Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽「鍵開けたら中からコンドーム出てきた」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 14:09:47.09 ID:7yOEtW13O
ニセコイssです。
アニメに合わせて春ちゃんメイン。

よろしく。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 14:15:09.64 ID:7yOEtW13O
楽「ついに鍵開いたんだよ」

集「すげーな」

楽「そしたら中からコンドーム出てきたんだよ」

集「最悪だな」

楽「しかもサガミオリジナル」

集「高級品だな」

楽「6個入りで1000円は高い」

楽「しかも0.02㎜は流石に薄すぎる」

集「童貞のくせに使ったことある風に言うなよ、知ったか乙」


一条「あ――……小野寺のパンツに生まれてくれば良かったのにな~……」ボソッ

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/02(日) 00:34:54.07 ID:KqzopgjW0
小野寺「……え? 今呼んだ?」ビクッ

一条「え」





小野寺「びっ……びっくりしたぁ~。今一条君の事見つけて、声掛けようとしたの」キヅイテタノ?

小野寺「どうしたの? こんな所で……」






一条(おっ……おっ……)






一条(小野寺ァァ――――‼?)


小咲「一条君と春が恋人関係に…」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/18(日) 22:33:57.42 ID:qpIfbkOj0
小咲(一条君と春(小野寺の妹)が恋人になった…)

小咲(もちろん、体裁上は千棘ちゃんと一条君が恋人って事になってるんだけど…)

小咲(でも、実際は毎日一条君と春は一緒に会ってて…)


小咲「いいなぁ…」


小咲(でも、私は一条君が春の事を好きになったんだから、応援するって決めたんだ…)

小咲(うん!私は一条君が好きだけど…私は妹を応援する!)


小咲(…)

小咲(そう決めたはずだったんだけど…)




楽「よう小野寺。邪魔するぜ」

小咲「う、うん」


小咲「…」

小咲「………………」

小咲(あーーーーーーーーーー//)カァー

小咲(一条君が毎日うちに来るなんて、どんな拷問ーーーーーーー!?)


小咲「入れ替わりネタ!?」楽「え?」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/06/08(日) 21:43:55.45 ID:xZUa38cl0
 

ガタガターン


小咲「いたたっ。ちょっと小咲!なんで階段で転ぶの!?危ないでしょ」

るり「えへへ。助けてくれてありがとう。るりちゃん」


小咲「…え?」

るり「…へ?」


「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ」


るり「え?ウソ?私とるりちゃんが入れ替わってる!?」

るり「漫画とかで読んだ事あるけど…そんな…」

小咲「…」ダッ


るり「え!?ダッシュしてどこに行くの!?るりちゃん!」


ダダダダダダダッ


楽「ん?小野寺?」


ギュウウウウウ


楽「!?」

楽(お、小野寺が抱きついてきた!?)

小咲「一条君…キスしたいな」

楽「な、なっーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!??」



るり「るりちゃーーーーーーーーーーん!!!!」


楽「ハニートラップ対策?」鶫「そうだ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/11(日) 20:13:49.96 ID:V3J5QHzMo
楽「いやハニートラップってお前、誰が俺にするんだよ。意味ねえだろ」

鶫「そうか? 日本有数の広域暴力団集英組組長の一人息子、一条楽」

楽「うっ」

鶫「どうした? 国際的ギャングビーハイブ首領の一人娘の恋人、一条楽」

楽「わかったよ! それで俺にどうしろってんだ?」

鶫「……」カアァァ

楽「おい、鶫?」

鶫「…………」カアァァ

楽「おーい。鶫さーん?」

鶫「わ、」

楽「わ?」

鶫「私が、貴様に耐性をつけてやる!」


宮本「小咲改造計画」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/27(木) 21:41:07 ID:oBKTA2SU
宮本「舞子君」


集「あれ?るりちゃんから俺に話しかけるなんて珍しいね。もしかして…愛の告白かな?」キリッ


宮本「………」サッ


集「ごめんなさい。ふざけませんからバットをしまってください」


宮本「本当はあなたにこんなことを頼みたくないのだけれど…私、そういうことに詳しくないから…」


集「ま、まさか…俺と肉体関係を!!」


宮本「…そうね、体を動かしたかったからちょうどいいわ」サッ


集「はい、いつもの冗談だからその釘バットもしまってね。下手すると死んじゃうし」


宮本「あなたと話すと中々本題に入れないじゃない、まったく…それでお願いというのは…同人誌を貸して欲しいの」


集「………………はい?」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。