Powered By 画RSS


らいち「カッコいいって言われたい」ノエル「あおいさんに?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 15:26:12.69 ID:lNifAzQO0



――――音城家喫茶店にて



らいち「そう、あおい姐さんに!」


ノエル「らいち君は本当にあおいさんが好きなんだね~」


らいち「だって憧れなんだもの!僕以上のアイドル通ってだけでも尊敬できるのに、自分自身もトップクラスのアイドルだなんて……それにほら、プロフィールの特技には載っていないんだけど、何でもそつなくこなしているし――あ、この『ソレイユの真実』って特集雑誌のプライベート写真も全部あおい姐さんの提供で……」


ノエル「らいち君落ち着いて、ジュースこぼれちゃう……」オロオロ


らいち「へっ?ああ、ごめん……」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:29:03.28 ID:lNifAzQO0

セイラ「へぇ~ライチはあおいのことが好きだったのか~」ヒョイ


ノエル「あ、お姉ちゃん♪」


らいち「セ、セイラさん!?いつからそこに……」


セイラ「『カッコいいって言われたい!』ってあたりから……?」


らいち「ほ、ほとんど聞かれてた……」シュン


セイラ「でもまあいいんじゃないか?あおいだってこんな熱心なファンがいるのは嬉しいだろうし……」


ノエル「いや、お姉ちゃん。そうじゃなくてね……」


セイラ「……違うのか?」キョトン




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 15:30:49.26 ID:lNifAzQO0

らいち「あはは……とにかくこの事はあおい姐さんには内緒に――」


ガチャッ


あおい「こんにちは~!」


きい「おっ邪魔しまーす!!」


セイラ「きい!」


らいち「あ、あおい姐さん!!」


ノエル「あ、いらっしゃいませ~」


セイラ「ああ、ちょうど良かった。実は今らいちが……」


らいち「わーっ!わーっ!?」


ノエル「お、お姉ちゃん!?」


あおい「どうしたの?らいち」




4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:33:19.15 ID:lNifAzQO0


らいち「あ~えっとそうだ!姐さん、今日の日刊アイドルフリーク見ました?」


あおい「あ~見た見た!巻頭の『スクールアイドル特集』がまた濃厚で……」


ノエル(ほっ……)


セイラ(……?)


きい「きいも見た!いや~今年の全国大会は東京地区が激戦区になりそうだね~」


らいち「ええ!……でも最近は本人達に無断でグッズを制作している業者が問題視されているみたいで……」





5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 15:34:28.48 ID:lNifAzQO0

きい「中には盗撮した写真を流用しているのもあるみたいだね……」


あおい「ん~学校側が全面的に協力しているユニットならともかく、本人達だけだと、そういったものの規制にまでは中々手が回らないのが現状みたいね……」


きい「スクールアイドルって私達とそんなに年齢変わらない子達だものね……グループによっては衣装やらも自作でやってるところも有るみたいだし、そこまで全部をこなすのは大変なんじゃない?」


らいち「……でも、他では手に入らないグッズと思うと、気にせずに入られないのがファンの性なもので……」


きい「ウンウン、わかるわかる~」


あおい「ね~♪」


セイラ「う~んこの三人が揃うと、話についていけない……」


ノエル「ハハハ……そうだね……」




6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 15:35:54.49 ID:lNifAzQO0

セイラ「まあいいや、二人共、注文は?」


あおい「私、アイスカフェオレで」


きい「きいは~」


セイラ「いつものブレインサンダーだろ?」


きい「さっすがセイラ!わかってるぅ~」


セイラ「はいはい、ちょっと待ってて~」




7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 15:37:28.57 ID:lNifAzQO0


セイラ「そういえば、きい達はどうしてここに?」


あおい「うん、実はTV局からこんな企画のオファーが出てて、その打ち合わせをしようかなと……コレなんだけど」ペラッ


らいち「『あのパートナーは今』……?」


あおい「そう!大盛況で終わったパートナーズカップの中で何組かのユニットを選出して、その後の二人がどんな付き合いをしているのか調査しようって企画なの!」


ノエル「その調査をあおいさんときいさんが?」


きい「うん!あ、でもでもでっも~WMやスプラッシュみたいに、大会後も明確に活動を共にしているユニットは調査から除くんだけどね~」




8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:38:18.18 ID:lNifAzQO0

らいち「なるほど~それで作戦会議をするのにここに来たってわけですね?」


きい「チッチッチ~それだけじゃないんだな~」


らいち「?」


あおい「うん。そこで相談なんだけど……らいちとノエルちゃんも、この調査に参加してみない?」


らいち・ノエル「「ええっ、僕(私)達もですか!?」」


あおい「そう。調査するグループが多くて、私ときいちゃんじゃ手が足りなくて……お手伝いを依頼するなら、顔見知りの二人の方が連携も取れやすいかなって。ホラ、二人なら今までも色んなイベントの取材をしてきた経験もあるしね」


ノエル「で、でも……」




9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:40:27.36 ID:lNifAzQO0

きい「それにそれにそれに~『アイカツ新聞』って、結構注目している人多いんだよ~いちごちゃんの弟と、セイラの妹が発行してるって話題性だけじゃなくて、きちんと読み物としてもね!」


あおい「あ、もちろん二人が良ければだけど……どうかな?」


らいち「…………」


ノエル「らいち君……?」


らいち「わかりました。他ならぬあおい姐さんの頼みとあらば!ぜひ協力させて下さい!!……いいかな、ノエルちゃん?」


ノエル「……そうだね、こんなチャンス滅多にないし……私達で良ければ」


あおい「二人とも、ありがとう!お礼はするからね」


らいち・ノエル「「はーい」」


らいち(お礼か……)


セイラ(なんか、トントン拍子に話が進んで口を挟めない……)




11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:43:10.40 ID:lNifAzQO0


あおい「――じゃあまず、現時点でわかるペアの動向をまとめてみようか?……セイラちゃんは、いちごとその後どうなの?」


セイラ「私達か?ん~大会の後はあんまり一緒に遊んだり仕事したりって事はないかな……?」


きい「へえ~意外!そうなんだぁ~」


セイラ「前までは、スターライトとドリアカの両校代表として対バンしたりすることも多かったけれど、今はWMにリベンジするために互いの力量を磨いているところだからな。次に星宮と組む時は、WMに再挑戦して勝つ時にしたい……星宮もそう思ってるんじゃないか?」


ノエル「お姉ちゃん、かっこいい……」


らいち「なるほどなるほど……」カキカキ


あおい(何でこのペアはノリが少年漫画チックなんだろう……)




12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:44:47.70 ID:lNifAzQO0

らいち「でもお姉ちゃん、よくこのお店に来るって言ってたけど……」


セイラ「ええっ、そうなのか!?ノエル?」


ノエル「う、うん。よくスイーツを食べに来たり、それに……」チラッ


あおい「うん。私ときいちゃんがよくこのお店を使ってて、オフが重なった時はいちごも一緒に来たりしてるから……」


きい「たまたまセイラがいない時が続いたのかな?」


セイラ「――って、きいと霧矢は大会の後もよく会ってるのか?」


きい「だよだよだっよー!あおいちゃんとはよくアイドル談義をしてるんだ~♪」


あおい「うん。よく情報交換してるんだ♪お互いに知らないことを教え合ったり」


きい「ね~♪」


らいち(あおい姐さんとよく出かけるなんて……羨ましい)




13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:47:16.55 ID:lNifAzQO0

きい「あおいちゃんはアイドル知識が豊富だから、少しでもセイラのプロデュースに役立ててればと思って……」


セイラ「きい……」ジーン


あおい「私も、パソくんに調べ物してもらったりしてるからお互い様だよ。『日刊アイドルフリーク閏年特別企画2月29日号』が売ってる所が無いか調べてもらったり……ね……」ズーン


きい「全国の書店に問い合わせてるんだけど、なかなか見つからなくてゴメンネ……」


あおい「ううん、うっかり買い逃した私がいけないんだし……」


セイラ(まだ探してたんだ、あの雑誌……)


らいち「あとは……あ、おとめさんとマリアさんは?」




14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:49:34.21 ID:lNifAzQO0

きい「ん~最近はマリアがぽわプリに混じって活動しているとか何とか聞いたけど……」


あおい「へぇ~そうなんだ……」


あおい(ああ――なんだかツッコミに疲れきったしおんちゃんの姿が目に浮かぶわ……)


セイラ「一緒に活動って……スイーツ食べ歩きとか?」


きい「うん。あとマリアの家で四つ葉のクローバー探しとか?」


セイラ「あ、あの広い山の中でか……」


あおい「それは何とも――」


らいち「!」


あおい・らいち「「穏やかじゃない」」




15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:56:15.39 ID:lNifAzQO0

きい「おお、揃った~」パチパチ


らいち「やった~!」


あおい「フフ……らいちもウデを上げたわね~」


らいち「へへへ♪」


ノエル(何のウデなんだろう……)




16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:57:52.24 ID:lNifAzQO0

ノエル「あとは……そらさんと蘭さんはどうなんですか?」


らいち「あ、でもその二人って……」


あおい「うん。今回の調査の対象外になっちゃうかな?『月の砂漠の狂想曲』で共演してるし、モデル業でも共演が多いみたいだしね」


きい「今回はあくまで表に出てこないペアの動向を調べようって企画だからね~」


ノエル「そうなんですか……」


セイラ「でも確か、よく二人でウィンドウショッピングに行くってそらが言ってたような……」


らいち「へ~仲いいんですね?」




17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 15:59:11.77 ID:lNifAzQO0

きい「『蘭ちゃんは綺麗だから色々と弄りがいが有るんだ』って言ってた!」


ノエル「デザイナーとしての血が騒ぐんでしょうか?」


あおい「ハハハ……そうかもね……」


あおい(だ、大丈夫かな、蘭――)


らいち「他にはなにか情報ありますか?」


セイラ「そうだな……あとは――」




18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:02:06.25 ID:lNifAzQO0


――――1時間後:音城家前



あおい「……とまぁセイラちゃんの協力もあり、出場ペアのうち、何組かのその後の様子はまとめられたけど……」


きい「ん~まだまだ情報が足りないね~」


あおい「あとは直接本人に聞きに行くなり尾行するなり……そうだ!」ピッ


ノエル「アイカツフォン?誰に電話するんですか?」


あおい「尾行と潜入のプロ!」


三人「「「???」」」




19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:02:44.72 ID:lNifAzQO0


いちご「お待たせーっ!」タタッ


らいち「――ってお姉ちゃん!?」


ノエル「いちごさんが尾行と潜入のプロなんですか……?」


いちご「う~んプロかどうかはわからないけど、アメリカに行ってた時にミッションでちょっとね!」


あおい「そう!いちごは美月さんのマネージャーをやりたくてスタジオまで誰にも気付かれずに付いてきた実績もあるし、ドリアカに潜入した時も……」


きい「ドリアカに潜入……?」


あおい「――っと、何でもない何でもない……」




20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:05:00.37 ID:lNifAzQO0

きい「……?まあでも、前に美月さんの事務所を探しに行った時も、手慣れてた感じだったしね~」


いちご「えへへ~」


ノエル「アイドルってそんなことも出来るようにならなきゃいけないんですね……」


らいち「いや……お姉ちゃんが特殊なんだと思う……」


いちご「事情はあおいから聞いたけど、まずはどのペアを調べに行く?」


あおい「そうだね……じゃあまずはかえでちゃんとユリカちゃんの様子を探りに行くよーっ!」


四人「「「おーっ!!」」」


らいち「でもこれ、普通に二人にお話を聞きに行った方がいいんじゃ……」ヒソヒソ


あおい「うん。でも、こっちの方が面白そうでしょ?」ヒソヒソ


らいち「――!さっすがあおい姐さん!!」ヒソヒソ


ノエル「いいのかな……」ボソッ




21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 16:07:15.82 ID:lNifAzQO0


――――スターライト学園正門前



あおい「よ~し、到着~」


らいち「ノエルちゃん、荷物持とうか?」


ノエル「うん、これくらい平気」ニコッ


きい「……ちなみにどうしてかえでちゃんとユリカちゃんのペアから?二人ともお仕事かもしれないのに……」


あおい「二人のスケジュールはすでに調査済み!どうやら二人共、今日はオフみたいなんだ~」


らいち「それにユリカ様ファンクラブの人達によると、ここ最近、二人ともオフな日は、揃って出かけることが多いらしいです」


きい「へえ~二人の動向を調べる絶好の機会ってわけなんだ~」


ノエル(そこまで詳しいなら、ファンクラブの人にそのまま聞いた方が早いんじゃ……?)




22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 16:11:39.50 ID:lNifAzQO0

らいち「あ、二人が出てきた!ユリカ様は世を忍ぶ仮の姿だけど……」


きい「お忍びで出かけるみたいだね~」


あおい(全身黒で、逆に目立たないのかなアレ……)


いちご「よ~し皆、視線は二人の足元に向けてね?」


きい「オケオケオッケー!――って、どうして足元?」


いちご「人って、自分に向けられた視線に敏感になるらしいの。だからこうしておくと気づかれにくいんだ♪」


ノエル「そうなんですか……」


らいち「お姉ちゃん、ホントにプロっぽい!」


いちご「フフフ……それじゃあ行くよ?」


四人「「「了解!!」」」




23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:14:03.19 ID:lNifAzQO0


あおい「……どうやら駅前に向かっているみたいね」


きい「歩いて行ける範囲でよかった~バスとか使われると追いかけるの大変だし」


らいち「なんか探偵みたいでワクワクするね?」


ノエル「ね~」


あおい「駅前というと、買い物にでも行くのかな?それとも映画でも……」


いちご「…………」ジー


あおい「いちご……?」


いちご「左折法か……ん~もしかしたら二人とも、こっちに気づいているのかも……」


きい「ええっ、そうなの!?」




24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:16:15.74 ID:lNifAzQO0

いちご「うん。何度も同じ方に曲がって、尾行を見破るテクニックっていうのがあってね……」


きい「へぇ~」


らいち(何だか真面目すぎて、お姉ちゃんじゃないみたい……)


ユリカ「ちょっと貴方!さっきから同じ所ばかり回ってない?」


かえで「あれ、おっかしいな~こっちだっけかな~?」


ユリカ「もう!ちゃんと案内してよねっ!!」


四人「「「…………」」」


あおい「……ただ迷ってただけみたいね」


いちご「あれ~?」


らいち(よかった、やっぱりお姉ちゃんはお姉ちゃんだ)ホッ




25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:19:54.70 ID:lNifAzQO0

きい「あ、あそこの角のお店に入った!」


あおい「あそこは――マジカルトイのお店?」


きい「一般販売用の服が売ってるお店だね~」


らいち「かえでさんの服でも買いに来たんでしょうか……?」


いちご「皆、こっちからだとお店の中が見えるよ!」


あおい「ホントだ!どれどれ~」


ノエル「……どうやら、かえでさんがユリカさんの服を選んであげてるみたいですね」


いちご「うん。結構似合ってる♪」




26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:23:01.98 ID:lNifAzQO0

らいち「ユリカ様……普段着ているロリゴシックとは正反対のブランドなのに、しっくりしてますね」


ノエル「どうしてなんでしょう……?」


きい「ん~こういうのはそらちゃんの方が詳しいんだけど……マジカルトイのデザインテーマにある『マジシャン』や『ピエロ』って、ロリゴシックの中でも使われているテーマだから、元々融和性は高いんだ~」


らいち「へぇ~」


あおい「それに、ロリゴシックでよく使われてる市松模様……というかチェック柄も、マジシャンの中では錯覚をさせやすいデザインとして重宝されているからね、意外と二つのブランド衣装の意匠には、似通ってる部分もあるの」


いちご「イショウのイショウ?」


あおい「『衣装』の『意匠』ね。簡単に言うと、デザインのこと」


ノエル「へ~勉強になります」




27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:27:00.24 ID:lNifAzQO0

きい「こういう服飾学は奥が深いからね~そらちゃんやマリアに聞くと喜んで教えてくれると思うよ?」


いちご「う~ん、私には難しそうだな……」


あおい「いちごは直感で選ぶタイプだもんね~」


らいち「でも、二人ともかなり仲良さそうですね。こうやってよくショッピングに来ているみたいですし」


あおい「そうだね~大会前後で、一番距離が近くなったのはこのペアかもしれないね――」


ガサッ


?「わっ!!」


全員「「「うわぁっ!!?」」」




28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 16:28:40.89 ID:lNifAzQO0

かえで「あっはっは~どう?驚いた?」


らいち「か、かえでさん?!あれ、でも今お店の中でユリカさんと一緒のはずじゃ……」


ユリカ「どう?上手くいった?」テクテク


あおい「ユリカちゃん……一人?じゃあ、さっきまでユリカちゃんと一緒にいたかえでちゃんは……?」


かえで「It’s magic !どう?本物の私だと思った?」


ユリカ「コレよ、コレ」ヒョイ




29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:31:27.67 ID:lNifAzQO0

ノエル「人形……にカエデさんと同じ服とカツラを……?」


ユリカ「なんか私達の事つけ回しているようだったから、驚かせて見ようかと思ってね」


あおい「じゃあお店の中ではずっとユリカちゃん一人で……?」


ユリカ「そうよ!このユリカ様の類まれなる演技力に、貴方達はまんまと騙されたってわけ!……お店の人には白い目で見られてたけど……」ゴニョゴニョ


きい「今なんて……?」


ユリカ「と、とにかく!あなた達のことは、とっくにお見通しだったってわけ!!」


いちご「二人とも、いつから気づいてたの?」


かえで「えっと……」


ユリカ「それは……」




30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:34:02.04 ID:lNifAzQO0


かえで・ユリカ「「……最初から?」」キョトン


いちご「ええっ、どうやって!?」


ユリカ「だって、学園の入り口で……」


かえで「ストロベリーのリボンが草むらから見えてたし……」


いちご「あ、あはは……」


あおい「くっ、そういえばいちごの尾行って、今までも最後まで気付かれずにいられたこと無いのよね……」


らいち「だめじゃん、お姉ちゃん……」




31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:37:43.51 ID:lNifAzQO0


――――再び音城家喫茶店にて



ユリカ「なるほどね……番組の企画で……」


かえで「面白そうな事してるんだね~でもなんで、直接私達に聞きに来なかったの?」


あおい「そ、それは……」


ユリカ「どうせあなたが『そっちの方が面白そう!』とか言って皆を扇動したんでしょう?」


あおい「あはは……その通りです」


ユリカ「まったく……」


セイラ「は~い、濃縮トマトジュース二つお持ちしました――っていうかきい達、さっき調査に行くって出て行ったばかりじゃ……」


らいち「えっとまぁ……成り行きで……」




32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:40:07.51 ID:lNifAzQO0

ノエル「近くで落ち着いて話が出来る場所がなかなか見つからなくて……」


いちご「セイラちゃん、ヤッホー!」


セイラ「ああ、星宮久しぶり。……星宮はココアだったな?はい」


いちご「わぁい!ありがと~」


あおい「……ところで、ユリカちゃんは当然として、かえでちゃんもトマトジュースなの?」


かえで「Yes!ユリカに薦められてからハマっちゃてさ~」




33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:44:31.33 ID:lNifAzQO0


ユリカ「そ、かえでも吸血鬼の下僕となる素質がありそうだったから――あら、このトマトジュース美味しいわね……」


セイラ「そ、そうか?ウチじゃメニューにないから、パスタソース用のトマトで即興で作ってみたんだけど……」


ユリカ「ええ、このユリカ様が保証するわ。いっそお店の看板メニューにしてみたらどうかしら?」


セイラ「……ホントはコーヒーが売りのお店だから、そっちを味わって欲しいんだけどな……」


らいち「……でもブレインサンダーはおいてあるんですね?」


セイラ「それは、その……きいがよく来るから……」ゴニョゴニョ


あおい「はいはい、ごちそうさま♪」





34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:48:45.30 ID:lNifAzQO0


ユリカ「――で、何が聞きたいの?」


らいち「ユリカ様、教えてくれるんですか!?」


ユリカ「ええ。別に隠しておくことでもないし……」


ユリカ(あくまでもイメージを崩さない範囲でだけど……)


ノエル「じ、じゃあ……二人は今日みたいに一緒に出かけることが多いみたいですけれど、いつもどんな事をしてるんですか?」


ユリカ「そうねえ……この前は、偽りの夜に満たされた部屋で、吸血鬼としての英気を養って――」


かえで「この前は、二人でプラネタリウムを見に行ったんだ~。日本には、世界一のプラネタリウムもあるって話だから、そっちもいつか行ってみたいな~」


いちご「プラネタリウム……」




35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:52:58.12 ID:lNifAzQO0

ユリカ「そ、そうとも言うわね……他には、同族との戦いに備えて、古より伝わりしアーティファクトを――」


かえで「ああ!二人で蚊取り線香を買いに行ったっけ~ユリカってば『もう二度と遅れを取らないわ!』って張り切っちゃって……」


ユリカ「~~っ!貴方ねーっ!!」ポカポカ


かえで「あたっ、なんで叩くのさ~?」


らいち「あははは……」


あおい「いつもこんな感じなの?」ヒソヒソ


ユリカ「ええ……まあ……」ヒソヒソ


あおい「……取材記事にはうまく編集入れとくわね」ヒソヒソ


ユリカ「……助かるわ」ヒソヒソ




36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 16:58:23.84 ID:lNifAzQO0

らいち「でも話を聞くと、結構近場に出かけることが多いんですね?」


ノエル「あんまり遠出はしないんですか?」


かえで「ああ、それは……」


ユリカ「だってこの子、長い休みが取れるといつもアメリカに――」


ガシッ


かえで「ちょ!?ユリカ、それは内緒にしておいてって~!!」


ユリカ「モゴモゴ~」


きい「……なんて?」


あおい「『私ばかり素の姿を晒させておいて、ズルいわよ~』って」


きい「あはは……仲いいんだね……」




37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:00:42.48 ID:lNifAzQO0


ユリカ「――とまあ、こんな感じかしら?」


かえで「だね~」


あおい「二人ともありがとう」


らいち「ありがとうございました~」


かえで「You’re welcome!」


のえる「……でもこうして皆さんのこと調べてると、大会後も仲良くお付き合いを続けているペアばかりなんですね?」


きい「そういえばそうだね~」


ユリカ「まぁ、私達みたいに大会前からユニット組んでいたようなペアは、初めから仲が良いわけだし……」


かえで「それに、元々ある程度仲が良くないと『一緒に大会出場しよう!』とはならないんじゃないかな?」




38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:05:28.69 ID:lNifAzQO0

いちご「……でも、今回ユニットを組んで、前よりも~っとセイラちゃんの事を知ることが出来た気がする!」


セイラ「星宮……」


いちご「セイラちゃんが大好きな音楽を聞いていると、ホントに楽しそうな顔をすることも。きいちゃん程じゃないけど、よくブレインサンダーを飲んでいることも……ユニットを組まなかったら知ることが出来なかったはずだから……」


あおい「……そうだね。ユニットを組む前から仲は良かったけど、一緒の時間を過ごして、今まで知らなかった相手の魅力に気づいて――」チラッ


きい「もっともっとも~っと、相手のことを知りたくなる!」


あおい「……だね!」




39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:08:00.53 ID:lNifAzQO0

ユリカ「『知りたい』『知ってもらいたい』……そんな『~~したい』って気持ちが二人の力を高めて、そっちの二人みたいに即興ペアながらもWMにあと一歩の所まで迫れたんですもの。前向きな気持ちって大きな力を秘めているんだと思います……」


かえで「ユリカ、素!素!」


ユリカ「~~と、とにかく!『いつだってあこがれを現実に出来るのは信じるチカラ』なんだから、思うだけで満足しないことも大事なんじゃないかしら!?」////


らいち「Move on now……」ボソッ


ユリカ「そ。Move on nowよ!」ニコッ


らいち(『今こそ進め』か――)


ノエル「…………」




40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:11:59.54 ID:lNifAzQO0


――――数日後:スターライト学園前にて



あおい「――――とまあ、これで大体のペアは調べられたかな?」


きい「結局、調査対象外のペアまで全部調べちゃったね~まさかWMの二人が気軽にインタビューに答えてくれるとは思わなかったけど……」


あおい「殆どみくるさんが喋り通しだったけどね……ま、とりあえず不必要な部分はTV局の人がカットしてくれるだろうし、いいんじゃない?個人的に気になってた事柄でもあるしね~」


らいち「お疲れ様でした~」


ノエル「でした~」


あおい「二人共お疲れ様!あとはレポートをまとめるだけだけど……らいち、ホントにお願いしてもいいの?」


らいち「はい!記事を書く練習にもなるし、大丈夫です」


きい「ゴメンネ~出来たらもう一度皆で集まって校正して、最終チェックは局の人にお願いするから~」


あおい「そうだ、お礼しなきゃね!二人とも何がいいか考えてきた?」


らいち「あおい姐さん、それなんですが……」ヒソヒソ


あおい「……?」


ノエル「…………」




41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:14:37.54 ID:lNifAzQO0


――――十数分後、再びスターライト学園前にて



ノエル「らいち君……」


らいち「うわっ……っと、ノエルちゃんか、びっくりした……」


ノエル「ふふ、あおいさんかと思った?」


らいち「な、なんでそう思うの……?」


ノエル「何となく……でも当たったみたい。……あおいさんと待ち合わせしたの?」


らいち「う、うん。『内緒でお話したいことが有るから、もう一度ここで会ってくれますか?』って……」


ノエル「らいち君……」ジッ


らいち「……何?」




42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:17:28.33 ID:lNifAzQO0

ノエル「…………あおいさんに告白するの?」


らいち「!?――な、何でそれを……?」ビクッ


ノエル「わかるよ……」


ノエル(だって――らいち君のことだもの……)


らいち「えっとまぁ……ハハハ……そろそろ想いを伝えなきゃな~と思って……前にノエルちゃん家で集まった時のこと覚えてる?」


ノエル「前に……?」


らいち「うん。かえでさんとユリカ様が来た時……」




43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:19:40.06 ID:lNifAzQO0

らいち「ユリカ様が言っていた、Move on nowの歌詞を聞いて少し考えてみたんだ……」


ノエル「…………」


らいち「あおい姐さんから見て今の僕は――残念だけど、『星宮いちごの弟』としか思われていない。『カワイイやつ』なんて言われてるのが良い証拠だよ……」


らいち「でももし、それ以上の意味をもたせられなら……『カッコいい』って言われるだけじゃまだ足りない――もっと、あおい姐さんの中で大事な存在になれるのならば……そう考えたんだ。ほら、『あこがれを現実に出来るのは信じるチカラ』なんだからって……」


ノエル「だから告白を……?」


らいち「う、うん。まぁ自己満足って言われたらそれまでなんだけどさ、憧れを憧れのまま終わらせたくないって思って……」




44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:23:04.70 ID:lNifAzQO0

ノエル「…………ねぇらいち君、一つだけ教えて?」


らいち「?」


ノエル「……怖いとは思わないの?」


らいち「怖い……?」


ノエル「だって好きな人に告白するんだよ?想いを受け入れてくれるならいいけど……もし断られたら、これまでと同じじゃいられないんだよ?なのに――!」


らいち「ノエルちゃん……?」


ノエル「どうして……そんな風に簡単に決心が出来るの?私にはわからない……」フルフル


らいち「…………簡単にじゃないよ、怖くてたまらない」


ノエル「へ……?」




45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:27:15.43 ID:lNifAzQO0


らいち「そりゃあ怖いよ……正直、今からのことを考えると、震えが止まらないんだ……」


らいち「もし断られたらどうなるか――今までみたいに気兼ねなくお話することもできなくなっちゃうんじゃないかとか、どうしても悪い方ばかり考えちゃうんだ……」


ノエル「だったら……」


らいち「でも、今のままでいることの方がもっと怖い……」


ノエル「――!」


らいち「ただの『親友の弟』としか思われないで……それだけで終わってしまう方が、よっぽど怖いんだ……」


ノエル「らいち君……」




46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:31:56.10 ID:lNifAzQO0

らいち「――なんて、ただの自分勝手なんだけどね。『自分がこれだけ大切に想っているのだから、相手にも大切に想われたい』だなんて……中学生にもなってワガママかなと――」


ノエル「ううん、そんなこと無い!!」


らいち「――!」


ノエル「……大事な人に、想われたいって気持ち……わかる……私にはわかるよ?」ポロポロ


らいち「ノエルちゃん……」


ノエル「でも私には想いを伝える勇気なんて無いから……それを伝えようとしているらいち君は……凄いと思う……尊敬できる」


ノエル「だから……頑張ってね、らいち君……」


らいち「ノエルちゃん……ありがとう。そう言ってもらえると、少しは勇気が出てくるよ」


ノエル「うん。私、応援してるから……ずっとずっと、らいち君の味方でいるから――」





47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:34:19.59 ID:lNifAzQO0


――――更に十数分後



あおい「ゴメンね~らいち、待たせちゃった?」タタッ


らいち「ごめんなさい姐さん、わざわざ呼び出しちゃて……」


あおい「ううん。でもほんとに良かったの?お手伝いのお礼が『話を聞いて欲しい』ってだけで」


らいち「ええ……」


あおい「なになに何か相談?サインを貰ってきてほしい娘がいるとか?それとも――」




48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:37:14.07 ID:lNifAzQO0

らいち「あ、あおい姐さん!!」


あおい「は、はい――!?」


らいち「…………」


あおい「…………」


らいち(……困ったな、いざ言おうと思うと、なかなか言葉が出てこないや……)


あおい「………一度目を閉じて、落ち着いてみるといいよ」


らいち「あおい姐さん……?」


あおい「私もライブ前とかで緊張しちゃうとよくこうするんだ。デビューしてもう何年も経つっていうのに、なかなか慣れなくて」


あおい「らいちが何を言おうとしているのかはわからないけど、らいちが落ち着くまでずっと待っててあげるから。ほら、ゆっくりゆっくり……」


らいち(…………ありがとう、あおい姐さん)




49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:40:53.66 ID:lNifAzQO0

らいち「僕……あおい姐さんのそばにいたいんです!」


あおい「!?」


らいち「これまでもずっと、あおい姐さんのことを近くで応援してきました。初めてのステージ、初めてのオーディション、初めての主演……僕は全部覚えています。けれど、女優としてアイドルとして、どんどん成長していく姐さんを見ていて、それだけじゃ……見ているだけじゃ満足できなくなってきて……」


あおい「らいち……」


らいち「単なる『ファンの憧れ』だけじゃない……それ以上の気持ちを抱いてしまって――だから、ただ応援するだけじゃなくって、あおい姐さんの一番側で!一緒に歩んで行けたらなって……そう……思って……」


あおい「…………」




50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:45:09.06 ID:lNifAzQO0

らいち「この想いを、あおい姐さんのアイドル人生がスタートした、この学園の前で伝えられたらなって思って……どう……でしょうか……?」


あおい「…………」


らいち「…………」


あおい「そっか――」


らいち「――!」


あおい「『ファン第一号』のらいちにそこまで言われちゃ、頑張らないわけにはいかないわね!」


らいち「へ……?」




51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:48:53.05 ID:lNifAzQO0

あおい「わかったわらいち!今日からはただのファンってだけじゃなくって、私公認の『ファン第一人者』として、私の活躍を私の活躍を一番近くで見ていてね!」


らいち「い、いやあおい姐さん、今のはファンとしてじゃなくて僕の――」


あおい「待っててねらいち。私もらいちの応援に恥じないような、立派なトップアイドルになってみせるから!」


らいち「あおい姐さん違――」


ピピピピ


あおい「あ、もうこんな時間!?ゴメンネらいち、今日は早めに寝て明日の撮影に備えないと……じゃあ!」タタタッ


らいち「あ、あおい姐さ~ん!!」




52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:50:23.42 ID:lNifAzQO0


――――その後:スターライト学園:いちご・あおいの自室にて



バタンッ


あおい「ただいま~」


いちご「あ、お帰り~遅かったね~」


あおい「…………」


いちご「あおい、どうしたの?……顔赤い?」ヒョコッ


あおい「い、いちご!?ううん、何でもない」////


いちご「そう?……何かあった?」


あおい「別に何にも?ただ――」


いちご「ただ……?」


あおい「うん、らいちも大きくなったな~って」


いちご「らいち?そうだね~私はちょくちょく会ってるから実感無いけど、いつの間にか身長も抜かれそうになってたし」


あおい「――身長の話じゃなくってね……」ボソッ




53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:51:41.51 ID:lNifAzQO0

いちご「?」


あおい「ん~ん、何でもない!」


いちご「……??」


あおい「何でもないってば~ほら、早くお風呂入りに行かないと!いちごも明日、朝早いんでしょ?」グイグイ


いちご「あ、あおい!?わかったから押さないでってば~」


あおい「フフフ……」


あおい(ゴメンネ、らいち……今の私は、アイカツでいっぱいいっぱいだから……)


あおい(でももしさっき言ったみたいに、らいちに胸を張れるようなトップアイドルになれたら、その時には――」


あおい「きちんと返事するからね、らいち――」ボソッ





終わり




54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/03(木) 17:53:48.12 ID:lNifAzQO0

以上です。


パートナーズカップの話を見てからずっと書きたかったらいち×あおいちゃんものでした。


本編で二人の仲がどこまで進むか分かりませんが、応援してあげたいですね~


ノエルちゃんとの組み合わせも好きなんですがどうなることやら……


さて、これから89話見ないと……




56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 00:33:41.96 ID:Yx7yms70O
おつおつ よかった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404368772/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイカツ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. BB厨 2014/07/14(月) 12:01:39

    らいち、ノエル、あおって文字だけでBBと思ってしまったorz
    生きたい


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ