPl776o
 うん、って大きく頷く響と貴音。

貴音「では、わたくしも」

 貴音は響からペンを受け取って、赤い短冊にスラスラと文字を書き始めた。
 相変わらず達筆なの。

貴音「わたくしの願いは、こちらです」

響「……おっ」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:32:19.01 ID:9ljPl776o
 【三人で一緒にまた休暇を過ごす】。綺麗な字で、右下には貴音の名前も記されている。
 貴音は、「今日のようなとても楽しい一日が、また早いうちに来たらと思いまして」と照れ笑いをした。

美希「ミキも、またみんなで遊びに行きたいの」

響「自分、温泉とかに行きたいぞ」

貴音「良いですね。温泉といえばやはり、海鮮料理でしょうか?」

響「もう。食べ物ばっかりなんだから」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:34:27.54 ID:9ljPl776o
美希「うーん、どうしようかな」

響「美希のお願いは?」

美希「なんか、書きたいことはだいたい2人がお願いしてくれたの……あっ!」

貴音「なにか、思いつきましたか」

美希「うん、最高のお願い」

 さらさらとボールペンを動かす。


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:35:40.79 ID:9ljPl776o
美希「じゃーん」

 緑色の短冊を、向かい側に並んで座る響と貴音に見せてみた。

響「……美希」

貴音「これは、わたくしたちだけでなく、ですか」

美希「当たり前なの、ミキは961プロに居るけど、やっぱりアイドルになれたんだから」


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:37:05.81 ID:9ljPl776o
響「だよね。自分も……その、キツくあたってるけど、本当は」

貴音「わたくしも、強がってはいますが……」

美希「でしょう? だから、これはミキだけじゃなくて、フェアリー全体の目標なの」

 【いろんな人と友達になる】。そのお願いは、961プロの方針やルールとは正反対。
 でも、やっぱり望んじゃうんだと思うな。


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:39:33.00 ID:9ljPl776o
美希「お星さまに届くまで、何年もかかるんだよね」

貴音「織姫と彦星は、遠くから見守っていますから」

響「7年かかるんだっけ?」

美希「確か、そうだったかな。でも、そんなの関係ないぐらい、ミキたちで輝きたい」

貴音「ふふっ、強い光を放っていれば、すぐに願い事が届くやも知れません」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:41:25.05 ID:9ljPl776o
美希「ね? だから、みんなで頑張ろっ」

響「うん、頑張ろうな! トップアイドルになって」

貴音「適度にわたくしたちで息抜きをして」

美希「それで、友達もいっぱい作って」

 そうなったら、すっごくキラキラできると思う。
 理想論でしか無いけれど、叶えてみたいって考えた。


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:45:36.56 ID:9ljPl776o
 喫茶店を出て、笹の葉の下に置かれた木箱に短冊を3つ、入れてみる。

美希「お星さまにも、ミキたちの歌とダンスが見えますように」

響「美希、神社じゃないんだから」

貴音「ふふっ、手を合わせればきっと、早く届きますよ」

美希「そうそう」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:48:18.51 ID:9ljPl776o
響「じゃあ、自分も合わせようかな」

貴音「わたくしも、合わせましょう」

美希「みんなでお祈りすれば、叶うよね」

響「きっと、な」

 結局、3人で揃って笹の葉に向かって手を合わせていた。


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:50:02.10 ID:9ljPl776o
 961プロのアイドルが自由になれる一日は、こうやって過ぎていった。
 フェアリーは、事務所が決めた以外の目標を持って活動するようになったし、
 前よりレッスンに身が入ったんじゃないかな、って思うの。

響「美希ー、行くぞー」

美希「はいなの!」

 実は、家の近くの商店街でも、短冊を吊るしたんだ。


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:51:46.33 ID:9ljPl776o
 【響や貴音と友達になれますように】って、書いたの。
 七夕に遊ぼう、って勇気を出して誘って、ちゃんと仲良くなれて。

貴音「美希、嬉しそうですね。良いことがありましたか?」

美希「うん! 実はね」

 お星さまは、超高速でミキのお願いを叶えてくれたし。
 だから、あの短冊に書いたお願いも、きっと叶えてくれるよね?


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:52:20.95 ID:9ljPl776o
頑張るフェアリーが大好きです。支援ありがとうございます、お疲れ様でした。


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 02:58:01.62 ID:u0EqCS7go
乙です


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404742680/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ