Powered By 画RSS


春香「ぷ、プロデューサーさんが奈落に!!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 12:57:25.21 ID:ltyHbasiO
舞台


P「お疲れ、春香」


春香「あ、ぷ、プロデューサーさん…。お疲れ様です…」


P「ん?どうした春香。何か元気無いな」

春香「い、いえ、大丈夫です。本当に…」

P「そうか?何かあったら、すぐに…」


春香「いえ、本当に…大丈夫…」ガタッ


P「は、春香!後ろ、奈落だ!!」


春香「えっ?」

P「は、春香?!」ダッ


バッ


シュッ


ドン!


春香「キャッ!ぷ、プロデューサーさんが私の身代わりに!?」


P「う、うわぁぁぁぁぁぁあ!!」ヒュウウ…




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 12:58:52.62 ID:ltyHbasiO
ドンッ


P「……う、うう?」


P「あ、あれ?」


P「お、思ってたより大丈夫だわ」スクッ



P「よかった~…落ちるのに天に登るかと思った…」


\プ、プロデューサーサァァン!!/


P「あ、春香の叫び声だ」



P「おーい!!大丈夫だぞーー!!」


P(何か響みたいな口調だな、俺)


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 12:59:45.27 ID:ltyHbasiO
\プロデューサーサンガシンダァ!イヤァー!!/



P「生きてるっつうの…おーい!!」


\ダレカイナインデスカー!?タスケテクダサイー!!/


P「ったく…慌てんぼさんだな」


\ダレカァァァァ!ヘルプぁぁあ!!/


P「聞こえないのかな….まったく」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:02:56.20 ID:ltyHbasiO
\………………/



P「お、静まった。」


\………/ポ、パ、ピ、プ、ペ



P「電話?あ、救急車ね」



\………ア、モシモシ?/


P「参ったな……気絶した振りでもしようかな……」



\ハイ…エェ…/


P「はぁ…救急車呼んで何もなかったって知られたら、律子がきっと激おこりっちゃん丸になるな…」


\エェ…ヤクソクドオリ、ヤツヲコロシマシタ、ハイ/


P「!!??」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:06:19.93 ID:ltyHbasiO
\エェ…タッタイマ、プロデューサーサンヲモジドオリ、ナラクニオトシマシタヨ/



P「なっ…えっ…?は、春香?」


\ダカラ…ヤクソクノブツハチャント…/



P「約束って…えっ、何のことだ?」


P「春香は、もしかして…」


P「俺が春香を助けて落ちると計算して……?」


P「い、意図的に落ちそうになっていたのか!?」



\エェ…デハ、ヨロシク/ピッ


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:07:05.48 ID:ltyHbasiO
\…………/



P「な、何で…というか、約束のブツって……?」



\……ナンデ……/


P「え?」


\ナンデ……コンナコトニ…/



P「どのツラ下げて言うかお前」



春香「私は…私はただ……」


春香「幸せになりたかったのになぁ…」


春香「どこから…間違っちゃったんだろうな……」ポロポロ


P「誰か答え知らないか本当」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:07:50.07 ID:ltyHbasiO
ガチャッ


春香「何奴ッ!?」


やよい「あ、春香さん、おはようございまーす!」


P(あの声は…やよいか)


春香「…………」


やよい「近くだから寄っちゃったんですけど、何してるんですか?」


春香「やよい……」


P(あっ、やよいなら俺の声が聞こえるかもな)


P「おーい、やよ」


春香「やよい、誰もいないよ」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:08:33.50 ID:ltyHbasiO
やよい「……………」


P「ん?」


春香「誰もいないよ、やよい」


やよい「えっ、春香さん1人なんですか?お仕事の皆さんもいないんですか?」


P「どうしたんだ?春香のやつ」


春香「本当に1人。いるとしても、プロデューサーさんの死体だけ」


P「えっちょ!?」


やよい「………………」


やよい「わかりました、信用いたします。ご苦労様です、KAKKA13さん」


P「!!!??」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:09:12.24 ID:ltyHbasiO
やよい「では、約束のブツを……」


春香「その前に、聞かせて」


P「な…何が起きてるんだ……?やよいが、スラスラと敬語を…?」


やよい「何をでしょうか?」


春香「何故……プロデューサーを標的に?」


やよい「………あなたには無関係です」


春香「あんなに!仲良くしていたじゃない!?」


P「だ、ダメだ。理解できん。俺は気絶していて夢でも見てるのか?」


やよい「………していたから」


春香「えっ?」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:10:02.29 ID:ltyHbasiO
やよい「愛していた…から。それだけです。」


春香「だったら尚更!わからない!?」


春香「何故!?」


やよい「あなたもでしょう!?」


春香「!?」


P「早く覚めろ、自分。悪い夢すぎるぞ、自分」


やよい「あなたも、彼を愛していた。」


やよい「そして…皆も。」


やよい「……でしょ?」


春香「………」


やよい「このままじゃ、私達はいずれ彼を盗りあって…」


やよい「崩壊してしまう。それは目に見えていた。」


P「俺の意思は無視かーい」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:10:45.83 ID:ltyHbasiO
春香「そんな……だからって殺すなんて…」


やよい「例え、私が争いを止めても、裏で必ず争いが起こる」


やよい「それならば、原因を消し去るしか無いじゃない」


春香「…………」


P「何か反論してくれよ」


やよい「それでは……約束のぶちゅ………あっ」



ハイ、カーット!!


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:11:48.44 ID:ltyHbasiO
P「!!?」


監督「おいおーい、噛んじゃダメじゃないか~。かわいいけどね。」



やよい「ご、ごめんなさい~」


春香「はは、やよいらしいね」


千早「高槻さんかわいい」


春香「あ、プロデューサーさん、大丈夫ですかー?今、奈落の方、上げまーす」


P「えっえっ」ウィーン


P「あ、奈落が上がってくる…」ウィーン


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:12:35.42 ID:ltyHbasiO
5分後


P「なるほど、この舞台の練習だったのね」


春香「えへへ、ごめんなさい、唐突にしちゃって」


やよい「奈落の床は、凄い衝撃吸引マットレスになってたから、大丈夫だったんですね!」


P「凄い衝撃吸引マットレスなら仕方ないな」


春香「凄いなら仕方ありませんね」


P「まったく…連絡ぐらいしてくれたらよかったのに」


春香「演技には、リアリティが大切って監督さんに教わったので」


春香「しかも、舞台の話でプロデューサー役あるならば、リアルのプロデューサーさんに頼むしかないじゃないですか!」


P「全然話でプロデューサーらしいことしてなかったがな」


やよい「さぁ!練習の続き、がんばりましょー!」



やよい「ハイ!」


やよい・春香・P・千早「ターッチ!!」


やよい「イェイっ!!!」


終劇


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:50:06.36 ID:+fomCGqD0
乙で……千早どこから湧いた!?


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405310245/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/07/14(月) 21:42:24

    凄い衝撃吸収マット(千早)
    かと思ってけど吸収できそうもなかった


  2. 2014/07/15(火) 00:06:29

    なんだ。Pを突き落とした春香さんはいなかったんや。


  3. 2014/07/15(火) 11:34:01

    最後の千早で耐え切れなかった


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ