Powered By 画RSS


光「誕」紗南「生」幸子「日」飛鳥「字足らず」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:16:08.40 ID:QKKRZu3Z0
光「みんな!今日はなんの日だ!?」

紗南「アードコア第一作の発売日」

光「あれっ」

光「…っじゃなくて、誕生日!」

飛鳥「ニコラ・ステラだね」

光「詳しいな!?」

紗南「千奈美にウルトラマンの日でもあるよ」

光「それは本当かっ!?…って違う!!」

幸子「美羽さんの誕生日ですね!」

光「それも違……っくない!」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:16:56.42 ID:QKKRZu3Z0
紗南「あー言っちゃった」

飛鳥「幸子言っちゃった」

幸子「ぼ、ボクが何か?」

紗南「あたし的にはもうちょっと引き延ばすべきだったなーって」

幸子「そ、そんなこと言われてもですね」

飛鳥「ま、言葉も無しに理解ってもらおうなんてのは、少し酷だったかな」

飛鳥「それに、幸子はカワイイからね」

幸子「フフーン、そうでしょうね!」



幸子「あ、あれ?ボク言いくるめられました?」

飛鳥「カワイイ」

紗南「幸子カワイイ」

光「……アタシ知ーらない」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:17:34.95 ID:QKKRZu3Z0
光「…って、そう、美羽の誕生日だよ!」

光「今日はなぜだか皆出払ってて、あまり他を頼りにできない」

光「つまぁり!アタシ達がやらなくて誰がやる!……って事だよ!」

飛鳥「燃えてるね」

幸子「…光さん、プランは?」

光「…ぐぐ…そ、それは…」

紗南「ま、そういうのも面白いかもねっ!」

光「…ありがと、紗南」

飛鳥「ふふ、一寸先は闇、そこには果たして…」

幸子「こ、こわいこと言わないでくれませんか?」

光「それを照らすのがアタシ達だよっ!」


光「というわけで皆!力を貸してくれ!」

飛鳥「微力ながら、ね」

紗南「おっけーおっけー!」

幸子「まあ、カワイイボクにお任せですよ!」

光「ありがとう!……それじゃあ………」



────…………

───────………………






美羽 (……………………)



美羽(聞いちゃったー………)


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:18:32.16 ID:QKKRZu3Z0
美羽(聞いちゃったから何ってわけじゃない…と、思うけど…)

美羽(なんだろう、この複雑な気持ち) 

美羽(申し訳ない)

美羽(光ちゃん声おっきい)



飛鳥『実はボクさ、一発芸もってるんだ』

紗南『へえ、どんなの?』

飛鳥『お楽しみさ』



美羽(飛鳥ちゃんの一発芸…どんなのだろ…)

美羽(文面がすごく惹かれる)




美羽(……飛鳥ちゃんの一発芸、どんなぁすか?)





美羽(……微妙)


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:19:24.41 ID:QKKRZu3Z0
幸子『…いろいろと買い出しに行く必要がありそうですね』

光『そーだなー……』


美羽(…ああだめ、聞いちゃ)

美羽(皆サプライズしてくれようとしてるんだから、情報を制限しないと)


美羽(……いらないお世話なのかな)

美羽(だとしたら……あれ?どうしたらいいんだろう)


美羽(……耳、耳ふさごう)


光『アタシ良いこと思い付いた!』


美羽(だめだ、光ちゃん声おっきい)


美羽(…うん、ここから離れよう)

美羽(そうしようそうしよう)そそくさ


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:20:15.95 ID:QKKRZu3Z0



美羽「さすがにここまで来れば……」

愛海「隙在り」ムニュ

美羽「ぅあっ!?」ピク

愛海「うんうん、81は伊達じゃあないねえんふふ」

美羽「む、胸ん…」

愛海「うん、お互いぶれないね」


愛海「……もしかしてちょっと元気ない?」

美羽「あ、あれ、わかっちゃう?」

愛海「胸は口ほどに物を言うんだよ」

美羽「は、初耳…」

愛海「いいもの揉ませて貰った礼って言ったら何だけど、あたしなら話ぐらい聞くよ?」

美羽「……………」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:21:04.17 ID:QKKRZu3Z0
─────……………

────────…………………



愛海「なるほどねー……」

美羽(結局話しちゃった)


愛海「あのさ、美羽」

美羽「うん?」

愛海「正直、あたしには美羽がどうしたらいいかなんてわかんないけどさ」

美羽「…うん」

愛海「…友達を祝う気持ちってそう簡単に揺らぐものじゃないと思うんだ」

美羽「…………」

愛海「そりゃ、サプライズって意味ではちょっとアレかもだけど」

愛海「でもそれが目的なんじゃないし」

愛海「祝ってくれて嬉しい、でいんじゃないかな?」

美羽「……………」

愛海「ま、あんまり考えすぎないでもいんじゃないかな?」

美羽「うん、ありがと」




美羽「今のが愛海ちゃんの口から出てきたのがすごく意外だけど」

愛海「それ言っちゃう?」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:21:33.54 ID:QKKRZu3Z0
愛海「あたしはそろそろお仕事だからまた後でね」

美羽「うん、じゃーね」

愛海「ほいじゃー………っと」

美羽「……あ………」


幸子「……………」



美羽「…もしかして、今の聞いてた?」

幸子「はい」

美羽「あー、と……」

美羽(…やっぱりちょっと意識しちゃうな……)

幸子「…美羽さん」

美羽「うん?」

幸子「ボク、買い出しを頼まれたんですけどね」

幸子「結構いっぱい要求されちゃいまして、カワイイボクには多すぎるって思ってたんです」


幸子「…手伝ってくれますか?」

美羽「…………」

美羽「うんっ!」


────…………

────────………………


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:22:34.10 ID:QKKRZu3Z0





「「「「ハッピーバースデー!!」」」」


美羽「皆、ありがとう」

光「本当はもっと大人数で祝いたかったけどなー」

紗南「まぁ、その分あたしたちがー、ってことでさ」

幸子「カワイイボクが祝うんです、良い誕生日になりますね!」

飛鳥「ささ、ケーキもあるよ」

幸子「…流しませんでしたか」

光「アタシ達の気持ち、受け取ってくれ!」

紗南「ケーキは飛鳥と幸子に任せっきりだったけどね」

光「こ、心だよっ!」

紗南(心じゃよッ!!)


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:23:17.89 ID:QKKRZu3Z0
幸子「美羽さんは十四歳でしたよね?」

美羽「うん、そうだよ」

飛鳥「それじゃ……」








「「「「祝、十四歳おめでとー!!」」」」






美羽「……………」




美羽「あれ?」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:24:35.25 ID:QKKRZu3Z0








飛鳥「────…時は巡り続ける」




飛鳥「世界がそれを望む限り、ね……」








12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 00:26:20.61 ID:QKKRZu3Z0
尾 張


滑 り 込 み ア ウ ト(血涙

ssは荒削りだったけど、みうさぎ誕生日おめでとおおう!


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/11(金) 00:57:04.66 ID:dAS998HL0

十四歳は個性が強い


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 01:30:25.65 ID:voaJKIuio
ちょ、ちょっと待って、飛鳥くんの一発芸は!?


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 07:11:22.41 ID:RSaoJKP5O
一発芸(タイムベント)


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405005368/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ